アナライズstoreblog

2018年12月07日これがマーク金井最近お気に入りの練習器具だ!&2019年ルール改正ポイントその14

まだ手首が痛いT島です・・・

試打クラブを返却するために、ライ角お戻そうとうっかりFOURTEENの、ライロフトゲージを痛めてる左手で持ち上げて、ギャーーー となりました。はい ヤバかったです。

昨日は、車の雑誌の取材をうけました。

クルマがある生活的なことだと思うのですが、カメラマンの方がゴルフのお仕事もやっていて、変わったクルマに乗ってる人に声を掛けてるようで、T島の登場となりました。

うちの車かわいいな(親バカ)

その後アナライズで動画撮影を、『マーク金井の打たずにいられない 撮るから来て』ということで撮影に行ったら、試打クラブは『赤羽に忘れてきた・・・』とのことでしたが、予定通り無事2本撮影してます。

さてこちらですけど

2019 年規則変更点の解説

8.1 パッティンググリーンのプレーの線に触れること

現在の規則:規則 16-1a では、プレーヤーの球がパッティンググリーンにある場合、

 そのプレーヤーは自分のパットの線に触れることを一般的に禁止されています。

 しかし、7 つの例外規定があります(ルースインペディメントや動かせる障害物を取り除く場合、 球を拾い上げ、リプレースする場合、ボールマークを修理する場合など)

2019 年規則:パッティンググリーンでプレーの線に触れることの禁止は廃止されます。

 パッティンググリーンで単にプレーの線に触れたことに対してもはや罰はありません(「プレーの 線」という言葉はパッティンググリーンを含め、コース上のすべての場所に適用します。そして 「パットの線」という言葉はもはや使用されません)。

 しかし、パッティンググリーンの自分のプレーの線を改善することについてはまだ違反となりま す(規則 8.1b により制限されている通り、8.1a 参照)。

これですね、キャディさんが狙うラインを旗竿でトンとやったりしてもペナルティなわけですよ。ずっと何だよそれ!って思っていたのです。おかしいですよね!こういうルールが嫌いでね。疑わしいだけで有罪!みたないのが・・・ 推定無罪の原則が無いは日本だけかと思っていましたが、ゴルフルールもそうですな。いやだんだんそうなっていったのかなとか思います。

紳士のスポーツ ではなく、あまりにひどいので紳士らしくしなさい というのを曲解して紳士のスポーツになったんじゃない?とT島的に解釈してます。試合などで、ペナルティを課して相手を蹴落とす的な人っているんだ。と思ったことあります。

しかし、こんな理解しがたいルールも変わります。もちろんプレーの線を改善したらダメですよ。

はい!!先日ですねこちらのブログでご紹介しました練習器具

ビバ衝動買い!&2019年ルール改正その7

こちら アナライズでも販売することが決定しました。今ページを作ってます

早々にYouTubeのアナライズチャンネルの動画、練習器具ミシュランで紹介しました

こちら軽い棒状の練習器具を速く振ることで、自分のリミッターを外すという練習器具です。T島もこれはエエわ!とおもいました。

動画を観てもらたらわかるように、かなりしなります!このシナリ感が絶妙です。あとですね。動画にもあるように

これはおしりセミナーで詳しく説明しているんですけど、セミナー動画観ていただくと判ると思いますが、スイングする時に気合が入ったら、おしりがボールに近づく動きになるんです。

おしりが近づくとどうなるか?

  • インサイドアウト軌道が強くなる
  • ダフりやすい
  • チーピン、右プッシュアウトがでる

などの問題が発生します。

トライワンスーパーファストフレックスこれに効きますで!

更に

しなり感を覚えつつボールが打てるのはこちら・・

イージーフレックスEF009、EF009SW

です。こちらは、シャフトのしなりを覚えるために作られています。柔らかいシャフトを振りながらボールを打つと、シャフトのしなるタイミングでボールを打つしか無くなって、力任せに振れなくなるので、自然とスイングがキレイになります

シャフトのしなりの習得、切り返しのタメを覚えたい人は是非こちらを!

そしてこちらの練習器具ですが・・・名前が判明!!!

スキルズ ゴールドフレックスと言う商品だそうです

これはさらに、おしりが前に出る、先端が重すぎてちゃんと振れないという。かなりの強制力を持っております。これではヘッドスピードは速くならないとおもいますが、おしりの動きが良くなって、スイング軌道が変わると思うんです。

トライワンすばらしいのですが、こちらも練習器具ミシュランでやってほしいな〜と思うスグレモノでございますよ!!!!

ということで、練習器具って何となく楽しいっすね

ではまた明日



カテゴリー ゴルフルールの話, 練習法、ヒントになれば, 調べてみました

コメントは停止中です。