アナライズstoreblog

2019年08月19日ダブルボギーを叩かないには・・・ドライバーのシャフトが・・・

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】マーク金井の質問箱

マーク金井が皆さんの質問にお答えします。その6回目です

今回の質問は距離計測器についてです

マークさんの質問箱#6
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

えーっと、お盆休みな皆さんは、『会社行きたくねぇ』な月曜日かと思います。T島はまあ特に何もなく、仕事しつつゴルフも行きつつという感じですが、な~んと無く疲れ気味な月曜日です。

週末は、高原ゴルフ2連チャンでした。土曜日は、富士見高原ゴルフコースに行きたいなぁ〜と、言われたこの方と一緒にゴルフでした

こんな涼しそうに打って、346ヤードでした。標高1350メートルの高地にありますが、フェアウェイは洋芝でやわらかいんです・・・ほとんどランが出ないんです!それを考えると驚異の飛距離ですよね(汗)

飛距離の秘密はこちらをご覧下さい(汗)

T島も、ゴルフスイング物理学の小澤さんと佐藤さんのおかげで、かなり打ってる球が変わってきました。アイアンが気持ちよく打てるようになりまして、ゴルフが楽です!ドライバーの飛距離も伸びてきましたが、もう少し飛んで欲しい(汗)

今月は、松本のスタジオコアに行けなかったので、来月は絶対行きます!

ダブルボギーを叩かないには、ウエッジ選びが大切かも

こんな記事を書いたのですが、5ラウンドぶりに昨日ダブルボギーを叩いてしまいました(汗)これはドライバーが少し曲がってしまい、セカンドショットで無理しての結果です。調子が良くなると、マネージメントも調子に乗るということがよくわかりました。調子に乗ってはいけませんね・・・

富士見高原ゴルフコースでは、アームロックに挑戦しましたが、『動きが素人くさいし、そこまでやってバカスカ入らないんなら、かっこ悪いじゃん』とうちの家人にディスられ、L字パターに持ち替えたら、『全然そっちのが入りそう』と言われ、翌日はリサオ先生が『俺、天才と思っておけばいい。T島パター下手じゃないじゃん』という教えで覚醒して結構入るようになりました。

こちらのパターですが、35インチだったのを1.25インチカットして、オデッセイの純正グリップに交換したらメッチャいい感じになりました。石川遼の復活優勝を記念して勝ったのですが、っていうか国内男子ツアーはどこに行ったんだ?(汗)

話をダブルボギーを打たないというところに戻します。

前回は、ウエッジについて書きました。サラッと書いたのはティショットです。ティショットは、ドライバーじゃなくていいじゃん。とも書きました。まずコレはクリアして欲しいポイントが

  • ティショットでOBしない、ペナルティエリアに打たない
  • 3パットしない

この2つですが、T島もパットはお教えするほど上手くないので、ティショットについて書いてみましょう。前回ドライバーじゃなくていいじゃんと書きましたが、じゃあ3Wとか5Wのティショットを練習したことがあるの?と思うでしょ? いや練習したことないって人のが多いはずです。

練習場でやったことないことは、コースでもやらないほうが良いかも(汗)T島、ドライバーをコントロールして打つのが好きです。

そもそもドライバーって・・・

  • ヘッドがデカイ
  • フェース面積広い
  • ロフトが立ってる

ということで、ヘッドがデカイし、重心深度も深く、慣性モーメントもデカイので、ミスヒットに強いでしょ? そしてロフトが少ないということは、ライナー系の球が打ちやすく。打ち出し方向がイメージしやすいクラブじゃないかと、構造上思ったわけです

長い? 短く持ってみたらどうですか?

ということで、マーク金井のように、ドライバー1本とウエッジとパター3本で9ホールをプレーしてみるなんてのもいいでしょう。(その前に練習場で打ってみて下さいよ)

ドライバーで100ヤード、150ヤードと打ってみる。すると狙ったとこに打ち出しやすいことに気が付きます。まあ最初は100ヤード狙ったつもりでも150ヤード飛ぶし、150ヤードなら200ヤード近く飛んでしまうでしょうけどね・・

これを一度やってみると、コントロールショットって

『できそうじゃん俺』

って思えるはずです。えーっと実はこれ・・T島がドライバーでチョロが止まらなくなって3年悩んで、復活するためにやった練習法です。

まずは狙った方向に打ち出すことが大切。これですね・・・最近アナライズのYouTubeセミナーでのテーマであります『正しい振り遅れ』の練習にもなる気がします。

そして・・・ドライバーには、スチールシャフトですよ。スチールシャフトですが、非常にコントロールショットしやすいです。残念ながら一発飛距離は落ちますが、フェアウェイに置ける 有効飛距離は増える人が殆どかもしれませんよ!

T島は、今はテーラーメイドのM3 440ドライバーにスチールシャフト入れてますけど、ロフトが9度とかなり厳しいので、10.5に変えたいなぁ〜なんて思っております。えーっと長さが43.5インチと短くすると若干ボールが上がりにくくなる気がします。

ボールを上げに行くスイングは、正しい振り遅れスイングではやってはいけないスイングになってしまうので、T島的にはロフト角がお大きめをオススメします。

ということで・・・お待たせしました

こちら

スリーブ付きスチールシャフト販売再開しました

⇩クリック

注文殺到納品までお時間いただきます スイマセン

ということで、ドライバーをコントロールしてティショットすることを覚えてみませんか? まあフェアウェイウッドのティショットを練習しているならそれでも全然問題ないんですけどね

ではまた水曜日に


こちらスチールシャフト付きクラブ販売再開しました。

ご注文いただいてからの組み立てになりますので
お時間いただきます(10から夏季休暇ですので、8月19日から順次組み立てそして発送となります)⇩クリック


カテゴリー シャフト, 調べてみました

コメントは受け付けていません。