アナライズstoreblog

2019年11月11日スナッグゴルフ楽しいですよ。

おはようございます。すっかりと秋が終わっていきそうです。T島はというと週末は、セミナー動画の編集に没頭。まだ少し時間がかかりそうですが、水曜日ぐらいまでには公開したいと思い頑張っております。

えーっと金曜日は、T島が愛してやまない志摩シーサイドカンツリークラブへ行ってきました。福岡の僕の友人たちはシマシーと呼んでいます。

なんと素敵なコースなんでしょう!!

こちらのブログに書いたように

ZOZO効果?中古ショップでパターを物色するT島

んで、↑コレを書いた時にパターが絶好調だったですけど、1mのパーパット打つ前に『ナイスボギー』と言われてその後同じ距離4回ぐらいはずして、パターがやばいことに・・・ということで、スパイダーX欲しいわ

他にもいろいろな事件が起こりましたが、またこれはFacebookにでも書きます

さて皆さんスナッグゴルフってご存知でしょうか?? スナックじゃないですスナッグですよ。

T島が以前、一緒に本を作ったことがある今野一哉プロが、スナッグゴルフの館を東京都江戸川区平井にオープンしたというのでこの機会に体験してきました。

今野一哉プロは、いろんなところでレッスンをしてたんですが、自分で始めたのがスナッグゴルフのスタジオだったので、最初驚きました。T島ですが、パークゴルフはやったことあるけど、スナッグゴルフはやったことなかったんです。

なぜ・・スナッグゴルフ?

とぶっちゃけ思ったんです。そしてなぜキッズ?? そんな思いを胸に、キッズゴルフスタジオに行ってみました。

やってみたら・・・

これってゴルフじゃん!!!

と驚きました!(やってる写真が無いよ)もう打ってみると、ゴルフなんです!なんかスナッグゴルフという言葉で、ぶっちゃけ子供の遊びなんじゃね?とかネガティブなイメージが無かったわけではないのですが、実際プレーしてみると、コレって、限りなくゴルフに近い。いやゴルフだよね と思いました

スナッグゴルフJAPANのウエブサイトを拝見すると・・・

スナッグゴルフとは

スナッグは、元PGAツアープレイヤーのテリー・アントンとウォーリー・アームストロング によって6年の歳月を費やして開発されました。教える者、学ぶ者の両方にとって「やさしく」「正確に」「どこでも」「だれでも」ゴルフの基本を学ぶ事ができ、また教えることができる用具とプログラムの開発をコンセプトにして用具開発に4年、プログラム作成に2年を費やし2001年米国PGAショウ(世界最大のGOLF SHOW)で始めて発表されました。

スナッグ(SNAG)の意味は、Starting New At Golf(ゴルフを始めるために)の頭文字をとったものです。もう一つ、スナッグで使用するターゲット類はすべてボールがくっつくようにデザインされています。SNAGとは、「くっつく」という意味がありますので、この二つの理由から「SNAG」と命名されました。

スナッグはゴルフの基礎的な要素を全て持ち合わせており、ルールはわかりやすく、広さの限られた場所でも充分に楽しめるスポーツです。スナッグの用具やプログラムには、ゴルフの基本技術であるフルショット・ピッチショット・チップショット・パッティングそして“コースプレイ”を「楽しく」「正確に」習得するために、様々な工夫が 施されています。また、プレイや練習を通してゴルフの「マナーやエチケット」を学ぶことができます。 スナッグは、初心者にとってゴルフを学ぶための「ゴルフの入り口」となるでしょう!!

日本にはパークゴルフ、グランドゴルフなど、~~~ゴルフと呼ばれるものが多くあります。これらのスポーツとスナッグの大きな違いは、前者はゴルフのような、またはゴルフに似たスポーツであるのに対し、スナッグはゴルフの基本を学ぶために開発され、ティーショットを打ち、アプローチをして、パットをする風景は「ゴルフ」そのものです。そしてプレイや練習がゴルフ場や練習場だけでなく、校庭や野球場、サッカー場、体育館などどこででも、子供から高齢者まで3世代が、またゴルフ未経験者から上級者まで気軽に安全にプレイできるスポーツが「SNAG」なのです。(スナッグゴルフJAPANのWEBサイトより転載)

だそうです。Starting New At Golf つまりゴルフを始めるため。ゴルフを始めるための第一歩的に開発されたそうです。略すと本来の意味が薄くなってしまうのがもったいないぐらいゴルフでした。

まず道具が良くできています。ボールはテニスボールより一回り小さくて、ゴルフボールと同じ重さだそうです

ジャックバニーさんも注目していて、道具を作ったりしています。

フルショットとアプローチ用、そしてパター用、この2本です。

ヘッド大きいです。ボール大きい。ティアップして使います!! ヘッドがデカイ、FP値がでかい!変わった形状ですがとても良くできています。シャフトはレジン感があるカーボンシャフト。なんかホンマのバイオレットシャフトみたいな感じ。

これですね。子供さんがやるの楽しいと思います。ゴルフの基本が覚えられるはずです。っていうか、そのあと普通のゴルフクラブを持っても違和感なく始められるはずです。T島もすごくハマってしまい。すごく発見がありました。

T島、シミュレーションゴルフよりもスナッグゴルフのが好きです・・楽しいっす

お子様をお持ちのゴルファーの方、まずはスナッグゴルフをやってもらうのはどうでしょう?一緒について行って、打ってみたら”コレはいい”と思ってもらえるでしょうね!ゴルフの弱点もしっかりスナッグゴルフに引き継がれますんで、子供さんをスナッグで遊ばせつつ、お父さんは今野一哉に相談すると、スナッグゴルフでアドバイスしてくれるかも?

まじ!スナッグゴルフ恐るべし!!

お子様を連れて是非訪れてください 楽しいですよ! ゴルフ人口が減っているのでゴルフ業界では色々な試みをしています。大きな団体もゴルフ人口を増やそうと言ってますが、なんかモヤッとするんです。でも小さいことからコツコツではありませんけど、ゴルフを身近に感じさせるスナッグゴルフのスタジオを作っちゃうって凄いことだと思います。T島も何もできませんけど、クラウドファンディングで気持ちばかり応援させていだきました。頑張ってほしいと思います。

T島は、何の影響力もありませんが、ゴルフの楽しさを伝え、小さなヒントなど見つけてもらって、ゴルフから離脱する人が一人でも減らせれば嬉しいと思っております。業界を変えるとか、大きいこと言っても出来ることは限られています。小さな一歩が大切です。

スナッグゴルフの道具がもう少し短いなら練習器具として最高だな!と思ったんですが、ちょっと長いです。まあ地面から打つのでしかたないですね。ヘッドの重心距離が長いので右に出やすいですが、イマドキのシャットフェースを覚えるにはとってもいいです。

室内ではこちらをお使いください・・

アナライズのスーパーシャット君

こちらとパイロンボールをセットにして、練習するのっていいです。やっぱり大きいボールっていいですね。練習にはとっても!!!!

スナッグゴルフ同様、よろしくお願いします

ではまた水曜日に



カテゴリー 調べてみました

コメントは受け付けていません。