アナライズstoreblog

2019年05月17日超私的な各種シャフトスタビライザーインプレッション(ウッド編)

Youtubeアナライズチャンネル 新しいセミナー動画、配信開始

マーク金井のバンカーセミナー②

バンカー克服法、練習法をマーク金井がレクチャーします

よろしければ チャンネル登録もお願いしま〜す


さあ週末ですね。全米プロゴルフ選手権が開幕しました。松山英樹プロの出だしは上々可と思いますが、タイガーの+2はちと不安。しかしブルックス・ケプカがガッツリと飛び出しましたね。メジャーの試合が終わった月曜日と言えば・・・・

マーク金井ここだけの話 配信します!

楽しみです

T島は、先週オーダーした眼鏡が楽しみすぎて、EYEX’さんからの電話をずーっと待っているのですが、まだ掛かってきません。早く眼鏡出来ないかなぁ〜と楽しみすぎてイライラしています。

昨日は、矢野経済研究所で行われたセミナーに参加

オタクと言われると抵抗があるでしょうが、マニアって、社会認知されているオタクじゃないか!とT島は思ってます。すでにアニメとか社会認知されているので、アニメが好きと言ってもオタクっぽくなく感じます。

何かについて集中して、時間もお金も投資する。そして情報の質を上げる。発信する。この仕組というのが、何事にも通じると思うのです。それをオタクと言うか、マニアというか、プロになったら評論家ってだけじゃん とT島は超私的に思っております。

T島は音楽であるとか、映画であるとか、スキー、スノボ、様々なことに集中すると突き詰めようとします。その一つがゴルフであったわけで・・・ こういうのは質を作れるかどうかが大切で、質を作れれば、それを量化すればいいんだ。と広島の頃の社長が言ってました。量化は簡単だ、質が作れるかどうかだ とも・・・

講師に、エフェボーおじさん と言う人が登場しました。エフェボーというのは、エフェクターボードの略でして、エフェクターというのはギターやってる人ならご存知かと思うのですけど、エフェクターを組み合わせて、ボードに貼り付けて みたいなことをするらしい。

それを、自作のインスタみたいなサイトを作って、ギター小僧やマニアが自分で投稿するそうです。楽しそうでした。T島もクラブセッティングだけを載せるサイトとか作ってみたいな〜なんて思いました。これはダメだよとか、ダメ出し無しでね。

エア・ギター選手権ではなく、自分の組み合わせたセッティングでひたすら自慢するだけでいいじゃないですか!!それもゴルフの楽しみですよ。腕前じゃないんです。

と・・・いいつつ T島、今年は練習して、スコアに拘れるように頑張っております。

 

練習のお供はやはりフレループですよ。

←クリック

とにかく毎日練習しております。 あっ・・・縄跳びもやってますよ。(ダイエットのが大切だったりする(汗)ほんと縄跳びは上達が実感できるのですケドね

スイングは良くなってるのか、悪くなってるのかよくわからなーい・・

ナイスショットが出る=いいスイング じゃないみたいです。そのミスリードをしないため、それがわからないからレッスンに通うということかな って思ってます。慣れるより習えですよ。

以前T島は、シャフトスタビライザーをすべての番手に入れておりました。最近スイングもアンダー傾向が結構減り、抜いていたのです。

でも・・・

ふと・・今だから入れてみたらどうなる?? と思って入れてみました

シャフトは一昨年かな、その前の年かな、一番使った デザインチューニングのZEROと言うシャフトです。非常に素直な挙動で、T島的には非常に気に入って、フェアウェイウッドにも使ってましたね

あとちょっとシャフト重くしてガッツリ振りたい(ほっておくと、ゆっくり振ってしまうのです)のでシャフト重量を60グラムにしたかったということもあります。

入れたのはこちらです

パワートランスファーインサート これが最新のスタビライザーなんです。えーっとですえ。シャフトスタビライザーどう選んだら良いのか?とよく聞かれます。

パワートランスファーってのは、2箇所でシャフトの内部に固定されます。ここからは公式なコメントではなく・・

超私的なシャフトスタビライザーの選び方

パワートランスファーは31グラム、えーっと最新だし高いから性能がいいか?と言う感じでなく、他のスタビライザーと比較すると、なんだか打感がマイルドじゃない??なんて思います。

んで・・・

AMT for Woods装着キット付き⇩クリック

こちら、ウエイトが上下に動かすことが出来ます。これですね、意外と言ってはなんですけど、けっこう振り心地がかわります。入れて球筋矯正できるか?というと、T島はぶっちゃけ実感できませんでした。(まあそもそもT島はドローは打てるけど、フェードが上手く打てないわけで) でも フィーリングが変わるので、それが楽しめますんで、オススメです。

まあ38グラムと重量があるので、重さが気になると言う人がいるかも・・・・ まあウエイトの位置を変えると、かなり変わるんですけどね

そしてベーシックなモデル

これでも充分効果を感じます。一応今回紹介したのはすべてウッド用なんですが、パターに入れても大丈夫ですよ。パター用というのがありますが、ちょっと入れてみようと試してみて、パター用を買うというお客さんも少なくないです。

はい。 T島的には、まず一番ベーシックなやつを買ってみて欲しいと思います。重さはまず20グラムでいいかな〜、新しいモデルが劇的に良いかというと ぶっちゃけますけど、えーっとえーっと T島レベルにはあまり体感できないです。なんとなくそんな気がする レベルなんで・・・

でも、そもそもベーシックなモデルでも、かなり振った感じは変わります。T島的には切り返しでクラブを感じやすくなるので、今回も・・・

「やっぱスタビライザーいいな」

なんて思いました。今ならフェードが打てる気がする(練習場では打ててるけど、コースでは、逆球がでることが(汗))逆球も消えてくれるかもしれません。

あと注意してほしい点は、シャフトスタビライザーって、色々と何度も付け替えることを前提として作られていません。つまりつけたり外したりというのを何度も繰り返すようになっていないのです。これに入れてみよう、これにも入れてみよう、というのでなくずっと入れっぱなしということで作られているみたい。

日本人はクラブをとっかえひっかえするから、それを前提にして作れないの! とアメリカにリクエストすると

「クラブをとっかえひっかえするというのは、スコア的に良くないぞ」

と言われるみたいな・・・そこじゃないだろ と思うのですが、アメリカ的にはそこみたいです(汗)ということで、永久に使い回せるわけではないことを覚えておいて下さい。

ということで、また月曜日にお会いしましょう。


Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ【おしえてマークさん】最新作は慣性モーメントです。

ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


カテゴリー シャフトスタビライザー, 調べてみました

コメントは受け付けていません。