アナライズstoreblog

2019年10月18日今更聞けないシリーズ・・慣性モーメントって何だっけ YoutuberT島誕生

昨日ゴルフに行ったT島です。7月から一番叩いても84だったので、俺はもう大丈夫。もう90は超えないと思っていたら素で8とか打って93も叩いて凹んでおります。オークヒルズ激ピンだったなぁ〜 悔しいので激しく練習します(T_T)

えーっと一番良かったのが

ヤマハRMX220ドライバーに、島田のスチールシャフトにシャフトスタビライザーって組み合わせですね。安定して、キープレフトできました。

最近ちょっと忘れかけていましたが、カウンターウエイトってグリップ側を意識しやすいことを思い出しました。こちらやっぱり感じがかなり変わって良いです

手元のウエイトは色々効果があるみたいです。ホント是非試して欲しいわけです。

ちょっとやってみたいのがウエッジですね。フォロー側の手元の位置にこだわって練習しているのですけど、入れてみたい!!! やってみようと思います

シャフトスタビライザーを買った人が、リピートする確率を一昨年集計したことがあるんのですが

なんと約40%(38.13%)!

の方が、追加でオーダーしてくれていました。もちろん効果を感じない人もいます。(主にフェード系)ということで・・

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。

T島がどんどん構えにくく感じてきた ヤマハRMX220ですが

スライス系持ち球の球筋安定しない同伴者が『打たせて♡』というので、打って貰ったんですが、いい感じのフェードでメッチャ飛ばしておりました

  • 打感が柔らかい
  • 構えやすい
  • スゲー飛んだ

と絶賛 っていうか持ち主のT島を50ヤード近くオーバードライブしやがって・・・高く売りつけてやろうかと思いましたわ。買うてくれ

フェード系でボールを左に打ち出すことに慣れているゴルファーには、構え得やすいらしい。T島は左に打ち出したいけど、染み付いているフックのDNAが、『ちょっとちょっとと〜そのまま左に行って逆球でたらどうするのぉ』という心の声が出てきます(泣)

練習場では、左からフェードが気持ちよく打てるのですケド

ということで、エース候補から脱落なのか?

しかし、スライスに悩んでいる人でもフェースのオフセットが効果的なのか?意外と使えて、大慣性モーメントが球筋の安定を生むことがわかりました。彼のエースドライバーよりも明らかに飛んでいました。

慣性モーメントが大きいとヘッドを動かしにくい。スライサーというのは、インパクト時にフェースが開いて当たりやすいのです。でも慣性モーメントが大きいと開いたフェースを戻しにくい。

この弱点を補うために、ヤマハRMX220や、PRGRのegg5500などは、大慣性モーメントのヘッドは、フェースにオフセットをつけることで、インパクト時のフェースの開きを補っているわけです。

↑こうみてみると、エッグのが構えやすいね(汗)egg5500にディアマナDF入ってたやつよかったなぁ・・・

んで、慣性モーメントと よく出てきますけど、ここでおさらいをしてみましょう

というのも・・・

えーっとT島ですが、元々は広島で会社員だったのですが、その会社は、レコードレンタルや、ゲームリサイクルや、古着そして中古ゴルフショップを運営する会社で・・

中古ゴルフ部門担当でした。広島のレプトンというとこなんですが、YoutubeやりたいとT島にお仕事をくれました。『Youtube?大変だよ』と言ったのですがやりたいということで・・ それで打ち合わせしてたのですが、『どんな動画作りたい? えっ それって俺が出るの? それじゃ見積もりと違うよ 出演料取るよ?』的な話があり この度完成して公開となりました・・・

っていうか誰か観るのか?コレ? スゲー恥ずかしい 自分の出てるの編集するのつらいっす(泣)とは言え誰も見ないと悲しいので、チャンネル登録おねがします!!!ホントお願いしますよ〜

んでこの動画で慣性モーメントについて説明しているのですが

適当過ぎて モヤモヤしていました ということで 説明したいと思います(汗)

俗に言われる慣性モーメントとはヘッドの左右の慣性モーメントのことですね。ヤマハさんやら、ピンさんが慣性モーメントが大きくなりましたというと、この数値のことを指します。ゴルフのルールで規制されている慣性モーメントの数値はこの数値を指します(5900g・cm2以下)

ヘッドの重心位置を軸に、ヘッドが左右にどう動くかってこと

この状態で ヘッドが動きやすいか動きにくいかということかと・・

まあ厳密に言えば、重心はソールにはありません。ヘッドの内部にあるわけで・・・まあ3D的にイメージしてほしいのです!でも左右ということで、この写真でもいいんじゃない? T島にその厳密さを求めるなら、このブログを読んでいないと思います。スイマセン適当で・・ できる限りわかりやすく考えてるんです

この時にこのバランスが取れる位置つまり重心位置、これは後ろに有ればあるほど、ヘッドが動きにくくなるというわけです! これが前になればなるほど動きやすい。つまり動かしやすい。そして重心距離が長いと、ヘッドは動かしにくくなり、短いと動かしやすい。なんとなく↑を観るとイメージしやすいかと思います。

ヘッドの左右慣性モーメントと重心距離、重心深度というのは密接な関係があるということですね。重心位置というのはヘッドの体積を大きく影響がありそうということにもなります。動きにくいということで、ヘッド重量も慣性モーメントに大きく影響します

慣性モーメントですが他に

  • ヘッドの上下の慣性モーメント
  • シャフト軸の慣性モーメント

というのもあります。これはヘッド左右の慣性モーメントが増えれば、↑の2つの慣性モーメントも大きくなるというのは、なんとなくわかっていただけると思います。

この3つの慣性モーメントは、ヘッドの慣性モーメントです

それだけでなく、クラブ慣性モーメントというクラブ全体の慣性モーメントがあります。

現行モデルのドライバーでヘッド左右の慣性モーメントが5000g・cm2を超えるモデルは

この3つに加えて ヤマハRMX120ドライバーと、ピンG410プラスドライバーと、タイトリストTS2と6つあります。(たぶん・・・他に現行であったら教えて下さい)ドライバーの歴史ではこんな感じで存在します。

ということで、こんな視点でクラブをチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか?

この慣性モーメント 実はパターにも有効なんですわ・・ パターってヘッドがぶれてフェース面がインパクトであらぬ方向に向いたら チーン でしょ? なので、慣性モーメントにこだわっているものが多くあります。マーク金井はドライバーよりも、パターの慣性モーメントにこだわっているんです

アナライズRS1.5パターよろしくおねがいします。

ということで また月曜に


ツアープロも使っているゴルフの竪琴↓こちらでオンプレーンスイングの必要なハンドアクションを覚えよう

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


カテゴリー クラブ分析, シャフトスタビライザー, 調べてみました

コメントは受け付けていません。