アナライズstoreblog

2018年11月07日スイングの定期検診はいかが?プロギア銀座EXに行って来ました

えーっとこちらアナライズmmアイアンですが、販売開始5分で完売してしまいました。ショッピングカートの不具合で、1つ余計に販売してしまい・・・T島用のヘッドまで打ってしまって、私のが無くなったのですが、試打用を譲っていただけることになり事なきを得ました。

買えなかった皆さん 申し訳ありません・・・

次回入荷は未定、また発注するためには50セットのロットを販売せねばならなくて、社長さんが二の足を踏んでいるそうです(汗)注文しないと入荷しないので・・きっと何処かのタイミングで注文すると思うのですが現時点では、入荷予定は無し!ということです

また再入荷したらブログで告知します

さてさて、T島もまるまる1年以上スイング改造に取り組んでおります。ゴルフに行く度に違和感だらけで、当たるのかな〜などと思いながらやってます。ということでスイングの健康診断に行くことにしました。

はいコチラです

プロギアさんがやっています。サイエンスフィットの親分みたいなやつですね。先日マーク金井が行ってきて、劇的に良くなっていると診断されて『T島はんも来てくださいって言ってたで』と言われたそうで・・・

プロギアさんのサイエンスフィットトップであります、宮川まもるプロに連絡させていただいて、予約したのですが先日、小田和正のコンサートに行ってから、車の中で歌いすぎてのどが痛いと思っていたら風邪のようで、体調イマイチの中で行ってきました

早々に結果を発表すると・・・

このスイング効率が高い、インサイドアッパーの右上エリアということで、この位置をキープしておりまして

何も変わってない・・・

のか・・と開始早々に落ち込んでおりました(泣)

具体的には・・・

ヘッド解析評価

  • ・進入角(上下)
  • ・進入角(左右)
  • ・フェース向き
  • ・ライ角

シャフト解析評価

  • ・フェース角(ハーフ)
  • ・フェース角(トップ)
  • ・減速ポイント
  • ・アンコック角

動作解析評価

  • ・胸の開き
  • ・軸回転
  • ・体重移動

までは問題ありません しかし・・・・・・

腕の回旋だけがダメでした(泣) 

はい。すごく取り組んできたのにと落ち込んでいたら・・・

宮川まもるプロ

『プロギアの基準でいえばレベル4までは到達しています』

プロギアサイエンスフィット教本 皆さんも是非ご購入ください⇩クリック

(アナライズでは売ってません。↑をクリックすると販売サイトに行けます)

つまり80台前半から80切るレベルだそうです。まあスコア的には当たっています。スイング改造に取り組む前も、現在もスコア的にはあまり変わらないのです。(っていうかイロイロやってスコア的には少し落ちました)

気にしていた手首の尺屈ですが、フリックにはなっていないそうで・・・かなりよくなっているそうです。最近取り組んでいます尺屈つまり手首のヒンジ

赤が理想(小平智プロ)青が今、黄色が昨年です!動きのメリハリはかけていますが、フリックにはなっていないので、かなり良くなっているようです(良かった)

そして問題の腕の回旋です・・・

⇩こちらが腕の回旋の理想

そしてこれがT島の現在の状況⇩。動き自体は頑張っているそうなのですが・・・

昨年よりも良くなってますが、タイミングがまず遅い、そしてもっと回旋する必要があるそうです。この指さしている位置まで曲線がガーンと来ないといかんそうです。

そして骨盤の動き!つまりおしりですが、黄色い線が前回、青が今、そして赤が理想(小平智プロ)

トップからハーフダウンまでの動きはかなりよくなっていることがわかりますが・・そこからおしりが2つ見えるぐらいに動かないといけないのに、動いてません(泣)

宮川まもるプロの評価は、『やりたいことはとってもわかります』

だそうで・・しかしブレークスルーしてないわけで、ここで自分だけでやる限界が・・・宮川まもるプロがニヤリと笑い・・・

数値には現れていませんが、左腕の回旋はほぼ出来ていると言っていいでしょう、回旋が原因で、数値が悪いわけではなく、ここからは骨盤の動きが問題。骨盤の動きが遅れるので、回旋が不十分となりインサイドアウト傾向が強くなるだけです。

その解決法とは・・・

解決法とは・・・

トップからハーフダウンまでに回旋もおしりの動きも全て終わらせておけばいいそうです。そうT島も回旋しているのですが、タイミングが遅いのです。ダウンからハーフダウンまでが勝負だそうです。

まずはプロギアサイエンスフィット教本のレベル1の骨盤を開くドリルが基本(56,57ページ)

そしてこのドリルも教えてもらいました。T島さんに、これを使ってもらうのは恐縮なんですが・・と言われながらでてきたのがこちら・・

ゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

はい。いやいやそんなことはないんですと言われて教えてもらったドリルがこれ⇩

このダウンの位置で、すでに回旋を終えてあとは、おしりが2つ見えるようにこのボールを打つこと!動画はこちら⇩

はい ただ手遅れ だったんです・・・・ケツ遅れ?もか・・・ この傾向は、放っといたらだれでも遅れてくるとのこと、プロギアのスタッフの皆さんも定期的にチェックしているそうです。

フレループもいいけど やっぱゴルフの竪琴も良いんだなぁと実感 家でできるしね

とにかく切り返し直後の動きがちゃんと出来ればあとは、クラブの慣性に任せればいいとのことでした、T島は完成に任せればいいというエリアでいろいろやっていたようです。このドリルをしっかり取り組んでみます。

プロギアさんの教本の150、151ページと156、157ページをしっかりやってくださいとのことでした

ちょっとショックでしたが、頑張れるポイントがわかったのでとてもスッキリしました。皆さんもぜひプロギア銀座EXへ行ってみてください

ではまた金曜日に


←クリック


カテゴリー T島オンプレーンへの道, ゴルフの竪琴、竪琴検定, 練習法、ヒントになれば

コメントは停止中です。