アナライズstoreblog

2019年07月12日面白いパターを試打しました。andボールを前にしたらどうして変わるのか?って当たり前じゃん

アナライズからのお知らせ

マーク金井が北アイルランドに出張いたしますので、弊社商品についてのお問い合わせは、電話ではなくお問い合わせフォームにてお願いします。その際にお時間を頂く場合がありますのでご容赦ください。

自社商品でないお問い合わせ(ブログ、動画など)につきましては、お問い合わせには対応しかねますので、何卒ご容赦いただければと思います。


昨日からいろいろ良くない事件が起こっているT島

えーっと昨日結構な時間をかけて編集していた動画が書き出せない(泣)

こちらの数時間消費しているが、まだ打開策が見つかっていません。やりなおすのかT島(泣)

ガーン・・・

そんなこんなしていたら、楽しみにしていた、山下達郎のライブ(本日)が中止というお知らせ。あああああああああ 悲しい

ガーン・・・

そして、うちの家人のドライバーが割れていたそうです。(まあこれはどうでもいい)

ガーン・・・

納品した原稿に間違いがあるとお叱りのメール(意外と凹む)

ガーン・・・

ということで、朝からAmazonMusicで、佐野元春のすべてうまくはいかなくても を聞いています

はい、そのなかでも、セミナー動画の書き出しはなんとしても頑張ってやります!!!

んで、マーク金井さんはというと、北アイルランドに外遊に出かけました。行ってらっしゃいませ〜。戻ってきた次の月曜日、22日には、その模様をたっぷりと生配信してくれることでしょう!!

T島も楽しみです。

さて昨日はこのシャフトがとても良かったんですけど、さすがに柔らかいよということで

ムジークさんのシャフト

ドガッティジェネレーションTI4RED 

ムジークゴルフの歌の上手いY社長に、もう少し高いやつも試打したいということで、シャフトを取りに伺いました。ドガッティジェネレーションti5REDです。試打インプレはまた後日、そしたらこんなパターが・・・

エクスパイヤーバイキングメソッド

試作段階から気になってたんですけどね・・・っていうか、これ凄いね でもR&A大丈夫なの?と言ってたんです。苦節3年? ついに製品化にこじつけましたよ

えーっとこのパターですね まずヘッドのセンターにシャフトが入ります。そしてヘッドのラインだけをターゲットにあわせて、振り子のようにすればOKなんですよ。凄い構えやすい。フェースのラインを垂直にターゲットに合わせるというのを意識すればするほど、気になってしょうがなくなりませんか? おまけにグリップの握りが強くなるし・・・

それがありませんから、とっても構えやすい!

んでフェース面がラウンドしていて、必然的に良いところでしかインパクトしなくなっているんです。パターの極意でソールに乾電池を貼り付けて打てというメソッド見たことないですか? それが自然と出来る構造になってます。

そして究極のセンター重心なので、ホントストロークしやすくて、力加減が上手く出来る感じ。一応これは一番尖ったモデルで、マレットとか普通っぽい形状も出すらしい。

すでに変なパターが好きなKプロの手元に渡っているとか・・・(さすがです)

10月ぐらいに販売したいとのこと、T島これは買うわ。

ということでこのY社長、うちのライバルはオデッセイ、数年後には抜く!ぐらいの勢いでした。大胆発言に驚いていると大蔵ゴルフの回し者と言われ(前回はPXGの回し者と言われました)でもムジークの回し者と言われているかも?と思いながらアナライズへ向かいました。

んで本題(前置き長すぎ(汗)

超私的な考察 なぜアマチュアの多くは素振りと実際のスイングが異なるのか!?

↑このブログの最初書いてある撮影にT島も行っておりまして

今度出る新しい某社のシャフトを打ってましたら

『T島はん、かなり良くなってるじゃん。素振りは完璧なんやけどな』

とマーク金井に言われました。でも素振り通りにできないわけで・・・自分でもわかっているのですが出来ません。このブログによりますと・・・↑

 

それよりも皆さんにお勧めしたいことがあります。それはこのドリル。facebookにも動画をアップしましたが、シャフトが紐で先端にボールが2個くっついたヌンチャクのような練習器具でスポンジボールを打ってみるのです。ゴルフスイングとはちょっと違う動きですが、これをやると、素振りと同じ状態を保たないと、先端のボールはスポンジボールにちゃんとあたりません。ボールに当てたいと思えば思うほ、思いとは裏腹に空振りします。スポンジボールに当てたくなるほど、手先が余計な動きをし、素振りの時とは動きが変わってしまうからです。

マーク金井ブログから引用

 

ということで何でもやってみようと思いまして やってみたらホントにこれでボールを打つ時に余計な動きをしてしまいます。

確かに・・

この練習器具でボールを打てたからといって、すぐに素振りと実際のスイングが同じになるわけではありません。しかしながら、ボールがあってもなくても同じ動きをしていないとボールがちゃんと打てないということを、嫌と言うほど体感できるのです。そして、打つ瞬間に余計な動作をすることが、いかに間違った動作なのかについても、嫌と言うほど体感できます。

マーク金井ブログから引用

ボールを打とうとするために、余計な動きをしているのが 嫌というほどわかります。まあだからといってスイングと同じ動きができるわけじゃないと本人が書いてますけどね。

嫌というほどわかったからと言って、出来るわけじゃないんです。

まあ素振りでは出来るのに、どうして出来ないんだ?

と言う人に、まず素振りで出来たからといって、ボールを前にしたらできないんだよ。そんなの当たり前じゃん!!というのは理解することからスタートなんですよね。

そんなことわかってるけど、どーやったらいいんですかねぇ・・・

当たらなくてもいい と思ってやればできるそうですけど・・・

そんなこと思ってますけどできません。

残念ながらコツはありません。マーク金井は15万回やったら出来るようになると言ってました。ちなみにゴルフスイング物理学の小澤康祐さんは、

『15万回!!マークさん厳しいな』

なんて言ってました。とりあえず一万回目指して頑張ります(汗)

ゴルフの竪琴でも良いですし

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

フレループでも良いです

もちろんコツや、こんな感じなの?みたいなのを感じると早くマスターできるかもしれません。でも1万回いや、1000回でもいいので振ってみませんか?きっと変わると思います。T島それを信じて頑張ります。マーク金井は一番練習しています。毎日20分であまりボール打たないと言っても、毎日振ってるだけでぜんぜん違うはずです。

T島の好きな言葉に

『暗いと不平を言うよりも、進んで明かりをつけましょう』

というのがありますが

『出来ないと不平を言うよりも、進んで練習しまくりましょう』

ではないかと・・・頭で理解して出来るなら、俺はとっくに凄いことになってますって

ではまた月曜日に


アナライズからのお願い

現在ウッド用スチールシャフト欠品しております。いつ入荷するか全く不明なので、一度販売ページを下げました。メールやお電話頂いても、いつかご案内できない状態です。はっきりしましたら、ブログでしつこいぐらい告知しますので、しばらくお待ち下さい


カテゴリー 日本で一番早い試打インプレッション, 練習法、ヒントになれば, 試打インプレッション, 調べてみました

コメントは受け付けていません。