アナライズstoreblog

2018年09月22日タイトリストTS3ドライバーを丸裸にしてみた(結構遅めのインプレッション)

10月のアナライズセミナー

10月21日のフレループセミナーとシャフトセミナーにはまだ空きがあります↓

詳細はこちらから↓クリック


昨日は、ようみうりゴルフ倶楽部にお邪魔しました。

T島の友人のお父様が、エージシュートを300回!も達成されたということで、コンペが開催されてその記念コンペでした・・・

T島ですが最近絶好調だったドライバーがまさかの不調で・・・

こちらの動画を観ていろいろやりすぎたのかなぁ〜

YouTubeアナライズチャンネル

フットワークセミナーの1回めです。(続きは来週公開予定となります)

うーんじっくり取り組みたいと思います(泣)

さて昨日お送りしました。タイトリストの新しい話題のドライバーTS2に続いて、今日はTS3ドライバーです。皆さんも

『どっちを買おうかな』

なんて思っている人も多いと思います。

その前にこちらを試打しました・・・

スリリングのKAZETOMOというシャフトです

硬さによって重さが違うですね

硬くなるごとに重さも増えるという。スリリングさんのシャフトの中では一番ハードヒッター向けという印象。このシャフトですが、手元と先端がしっかり目という噂だったのですが、メッチャ素直で打ちやすいく。おもわず

イイねぇ〜

と叫んでしまいました。是非試していただきたいと思います

はいおまたせしました

タイトリストTS3ドライバーを丸裸にしてみましょう

こちらには917Dシリーズで採用したSURE FIT®CGを搭載。 重心位置を調整できるシステムを搭載しております!!!! T島特にこだわりはありませんが・・なんとなく可変システムはカッコいいです。メーカーさんがちゃんと違う重さを用意してくれているのが嬉しいです

そしてこんな顔

コレはTS2に比べるとタイトリスト顔ですね。コレマジカッコいいです。とてもT島好み。この顔の違いで選ぶ人も多いかもしれなと思います。あんまり買う気がなかったタイトリストのTSシリーズですが、ちとTS3が欲しくなってしまいました。やばいやばい・・

そして長さですが・・ヒールエンド方で計測すると・・・

45インチを少し切るぐらい。でもほぼ45インチという感じです。コレはシャフトの違いです。このTS3ドライバーの試打クラブには、60g台の純正シャフトが装着されているので、長さが短くなっているというわけです。ちなみに60度法で計測すると45.25インチになります

ということでクラブ総重量も・・・

310.1グラムと、アスリートモデルらしい仕上がりとなっています

バランスは、D2

はい・・・T島的には、バランスは異常値でなければぜんぜんこだわらないというスタンスです

そして、硬さを表す数値、振動数計で振動数を測ってみると・・・

249cpm、純正シャフトのSでは、まあ標準的。アスリートモデルですからコレぐらいは欲しいでしょう。

シャフトの中間部の硬さを計測する、センターフレックス計

4.06

純正シャフトとしてはややしっかり目です。打ってみると非常に癖がないシャフトで、タイミングも取りやすい素直で良いシャフトかと思いました

そしてフェース角

-1.75度と、左に行くミスが嫌な人にとって、とっても構えやすい。何度もしつこくいいますけど。

スライサーの方にはオススメしません

確かに、重心深度が深く。ミスヒットにすごく強くなっていますけど。スライサーの方はインパクト時にフェースをスクエアに戻せず、ひらいて当たることでスライスしてしまうので、フェースが開きやすいTS2、TS3は結構厳しい。

表示ロフト9.5度のヘッドですが・・・

リアルロフト角も9.5度。試打してみてわかるのですが、リアルロフト角の割には、ボールが上がりやすいです。

重心角は・・・

この写真は、上手く取れていません。実際ちゃんと測ると22度ぐらいで、TS2よりも少なくなっています。

以前のタイトリストはD2、D3で D2がオートマチック、D3がヘッドが小ぶりで操作性重視という性格付けをしていいたのですが

TS2がD2、TS3がD3っぽいとT島は感じました。

T島的にはTS3のがタイトリストっぽくて好きだなぁ〜

どちらも良く出来たドライバーですが、タイトリストのアスリートモデルがどんどんと、打ちやすくなってきて、VG3化しているような気がします。(これがまたVG3が良く出来てるし)

あの・・何度も言うけどTS2ならスライサーでも大丈夫かな?と思う人が多いと思いますが、捕まりの良いドライバーをオススメします

とは言えTSシリーズすごく良いです。

ではまた月曜日に


カテゴリー 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション, 調べてみました

コメントは停止中です。