アナライズstoreblog

2019年03月11日重心距離って大切かも”おしえてマークさんの”重心距離”を観て思う”

3月11日がやってきました。あの日、T島はアナライズのスタジオに居て、テーブルの下で揺れが収まるのを必死に祈っていました。アナライズの床は地面の上に、コンクリートを引いて、その上に木材でフローリングしているのですが、その床がうねっていました。

まだまだ日本はその傷跡から復興できていないのです。そして近い将来、また大地震はかなり高い確率でやってくるそうです。ゴルフができることに感謝し、自分たちができる備えをして過ごしたいと思います。

と・・・・いう重く書き出さねば気持ちが収まらない特別な日となってしまいましたが・・・T島の誕生日であります。誕生日というのはなんとなく浮かれますが、嬉しさが半分以下になります。プロゴルファーの久保谷健一さんと、何度か飲んだことがあるのですが、彼も3月11日生まれで、そうなんだよね・・『日本にいるとなんとなくつらいので、僕はタイに行くことにしているよ。』とコッソリ教えてくれました。

T島の誕生日の件はこれぐらいにして・・・

YouTubeのアナライズチャンネルの人気コンテンツとなっております

おしえてマークさん

観ていただいてますか?? 何気なく使っているゴルフクラブの用語ですが、ちょっと自信ないとか、もしかして誤解しているのではないかと不安になりつつ。

今さら聞けない・・・

なんて人にはぴったりです。もちろんご存じない方も、ただしく知識をつけることで、クラブ選びなどに楽になると思います

例えばこの重心距離ですが・・・

重心距離があるからゴルフは難しい

ということなのですが・・・

そもそも昔は重心距離が無いクラブを作ること自体が無理だったのですよ。なぜなら地面にあるボールを打つからでしょう。今は素材的に作れないこともないけど。ゴルフは重心距離(ゴルフスイング物理学の小澤さんによれば重心深度も)のことを考えてスイングする必要があるわけです

 

そしてこの重心距離ですが、クラブの大型化でどんどん長くなる傾向があります

重心距離があると、フェース振っていく方向に対してフェースは開こうとします

まっすぐテイクバックすると→フェースは飛球線方向に閉じます(つまり振っていく方向に対して開こうとする)

まっすぐ飛球線方向に振り下ろす→フェースは開く

重心距離が長くなると、開いたものを戻しにくいのです。アナライズでスライス撲滅セミナーというのをやったことがあります。スライサーばかり参加されるはずですが、お越しいただいたスライスに悩めるゴルファーの皆さんが持ってきたドライバーですが・・・

何故か皆さん・・・

重心距離が長くスライスしやすいドライバー

今でいえばこういうやつです

いわゆる外ブラのドライバーですが・・・

もっとも効率よく飛ばすにはどうするか?というのを考えています。飛距離的には重心距離が長いほうが有利とされていますので、重心距離は長めです。(40ミリを超えているものも珍しくありません)

先程書いたように、重心距離が長いと開いたフェースを戻しにくい傾向がありますから、スライサーには向きません。

マーク金井がスライス撲滅セミナーの参加者に『みなさん、スライスに悩んでいるのに、どうしてスライスしやすいドライバーを選んでいるでしょう?』と聞きましたが・・

やはり『カッコいい!人気がある!』から・・と言う返事になってしまいます

この写真には写っていない、ピン、タイトリスト、コブラも同じ傾向があります。じゃあどうして重心距離を長くするのか・・ 飛距離的有利なだけでなく、ヘッドの他の特性も連動して変わるのです。慣性モーメントが大きくなりやすいのでミスヒットにも強くなります。重心深度にも影響します。

インパクトでしっかりとフェースをスクエアに戻せさえすれば、非常に安定して飛ばせるのが、いわゆる外ブラのドライバーなのです。

一方、国産のドライバーは、そもそもインパクト時にフェースがスクエアに戻せるの?と言う部分で作られていることが多い気がします。ボールの捕まりを重視しているのでしょうね。大手量販店がユーザーの声を聞き、それをメーカーの担当者にリクエストしているという話を聞いたことがあります。

確かに、インパクトでフェースが開くといかにフェースの反発がギリギリでも飛距離性能を発揮できません。ボールを捕まえることが大切です

たとえば先日レポートしたプロギアのRS-Eは、捕まりがいいですね

そして上級者モデルは、国内の契約プロに意見を聞いていますので、インパクト付近でフェースの開閉を意図的にしやすいものを好む傾向があります。もちろんヘッドスピードが速い人向けなのですが、重心距離が短いほうがコントロールしやすいので、好むプロが多いそうです。

例えばミズノプロモデルなどそのタイプ

重心距離が長いドライバー、短いドライバーどちらを使うかは好みなのですが、インパクトでフェースをスクエアに戻せるか?というのが運命の別れ道のようです。

インパクトでフェースをスクエアに戻せるスイングを身につける

ゴルフの竪琴フレループ、そしてシャットフェースのスイングを身につける

スーパーシャット君⇩クリック

などを使って練習すること・・

あとYouTubeのアナライズチャンネルは動画では、初心者セミナーなどでボールの捕まえ方をレクチャーしてますんで、チャンネル登録してご覧いただければ嬉しいです。

どうしても戻せない人は、一度捕まった球を打ってもらいたいんです。アナライズのバンパードライバーですが、ほぼシャフトの軸線上に芯があります。このドライバーを打ってみるとボールが捕まるということがよくわかります

ということで、外ブラドライバーでスライスに悩んでいる人、重心距離が原因かもしれませんね

ではまた水曜日に


アナライズのプライム会員ですが 募集は3月15日までです

⇩こちらから申し込めます

ゴルフの竪琴が再び人気なんですよ

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


カテゴリー T島のなんちゃって極意, クラブ分析

コメントは受け付けていません。