アナライズstoreblog

2019年06月05日皆さん自分のPWのロフト角ご存知ですか?

Youtubeで新しいセミナー配信開始しました。

手打ちで悩んでいる方是非ご覧下さい


今日は水曜日ですね。関東地方は曇って雨も降るとNHKの天気予報でやってました。皆さんがお住まいの地域の天気はいかがでしょう?T島は日課である縄跳びとフレループを朝5時から開始し、その後家人のお弁当を作り、仕事をしております。

えーっと、月曜日の生配信で、マーク金井がやっていましたドリル

こちら、新宿インドアゴルフの長井プロが作った魔法のホースを使っています。(お買い求めは、新宿インドアゴルフへ)

T島も生配信で最後にやりました

T島も、新宿インドアゴルフさんへ、魔法のホースを買いに行かねば!と思いつつ、昨日はマーク金井の有料メルマガで1日戦っておりまして、なかなか行けませんのです(泣)

これをやると、T島の懸案であった切り返しでヘッドを振り出してしまう癖。(これはそもそもフェースを閉じようとする動きなんですが・・ゴルフスイング物理学の小澤康祐さんとか、マーク金井はフェースを開いたまま下ろすなんでいうんです。まあコレが難しい

そんな時にChoice2019年夏号を読んでいたら。異端の譜系と言う特集がありました。そこでスイング理論で異端を貫いた人たちが紹介されていて、そこにフォーティーンの故 竹林隆光さんが取り上げられていました。

私が説明しなくても皆さんご存知かと思いますが、竹林さんはトップアマとして活躍されていたんです。1975年香港オープン、1977年日本オープン、1978年東海クラシックのベストアマと、凄いプレーヤーだったんです。

こちらの記事を書いた方とT島は見解がちとちがいますが、このイラストですね、インサイドにループするというよりも、フェースを開いたまま下ろすとこうなる!と見えました。まあT島ですが、皆さんご存知の通り素人のおじさんですから、なーんの説得力もありませんが、そう見える この動かし方って、T島が松本のスタジオコアに伺って、佐藤コーチに教わったそのものなんです。

残念ながら、竹林さんのスイングを拝見したことはありませんが、仰っているスイングって、今、世界ランク上位のツアープロのスイングだとT島は思うんです(スイマセン、素人の印象なので信用しないでね)

クラブの性能の変化から、理想的なスイングをイメージできるって、ほんとに凄い方ですよね。残念ながらT島、竹林さんとは一度ご挨拶させていただいただけ、クラブとスイングの話を伺いたかったです。

あっ・・・スイマセン。このT島の興奮ぶり 伝わりませんよね。

さてこちらYoutube動画 【教えてマークさん】ですが・・・

今回はウエッジのロフトの選び方

非常に好評のようです。アナライズのmmウエッジなどの販売テータを観ると

AW52度、SW58度

というのが鉄板です。T島的には、もう皆さん選んでなくて反射的に居酒屋で「とりあえずビール」という感じで注文しているように感じてしまいます。(もちろんそうでもない人がいらっしゃることは知ってます。)

えーっとAWって、フルショットで100ヤードという基準で選んでる人が多ようですが、52度で100ヤード飛びます? と思うわけです。というのもT島も暗黙的に思っておりましたが、トラックマンとかで打つと、90ヤードぐらいしか飛ばないんですよね。(キャリーです)

まずAW、フルショット100ヤードが基準なら、今のロフトを疑ってみましょう

ミズノさんのT7ウエッジこんな事やってました

人それぞれの100ヤードがある。まるで山ちゃんと婚約した、蒼井優さんがCMで言ってる「人には人の乳酸菌」と同じように人それぞれの100ヤードが実はあるんですね

ミズノさんは自社のフィッティングデータから⇩こんな表を作ってくれています

 

もちろんこれは目安で、ウエッジによりバックスピン量が違いますので、多少変わるはずですが、目安にしてイイと思います。

T島ですが、AW(アプローチウエッジ)100ヤードと言う基準で選んでません

PWとの飛距離差で選んでおります。ところで、PWのロフト角って皆さんご存知ですか?T島のPWですが45度です。Youtubeを御覧頂いたら理解いただけると思うのですが、昔のアイアンと違って、今のアイアンはロフト角が立って来てます。ご自身のPWって何度なのか?しっかりと把握しない、飛距離の階段がきれいに作れません。

特に110ヤードから90ヤードぐらいは、スコアメイクに非常に重要な距離です。あまりロフト差が大きいと、飛距離をコントロールしたショットが求めれられるということですよね。

今どきのアイアンのPW事情

  • ダンロップ ゼクシオ10アイアン 43度

  • キャロウェイ APEXアイアン   43度

  • キャロウェイ APEXプロアイアン 45度

  • テーラーメイド M5アイアン   45度

  • テーラーメイド M6アイアン     43.5度

  • テーラーメイド P760アイアン  46度

  • タイトリスト  718AP2アイアン 45度

  • タイトリスト  718AP3アイアン 43度

  • タイトリスト  718AP2アイアン 43度

  • タイトリスト  718MBアイアン 47度

  • ピン      G410アイアン    44.5度

  • ピン      i210アイアン   45度

  • ピン      i500アイアン     44度

更にぶっ飛びアイアンのPWはヤマハ UD+2アイアン 38度に代表されるように、基準自体がもう違っております。

43度や44度のPWが入っている場合、そこから52度のAWを入れてはいかんことは、考えなくても分かりますよね。だってロフト差が9度とか8度もあるわけですから・・・まずは自分のPWのロフト角を調べましょう。場合によっては48度などのウエッジを入れて、52度につなぐなどの工夫が必要かと思います。

なんとmmウエッジですが、46、48、50、52、54、56、58、60度と豊富なラインナップです

おまけに新品でもお求めやすい良心価格です↑クリック

是非こちら・・・

まずはお願いですから自分のアイアンセットのPWのロフト角を調べてみましょう

ではまた金曜日に


↑野村タケオさんも使ってます フレループ 皆さんも是非⇩


カテゴリー 練習法、ヒントになれば, 調べてみました

コメントは受け付けていません。