アナライズstoreblog

2018年10月10日パターに悩んでるなら、『真っ直ぐ思考』は危険よ

このブログが公開されるころには・・T島は横浜カントリークラブへ伺って、日本オープンの取材に行ってるはずです。おしりセミナーの動画を編集しないといかんのですが、日本オープンは待ってくれません!横浜カントリーは、非常にアクセスがいいゴルフ場ですので、来場者が多いハズ!!!

皆さんも是非会場に・・・・

T島もパスを持っているのですが、媒体の指名が無いので正式な取材に行けないのです。どこかお願いしますよ〜 といつも思っています『みんなのゴルフダイジェスト』さんとか『グリッジ』さんとかいかがでしょう?もちろん『EVEN』さん、『ゴルフダイジェスト』さんでも構いません。

まあそんなことを言っても仕方ないのですが・・・

今年の日本オープンですが、なんと言っても見どころはアダム・スコットです。毎回来てくれますが、ちっとも上位に絡みませんね。あとはアジアアマ優勝の金谷選手、T島的には、予選から出場の塚田好宣に頑張ってほしいと思います

月曜は祭日でしたが まずはおしりセミナーの撮影に

そこからこちら

日本屈指のゴルフ科学者 清永明先生のパターセミナーに行って来ました。この方の話はメッチャ面白くて、いろいろ編集して、YouTube清永チャンネルとか作りたいぐらいです。

福岡大学名誉教授で、医師で医学博士でもあります。清永先生ですが、まさに論より証拠な人です。PGAツアーをテレビで観ながら、世界のトッププロが、ショートパットを右に外すか、左に外すか、1000件をご自身がチェックされて、データを出したりする人です

後は卒論テーマでゼミ生と一緒に検証するというとにかく、数値化です。証拠を持っている方が強いので、従来の常識をバッサバッサと斬りまくります。えーっとマーク金井も同じ感じで、常識を疑い自分で検証している人なので、言ってることがよく似てるなと思いながら聞いてました

↓ちなみにマーク金井も参加してました

超私的な考察 パットで大事なのはストロークの方向なのか、それともフェース向きなのか!?

みなさんも是非機会があれば、清永先生のセミナーを受けていただきたいです。今回のセミナーですが、T島が行った回では香妻琴乃を優勝に導いた、T島的に『パターと言えばこの人』という大本研太郎プロ(すいません スイングもすごいらしい)や、T島的に一番会いたい森守洋プロなど、そうそうたるメンバーが来られていました。

ではかいつまんで、先生の解明された原理原則を、問題のない範囲でご紹介しましょう

ボールを目標に対して、まっすぐ転がすためのインパクトに必要な3つの条件

  1. 目標に向かう線に対してリーディングエッジがスクエアであること
  2. パターのフェース面でのスイートエリアとボールの中心が一致すること
  3. パターヘッドの軌跡が目標線に対して均等なインサイドインを形成すること

だそうです。『何だ知ってるよ』と思ったでしょう。それはT島が書けないことを書いてないからです。この結論に至った検証の過程とそれで得た様々な具体的な中身があります。

例えば3ですが・・・

ゴルフのスイング(パッティング)は、2次元ではなく、3次元の動きであることを理解していない。パッティングの常識が多く。3次元的にヘッドが動くつまりまっすぐ動くことはない的なことを言われました。

T島、パターに悩んだ時にイロイロ考えて迷走した時に思ったことがあります

ヘッドを、まっすぐ引いて、真っ直ぐ出す!その為には、まずヘッドを真っ直ぐ引くことが大切だ!!!!まっすぐ引きやすいパターを探そう!まっすぐ引きやすい構えを見つけようでした・・・

非常にコレやばい・・でもその時に、アナライズでパッティングセミナーをやってくれた中越豪さんに出会い

『パターがまっすぐ引けないって? テイクバックでヘッド観てるんですか?』

と言われハッとしました。そこからすごく救われましたね。ヘッドをどう動かすかばかり考えていたので、構えは縮こまるし、余計な力が入るし、動かないから距離感は合わないし・・と危険な方向へ行くところからUターンできました

清永先生に教えていただいた『パッティングを惑わす最悪の言葉と文言集』

  1. 『真っ直ぐ』
  2. 『真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す』
  3. 『フォローで低くヘッドを出す』
  4. 『カップに向かってヘッドを出す』

最悪だそうです・・いずれも三次元の空間の世界を表していない

それはやろうとすればできそうですが、パターを動かすための支点がいくつも必要になりますよね? ルールで支点を固定するアンカリングが禁止されましたが、支点が幾つもある打ち方は特に禁止していません。(すいませんT島のなんちゃって分析なのでお許しを)

なんか、自分に照らし合わせてなるほど〜と思ってしまいました

もっともっとホントは書きたいんですが、コレ以上は御本人から聞いて欲しいと思います。パッティング距離とミスにする確率の検証なんて、素晴らしいなと思いました。先日塚田好宣プロとラウンドした時の1.5メートルから2メートルオーバーさせる衝撃と見事に結びつきましたわ!

そうそう このパター T島のエースパターです

清永先生の作品、ぶっちゃけメッチャいいです

このパターのヘッドに曲線があり、なんかええ感じやなー とぼんやり思っていたらこんな秘密が

はい なんとなくT島このカーブの範囲に振っていいんだーとか思ってヘッドを出していると、引っかかるわけでもなくよく入ってくれました。ショートパットを右に外すミスがすごく減ったんです

このパター素晴らしいのですが、名前が何度聞いても、何度調べて記事にしても思い出せないんです

E-ZONE TP-F1B です

うーん なにかいい名前はないでしょうかね? 清永先生は 明なので アキラ90%とかいかがでしょう。全然ダメですねYONEXの人に怒られそうです

先生にT島のパターを見せたら、とても喜んでくれました!!

もっと売れてもいいと思うんだけどなぁ〜 いやほんと清永先生最高でした。

アナライズのこのパターも素晴らしいんですけど

限定のRENGAパター

アナライズRS1.5パター(数量限定)

こちら限定ですが、まだ少しあります

やっぱり投資して、こういうセミナーに参加するのは楽しいですね

アナライズのセミナーは、すぐいっぱいになってしまいますが、毎月20日前後ぐらいに翌月の募集を開始します。11月分は10月19日開始です

アナライズのプライム会員優先での予約システムなので、なかなか狭き門ですが諦めずチャレンジしてほしいと思います↓クリック

ではまた金曜日に


マーク金井のYouTube試打
打たずにいられない

最新動画はタイトリストTS3ドライバーです

ぜひご覧下さい

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


カテゴリー T島のなんちゃって極意, セミナーのお知らせ

コメントは停止中です。