アナライズstoreblog

2019年11月15日クラブ選びに何を優先するか?その2 and テーラーメイド銀座行ってきた

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”パターの選び方”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


昨日は、明日銀座にオープンするテーラーメイド銀座のオープニングイベントに行ってきました

えーっと、ZOZOチャンピオンシップに行ってタイガーやマキロイのヘッドカバーを観て気になっていた人多いでしょう⇩

こちらのプロモーションだったんですね(汗)お金かかってる割にわかりにくぅ〜 なにやら、テーラーメイド銀座でクラブを買うとプレゼントされるとか?!(もちろん色々条件あります) タイガーとかマキロイとかとおそろいやでぇ

T島メッチャ欲しかったんだけど・・明日クラブ買いに行けないなぁ

はい!かなりの規模です地下一階、そして1階、2階と大きなスペースですね

1階は吊るしのクラブを販売

地下一階はカスタムクラブスペース、フィッティングも行いますので試打スペースがあります。

えーっとココでカスタムクラブをフィッティング&オーダーできるという・・

パターやウエッジもできちゃうのが嬉しい!特にパターですが、超カスタム出来ますよ

404億通り(440だっけ?)の組み合わせが楽しめるらしい

俺の今、欲しいスパイダーXもカスタムできちゃうんです。やりたい!!! パターの試打貸してもらえるようにお願いしようかと思っていたのですが、そのチャンスもなかったので、また聞いてみよう。スパイダーXぅ〜

2階はアパレル&キャディバッグなんだろうか?

オープニングイベントには 藤木直人さんと森泉さんのトークショー

顔小さいっす。おしゃれイズム?と言う番組をやっているお二人(よく知りません。もう寝てますし)T島的には、藤木さんはなつぞらのお父さん役、森さんは ぐるナイってイメージ

はい。ということで明日がテーラーメイド銀座の正式オープンで、早く行くと特典もあるらしいし、クラブ買った人に特典もあるようなので、是非行ってみてください

えーっと前回からの続き

クラブ選びに何を優先しますか?その1

前回のブログをかいつまんでみると、皆さん最近ゴルフクラブを買う時に、試打してから買う習慣が一般的になりましたね。昔はそうではなかったような・・・まあ以前は試打会もフィッティング施設も少なかったもんね

でも、試打しても ナイスショットが出やすいクラブ、そしてナイスショットした時の気持ちよさが1番優先されている気がするわけです。マーク金井が最近、言ってるのがナイスショットを増やすよりも、アンフォーストエラーを減らすことがスコアアップに繋がるというのを実践すべく、クラブ選びにも反映させてみようというのがテーマでした。

ちなみにアンフォーストエラー 難易度の低いショットをミスしてしまう。と言う解釈で展開してます。

えーっと、難易度の低いショットをミスしてしまうってどういう状況でしょうかね

  • まあ平坦なフェアウェイにあるボールでも、そもそもクラブ自体が難しいとそれだけでミスが起こりやすくなりますよね。
  • そもそも求めるレベルが高ければ、ミスと判定されやすくなりますよね

はい。つまり長い距離を打って、クラブ自体が難しい。そうですフェアウェイウッドですよね。特に3Wはアンフォーストエラーが起こりやすいと言えるでしょう。

たとえば各ショットデータを集計できるアーコスなどを使うと、わかりやすくなるはずです

自分の飛距離を把握していたら、アーコスなどで把握できる実際の平均飛距離との差が大きいクラブが危険ということになります。もちろん林からのちょい出しとか、抑えて打つとか、アゲンストとかはデータに反映できませんので万能ではありませんが、探る方法の一つではあるでしょう。

そもそもフェアウェイウッドは、アンフォーストエラーが起こりやすいわけです。えーっとマーク金井のクラブセッティングをチェックすると、フェアウェイウッド入ってません(汗)地面から打つクラブでは21度のUTが1番飛距離が出ると思われます

ちなみにこんな感じです

ドライバー  通常250ヤード 最大265ヤード 最小235ヤード
17度UT   通常205ヤード 最大220ヤード 最小190ヤード
21度UT   通常190ヤード 最大205ヤード 最小175ヤード

7I     通常155ヤード 最大165ヤード 最小145ヤード
8I     通常140ヤード 最大150ヤード 最小130ヤード
9I     通常125ヤード 最大135ヤード 最小115ヤード
PW    通常110ヤード 最大120ヤード 最小100ヤード
54度    通常80ヤード 最大85ヤード 最小75ヤード

17度のUTはたぶんティショットでしか使わないかと思います。そう言えばマーク金井ですが、最近フェアウェイウッドというものを買ってるの見たことないなぁ・・・

T島も長いPAR4や、PAR5の2打目で、5Wを持ち出しますけど、無理せずUTで打っておくほうが、乗らないけどアプローチしやすい、いいポジションにボールを置けてアンフォーストエラーも減らせるんじゃないでしょうかね?

ぶっちゃけUTとかは飛ばなくても良い。狙った距離を安定して狙えることが重要ですから、頻繁に買い換えるよりも使い込んで、アンフォーストエラーを減らせることが重要かと思います。アナライズにはロングセラーのマジックマリガンUTというのがありますんで、コレを長ぁーく使うのはいかがでしょう

マジックマリガンUTに島田シャフト K’sハイブリッド装着モデル登場

心地よいスチールのしなり感をお楽しみください↑クリック

 

そして、マーク金井のウエッジですが54度です。ウエッジと言えば、52,58度を反射的に買ってる人が多いですがけど、54度で充分かと思うんですよ。基本的にロフトが立ってるクラブのほうが、アンフォーストエラーは出にくいです。もちろん寄せワンするには厳しい状況というのがあるでしょうけど、アンフォーストエラーを出さないというのは、ダブルボギーだけは打たないという固い決意ですから、とりあえず乗せておけばいいわけで・・・

そういう意味で、アプローチでアンフォーストエラーを出さないコツは、やさしい番手、まずはパターが使えないか考えること、そこからロフトを増やしていく。54度のウエッジも出来る限り使わないとかのがいいんじゃないかと思います。

アンフォーストエラーを減らす? アプローチで寄せワンを狙わない??そんなのつまらないよ〜 という意見もあります。もちろんそれはその人のゴルフスタイルですから、全然オッケーです。

アンフォーストエラーを減らしたいセッティングを考えつつ

三浦技研の新製品発表会に行って・・・

新しいマッスルカッコいいなぁ トカ・・・

三浦技研って1本から買えるから、8番から習うてるから8,9,PWを買ってUTにつなげて、とか今度発売されるTC101とか

これなら7番から打てるから、7〜PWを買って〜とか妄想してしまったりしております。(アホ)まあこういうクラブって、7番までならナイスショットが出やすいし、ナイスショット打った時とっても気持ちいいですよね。

TC101ですが、CB1008アイアンの後継モデルにあたります。CB1008は大ヒットしたそうですが、このTC101もヒットしそうです!

ということで

クラブ選びに何を優先するか? 考えてみるのもおもしろいですよ

ではまた月曜日に


 


カテゴリー 練習法、ヒントになれば

コメントは受け付けていません。