アナライズstoreblog

2019年10月07日ゴルフクラブは進化しているの?

Youtube生配信 マーク金井 ここだけの話 10月7日21時から配信します Youtubeでは見逃したら観れませんので、是非生で!

えーっとこちらで 見逃し配信します。

https://filmuy.com/analyze


ゴルフシーズン真っ盛りですね。昨日はT島もゴルフの予定でしたが、体調不良の方いらっしゃって、キャンセルとなりました。あーゴルフ行きてぇ〜

ということで、ゴルフは行かず。日本女子オープンゴルフ選手権競技をテレビで見つつ、スマホでNetflixを観ておりました。スタートレックディスカバリーが面白すぎる。T島ですが、地上波でのテレビというのを、ほとんど観なくなり(ゴルフとラグビーぐらい)BS、CS放送ばかりで、最近はNetflixにハマっております。

全裸監督からの、ストレンジャー・シングス、そしてスタートレックディスカバリーという流れです。そう言えば今年の正月は、勇者ヨシヒコを観てたな。ということで流行りのドラマとか一切観てない。

Netflixも良いですが、ディスカバリーチャンネルや、ナショジオチャンネルのクルマを再生する番組もすごく観ております。自動車の世界、昔の名車を今、再生するという文化があるようです。特にアメリカ、イギリスなどでそういう番組が多いのですが、日本ではほとんどないですよね。

アメリカのドラマや映画などで、父親が乗っていたクルマを再生して息子が乗るという、親子の絆的なシーンがよくあります。日本ではそんなの無いんですよ・・

やっぱり、国土の広さの問題で、そもそも旧車をずっと置いておけるガレージがある家なんて、かなりのお金持ちか、田舎暮らしでないと無理でしょ・・日本での車検システム、税制、保険システムも、クルマを買い換えろ! 長く乗るな的なシステムが強くあるのもあるかなぁ

ということで、日本では最新が最善というのを植え付けられている気がします

ゴルフクラブも、最新が最善という感じが溢れております。特にウッド系、UT、アイアンも、最新が最善の思考度合いが強くなっている気がします。

T島的には・・・

  • パター
  • シャフト
  • ウエッジ

って、あまりその傾向が無い気がしません? というのも池田勇太プロとかがL字パターを使っていたりとか、ピン型の原型というのがもう1970年より前からあります。2ボールパターだって20年経過。パターってあまり変わらない(ヘッド重量は変化があります)

シャフトだって、ダイナミックゴールドってすでに30年ぐらい前からありますし、今も多くのプロが使っています。日本シャフトのNS950も20年目のモデルチェンジと、時間軸が違う感じです。ウッドのシャフトもですね、えーっとマーク金井が使っております、スチールシャフトに回帰しております。

T島も最近こんなシャフトを手に入れてみました

手元調子のフジクラ SIXです。このシャフト FIT-ON SIXだったのが、Z-COMとシャフト名が変わりましたが、長く生産されておりました。軽量なのにPGAツアーでも使用者がいたり、有名なのはアニカ・ソレンスタムが使っていましたよね。もしかして20年以上たってるのかな??。だってT島ですが2004年ぐらいにERCフュージョンのこのシャフト入れたのをカスタムオーダーしましたし・・その頃はまだFIT-ON SIXだったのかな??2004年でも最新じゃなかった気がします。

これを入れて打ってみたんですけどね、ぶっちゃけ練習場で打ったら落ちる地点が変わらないんですよ。最新シャフトの名誉のために言っておきますが、SIXは結構長く使ったシャフトです。T島が今更手に入れるぐらいだから、T島的にはかなり合っているんです。

まあ、自分にマッチしてない最新よりも、マッチしてる過去の名機のが結果が良い場合は、少なからずあるでしょう。

フジクラさんや、三菱ケミカルさん、USTマミヤさんのフィッティングに行っても、最新が最善であれば、最新シャフトのみでフィッティングするはずです。しかし以前もモデルが置いてあります。そしてこれがフィットすると案内されたりするでしょう。

  • 結局自分の好みのシャフトをどう探すか であるとか・・
  • こういうスイングを身に着けたい    であるとか・・・

シャフト選びも手段に過ぎないのではないでしょうか?

マーク金井が、スチールシャフトをドライバーに入れるのも、10ヤード飛距離を落としても、安定感を手に入れたい。ナイスショットとミスショットの差を減らすことが出来るので、より安全なマネジメントが可能となると言う選択なんですね。(スイマセン、現在スチールシャフト欠品中です、入荷は未定でお問い合わせいただいても、弊社も再入荷を待っているだけなので、お答えできません。)

T島的には、重いことで、振り遅れやすい。遠心力のコントロールを覚えやすいとおもっているんで、そういう手段としてつかってます。

遠心力のコントロールについては↑こちらのセミナー動画をどうぞ!

ウエッジは進化しているのでしょうか? このウエッジなんかメッサよかったなぁ

もちろんとても良いですけど、溝規制などがありゆくゆく使えなくなります。

ウエッジって流行があるんですよ。ジャンボ尾崎全盛時代は、どんなプロもグースがガッツリあるウエッジを使ってました。

その後、タイガーウッズが登場し、出っ歯のウエッジ全盛期をつくったのがクリーブランド TA588

はい!構えた感じがぜんぜん違いますね

この流れは今も続いてますので、ストレートなウエッジを使うゴルファーが多いですけど、最近各社、グースのウエッジを発売してきています。

ミズノさん、ブリヂストンさん、プロギアさんなどなど・・・

あとこちらも人気

マスダゴルフさんのM425ウエッジ

こちらのウエッジ、T島も持っています。グースのウエッジって、自然にハンドファーストになって、最近打ちやすく感じます。凄いのがラフから打ってもボールに綺麗にコンタクトする音がして気持ちがいい。(理由は、教えてもらえませんでしたけど)

アプローチで手を使いすぎる人には、グースネックってとても良い気がします。あとやっぱり日本の芝にマッチしているんだと思います。今後もっと増える気がしますね。T島が一番プレーする機会が多いのは、富士見高原ゴルフコースですが、フェアウェイもラフも洋芝なんですけど、そういう時はストレートネック、洋芝じゃない場合はグースのが使いやすい気がします。最近はアプローチの欠点を補いたいので洋芝でもグースのウエッジ使っていますけどね。

えーっ でもグースって、ちょっとどうなの?? と思うでしょ? 違和感ある〜なんて人はこちら

ぜひアナライズのmmウエッジを使ってみて下さい。お値段もお求めやすいので・・マーク金井チャンネルのセミナー動画で最近テーマにしています。振り遅れであるとか、ジャイアントスイングであると、アプローチから練習したら良いらしいんですが、グースのウエッジが振り遅れ感が出しやすい気がします。

ウエッジが進化しているのか?というと、うーん うーん 流行りはあるけど昔のモノも十分使える気がしています。T島的にはグースのウエッジは、今一度見直して欲しいです。mmウエッジですが、グースなんですが、ハンドファーストに構えても刺さりにくいです。そこが大切なポイント。

ゴルフクラブが進化しているのか? すべてのジャンルに置いて進化を感じます。でも進化のスピードが早いものと遅いもの、それよりも相性に左右されやすいものもあります。

ゴルフクラブというのは、絶対的に良い、悪いというものではなく、ゴルフと言うゲームをプレーする際の手段として、目的に応じて選択すればいいだけの話です。格好良いクラブでプレーしたいと言う目的でもいいじゃないの〜と思いますし、スコアアップ子やすさが目的でもいいんです。

マーク金井はやさしいクラブしか評価しない となにかのコメントで観たことがありますが、理由は簡単です。ゴルフクラブは、スコアアップを導く道具に過ぎない と位置づけているからです。そこからアナライズのクラブはつくられています。進化のスピードが遅いほうが、商品の目的を明確に打ち出しやすい気がします。

ということで、最新は最善なのか? というのはわりと不毛な切り軸かもしれません。目的と手段をハッキリさせればおのずから必要なクラブは見えてくるはずです。

ではまた水曜日に


10月のセミナー募集開始しています。

  • 10/14(月祝) 11時00分〜フットワークセミナー
  • 10/14(月祝) 13時30分〜振り遅れセミナー
  • 10/26(土) 11時00分〜遠心力セミナー
  • 10/26(土) 13時30分〜切り返しセミナー

 


カテゴリー クラブ分析, 調べてみました

コメントは受け付けていません。