アナライズstoreblog

2019年12月04日新しいTOUR-Bに触れてボールの進化を実感する。アプローチ大切です!

マーク金井チャンネルの生配信!12月の1回目は

12月9日月曜21時から配信します

録画配信はございません 生でごらんください


アナライズ12月のセミナー参加者募集中でございます

残りは 打点コントロールセミナーとNEOアプローチセミナーを残すだけ。特にT島的に注目は、NEOアプローチセミナーでしょう。この間、マーク金井のゴルフは確変中で、その影響はアプローチにも現れています。というか・・・ハンドファーストに打つ極意とか、ゴルフスイング物理学的なテイストは、アプローチに如実に現れるからです。

というのも、新しいセミナーは撮影しているT島ですが、マーク金井とラウンドしている時に、アプローチの致命的な欠陥を指摘してもらって、それを治すことに取り組んだわけです。アプローチの誤解というのは、フルスイングでの誤解と同じ。

そしたら、アプローチで打つ球がすごく低くなって来ました。大蔵ゴルフスタジオでウエッジをテストしていても、辛口コメントで有名なMr吉田に

『T島さん アプローチすげー良くなりましたね』

と褒めていただきました。まだコースに出るとダメなスイングも顔を出すのですが、アプローチが良くなると、スイング軌道も良くなるわけで・・・

7番となってますが 打ってるのは8番だったりする(汗)

アンダー星人T島も、アウトサイドからヘッドが入れれるようになりました。(スイマセンごく偶にですけど、通常は気持ちインサイドです)

良い軌道を覚えたかったら、アプローチの練習がオススメです。つまり”NEO”となったアプローチセミナーは大注目なわけです!!!

そしたら、バンスの効いてるウエッジが更に打ちやすくなりました

こちらのmmウエッジの良さも更にわかるようになりました↑クリック

んで打点コントロールですが、これもかなり確変しているはずです。T島的にもこの間、ヒール寄りに集中していた打点(つまりインサイドアウト)だったのが、真ん中に集まってきました。打点をコントロールできるということは、スイング軌道の問題点を修正できるというわけで・・・ 打点コントロールセミナーもよろしくお願いします。

残席わずかですんで・・・・

さて昨日は、ブリヂストンさんに新しいボールについて、いろいろなお話を伺いに行きました。

イラストレーターの野村タケオさんもいらっしゃいました。毎年律儀にT島ごときにもこちらをいただけるのです。2020年ゴルフバカカレンダー

皆さんも欲しいでしょ お買い上げは↑をクリック!

はい 新しいボール

ブリヂストン TOUR-B X、TOUR-B XS です

初めに書いておきますが、来年発売されるこのボール。凄いカバーが魅力なのですが、詳細はまだ書いちゃダメなんですよ。

すでに、10月のBSオープンからTOUR-B Xはツアーに投入されています。すでに宮本勝昌、近藤智弘、宮里優作、市原広大、嘉数光倫、海外ではマット・クーチャー、ブライソン・デシャンボー、Lトンプソンが使用しているとのこと・・

T島ですがBSオープンに取材に行って、このボールをこっそり1個だけもらったんですよ。打ってみた驚いたのが、TOUR-B Xでも打った感じが、嫌いじゃなかった。T島はTOUR-B XS派なんですが、『これTOUR-B Xでも大丈夫じゃん』と思いました。

この取材の後ですね、大蔵ゴルフスタジオに行って、鳥かごの中で打ってみたけど、アプローチでボールがゆっくり飛ばせます。スピンもかかってるから、ネットにあたってシュルシュルって音がかなりする。ドライバーの飛距離も飛んでると思います。

これは実際コースで打ってみないとね・・・

BSさんの現行TOUR-Bシリーズですが、発売3年でなんと過去最高の売上だったそうです。これはZOZOチャンピオンシップでタイガーが勝った時、そんな絶好調のボールを、モデルチェンジするんですから気合が入っております。タイガーも、今週のヒーローワールドチャレンジから変える予定だったそうですが、プレジデントカップに出場することになり、来年1月からの投入するみたい。

タイガー効果で、国内シェアもバンバン上がっているそうですが、アメリカでは日本ほどではないそうです。T島にどうやったらいいですか?なんて聞かれたので

『テレビ中継の撮り方を変えてもらう』

と提案しました。

T島はPGAツアーをよく観るのですが、明らかにカメラワークが日本と違うと思うんです。特にグリーン上で、選手が打った後は、ボールがすごくアップになるんです。回転が遅くなると、ボールロゴがすごくアップになる。そんな時にトップシェアのタイトリストのゴロが、いつもバーンと映るわけで・・・T島もPGAツアーを観始めてから『やっぱタイトリストなんだなぁ』と思った瞬間があったわけです。

日本の中継は、プレーヤーとボールとカップが全部写ってる。どんなボールなのか観ててよくわからない。今回ZOZOでは、日本で開催されていてもPGA的カメラワークだったので、Bマークがバーンと写ってて、『あーータイガーはブリヂストンなんだ』と思った人が多かったんじゃないかな〜

特にPGAツアーのWEBサイトのリーダーズボードには、タイトリストを使っている選手にはタイトリストって右側に書いてますよね? それぐらいお金つかってるんだから、カメラワークも指令をだして

『タイトリスト使用選手のパットのときは、ボールをアップにしろ』

なんてこともやっていそうです。と妄想しております。

ということでブリヂストンさんは、まずBSオープンの時から、カメラワークを変えてもらって下さい。

まあそんな冗談のような話をしておりました

ということで来年早々の発売が楽しみな ブリヂストンの新しいボールのお話でした

ではまた金曜日に


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


カテゴリー セミナーのお知らせ, 試打インプレッション, 調べてみました

コメントは受け付けていません。