アナライズstoreblog

2019年09月04日テーラーメイド、2019秋のアイアン・ウエッジ祭り?試打インプレッション。

マーク金井のYoutube生配信 ここだけの話 次回は9月9日21時から配信します

録画はYoutubeではありません。生配信後 こちら⇩でご覧いただけます。

有料動画を集めております。

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”クラブセッティング”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


今日は涼しい関東地方です。早く秋が来て欲しいなぁ〜

前回のブログですが

ネタが思いつかず、大慣性モーメント(5000g・cm2以上)について調べてみたら、予想を超えてたくさん出てきて、想定と違って焦ってしまって纏まりのない内容となりちょっとモヤッとしたんです。

2007年から大慣性モーメント時代が3年ぐらいあって、また10年収まりをみせていたのですが、ピンのドライバーの売上げが毎年うなぎのぼりな影響なのでしょうか?第二次大慣性モーメント時代がやってくるのでしょうか? T島的には全てがそうなるとは思わないのですが、各社出してくるとT島は思っています。まあすでに、テーラーメイドやキャロウェイは、5000g・cm2に近い慣性モーメントのものを出しています。

歴代使ってきたドライバーを振り返りながら思いを馳せるのも楽しいものです

T島的に振り返ると、大慣性モーメントのドライバーに対抗するためにこちらを使っていたことが多かったなぁ と振り返りましたね。大慣性モーメント時代に、アナライズはシャフトスタビライザーの取り扱いをはじめました。T島もツアーバーナーTP(09)ドライバーにシャフトスタビライザーを入れて使ったよなぁ なんて思い出しました

ぶっちゃけ理由はわかりませんが、手元の重さで扱いやすさを増したかったのかなぁ

先日、ゴルフスイング物理学の小澤さんと、チャットしていて、ゴルフクラシック誌のドライバー重心ハンドブックをご存じなかったので、送って差し上げたので、次回お会いした時のクラブについてのお話ができるのが楽しみなんですよね。大慣性モーメントドライバーが打てるスイングをT島も完璧に身に着けたいです。

小澤さんがライブ配信で、クラブの特性を極端にしたのが、フレループなんて説明してくれましたが、大慣性モーメントドライバーが一番極端かと思うんですね、やはりこちらが効果的でしょう。

さて昨日は、テーラーメイドさんが 秋の新製品を試打させてくれると言うので行ってきました。T島は何故かゴルフダイジェスト社チームの組に入りました。まあ隔週で週刊ゴルフダイジェストに書いてますし・・・⇩

面白かったのは、試打クラブを観た瞬間、チームゴルフダイジェスト社さんは、『うぉーオリジナルワンとかあるよ。打ってみたかったんだこれ』とかのリアクションがメッチャ熱い(笑) T島こういうの大事だと思うんです。記事の熱というかこういうのが元となると思うんです。好きだなぁ この人達!!!

ゴルフ雑誌の方々はお力がありますから

『ZOZOでなんか仕事ないっすか?』

と聞いてみたら

『チケット買って下さい』

と言われました(泣) ち!もう買ってるわ!

『ああタイガーに逢いたい』

と言ったら、

テーラーメイドの皆さんが・・・⇩これに応募して下さいと・・

テーラーメイドのクラブを買って↑こちらに応募してください だそうです。冷たい・・(当たり前ですな)

はい気を取り直しました・・

ギア大好きな人は、『秋にテーラーメイドってなんか出るっけ?』と思われたことでしょう。そうなんです目立ったものは出ません(ぶっちゃけ過ぎてスイマセン)でも 地味に面白いクラブを出してきます まずはコレ

P790アイアンです。2017年9月に出た先代のP790アイアンは、日本で一番早いインプレやりましたが、T島的には ぶっちゃけ『アレ?』と思ったんですね。構造的にはPXGと裁判になったぐらいですから中空で中身に樹脂と一緒なんですが、打感がアレ?って感じでした。

今回は打ってびっくり。打感はすっごく良くなってる。外見はテーラーメイドですからかっこいいです。打ってみるとボールは上がりますし、前作のハードな感じをあまり感じません。ロフト角は7番で30.5度とストロング気味ですが、7番より下は8番が35度と4.5度ピッチでその下は40度と5度ピッチで飛距離の階段が作りやすいでしょう。7番より上だと6番は、26.5度と4度ピッチ、5番は23.5度と3度ピッチと、飛距離の差が出にくくなっておりますが、今どきのぶっ飛び系アイアンに比べると、全然良いですね。

あと顔もトゥ側が高くなって好きな感じになりました

5番アイアンもボールが上がり、スピンもしっかりかかります。テーラーメイドのPシリーズは、上級者向けなのでコントロール性も高めです。前作は?でしたがこちらは、かなりいい感じです。お値段もちょっといい感じですけど・・1本26000円という(汗)

そしてウエッジですが、タイガーが使うこちら

ミルドグラインド2ウエッジ

黒色酸化処理とメッキの2種類です。

どちらもフェース部分だけはノーメッキとなっております

はい。かっこいいですね。スピンもかかりますよ。ノーメッキだからスピンがかかるというのは、よくわかりませんが、実際打ってみるとスピンのかかる感じがよくわかりました。

T島的には、このローバンスを使って遊んでるのが最高に楽しかったです。右足寄りに置いてスピンをズバッとかけるとか

T島、ウエッジマニアなんです。こういうウエッジは楽しいっす。アプローチ練習場では最高ですが、実際コースで使うなら迷わずコレかなぁ

HI-TOEって、T島持ってて難しいから売ったって言ってたじゃんって?

こちらHI-TOEですが、HI-TOE ビッグフットというやさしいバージョンです。ヘッドが大きく、ソールも幅広いんです

コレスゲーです。同伴の皆さんや、テレビに出てる有名なお方も絶賛。ワイドソール、ハイバウンスで、スピンもかかります。

なんとなくグースに見えるのもいいですね。ふつうにポンと打つとそれだけで寄ります。みんなのゴルフダイジェストの人に、撮影するのでちょっと打って下さい と言われて打ったら、手前15センチぐらいダフったのに、普通に寄っていきました(汗)

コレ凄いのに、カスタム限定クラブだそうです。テーラーメイドさん、前作のP790アイアンといい、なんかさあ商品構成間違ってるんじゃないのかなぁ〜 コレ売れると思うよっていうのがカスタム・・テーラーメイドの色ではないってことなのかな????

マジ コレは良いと思ったウエッジでした。唯一弱点は、フルショットがロフト角より飛ばない。(上に上がるので)ぐらいです。まあコレは慣れでしょうけどね・・・っていうかコレは欲しいかも。アプローチに悩んでる方にオススメ。

ややこしいことも出来ます⇩Mr吉田が、教えてくれた構え方でT島、アプローチがメッチャ良くなったんですが(⇩こちら是非観てね)そういうことも楽々できます

球を抑えて打てたりもします まあコレはアナライズのmmウエッジでも出来ちゃうんですけどね

mmウエッジ こちらもお忘れなく。お求めやすいお値段ですよ(汗)

んで、宣伝を織り交ぜつつ展開していくいつものパターン。なのでT島ブログ、メーカーの方がなかなかシェアしてくれないのもよくわかります(汗)

そしてパター

はい。非常に凝った構造です

TPコレクション パティーナ と言う名前です。覚えられんカタカナ パティーナ

  • ボールに順回転を与えやすくテーラーメイド独自の「PURE ROLL(ピュアロール)」インサートを採用。
  • 5mm厚のアルミニウム製フェースインサートをボディにビス止めすることで、打感が向上。
  • 素材には303ステンレススチールを採用、ヘッド全体からネックを通じて手に伝わる打感を心地よいものに。

というウンチクだそうです。えーっと疲れて投げやりになっておりますが、このパター、T島結構好きです。打感がしっかりしていていい音が出ますので、距離感が出しやすい!!! このインサートでスパイダーX作ってくれんかなぁ アレ音がなぁ

ということで一気にお送りしました。総じてかなりの高評価でございます

特にウエッジは、どっちも好きかも・・・

ということで、また金曜日に


YouTubeセミナー 振り遅れセミナー配信開始。 正しい振り遅れ覚えましょう!

スリーブ付きスチールシャフト

⇩クリック

注文して組み立てますので、納品までお時間いただくようになります。ご容赦を!

スリーブですが大手メーカーのスリーブに限ります。また初代グローレのスリーブが、手に入らない(手に入るものは問題が多いものばかり)ので申し訳ありませんが対応できません。

 


カテゴリー 日本で一番早い試打インプレッション, 試打インプレッション

コメントは受け付けていません。