アナライズstoreblog

2019年06月14日アプローチはトン・コロコロコロコロぐらいがいいんじゃないかな・・

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ストレートネック・グースネック”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

 


梅雨の中休みでしょうか? 関東地方は昨日、今日と、いい天気ですね。赤羽行きたいなぁと思いつつ、仕事の追われるT島です。

全米オープンが始まりました。メージャーが終わった直後の月曜日21時から
マーク金井の生配信 ここだけの話やります! ブログや雑誌では言えないことも、ガッツリと喋ってしまいます。そのため録画はありませんので、生でお楽しみ下さい

 

今回はペブルビーチゴルフリンクスです。行ってみたい!プレーしてみたいです。

えーっとプレーできるらしいです。特別なコネはいらないようです。一応パブリックというか、ペブルビーチリゾートというところが所有する4つのコースの一つなんですね。

基本的に、ペブルビーチリゾートのホテルに2泊以上しないとプレーできないそうです。(なにやらハイシーズンは3日)ゴルフだけでもプレーできるようですが、プレー日の1日前にしか予約できないそうで、プレーだけのお値段は550ドルらしい。(カート代別)

しかし1日前に行って、予約するとか無理っすよね。宿泊とプレーするなら、ペブルビーチリゾートのwebサイトから予約出るみたい。ホテルのお値段は一番安くても10万ぐらいでございました(汗)最低2泊ってことはホテル代だけで20万ってことっすか・・・

スゲーぜペブルビーチ!

T島的には、まずはニュージーランドに行ってゴルフしたいっす

昨日は、塚田好宣プロとしゃぶしゃぶ食べに行きました

東京都江戸川区新小岩にあります つくし と言うお店です。塚田プロの後輩のお店らしいです。マジ美味かったので、お近くはぜひ

塚田プロは、全米オープン、全英オープンに出場したことがあり、そのお話などを伺ってました。ピンのBlueprintアイアンの話なども教えてもらいました。プロにはいいアイアンだそうです。T島も打てましたけど・・i210のが好きです(汗)

塚田プロですが、今年50歳なので、チャンピオンズ・ツアーに挑戦したいそうで、先日日本で行われ 2019 マスターカードジャパンチャンピオンシップに下見に行ってきたそうです。出場選手ですが、とにかくショートゲームが上手い。アプローチもスピンを掛けてこなくて、足を使うのがメッチャ寄るとのことでした。

今どきのプロは、スピンをかけてくるアプローチ主流だそうですが、チャンピオンズ・ツアーの選手は ポーンと上げてそれが、コロコロ転がって寄っていくんだそうです。塚田プロ的には

「チャンピオンズ・ツアーの選手がレギュラーで活躍してた頃は、ほっといてもスピンがかかるウエッジばっかりだったのが、今は溝規制でスピンがかからないので、足を使ってるんじゃないかな」(スイマセン酔っ払ってたんでこんな話だったとうろ覚え)

と言う話でした。今のレギュラーの選手は、溝規制のウエッジでもスピンを掛けて行くそうですが、チャンピオンズ・ツアーの選手はメッチャ上手く転がすそうですよ。T島もスピンがかかるウエッジというのが好きでしたが、今はあまり使いません。普通にポーンと打って足が使える方が寄るんです。

今でも、溝を彫刻にした とかいう高級ウエッジあります。スピンがかかるウエッジって楽しいんです。

バックスピンは魔性です

ピンまで打っていってピタリと止めると快感なんです。最近はあまりやらなくなりました。T島がゴルフを始めた頃といえば

アルバに連載していたゴルフ漫画

新 上がってなんぼ 泣くな太一

川端太一の必殺技のロブショット 蘭陵(ラリョウ、漢字あってるんだろうか??)です。これを非常に練習しました。アホですねアホ。メッチャロブ上手いです、それは蘭陵を練習したからです。(あ?知りませんか 上がってなんぼ??)

おまけに、織部金次郎という映画がありましてね。武田鉄矢がダメなプロゴルファーを演じるんですが、バンカーショットが死ぬほど上手くて、バックスピンをかけるんです。

行け〜 って言ったらバックスピンで戻るわけで(汗)

最近、CS放送の日本映画チャンネルで放映されていたので、観てしまったんですがゴルファーが作った割にかなり雑な模写でした(泣)ゴルフを始めた頃にそんなロブショットを練習したもんで、激スピンウエッジが出た時には、すぐ買いました

フォーティーンMT28とか、ゲージデザインスタジオウエッジとか・・・古くはピンアイ2とかですね。コレ大丈夫??っていう溝の深さです(汗)⇩

そんなウエッジ使って、無駄にロブを打っていたものですから、スピンをかけたくなってしまうわけですよ。でもやっぱりスピン量を安定してかけるというのは、相当難しいんです。

止まったり止まらなかったりと結果が良くないのです。バックスピンって魔物だと思うんです。T島レベルだと、ピンの手前に落ちた時にバックスピンで止まり、ピンの奥に打ってしまったら結構転がるという・・・ことが多くって(下手ってことですけど)

そんなことなら、激スピンとか要らねーとか思いました。

あとは、54度のウエッジを使うようになったことも大きいです。58度と比較するとやはりスピンの掛かり具合が違います。なのでピンをガッツリと狙えませんから。必然的にポーン、コロコロのアプローチになります。

とても確率が良いわけです・・・

ということで、最近は激スピンより適度なスピンがかかるウエッジが好みとなってしまいました。

ってことで・・・レギュラーツアーみたいな、硬いグリーンでプレーすることは我々にはありませんから、激スピンウエッジってぶっちゃけ要らないんじゃないの? とT島は思っています。

はい mmウエッジってまさに、適度なスピンが掛かってくれます。バンカーショットでもちゃんと止めれますしね。深いキャビティでフルショットやコントロールショットのミスにも強いですよ

ということで、激スピンウエッジ使っている人は、一度適度なスピンがかかるウエッジで、トンコロコロで寄せてみて下さい

ではまた 月曜日に


マーク金井のエースシャフト⇩こちらです

↑こちらからオーダーいただけます

手打ちが直る、ハンドファーストインパクトのヒント満載

体幹セミナーの最終回配信開始しました

よろしければチャンネル登録を是非お願いします

 

 


カテゴリー T島のなんちゃって極意, 練習法、ヒントになれば

コメントは受け付けていません。