アナライズstoreblog

2018年12月01日噂のトップゴルフを体験!&2019年ゴルフルールここが変わる!その11

YouTubeのアナライズチャンネル。新しい動画配信開始

パターセミナーの最終回です


このブログを書いてる時点でアリゾナは朝の5時半です。世界中どこに言っても早起きのT島です。

昨日の夜からPXGのメディアイベントがはじまりました!

リディア・コーが金髪になってました(汗)リディアと話しているのが、マイクさんというPXGのクラブデザイナーですね あとクリスティーナ・キムやら女子の契約選手

男子はライアン・ムーア、ビリー・ホーシェル、右の人はデイビッドさん!PXG中古のディストロビューターです

こんな感じでワチャワチャやっています。今日から本格的なイベントが始まります

さて2019年のルール変更 ここがかわります の11回目

2019 年規則変更点の解説

9.2 なぜ球が動いたのかを決定する基準

現在の規則:「証拠の重さ」の基準はプレーヤー(または相手)が自分の球を動かす原因となったのかどう かを決定するために使用されます。

 裁定はすべての関連する状況、証拠の重さの評価、可能性のバランスに照らして行われなければな りません(裁定 34-3/9)。

 どちらかと言えばおそらくそのプレーヤーがその球を動かす原因となったと思われることを証拠 の重さが示している場合、そのプレーヤーがその球を動かしたものと認められるでしょう(裁定18- 2/0.5)。

しかし高い基準(「分かっているか、ほぼ確実」)は局外者(動物、観客、ストロークプレーの他のプレーヤ ー)が球を動かす原因となったかどうかを決定する場合に適用されます。

2019 年規則:規則 9.2 では、「分かっているか、事実上確実(現規則の「ほぼ確実」)」という基準(95%ぐ らいを意味する)を、なぜ球が動いたのかに関するすべての事実問題に適用することになります。

 プレーヤー、相手、外的影響が球を動かした原因となったことが分かっているか、事実上確実であ るという場合は、プレーヤー、相手、外的影響がその球を動かした原因であることが認められるで しょう。そうでない場合は、自然の力が球を動かす原因となったものと推定されるでしょう。

 

変更の理由ですが・・・

引用すると昨日みたいにまた長くなるのですが、やはり立証できないし、昨日も書いたみたいに、それって理不尽に感じることが多いからではないでしょうか?ゴルフというゲームが楽しめない要素を減らしているのかな?とT島的には感じました。

性善説でいいじゃない と思うんです。ルールがどんどん増えて、裁定集とか必要になるのってどうも納得行かないT島なわけです。

んでアメリカの面白い施設に行ったんで 今日のブログはその話をします

その名はトップゴルフ

アメリカのいろいろなところにあります!日本にも作る計画があるそうですが

どんなとこかというと、ゴルフ練習場とボウリング場を足して、2で割ったみたいなとこです

打席の後ろにテーブルが有り、飲み食いしながらボールを打ちます

ターゲットを狙って打つのですが遠くのターゲットの方が点数が高く。一番近くの25ヤードとかは低いんですね そこに向かって 備え付けてあるクラブで打ちます

ターゲットは215ヤード、185ヤード、150ヤード、125ヤード、90ヤード、50ヤード、25ヤードとなってました。

備え付けてあるクラブは・・・・

こんな感じです

1W、3W、3UT、4番アイアン、6番アイアン、8番アイアン、PWの7本

やっぱり時代は7本(笑)・・・

まあ点数はダーツのようになっていて、大きなサークルのどこに入るか?で点数が変わります。

点数が表示されて、ボーリングのようにスコアを競います

どこは入ったかというのはけっこうアバウトで、『俺が打った球?』ということが何度かありましたが まあそれはご愛嬌

クラブは、ドライバーなどメタルウッドですね(汗)シャフトが折れないようにでしょうかメッチャ太い 破損防止です まあゴルフ練習場のレンタルクラブみたいなもんでしょう

これがゴルフ?

と聞かれたらけっこう微妙で、ゴルフのようなものですが、家族連れとか、カップル同士とか、大学ゴルフ部的な人は、マイクラブを持ち込んで打ってました。

T島よく書いてますが、こんなのゴルフじゃない!!!とゴルフ道を極めたい人から言わせるとそうかも知れませんけど

トップゴルフへ行って

昨日ゴルフやったんだぜ!!!

って人が増えるのが良いと思うんです。コースに出たこと無くてもゴルフが好きなんて人がいてもいいし!!!シミュレーションゴルフよりも盛り上がりますよ。ターゲットゴルフっていうんでしょうかね??

いやー面白かったです ここから真っ直ぐ飛ばすのはどうしたら良いのか?とか考え出すとかね?トップゴルフはプロが居てレッスンもできるとか・・・

日本だったら、マーク金井がふらりと現れて、フレループを手渡して

『これ振ってから打ってみなさい』

とか言って、劇的にスイングが良くなるとか⇩クリック

なんて番組があったら面白いなとか思いました

やっぱりですね、まずは体験してもらうことが大切でしょう。

ゴルフのようなもの最高!って思いました

ではまた月曜に


アナライズセミナー12月15日開催分、まだ若干空きがあります ぜひご参加を・・・


カテゴリー T島的ココロ, 調べてみました

コメントは停止中です。