アナライズstoreblog

2019年03月04日ゴルフスイング物理学のレッスン受けてコペルニクス的転回をするのか?

YouTubeのアナライズチャンネル 教えてマークさん 第一回目配信開始しました

何気なく使っているゴルフ用語ですが、あれ?どういうことだっけ?というのが少なくありません。そんな今さら聞けない、なかなか聞けないことを説明しちゃいますよ。


関西出張から帰ってきたT島です。スポーツヒルズ大阪が・・・

PXG OSAKA DRIVING RANGE になるんだって

ということで、取材に行ったのですが(正式オープンは今月中です)この練習施設がそもそも素晴らしい! 広い! パッティンググリーンはホンマモンの芝、バンカーもあります。そんな環境でフィッティングするってなんか凄いなぁ〜 なんて思いました

このゴルフ練習場、生駒山の上の方にあってメッチャ景色が綺麗です。夜景のスポットでもありますね。

さて東京戻ったT島ですが・・・・

ゴルフスイング物理学について、詳しく学びたくて・・・・

都内某所でパーソナルレッスン受けちゃいました。こちらに行く前にアナライズでマーク金井の取材をしていたのですが・・・

マーク金井

『えーなんかの雑誌の取材? えーレッスン受けに? それは凄いな アナライズでのセミナー聞いてればえかったのに』と・・セミナーは定員もあるし、すぐ埋まってしまう人気なわけで、T島が入ると受けられない人がいるというのが引っかかってまして。

でも 『小澤さん凄い』とマーク金井は折に触れて言うわけです。もう行くしかねーだろ

しかし今回の先生は・・・小澤さんではなく・・・

ゴルフスイング物理学トレーナーの佐藤桂輔さん。佐藤さんは、昨年より小澤さんと共に理論を勉強していたそうです。かなりの勉強熱心で今や小澤さんを超えるスイングマニアとなって、実戦経験を積むべく小澤さんのサポートのもと、今回トライアル的なレッスンをやって、もうすぐ華々しくデビューするということのようです

なんすかこのイケメン感は・・思わずT島

『ゴルフスイング物理学って顔選考なんすか・・』

と聞いてしまいました。あっT島ですね、人見知りなんで軽く飲んで行きました。スイマセン・・でないと緊張してしまうので・・・ちょっとテンション高くてすいません。

まずゴルフクラブについて説明を受けました。

重心距離があるということ

インパクトの時にクラブのフェース向きが大切なのですが、インパクトの一瞬に打ち出したい方向(たいていの場合、ターゲットにスクエアですよね)を向かせたいのですが、重心距離があるので、クラブのフェースというのは向かっていく方向に対して常に開こう開こうとします。これを一瞬のインパクトで開いてるものを戻すとか・・・

それって大変なので、フェースを開かないように動かすにはどうしたら良い?

えーっと⇩T島が写っている写真は全て小澤さんが撮ってます。っていうか写真撮るのが上手くて、故内田眞樹のように天才的なキャプションが浮かんできます

このフェース向きが変わらない動きからスイングにしちゃえばどうなるの?的なアプローチをゴルフスイング物理学はやっているわけように感じました。クラブを手元に引いたり、正面に出したりする動きって、フェースは開いたり閉じたりしません。でもヘッドを飛球線方向に動かそうとすると、テイクバックで閉じて、インパクトに向けて開くわけで・・・

パターのように目標方向に、クラブを真っ直ぐに動かそうとする。

これを前提でスイングするから、フェースの向きが変わるんですね。変わるからコントロールする。

でも

フェースを開かないように、動かすことを、最初に置いてしまう。まあ地動説と天動説ぐらい違う気がします。だって道具を使ってボールを打つんだから、道具のこと考えないと無理が出るでしょ?

テイクバックでクラブを体方向に引く

ひっくり返してグリップ側が前に出たものを

またフォローでも引く

まあぶっちゃけコレ!T島的には、コレだけでOK(ゴルフスイング物理学的にどうかは知らないけど、T島はそう感じたので・・そこんとこヨロシク) するとクラブヘッドは、開いたり閉じたりせずにいい感じでインパクトを迎えます。

とくにアンダー星人のT島は左にクラブを振ることが出来なかったのですが、トップからインパクト以降は、ただ左にクラブを引けばいいんだぁ〜 と思うと

クラブはこんなとこに抜けるんですよ(汗)

何だ君は!

ぐらい違いますね。終始、佐藤さん小澤さんは、T島の動きに『おおお〜』とか『いい感じですね』とか褒めてくれて、嬉しかったです。

動画をチェック!

ここからの(土俵入りのようで痩せようと決意しました)

この動き

えーっとボールは打ってないのですが、この反復で、股関節まわりが筋肉痛です(どんだけ使ってないんじゃ!!!!)

自宅でのドリルなども教えていただきました。今までのゴルフレッスンとは真逆の動きが多く、ええーーー えええええええーーーーー と皆さん思うと思います。たぶん動画でレッスンしたら、従来の天動説の頭の人が、酷いコメントがされると思うんです。でもねぇ

『それでも地球は回っている』

のです。

T島自分でも意外なくらい、この動きができました。というのも新宿インドアゴルフの長井プロが、日頃教えてくれていることが近くって、長井プロが言われていることを更に極端にやってみたらこうなるのか〜と思ったわけで(T島本人にとっては、更に極端なだけでして・・)

T島も、キャメロンチャンプであるとか、マシューウルフとか、こんな動きになっているよね〜なんて思ってましたが、55歳のオッサンには無理と思っていました。もちろんあんなに凄くは動けるわけではありませんが

凄いと思ったのは

超!体が固くて、可動域が狭くても ほとんど関係ないってことです。地動説では、天動説スイングで言われている言い訳がほとんど通用しないということです(汗)

いやーーーーーー面白かった

というわけで凄いスマイル

T島がアホみたいに嬉しそうなので二枚載せてみました

ってことで今日はたぶん練習場でボールを打っていると思います。いきなりスライスが打てたらどうしよう〜(行く前から心配してもなぁ)

ご紹介するまでもないでしょうが・・・ゴルフスイング物理学 WEB講座もありますよ

レッスンもセミナーもイロイロやっておられますので⇩こちらのWEBサイトをチェックして下さい⇩クリック

えーっとですね。小澤さんとマーク金井のコラボセミナー。アナライズでも開催する予定となっております。(まだ日程は決まってませんけど)マーク金井単独のセミナーと外部セミナーってお値段違いますが、プライム会員になると、通常募集の前に予約するチャンスがあります。(まあこちらでも、激戦区になるはずなので、そこは保証できません)

んで、マーク金井のセミナーも、小澤さんとの出会いによって、かなりブラッシュアップ出来ております。またこちらもよろしく

ということで、セミナーが優先的応募チャンスがありますプライム会員よろしくおねがいします

⇩こちらから申し込めます

ではまた水曜に


ゴルフの竪琴が再び人気なんですよ

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

 


カテゴリー T島的ココロ, セミナーのお知らせ, 調べてみました

コメントは停止中です。