アナライズstoreblog

2019年10月04日グリップって大切!and遠心力セミナー動画観てね。

Youtube動画 新シリーズ『ゴルフの真理』今回は、つかまり に、ついて語っています。動画の続きは こちらで

https://filmuy.com/analyze/video/363576244


週末ですね。まだまだ暑くて夏みたいです。秋が好きなT島、早く秋になってほしい。ついでに冬になると、スキーの季節。早くスキーしたいなぁ(オイオイ)今年は、富士見高原スキー場のシーズン券を購入したいと思います。広島にいることで最も熱心な時は、年に20回以上スキー場に通って、いつか買いたい!!と思っていたのですが、シーズン券を買ったことはありませんでした。

でも、同じスキー場に行くことがほとんどなので、今年は購入しようと思います。シーズン券って、今流行りのサブスク、そうサブスクリプションですよね。ゴルフ場もサブスクの時代だと思うのですが、なかなかそうなりませんねぇ。

お値段もスキー場のように、安くないだろうし・・・ いくらなら買います?? 赤羽ゴルフ倶楽部の薄暮のシーズン券とかあったらいいなぁ〜シーズン券というと、なんかダサい感じですが、サブスクというと新しい感じがします。

ゴルフ場もサブスクでしょ!(ホントか?)

こちらのセミナー動画・・

このサムネイル画像↑いつもと感じが違いますよね。あれ?ゲーリーさんが作ったのと思った方。ゲーリー久永さんはもっとカッコよく作ると思います。T島が作ってみました。

この遠心力セミナー、終わりの方で振り抜く方向について説明しています。多分何かのセミナーがグレードアップしてNEOになった時にやると思いますけど・・・ この練習が効きます

クロスハンドでスイングする!T島もやってみたら

驚きのいい感じ。これは毎日の練習に取り入れようと思います!!みなさんもぜひやってみてください。

えっT島が何がやりたいのか?というのはこちらを是非

昨日、大蔵ゴルフスタジオに行ったら・・IOMICさんのグリップ交換会をやられていました。

グリップ交換会といいますがけど、こちらのクルマでツアー会場に行ってツアーサービスもされているそうです。つまりIOMICを愛用している渋野日向子ちゃんのグリップを交換している人に、グリップ交換してもらえるということなわけです。ミーハーなT島ですが、それだけでテンション上がります。しかし渋野日向子優勝記念グリップは、発売して一瞬で売り切れたそうです。ちょっと使ってみたかったなぁ

女子ツアーでのIOMICさんのシェアは50%を超えるぐらいで、圧倒的ですね。IOMICのグリップは樹脂ですから、劣化しにくいので交換のタイミングも、ゴム系に比べると圧倒的に長いそうです。ゴム系グリップに比べると高価ですが劣化しにくいんですよ。

男子ツアーのシェアは女子ほど高くなく、やはり世代交代というか長く活躍しているプロが多いという背景があるのではないでしょうかね?

昔はジャンボ軍団に代表されるように、下巻きにこだわっている人が多かったそうですが、イマドキのプロは太さを気にするぐらいで特にこだわらない人が多い。T島的には、太さと重ささえ、問題なければ、こだわらないぐらいのメンタリティの方のが強いんじゃないかなぁ なんて思います。特に女子は、『バックラインってなんですか?』なんて言う選手もいるらしい。

アナライズって、面白いなぁと思うのは、オリジナルグリップが5種類もあるんですよ。昔はプレミアムグリップなんてのもあったので、7種類ありました。面白いのが、マーク金井は、ゴム系のグリップが好みで、劣化したらすぐ交換したいタイプ。なので手頃な価格のグリップがいい!とのこと

グリップってやっぱり大切だと思うんです。T島はズバリIOMICが昔から好きなんですけど、そこはやっぱり好みで良いと思います。どっちが優れているかというより、どっちが好きか?という点かと思います。

先程も書きましたが

  • 樹脂系は一般的に言うと寿命が長く(ソフトさにこだわると短くなります)高価
  • ゴム系は、経年劣化したり、摩耗したりするけど、安価

という傾向があります。(ゴム系も寿命が長くなるような製品もありますが)

好みはとても大切ですが、やっぱりこだわりポイントは、太さと重さです。グリップの重量って意外と製品によって違うんですね。グリップを純正から変えたら、感じが変わったという場合も少なくありません。というのも総重量の軽さを謳っているドライバー、一番どこを軽量化するかというと

グリップ

なんです。通常のグリップっていうのは50グラム、48グラムぐらいが多いのですが、総重量が軽いほうが飛ぶというイメージが、アマチュアゴルファーにあるのでしょう。グリップ重量を減らして、総重量を減らしているドライバーが少なくありません。

  • ゼクシオシリーズ
  • タイトリストTS1
  • Mグローレ

などの大ヒットしているドライバーなど、グリップを軽量化しています。というのもヘッドが軽くするとヘッドスピードは上がりやすいけど、遠心力も出しにくいし、ボール初速も出にくいんです。シャフトの重さには限界があります。そうなるとグリップぐらいしかないわけです。

T島的には、軽くなりすぎると振りにくく感じるんですね。遠心力セミナーでもマーク金井が言ってますが、グリップエンドで遠心力をコントローするイメージ。これが出にくく感じます。(スイマセン、T島的な話しなんで、そう感じない人もいるかも・・)

っていうか、そんな見せかけの総重量を減らしてもなぁ と思うわけで・・・まあコレは大手量販店からのリクエストで総重量を減らせと言うのがあるという噂を聞いたことがあるんで、メーカーさんの真意はわかりませんけどね。

しかし、軽いグリップに慣れているから ということがあるかもしれません。そういう場合、各社軽量グリップを発売していますので、それを使ってください!グリップ交換会などでは、そんなことは百も承知なので、ちゃんと説明してくれますよ。

グリップエンドを感じやすくしたいなら、逆に重くしてしまえ!!という発想、つまりカンターウエイト効果を狙って作ったのが、アナライズオリジナルのヘビーグリップです。

カウンターウェイトというと、アナライズにはシャフトスタビライザーがありますが、ぶっちゃけ安くはありません。とりあえずカウンターウエイト効果を体験してみたいとか、ドライバーにシャフトスタビライザーを入れて、いい感じなんだけど、アイアン全部に入れるには予算が・・って方などは、このヘビーグリップはいかがでしょう?

もっとも安価でカウンターウエイト効果を体感できます

⇩ヘビーグリップ 興味ある方⇩クリック

T島も島田スチールシャフト+ドライバーに入れて、練習しようかな〜とか思っています。シャフトスタビライザーにしようかなぁ

ということでまた来週月曜日にお会いしましょう


しばらく売り切れておりました UT用シャフト UT70が再入荷しました。UT70装着のマジックマリガンUTも販売再開しております。よろしくおねがいします。

マジックマリガンUT+UT70


カテゴリー アナライズにしかない商品, シャフトスタビライザー, 調べてみました

コメントは受け付けていません。