アナライズstoreblog

2018年11月30日アイアン用カーボンシャフトのススメ&アメリカに来てます&2019年ゴルフルール変更その10

YouTubeのアナライズチャンネル。新しい動画配信開始

パターセミナーの最終回です


えーっと昨日のマーク金井ブログから ブログ公開時間がいつもと違うぞ?とおもっている人が居ると思います。T島現在USAのロスアンジェルス空港におります。実は羽田発の飛行機の機材トラブル(テレビが映らない)ということで出発が2時間遅れ、乗り換え出来ませんでした。ギリギリ間に合いそうだったのですが、ターミナル移動するバスを間違えて乗り遅れました

悲しみに暮れるシャトルバス

えーっと ロスアンジェルス空港ですが、シャトルバスが滑走路をバンバン横切るんですよ。飛行機の鼻っ先をバンバン走って面白かったです

結局出発から24時間近くかかり到着しました

今回はPXGのオーナーであるボブパーソンズさんが所有する スコッツデールナショナルゴルフクラブのビラ(コテージ的な)ところに宿泊します

クラブハウスから、カートに乗って3分近く走りたどり着きました

4ベッドルームのコテージです(汗)今日は一人で寝ました

ベッドから床の高さが高くて、毎回転びそうです。またこちらレポートします


2019年ルール改正 注目ポイントその10ですが・・

2019 年規則変更点の解説

11.1 動いている球が偶然に方向を変えられる

現在の規則:動いているプレーヤーの球が偶然に方向を変えられた場合、その結果はその方向が変えら れた原因によります:

 球がプレーヤー、そのプレーヤーの用具やキャディーに当たった場合、そのプレーヤーは 1 打の 罰を受け、その球をあるがままにプレーします(いくつかの例外があります)。

 球が相手、その相手の用具やキャディーに当たった場合、罰はありませんが、プレーヤーはその球 をあるがままにプレーするか、そのストロークを取り消して、再びプレーするかを選択することが できます。

 その球が他の人、動物、物によって方向を変えられた場合、罰なしに、その球をあるがままにプレ ーします。

新ルール⇩

2019 年規則:規則 11.1 では、球がプレーヤーや相手、あるいはその用具やキャディーに当たった場合を 含め、偶然に方向が変えられた場合はすべて次の通りとなります。

 罰はなく、その球をあるがままにプレーします(いくつかの例外があります)。

 プレーヤーが、球の方向を変えようとして故意に歯止めとなる場所に用具を置き、球がその用具に 当たった場合には罰があります(規則 11.2a)。

変更の理由:

 多くの物、人、動物がプレー中のコース上に存在しています。動いている球が止まる前にそれらに 時々当たってしまうことは避けられませんし、プレーヤーはその結果(良いか悪いかにかかわらず) を一般的には受け入れなければなりません。

 あるプレーヤー(またはそのプレーヤーの用具やキャディー)が偶然に他のプレーヤーの球の方向 を変えた場合、ストロークプレーでは罰はないのと同様に、プレーヤー(またはそのプレーヤーの 用具やキャディー)が自分の球の方向を偶然に変えた場合も罰の必要はありません。

o 「偶然に方向が変わる」とは、その名の通り偶然であり、プレーエリアに必然的に近い所にあ るプレーヤー、キャディー、用具にも公平に適用します。

o プレーヤーの球がそのプレーヤーやそのプレーヤーの用具に当たる場合、それは悪いショッ トの結果や予期しない結末であることが通常です。例えば、球がバンカーの壁や樹木に跳ね返 ってそのプレーヤーに当たる場合や、チップショットがグリーンをオーバーしてそのプレー ヤーのカートやゴルフバッグに当たる場合などです。

o このようなケースの結果は一定ではなく予測不能です。その結果はしばしばプレーヤーの利 益になるというより、少なくとも同じくらいはプレーヤーに不利益になります。

 誰が原因となったのか、何が原因となったのかに関係なく、偶然に方向が変えられたすべてのケー スを扱うことは様々な状況で規則をとても簡単にするでしょう。例えば、プレーヤーの球が他のプ レーヤーと共用している用具(例、ゴルフカート)によって方向を変えられた場合、同時に共用して いる用具を誰が所有しているのかを決定するためにもはや複雑な分析をする必要はなくなります

JGA WEBサイト2019年ゴルフ規則 主要変更点の解説より引用

今までは、明らかに故意じゃないのに当たってしまって、ペナルティということがありました。当たってラッキーもあるし、アンラッキーもあるわけで、故意じゃないのに!!という理不尽さがあったわけです。このルールができる背景になることがきっとあったんでしょうね。と変更の理由を読んでイロイロ考えてしまいました。

こういうルールは、プレーヤーがゴルフへ対する理不尽さで嫌になったりすることが減ると思うんです。コンペとかで『それペナルティだよ』とか言われると悲しくなるわけで・・・”わざとじゃないのぃいいいい”にってやつです。

イロイロなポジションでゴルフする人を増やそうという試みは様々な角度で続いています。

さて この間国内女子ツアーのクラブセッティングのことを書いていますが・・T島が不思議に思うことがあります・・・それは

アイアンのシャフト選びです。ゴルフクラシックさんの記事を拝見すると・・・

まだまだアイアンのスチールシャフト装着率が高いですね。マーク金井はよくYouTube生配信で、女子ツアーのプロはカーボンシャフトを選んだほうが良いよ と言ってます。女子ツアーのスチールシャフトブームは、T島が記憶するのは宮里藍プロの影響が強いと思います。彼女が全盛期の頃に、カーボンシャフトからスチールシャフトに変更して、パワーのあるアマチュア女子もスチールに変更したケースが多かったですね

今でこそ、日本シャフトのZEROS7などアマチュア女子でも充分使いこなせるスチールシャフトが発売されていますが、当時はNS950とかNS850までしかない頃。それからスチールシャフトの憧れ的な感じで選んでいるようにT島は分析していました。

当時 ”どうしてスチールじゃダメなんですか?” とよく聞かれましたけど、アイアンのカーボンシャフトの進化はめざましく、重さ的に、飛距離的に、弾道の高さ的に、カーボンシャフトの方がマッチする場合が多いな と思った次第。

もちろん価格的に手頃ということはありますけど・・

女子ツアープロにおすすめということは、飛距離が落ち始めたアマチュア男性ゴルファーにもオススメなのです。しかしスチールとカーボンって感じが少し違うので慣れが必要です。でもそれをクリアして、是非使ってほしいなと思っています。

特にT島やマーク金井のように50歳を過ぎた方

カーボンシャフトって振動減退率が高いので、肘や腰など関節を痛めている人には体に優しいのですよ

ってことで

アナライズMI72 ですが、最近アイアンセットって4本とか発売されるようになりましたよね?従来のセット販売では、本数が合わない・・というお客様の要望がありまして

1本からの販売に切り替えております(シャフトだけの販売はしておりません)

こちらぜひご利用いただければと思います

ってことで また明日


YouTubeアナライズチャンネル
マーク金井のパターセミナーの続編が公開されました

ぜひご覧下さい。チャンネル登録もよろしくおねがいます


カテゴリー ゴルフルールの話, シャフト, 自転車シリーズ

コメントは停止中です。