アナライズstoreblog

2019年08月02日PRGRの新しいegg発表になりました!&mmアイアン残りわずか!

はっ・・早いものでもうすでに8月ですよ奥様!(奥様は読んでないと思いますが(汗))

しかし暑いですね、昨日のT島ですが、銀座界隈を駆け回りましたが、湿度が凄くてネットリと暑い感じです。その後、パターを求めてゴルフパートナー文京音羽店へ!!!

なんかマニアックな品揃え・・・

萌えるPOPが売り場を飾っております。T島と仲の良いナイスな女性店員さんが皆さんをお待ちしております。ぜひご利用下さい。

っていうか・・・汗だくで倒れそうでした。誰か東京を除湿してくださいお願いします。ドラゴンボール探して、シェンロンにお願いしたい。

ということですが、午前中はこもってこの動画編集などをしていたのです

Youtubeセミナー NEO飛距離アップセミナーの最終回。

えーっとですね。タイトルの部分を間違えて再編集して、エンコーディングしてるときに、無理してPCを動かしすぎてPCがフリーズして、再起動したり・・Youtubeのアップロードが上手く行かなかったりと、動画は何かと時間がかかります。

ここ最近の動画の内容ですが、編集しているT島が思わず”唸る”ことが多いです。なんでしょうね?どういう内容をやろうか?直前まで何も考えていないのに、出てくる出てくる・・・自分で説明できなければ理解しているとは言えないと思うのですが、わかりやすいように説明してしまうわけで・・

残念ながら、この3回目に出てくる、隠し味は簡単ではないです・・マーク金井も、ゴルフスイング物理学の小澤康祐さんも『常識といわれることの、真逆が真なことばかり』とか『出来ない時は真逆をやってみる』と仰ってますが、なんとなくわかるようになってきました。

特に初心者の頃は、真っ直ぐ振ったら真っ直ぐ飛ぶだろ?とか、自分の中での問題解決のゴールを決めますが、そもそもそれ自体が問題解決することが全く無いという繰り返しがあります。この時点からプロに習えば上達が早いだろうと思われます。自分が考えるよりか遥かにいいですよね。 早い時点でYoutubeセミナー動画を観ていただければ、自分で考えるより遥かに良いと思います。

ホント 是非見てくださいね

昨日は、プロギアの新しいeggの発表会でした。

新しいのはeggゴゴーという名前らしい。

発売されるのは、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン型UT、アイアンとなっております。すでに先行発売されているのは スーパーエッグ480と言うドライバーですねこちらは、ルール不適合です

まずドライバー

捕まりを重視しているようなFP値が少ないややグースがついている顔ですが、全然嫌じゃないです。T島ですが、手首に痛風の発作が出ておりまして、ボールが打てません ということで、知ってる人が試打しているのをチェックして、特性を見極めようと思います。

試打してくれたのは ゴルフキュレーションサイト?ゴルフ情報サイト

グリッジ↑クリックの編集長であるA川さん。シングルハンデの腕前です。

最近プロギアさんの、サイエンスフィットEXに行って、自分のスイングタイプがEタイプ

であることがわかってから、チーピンを打ってない!!と好調なようです。(T島、やマーク金井はFタイプだそうです。まあYoutubeセミナー動画はFタイプの練習法ですよね)

非常に捕まりがいいヘッドとのことで、ドローヒッターのA川さんが打てば、チーピン連発かと思いきや・・・いい感じのドローが出ていました。

重心角が37度、そしてFP値が少ないということで捕まり重視なのですが、慣性モーメントも大きく、ジワリと捕まるヘッドのような気がします。捕まりがいいけどチーピンが出ないというタイプのようです。

えーっとプロギアさんの資料が素晴らしいのが、外ブラさんの有名どころのように、”インバーテッドナンチャラカンチャラで、重心が深くなりました”という表現ではなく、数値でちゃんと表示してくれます。

重心角が37度にしました!的な

さすが自社の製品にDATAとか名付けるだけあります。Aiとかどーでもいいんです。どうなったのか数字で説明して欲しいT島なわけです。すいません話をegg5500ドライバーに戻します。非常に平均飛距離が安定してました。これは試打者の腕だけでなくヘッドの性能にもよるでしょう。

egg5500ドライバーには、egg5500とegg5500インパクトと二種類違いですが、長さです。通常は45.25インチ、インパクトは44.25インチです。長尺のイメージが強いプロギアさん、そしてその中でもeggなのですがかなり短いですね

A川さんは短いほうが安定して飛んでました。そして

スーパーエッグ480ですがやっぱり不適合飛ぶんですね、egg5500よりも平均で10ヤードは飛んでました

んで アイアンです

eggアイアン

 

そしてeggフォージドアイアン

eggのアイアンというのは、ぶっ飛び系アイアンの先駆者 2007年に初めて登場したとき7番のロフトは29度だったそうですが、今はegg25度、eggFORGED26度となりました。うーん時代の流れだなぁ。でもボールはしっかり上がっているんだよね。

飛ぶし・・

あなたは武士・・

重心高は17ミリとかなり低いです。ちょっとスピン量は少なめですね。初代eggに比べるとソール幅はかなり狭くなりました。タングステンなどのおかげです。下目に当たっても飛距離の落ちが少ないとのことでした。(これは他社の記者さん情報)

ってことで、UTとフェアウェイはまた次回

残念ながら打ててないのでちょっと残念なレポートですいません。先ほども書きましたが、プロギアさんは、データを全面に出してきます。そして国内メーカーでも一番チャレンジングな商品作りを行っているとT島は思っています、新しい素材への挑戦、そして形状も常識はずれ、常識を疑うことで、新しい発見がありますよね。

とても好きなメーカーさんです・・

大手さんが凄く新しいことに挑戦しています。アナライズのクラブというのは、マーク金井の『ゴルフクラブというのは道具』という位置づけがあります。道具として必要なことは、性能もありますが、手軽に購入できること。どんなに素晴らしい製品でも、手が届かなければ、その恩恵を使う人に届けることができません。

価格的な制約がありますので、使い慣れた素材を使います。使い慣れている分成熟しているとも言えます。

 

mmアイアンですが、最近のヘッド大きいアイアンに比べてグースがやや強いです。

ヘッドが大きいアイアンというのは重心距離も長めになります。ボールが捕まりにくくなりますよね。グースがあったほうがT島は良いと思うのですが、大手メーカーさんは大手量販店さんの『グースは売れない』という声を受けて、無理やりストレートに近づけます。

グースって、前回のウエッジのブログを思い出してください。ハンドファースト気味に構えやすいんですよ。ハンドファーストに打てそうなきがしませんか?

↑こちらですが、残りが少なくなってきました・・・ 特にヘッドもなんですけど・・・

このアイアンシャフトも残り少ないそうです。島田シャフトのK’s NINE こちらもメーカーさんにはもうないそうで、しばらく欠品するらしい。 マーク金井によると、このシャフト、手元のしなり感が絶妙で、俺も使おうかな〜 なんて言ってます。

ということで、

ホントに残り少ないmmアイアン、この機会に是非お求め下さい。これを逃すとまたしばらく欠品します

ではまた月曜日に


Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”パターのフェース素材”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします



カテゴリー 新製品情報, 試打インプレッション

コメントは受け付けていません。