アナライズstoreblog

2019年06月17日全米オープンの気になるパターは?

Youtube動画【おしえてマークさん】今回から、マーク金井が皆さんの質問にお答えします。

マークさんの質問箱#1

 


本日!マーク金井の生配信 ここだけの話やります! ブログや雑誌では言えないことも、ガッツリと喋ってしまいます。そのため録画はありませんので、生でお楽しみ下さい

話題はやはり全米オープンです。このブログを書いている時点では、まだ結果がでておりません。

前回のブログでも書きましたが、ペブルビーチ行ってみたいですよね? 日本人ゴルファーだけでなく、アメリカのゴルファーもペブルビーチに憧れがあるようで、こんな記事を見つけました。

T島が調べたことよりも詳しく書いていますね。プレー代550ドル、カート代45ドル、キャディさんつけたら47.5ドル+チップですね。レンタルクラブが95ドル・・・

この記事にもありますが・・・

正直なところ、あなたがトーナメントの資格を得るか、またはコースにこっそり侵入しない限り、Pebble Beachをプレイする安価な方法はありません。

と書いてあります。宿泊無しで予約するのは難しようです。最低2泊は泊まらないといけないそうですが、泊まっても割引はないとのことです。でもカート代45ドルは不要らしい。

そもそもプレーするために宿泊するわけですが・・

一泊$940-$6,940です

うーむ。厳しい・・あまりに厳しすぎる、っていうか6940ドルってなんやねん

週末は、まず土曜日は・・・

東京ドームでサザンオールスターズを!年齢層がメッチャ高い(汗)凄く盛り上がりましたが、T島的には35周年の日産スタジアムでみたライブのほうがよかったかな?サザンオールスターズと言えばですね、プロになって初めての学園祭ライブが広島であったのを観に行ったんです。当時の広島電機大学が呼んだんですけど・・・ 今や伝説のライブですね。凄く盛り上がりました。懐かしいなぁ〜当時高校一年生だった。

桑田佳祐のオールナイトニッポンとか聞いてました

そして昨日は

渋谷で、エレキコミックのやついいちろうさんが主催する音楽フェスの

やついフェスに行きました

ライブハウスでのライブってすごいです。お客さん若い(笑) メッチャ盛り上がってました。幸運にもやついフェスで、トークショウをされていたゲッターズ飯田さんに占ってもらえました。

永遠の16歳だそうです(汗)

非常に今年から良い運気だそうです。すごい頑張りやさんですね〜と言われました、ひょうひょうとしているのでわかってもらえないT島。やっぱりそうなんだ〜と思い嬉しかったです。頑張りやさんでないと、セミナーの動画編集は無理ですよ(マジキツイです)。

ということで、T島ですがゴルフっぽいことは何もやってない。まあフレループはしつこく振ってます

話を全米オープンに戻しましょう。まず感じるのは、ショートゲームの凄さです。まずウエッジで凄いラフから当たり前のように寄せてくる。特にケプカは

あーやっちゃったぁああ〜的に パーオンしなくても。ボールも見えないようなラフから、OKにつけるわけです(汗)

なんやねん

って感じですよね。でもこのフィールドに居る人は、当たり前のようにやってきますよね。松山英樹も凄い・・・

しかし・・・更に凄いのがパター! ホント凄いですね。上位の選手に共通するのは、3パットしないことです。短いのを外して上位にいる選手は誰もいません。T島が応援している、松山英樹、タイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイは残念ながら短いパットを外すシーンが何度か見られました。

一方、ブルックス・ケプカやゲーリー・ウッドランドは、コレが入るの?というのを何回も決めていました。(初日はタイガーも決めてたんだけどなぁ)

ダスティン・ジョンソンの2日めもショットは抜群でも、パターがはいらなかったなぁ。

ケプカとウッドランドはピンタイプのパター、ローズは面白いパターを使っていますね。

AXIS 1パター

えーっと日本には正式な代理店が無いようですね。

Youtubeを観るとなかなか革新的です。でもかなりのお値段ですよ(汗)

何となくこのパターと共通点が多いですね

フェースバランスではなくて、ストロークバランスとなっています。最近多くなっていますね。以前はオデッセイのバックストライクぐらいだったのですが、オデッセイのトウアップパター、イーデルなど増えてきました。

非常にヘッドが出しやすいのが特徴です。でもこういうパターの特徴として、T島が感じるのはテイクバックはやや引きにくいかなぁ と言う感じ!でもヘッドが狙ったラインへでていく感じはとてもメリットがあると思います。パターがしっかり打てないとか、どうも勝負どころでショートする人にはオススメです。

ヘッドが出しやすいと言えばこういうのもあります

アナライズのRS1.5パターのリバースシャフト

【リバースシャフトとは?】

一般的には、ヒール側やセンター付近に装着されるシャフトを、ヘッドのトゥ側に設置。
シャフト軸線よりも手前側(内側)に重心が位置するため、アドレスした時に重心位置は、手元の真下に近づきます。

これによって、ストローク中、フェースを真っ直ぐに保ちやすくなり、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ動かす、直線的なパッティングスタイルに適しています。

すごくフォローが出しやすい感じがします。真っ直ぐにヘッドが動かしやすいんです。面白いでしょ? すごく不思議な感じがします!

センターシャフトは、柔らかいながらしっかりとした打感が楽しめます

このRS1.5パター

ヘッド重量が370グラムとしっかり重い、しかしカウンターウエイトのグリップで、テイクバックしやすい。アルミ削り出しなので打感も柔らかい

と色々な工夫されています。ミスヒットしてもそれを補ってくれるので、アマチュアゴルファーにぴったりですよ。

ということで、全米オープンの結果は生配信でマーク金井がしっかりと語ってくれると思います。

ではまた水曜日に



カテゴリー アナライズのクラブ, おすすめの一品, 調べてみました

コメントは受け付けていません。