アナライズstoreblog

2018年08月22日今更聞けないシリーズ!可変スリーブってどう使う?

マーク金井YouTube試打 打たずにいられない 最新動画↓こちら

三菱ケミカルのディアマナDF(8月31日発売)です

ぜひご覧下さい ↓チャンネル登録もお願いします


明日から夏休みのT島です! 今年はリンクスの旅ということで、京都の久美浜カンツリークラブへお邪魔することになっています。

しかし台風20号というやつがいきなり登場して来ました(泣)

日程を若干変更して久美浜カンツリークラブ、なんとかプレーできそうです

どーして久美浜なのか?というと週刊ゴルフダイジェストにリンクス特集的なページが有り、そこに美しい写真が載ってたんですね。Facebookで「ここ行ってみたい」というと、皆さんオススメのコースだったわけです。飲み仲間的なタケ小山も「一度行かなきゃだめよ」的なコメントをくれて、広島に帰省するついでにいくことにしました。

ということで・・今年はKBCオーガスタ観戦、お休みです

もちろん夏休みでもブログは更新していきますので、ご安心下さい。

8月22日はスピーダーエボリューション5の発売日でしたね。T島の試打インプレもけっこう検索上位に出てきます(メーカーの次ぐらいです)

日本でソコソコ早いスピーダーエボリューション5試打インプレッション

エボ5ラウンド試打しました&チャリティレッスンで救われたのはT島だった(汗)

マーク金井の試打インプレはこちら

こちらのシャフトですが、T島けっこう使い続けています。久美浜カンツリークラブに持って行くのもこのシャフトです。

  • ボールが上がる

  • 捕まる

この2点が特徴なのですが、あとはタイミング取りやすいです。ラウンドインプレでは、かなり捕まるので苦労していましたが、その次の日に使ったらとても良かったです。

理由は・・・カチャカチャした・・・ つまり可変スリーブの角度を変えてみたのですね。使っていたヘッドはテーラーメイドM3 440ドライバー、このヘッドで少しロフトを減らし、フェース角が開く方向へ装着角度を変えてみたら、ハマりました。(リアルロフト9.5度、フェース角−1.5度ぐらい)

それまでの、ドローがウソのように、フェードでコントロールしやすくなったわけです

タイミングがとりやすいんだけど、球筋が・・・という方は是非とも 可変スリーブを動かしてみて下さい

やったことない? 

やってみましょうよ〜

テーラーメイドさんは

HIGHERとかLOWERとか書いております。

この可変スリーブ、どのメーカーも基本的に原理は同じです。シャフトを斜めに入れることで、ロフトを増やしたり減らしたりさせているのです。

わかりやすくやってみますね

これがHIGHER(+〇とかというやつです)

そしてこれが

LOWER状態

シャフトを斜めに入れるというのはこういうことです。しかし斜めに入れるということは、他の数値にも影響が出ます

大事なことですから、おさらいしましょう!!!!

  • ロフトが増える方向に動かす→フェースがかぶる(フェース角が増える)

  • ロフトが減る方向に動かす→フェースが開く(フェース角が減る)

この2つの角度だけでなく、ライ角にも影響を受けます

できないことは・・・

  • ロフトを増やして、フェース角をオープン
  • ロフトを減らして、フェース角をクローズ

はい。もしこれができるのなら、ヘッドは1つであとはカチャカチャで調整できるのです。それが出来ないので、ロフト別のヘッドが発売されているわけです

この可変スリーブですが、日本のゴルファーはほとんど使わないと言われています。一方、アメリカのゴルファーは、「高機能じゃん」と評価しているそうで、カチャカチャが無いと、「なんだよガッカリだよ」的な感じで、日本のメーカーも、国内は

こんな接着でも、海外向けはカチャカチャなんてのが少なくないようです(ちなみに写真のM-グローレは海外発売される予定はありません)

カチャカチャの使用上の注意ですが、特にスライスに悩んでいる人

「ボールが高くに上がって、スライスする。」

こんな人は、ボールが高く上がるってことは・・

ロフトを減らしてみよう→カチャカチャ

ええええ、スライスが酷くなった

ということが起こります。これはですねインパクトでフェースが開いてあたってしまうから、ボールが高く上がりスライスしてしまうのです

こういう場合は、インパクトでフェースが開かないように、カチャカチャしてフックフェース(ロフトを増やすポジション)にしてやりますと、結果的にボールの高さもスライスも軽減されるという結果になることがあるんですね。

残念ながら全てに効くというものではなく、あくまで可変スリーブは微調整です。あくまで微調整です!!ですからドライバーを見極める時には、可変スリーブがノーマルポジションの時、どういう常態になっているかというのが大切!

  • スライサーなのに、ボールが捕まらない(重心距離が長く、ロフト角小さめ、フェース角オープン)なドライバーを買って、カチャカチャで補おうとすること・・・
  • フッカーなのに、ボールが捕まる(重心距離短い、フェース角クローズ)なドライバーを買って、カチャカチャで補おうとすること・・・・

この2つは険しい道です。微調整の範囲を超えてしまうことがありますから、持ち球似合ったヘッドを使ってください。

マーク金井のように、オンプレーンなスイングになれば特になんでも打ててしまうわけで・・・最終的にはスイングを修正していく方向が良いのかな とは思います。なかなか簡単ではありませんが、地味に変化していってます

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

フレループ

こちらでスイングの根本解決を図っていただきたいと思います

ではまた明日


はい!こちら販売開始しております↑クリック

アナライズオリジナルキャップ(数量限定)

そしてこちら・・・

アナライズ オリジナルMOBOTボトル ←クリック(こちらも限定)

■容量:700ml(φ107xH283)
水分補給とストレッチ器具が一つになった画期的なモビリティボトル!
水筒でありながら、筋膜のコリもほぐせる「MOBOT」。ボトル本体がフォームローラーになるので、気軽にどこでもセルフストレッチが可能です。筋膜へのアプローチはもちろん、関節痛やコリの解消にも役立ちます。また、ボトルのステンレスは、BPA(有機化合物)フリー。製品の安全性もお墨付きです。

よろしくおねがいします


カテゴリー 調べてみました

コメントは受け付けていません。