アナライズstoreblog

2018年12月29日2018年T島的クラブオブ・ザ・イヤー シャフト編

アナライズは今日からお休みです

年始は7日から営業ですが、発送が殺到すると思われます。ご注文の順番に随時発送していきますので、恐れ入りますが少しお時間下さい。

ブログは更新しますけど・・・

東京に戻ってきましたT島です。初めて新東名を走りましたが、とても走りやすいですね。ゴルフコースにも追い越し車線があって、気楽に追い越せればいいのに・・と思いました。T島的には1ホールぐらいやらなくてもいいわ と思うんです。スタートして後ろに追いつかれたら、パスさせるというルールでバンバン追い越せばいいんじゃないかと

そして、何度もそんなことがあれば

俺たちプレーが遅いのかも?

という自覚も生まれるかと・・・クルマでいえば事故渋滞ではなく、自然渋滞してプレーが遅れるということは、ゆっくり走ってるクルマがあるからです。無理にスピードを出す必要はないけど、最低速度をキープすることが大切です

 

2019年ゴルフルール改正の最終回です

 

2019 年規則変更点の解説

14.2. 元の箇所が分からない場合に球をリプレースすること

現在の規則:パッティンググリーン以外の場所に止まっているプレーヤーの球が拾い上げられたり、動かされたり、規則に基づいてその球をリプレースしなければならない場合、

 その球を元の箇所に置くことによってリプレースしなければなりません(規則 20-3a)。

 しかし、その球の元の箇所が正確に分からない場合、プレーヤーはプレースするのではなく、その推定した元の箇所にできるだけ近い所にドロップすることによってその球をインプレーに戻さなければなりません(規則 20-3c)。

2019 年規則:規則 14.2c に基づいて、同じ状況の場合では、

 その球はドロップするのではなく、常に箇所にプレースしなければなりません。

 その球の元の箇所が正確に分からない場合、プレーヤーはその球を推定した箇所(球が根付いている自然物の上や下、またはそれに寄りかかっていた場合は同じように)にリプレースしなければなりません。

はい、コレは読んだそのままですね。ルールってどういうケースの時にこう変わるというのがハッキリわからないと、モヤッとします・・今後は、こういう場合どうなるの?的な感じで取り上げたいと思います

はい2019年T島的クラブオブ・ザ・イヤーです。えーっと今回は、シャフト編ですかね。

T島、今年も色々なシャフトを使いました。

まずこちら最近使ってます

三菱ケミカルのTENSEI REDのUT用シャフト

なかなか使いやすい。三菱ケミカルのTENSEIというとUSモデルで日本では発売されていません。T島ですが、UTには赤をFWには青を入れてます。赤が一番扱いやすいというか一番動きますね。青が一番ニュートラルでT島的には青マナ感があるシャフトです、

ドライバーにはTENSEIのORANGEを入れてみたかったんですが、結構ハードなシャフトでした(Rでも)噂でも日本でも発売するとか・・・ スピン量が減るシャフトと言う印象でした。

今年一番、T島が使った時間が長かったのは うーん この4つですね。どれも同じぐらいで差がない!!

三菱ケミカル ディアマナDF 50SR

でしたね!手元のしなり感と先端のしっかり感で非常に扱いやすいシャフトです。えーっとセンター部分のしっかり感を感じ『あれ硬い?』とかと思う人は、1フレックス落として見て下さい。

 

ヨネックス REXIS KAIZA-LIGHT 3X

こちら非常に面白いシャフトです。なんと30グラム台でXシャフトという。超軽硬シャフトです。とてもシャープに振れます!軽硬シャフトってしならない感じがするものですが、このシャフトは適度なしなり感がありタイミングも取りやすいです。やっぱりヘッドスピードが上る感じですよ。一度是非試して欲しい面白いシャフトです。

そして

スリリング AOSAKI

これも好きです。最近また使っております!手元が硬すぎなくて、走り感が気持ちいいです。このシャフトの適度な捕まりの良さが魅力です。捕まえてくれるのに左のミスが出にくい感じが好きです!ヘッドを選ばないのもいいですね。

スリリングさんのシャフトはこちら KAZETOMOは叩ける感じが非常に好きでした

使ってみたいかも・・・

そして こちらは昨年から登場回数が多い

フジクラ スピーダー569エボリューション4

これは昨年発売されましたが、今でも使っております。スピーダーとしてはスゲー走る!!って感じではなくて、程よく走ってあまり動かない感じの叩けるシャフトです。好きだなぁコレ〜 474のSとかも使ってみたいね。474のXとかも(無いですよね)

スピーダーはエボリューション5が発売されて、発売当初 凄く使っていたんですけね〜! ボールを捕まえたい人にオススめ

んでマーク金井のエースシャフト、スピーダーTR すっげー振り心地が好き でも結果が良くないのです(泣)何とか使いこなしたいと思っております

ということでこの4つはよく使いました

その次は

USTマミヤ THE ATTAS 5S

今年、マスターズ出場を決めたアマチュアの金谷選手、今年、ツアー選手権とダンロップフェニックストーナメントという大試合に勝った市原弘大プロも使っております。

なんだろ?T島的に掴みどころがないシャフトです。振ってて気持ちがいい!ってシャフトじゃないんですけど、結果が良いんです。左のミスが出ないしね。

アイアンシャフトは、ずっとコチラです

ATTAS FFアイアン 85 を2番手やわらかい方にずらしています。不満はないけどちょっと変えてみたいと思ってます(汗)

ウエッジはこちら

KBS HI-REV2.0 115Rです

さて・・・

2018年クラブオブ・ザ・イヤー シャフト編ですが・・・

うーんうーん やっぱりアナライズで流行ってます 島田ゴルフのウッド用スチールシャフトじゃないっすかね?! ホント面白い発見でした。まだまだスチールもいいなぁと 再認識しましたね

来年になると、バンパースチールなどスチールシャフト装着モデル 販売開始しますんで期待して下さい!!

ということで、また明後日お会いしましょう


こちらでスイングのレベルアップを!

←クリック

レディース用も販売開始しました

おまたせしました〜

フレループにレディースモデルが登場。

《レディースモデル追加!》

商品仕様
長さ:39インチ
総重量:525g
シャフトカーブ:800r(半径80cmの曲線)

重さは変わらないのですが、長さが1インチ短くなってます。これだけでかなり違いますよ。レディースだけ注文してもらっての取り寄せになるので、発送までお時間いただきます。よろしくおねがいします。

 


カテゴリー T島的クラブオブザイヤー

コメントは受け付けていません。