アナライズstoreblog

2019年08月09日ヤマハRMX220、120ドライバーをガッツリ試打しましたandエアコンポ良かったわぁ

Youtube生配信 マーク金井ここだけの話

来週の月曜日 8月12日21時から配信します

生配信だけで録画ありません ぜひリアルタイムでご視聴下さい
チャンネル登録いただくとコメントも書き込めます!!


暑いですね。夏は高原で暮らしたいT島です。昨日はヤマハさんの新しいRMXの試打ラウンドがあり水海道ゴルフクラブにお邪魔した。ぶっちゃけ暑いので、ちょっとだけ行きたくな〜いとか思ったんですけど、T島はプロギアさんにお借りしているこちら・・

プロギア エアーコンポが大活躍

こちらですが・・・そろそろ返却せねばならない気がするのですが、まだ送り返して下さい!なんて言われてないので、お盆過ぎまで借りちゃおうかな(汗)

えーっと、説明書とか読まないあなた。もしエアーコンポを買って、『なんだT島、全然涼しくないじゃないか!!』ともしかして思っている人がいそうです。というのもエアーコンポには大切なポイントが2つあります

まずこれ

ここのボタンを止めて下さい。これは空気の流れにとても大切なのですよ

そしてもう一つコレが一番大切

えっと エアコンポの下側についてます。これをしっかりと締めて体に密着させて下さい。密着させないと⇩この空気の流れが上手く行きません

下側から空気が入ってしまうと、首と脇に上手く空気が流れないのです・・・

このエアコンポですが、昔からのF1好きのT島的が思い出すのは、ファンカーですね。1978年、アルファロメオのv12エンジンを積んだブラバムは、パワーはあるけど、燃費が悪く、大きいこのエンジンのために、当時、流行だったグランドエフェクトを使う構造似できなかったのです。そのためにラジエターの冷却のためという名目で、鬼才ゴードンマーレーが、ボディの下の空気をファンで一気に吸い出す、ファンカーというのを開発しました。

By edvvc – Goodwood House, England / photo taken by edvvc. Source: www.flickr.com, CC 表示 2.0, Link

まあコレが、エンジン吹かすと車高が下がるぐらい効果バツグン。投入してすぐにニキ・ラウダが勝利します。まあ当然他のチームからクレームが入りルールに規制されました。

このファンの効果を増すためには、ボディの下に空気が流れないようにして、吸い出すことで、気圧差を作り出し強烈なダウンフォースを生み出すわけです。つまりエアコンポも、裾から空気が入っちゃダメなわけですよ。

スイマセン 熱く語ってしまいました。T島のF1愛が爆発しました。この頃のF1が熱かったんですよ。インターネットも何もない時代で、テレビとレース雑誌だけが頼りだったんですよね

えっと、まだまだ暑い日が続くみたいです。エアコンポちゃんと使えばマジで涼しいです。唯一気になるのが、SWをつかって、ボールを右側に置いてかなりハンドファーストにして打とうと思いアドレスの時に、ワッグルすると・・・バッテリーにグリップエンドがガツッと当たります。 ワッグルの時なんで大したこと無いのですけどね

はい お待たせしました・・

えーっと 新しい ヤマハRMXシリーズの試打インプレッション行ってみましょう!!!

ヤマハの契約プロ、結構いらっしゃいます。でも何故か皆さん最新のRMXのドライバーを使っていません。T島的に RMX118とか218とかなんどポチっとしそうになったか・・良いドライバーじゃん! 契約プロが使っているドライバーは 圧倒的にRMX116が多いですね(T島調べ)。谷口徹さんがインプレスRMX-TOURという名器をずっと使っています。優勝者の使用クラブ ではプロトタイプとか書いてますが、まあどう見てもインプレスRMX-TOURじゃん(汗)

今までの最新作だって・・とってもよかったんですけど、今回はガラリと変えています。ガラリってのは生ぬるい・・・ガッツリでもまだ弱い・・・

新しいRMXを手にした時感じるのは

湘北高校バスケット部監督の安西先生の言葉を借りると

断固たる!!

決意を持って開発されたドライバー

であるということを感じます。まあヤマハさんのRMXというのは、プロ使用クラブといいつつ、契約プロも最新を使っていないのですが、でもT島的には、打感と作りはとっても良いし、いい感じで飛ぶけど突き抜けていない感じがありました。T島がGDOさんからの、クーポンが届きましたよ的なメールを見て、ポチっと行けなかったのはこの辺に原因がありそうです。っていうか使わない契約プロとか要るの? とぶっちゃけ思います。使ってないのに、みんなで何勝目指すとか? まあT島の個人的な意見です・・・D社もそうですが・・

T島の想像ですが、ドライバー開発の方は 『意見聞いて作ったのに何だよ!』なんて思ってるんじゃないかと?(妄想)。T島なら思います(汗)当人に言いますよ(クビになりますね)

んで、きっと断固たる思いで作ったというのが、完成品を観るだけで伝わるのが

新しいRMXです!

飛ぶドライバーって何だろう?というのを、ヤマハ目線でとことん追求したんじゃないでしょうか? 日本のメーカーさんて、リサーチして作り上げるマーケットインは得意ですが、これが論理的に飛ぶはず!、我社はコレがベストだと思う!とプロダクトアウトな製品、なかなかお見かけしません。T島の印象では、プロギアさんが得意ですよね!ヤマハさんも大ヒットしているインプレスUD+2なんて、最初のモデルはまさにコレだったんじゃないかな〜

んで まずはコレ

慣性モーメントの大きさです。慣性モーメントですがRMX120でもかなり大きい!まあT社だったらなんとか6とか、渋野ちゃんのドライバーより気持ち少ない感じ。RMX220に至っては、ルールの限界値にかなり近づいています。歴代2位ということですが、一位はナイキのサスクワッチの四角いやつ『サスクワッチSUMO2 5900ドライバー』です。2位じゃダメなんですか?というのがありましたが、丸いヘッドなら一位ですし、T島は良いと思います。

現行発売されているドライバーとしては一番大きいです。ちなみにピンG400MAXドライバーが二番目です。ヤマハさんには重心距離とか重心深度とかガッツリと載せてほしいですなぁ。

そんなことは一旦忘れましょう

打ってみました!

まずはRMX220ドライバー

見た目から前作の面影はありません

慣性モーメントが大きいということは、重心距離が長め、重心深度が深い。ということかと理解しております。コレって外ブラが追求している路線です。安定して飛ばせる!平均飛距離が伸ばせるドライバーが生まれやすいのです。

オマケに・・

ブーストリングというテクノロジーでボール初速が出せます。内緒ですが原理的には、C社のなんとかブレイクの原理と同じアプローチだそうです。(アプローチは同じでも、手法はヤマハさんオリジナルです)

慣性モーメントが大きく、重心距離が長め、重心深度が深いってことは、ヘッドが動きにくいということで、ヘッドの挙動が安定します。しかしデメリットがあります。インパクト時にフェースをスクエアにデキる人だけが恩恵を受けるということです。フェースを開いてインパクトで閉じるという操作はやりにくいんですね。

テイクバックでフェースが開いてしまう人、外ブラのドライバーだとスライスしてしまうと言う人は基本的に向いてません。ただフェースを見ていただくとわかるように、FP値が少ないので、フェースが戻せる時間が稼げます。外ブラダメなんだけど って人もとりあえず試打してください。

打った感じですが・・・

おおおおおぅ・・・

直進性が抜群です。一発だけフックしましたが、ティショットに気を使わなくても思い切り振っておけば、フェアウェイに留まります。

内緒ですが・・・

飛びました。マジ 惚れた

↑これナショナルのクイントリックス効果狙ってます

えーっとカタカナどうでもいいんですが、ブーストリングの効果なのかなぁ。ガーミンって自分の飛距離が表示されるのですが・・いつもよりかなり飛んでます。(新しいスイングのおかげなのか?220が良いのか・・ガッツリ飛んでます)

ドライバーも良いんだけど、やっぱりフレループ効果出てるかも

えーっとメジャーチャンピオンの渋野日向子プロも愛用しています

是非あなたも↑クリック

そしてRMX120ドライバー

えーっと、いつもなら1シリーズのが好きなんですけど、220を打ったあとだと、操作性があるな!と感じてしまう 人間って我儘なのね。こちらもガッツリと飛距離がでます。

えーっとでも220の衝撃に比べると120が少し霞んでしまいます。同伴していた、ギアオタクのライターであり、ユニオンゴルフクラブのゴルフフィールズの店長でもある小倉さんは、『僕は断然120!やさしいのに操作性があって好き』だそうです。

おっっと、脱線してF1の話なんかしてたら、長くなってしまいました!!!

フェアウェイウッドもUTもアイアンも良かったので、続きは月曜日に

ではまた月曜に


Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”スイートスポットの位置”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


 

アナライズmmアイアン 限定数ですが販売再開しました

こちらの商品はライ角調整代金込みとなっております。ご希望のライ角度がございましたら備考欄にご記入下さい。
※調整跡がネックやフェース面につく場合がございますがご了承下さい。


カテゴリー 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション, 調べてみました

コメントは受け付けていません。