アナライズstoreblog

2018年08月11日ゴルフコースとゴルフの歴史に触れる

マーク金井のYouTube試打 打たずにいられない

今回は 10月発売の テーラーメイドMグローレドライバーです


今日からアナライズは夏休みです。16日までお休み。ご注文はWEBにて休み無しに受け付けていますが発送は17日から順次しています。電話、メールでのお問い合わせも同じく休みですので・・・12日のセミナーはマーク金井がしっかりと行います!!

さてさて お盆休みですね。皆さんゴルフ三昧でしょうか??ゴルフショップへ行ってフィッティングなど受けている人が要るかも知れませんね。

お盆中でも生配信やります!!!マーク金井ここだけの話

本日もやってます 全米プロゴルフ選手権の話題になるかと思いますよ

とは言え、マーク金井が喋りたいことを喋ったら、またまたリクエスト特集かもしれませんね。お盆中ですが観てみて下さい

T島ですが・・・

本日は鹿沼72へお邪魔している予定です。コースでこちら、三菱ケミカルの8月末に発売されます

三菱ケミカルのディアマナDF50SRをテストしているでしょう。

ヘッドは衝動買いした

T島が買ったのは10.5度です。GDOさんのクーポンを使っての購入です!こちらの模様は、月曜日にでもレポートしますね。

今週の週刊ゴルフダイジェストに

全国ゴルフ場MAP2018というのが付いています。T島のゴルフ仲間が行ったゴルフ場にチェックを入れていて、T島も真似してみたら止まらなくなった(汗)

集計してみると

  • 北海道5
  • 東北2
  • 関東227
  • 甲信越20
  • 中部8
  • 関西143
  • 中国77
  • 四国7
  • 九州57


計546

となりました。東京に来て10年で、以前8年前ぐらいに数えたら300超えるぐらいだったのですが、改めて数えてみると500を超えていて自分もびっくりしています。特徴としては、やはり広島に45年ぐらい居たので、西日本のゴルフ場が多いことでしょうか?

とは言っても、ほとんどどんなコースか??思い出せないコースがほとんどで、名前も変わってしまったコースもなくなってしまったコースもあります。人より多めなのは、ゴルフに行く頻度が多いのに、ホームコースを持っていないので(正確に言うと、遠くて会員でも予約が取れないため、年会費を払わなくなったコースがあります。)、同じコースにあまり行かない結果、増えていきました

もう死ぬまでにもう一度行ってみたいというのが

鳴尾ゴルフ倶楽部

一番回って楽しく、美しいなと感じたのが

志摩シーサイドカンツリークラブ

などなどいろいろ思い出します

最近の傾向としては、リンクス巡りですね。先日は根室ゴルフ倶楽部、稚内カントリークラブという日本の最東端、最北端のゴルフ場へ行ってきました。今年の夏休みは京都府の久美浜カンツリークラブに行く予定にしています。

ゴルフに行く時に重要視しているポイントは・・・

行き帰りが便利であること・・・

これは関東圏にお住まいのゴルファーはよく分かると思います。それ以外にお住まいだったら、そもそもゴルフ場が近いのであまり関係いポイントで、ハァ?と思うでしょう。ゴルフ場に行くのに高速道路を使って2時間弱、渋滞にハマると帰りは4時間とか、ありえないと思うわけで・・・

広島に住んでいた頃は、高速道路を使ってゴルフに行く事自体

ありえん・・

と思っていました(汗)実家から30分ぐらいのところにゴルフ場がたくさんあったので、まあ仕方ないでしょうね。現在T島が住んでいるところがから、一番近いゴルフ場が、小金井カントリー倶楽部です。下道をつかって40分ぐらいですが、土日はビジターで4万円ぐらいするそうです。

ということで、その次に近い赤羽ゴルフ倶楽部の薄暮ハーフがメインとなります(汗)

平日だと4100円ぐらい。その場合は電車で行きますね。クラブは7本だけ、なんと言っても9ホールトーナメントMMT9の聖地ですから!!!!とにかく便利が大切!!!

えー9ホールで電車というと、なんか物足らないと言う人が要るかも知れませんが、先日メジャートーナメントの歴史について学ぶ機会がありました

全英オープンは1860年から開催されましたが、第一回から12回まではプレストウィックというコースでの開催で、このコース自体は12ホールしかなかったそうです。12ホールを3回ラウンドして競技が行われたそうです。現在プレストウィックは全英オープン開催コースから外れていますが、このコースの1番ホール右サイドに電車の駅があって、交通の便がよかったのもこのコースが選ばれたポイントではなかったか と言う話・・・

当時のゴルフ場ってホール数自体がまちまちだったそうで・・セントアンドリュースは22ホール、と18ホールが原則ではなかったそうです。何故なら当時のゴルフはマッチプレーが主だったからです。

今でこそ、9ホールのコースと言えば ハーフコースとなんか蔑んで見られる気がしますが、歴史を紐解くと、全英オープンが18ホールが基準となったのは、その32年後の1891年のミュアフィールドから・・・T島的には9ホールでもいいじゃんと言う感じです。旧軽井沢ゴルフクラブは、6ホール、6ホールの12ホール。非常にスピード感があって楽しいです。

アメリカでも、ゴルフ場は最初、3ホールや4ホールだったそうで、先日全米オープンが開催された、シネコックヒルズは1891年に12ホールで開場したそうです。

18ホールストロークプレーに知らず知らずこだわっていますが、9ホールが邪道なわけでもなく12ホールでも問題なかったのです・・・満足できればOKじゃないですかね

関東圏だとせっかく2時間かけてゴルフに行くんだから9ホールではモッタイナイとか思う気持ちもわかります。T島的には9ホールでも12ホールでもいいから、電車で通える便利のいいところにゴルフ場があれば、もっと気軽に行けるのになぁって気がしました

ってことで、歴史を紐解くとゴルフの未来も見えてくる気がします。固定観念って怖いですね

ではまた月曜に


エボリューション5の試打インプレッションがアップされています。

いきなりスピーダーレボリューションと言い間違えています。これワザとだったり(炎上作戦(笑)・・・)

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

 

 

 


カテゴリー T島的ココロ, 調べてみました

コメントは停止中です。