アナライズstoreblog

2019年04月08日シャフト選びは平均飛距離アップ

 

いよいよ今週はマスターズですね。非常に楽しみです!!! えーっと豆知識ですが、マスターズの会場内では、走ることが禁止されているそうです。もし警備の人にみつかると、チケットにパンチマークの穴を入れられます。(切符の改札穴みたいなものです)

この穴が2つになると、そのチケットでもう入れないそうです。(通しチケットでも)日本人は特に、走って場所取りに行こうとするので要注意(と言ってもなかなか中に入れませんけどね)っていうか行ってみたいなぁ〜

まあ出来るところからコツコツと行きます。T島ですが、先週末は仙台に日本のゴルフの歴史を紐解きに行ってまいりました。

まずは宮城県で2番めに古い富谷カントリークラブ。

建物は歴史を感じられますが、高速で締まったグリーンで面白いコースでした。まだ冬季の休業から明けたばかりだそうですが、そんな感じはあまりありません。

昭和36年にできたコースだそうですが、ベントのワングリーンでした。好きだなぁ〜担々麺美味しかったですよ。

んで・・・今回の目的は東北で一番古いゴルフコース 仙塩ゴルフ倶楽部浦霞コースです

看板は浦霞ゴルフコースとなっています。こちらのゴルフ場ですが、浦霞という日本酒を作っている 株式会社 佐浦 という会社のゴルフ場だそうです。佐浦さんのおかげで、東北にゴルフ場が生まれ、このコースが今もゴルファーに愛されているんですね

T島は、この旅で日本酒がかなり好きになりました。浦霞美味しかったです。阿部勘も美味しい。たくさん買って帰りましたよ

コースはですね・・アップダウンが凄いです。面白いですが暴風警報が出るぐらいの風で

メッチャ疲れました

8番が難しかった↑

クラブハウスに鈴木康之さんの著書が置いてありました。ちゃんと塩釜とかいてますね

塩釜、夏泊、古河、能登、根室、沖縄 と書いてあります。今回、昨年根室に行きました。今年、塩釜。古河は行ったことありますから、夏泊、能登、沖縄がまだです。まあ・・とは言え、鈴木康之さんの影響でこの旅を初めたわけではないのですが、この機会にこの本を拝読してみたいと思います。でも表紙の写真撮ってないので、なんて本だったんだろう(汗) 調べてみることにします。(わかりました!絶版なので中古を注文しました)

今回、仙台市から富谷市、塩釜、松島、石巻を廻りましたが、震災の傷跡がまだ生々しくのこっていました。改めて地震の恐ろしさを感じました。少しでも支援できればと思いました。

前々回はフェアウェイウッドのシャフト、前回はウエッジのシャフト選びと書いてきました。よくシャフトを変えたら20ヤード飛距離が伸びたという話をゴルファーがしています。

大切なのは

最大飛距離なのか?

平均飛距離なのか?

という点です。最大飛距離なら、今まであまり合っていないシャフトを使っていたんですね。とT島は心の中で思います。例えばドライバーだったら、ヘッドの性能が飛距離を左右する割合が高いとT島は思っています。70%ぐらいでしょうか・・残り30%がシャフトかなぁ(メッチャ直感的数値)8対2でもいいぐらい

飛距離の3要素

  • ボール初速
  • 打ち出し角
  • スピン量

の直接影響を与えるのはヘッド性能です。もちろんシャフトを変えると、この3要素に影響を及ぼします。しかしヘッド性能の方が直接的にこの3要素に影響を与えると思うんです。シャフトが合っていないと、タイミングがとりずらくなり、再現性は落ちます。シャフトがあっていないと

えええええええ・・・・ってミスがでます。そもそもうまく当たらないじゃんみたいな・・

オンプレーンにスイングできるようになると、シャフトの影響って減る。何でもそれなりに打てるようになる。シャフトの相性が球筋に大きく出るのは、どこかでシャフトに余計な負荷をかけている、つまりスイングプレーンが悪いから

 

なんてマーク金井に言われたことがあります。実際、GDOで連載している、マーク金井の試打インプレッションで、どんなシャフトでもマーク金井は同じようなデータを引き出します。

もちろん、こんなシャフトが好き という好みはあるようです。

自分でタイミングが取りやすいな〜というシャフトは、平均飛距離が上がると思います。このシャフト振りにくいなぁというシャフトでも、一発飛ぶことがあるのが面白いです。でもねぇ、平均飛距離に注目してほしいと思うんです。

やっぱり飛距離の3要素をチェックしながら試打することが大切かと思うんですけど、なかなかそういうわけには行きません。そんな設備がないから・・・

以前紹介した、フルヤゴルフガーデンのようにトラックマンが全打席に入っていると、

距離が把握できるので、平均飛距離を探るのも簡単そうですね

ユピテルなどでも把握できます。

フライトスコープのミーボも非常にいい感じでT島も欲しいです

こういう計測器で気をつけて欲しいのは、ヘッドスピードを皆さん気にしてますけど、ボールスピードをチェックしてください。安定したボールスピードがでるシャフトが平均飛距離が高いと思います。ヘッド形状によってヘッドスピードってエラー値が出やすいというのもあります。

ヘッドスピード落ちるけど、ボール初速が上がる=ミート率がアップって T島的にはシャフトスタビライザーが効果ありました。また入れてみようかな

↑クリック

プロが飛距離が伸びたというのは、平均飛距離だと思うんですね。でも我々は一発スゲー飛んだという点を気にする傾向があります。そういう意味でシャフト選びを考えて欲しいと思います。もしかしてスチールシャフトだったりして(汗)

↑現在売り切れ中となっておりますが、アナライズ純正グリップが売り切れ中の為でして、自分でこんなグリップ入れたいという社外品がありましたら、追加料金かかりますが、オーダーいただけます。yoyaku@analyze2005.com  こちらまでメールいただければと思います。

T島ですが、急がば回れですね。

ゴルフの竪琴をつかったこのドリルなんか、今一生懸命やってます

インパクトでお尻が見えるように!とりあえずオンプレーンに近づけたいという思いです

ゴルフの竪琴、ツアープロにも人気です。コチラでがんばります

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

飛距離が伸びた=平均飛距離が伸びたと言えるようになりたいなぁ

ということで、また水曜日

本日21時から生配信お忘れなく


Youtube アナライズチャンネルの人気動画シリーズ

【おしえてマークさん】の新しい動画配信開始 今回はシャフトのキックポイントです

ぜひご覧頂いて、チャンネル登録お願いします



カテゴリー T島的ココロ, シャフト, 練習法、ヒントになれば, 調べてみました

コメントは受け付けていません。