アナライズstoreblog

2019年12月11日意外に宣伝じゃないドライバーの選び方

忘年会などあまり声がかからないT島ですが、忘年コンペは幾つか入っています。明日は、T島的ゴルフ場1位を志摩シーサイドカンツリークラブと争う鳴尾ゴルフ倶楽部へ行きます。今からわくわくしております。

こちらも初投入!!! 色々と楽しみです。鳴尾ゴルフ倶楽部の高速コーライグリーンに通用するのでしょうか?? んで・・

パターについてはこんな動画に出ております

中古のパターについて語っております(汗)よろしければチャンネル登録をお願いします

こちら行きたかったのですが・・・

福岡でこんなイベントが

福岡の皆さんぜひ行ってみてください。T島からのお願いです

T島も書いてもらってます

さて前回のブログ

意外に宣伝じゃないユーティリティの選び方

ゴルフクラブってファンタジーが増えてきたよね?って話がでてきました。例えば可変スリーブとか、重心位置を移動させるために、ウエイトの位置が動かせるというやつです・・・・

今回はドライバーのファンタジーと選び方について

可変スリーブと、ウエイト位置が動かせると、すべてのゴルファーが1本のドライバーでOKなんてファンタジーがありましたね。ワンヘッドというファンタジー、今はミズノさんぐらいしか残ってないです。口火を切ったテーラーメイド(R1ドライバー)は早々に、ロフトのちがうヘッドを発売するようになりましたよ。

可変スリーブについてはこちら

今更聞けないシリーズ!可変スリーブってどう使う?

↑読んでいただけるとお解りかと思います。可変スリーブではすべて補えません。だから可変スリーブ付きドライバーでも、ロフトのバリエーションがあります! マーク金井はそもそもカチャカチャが嫌い。T島はシャフトが簡単に変えられるから好き。でもロフト角はヘッド個体を見てノーマル位置で決めます。可変スリーブを当てにしません。

ウエイトの移動ですが・・テーラーメイドR7が口火を切り、M1ドライバーなどが積極的に宣伝

でも活かせている人がいるのでしょうかね? もちろん重心位置がかわりますので球筋は変わります。このブログでも実験しましたが確かに重心距離も深度も変わりました!

でも、フェースのセンターでボールを打ちたくないですか? 構えた顔が変わらないのに重心位置だけ変わってもねぇ・・・なんて思います。でも縦方向は重心深度が変わるから良いかもとか思います。

ついにはウエイト外しとかが流行りました(汗)

プロがウエイトを外すからといって、軽いヘッドを使っているわけではないのです。(池田勇太プロとかは軽くしているみたいですけど)ヘッド内部にジェルなどを盛ったりしています。

つまり、ウエイト移動って要るの?ってことになります。

T島ですが・・・ウエイト外しならぬ ウエイト増やしをやってます

ピンG410プラスドライバー ウエイトは1つで それを3つのポジションに動かせます。ノーマル状態は16グラムのウエイトが1個付いてます。T島は、Amazonで8グラムと5グラムのウエイトを買って2つ付けました。(改造なので自己責任となりますよ)ヘッドを軽量化しつつ。周辺にウエイトを配分し、若干深度を浅くしたかったのですが・・・

『ぶっちゃけ違いはよくわかりません(汗)』

なんとなくカッコいいだけ。でもなんかいい感じなんだよね T島的な小さいファンタジーを楽しんでおります。メーカー風にカタカナを駆使すると『トゥ ヒールにウエイトを分散することで、スイートエリアを拡大した ダブルウエイトテクノロジー』これでファンタジーなんて簡単に出来上がるわけです。

打球音は少し変わりましたよ。

でも、T島こういうファンタジーの謎を解いていくのは嫌いじゃありません。結構好きです(汗)

そう言えば、今朝Facebook見たらグリップ重量を増やすカウンターウエイトを採用するドライバーも意外とあります。T島が覚えているだけで ミズノさん ヨネックスさんなどが、重いグリップを使ってました。

そしたら、トップブランドのゼクシオが、凄いテクノロジーのようにカウンターウエイトのグリップを、”初めてです”的に凄い長い時間かけて新製品発表会で説明して驚きました。驚きの模様はこのブログを・・⇩

11代目ゼクシオとGOLFTVが発表されました!!

プラスウエイトテクノロジーらしい

カウンターウエイトというのは、手が浮いてしまう人には劇的に効きます。ドラコンの選手も使っています。大手メーカーさんはタメが深くなると説明してくれています。スライサーにはイマイチと言う声が多かったりします。

アナライズで扱っていますシャフトスタビライザー

10年ぐらい前から扱っております カウンターバランスの元祖⇩クリック

シャフトスタビライザー

こちらですね、アメリカのゴルフショップ、フェアウェイゴルフさんで見つけて、マーク金井が気に入ったもんですから、ほとんど日帰りでオーランドのPGAマーチャンダイズショーに行って、日本での代理店契約を結んだと言う商品です。現地1泊といっても夜中について1泊して、PGAショー行って、ゴルフしてそのまま日本に帰ったという弾丸ツアーでした。

カウンターウエイトって、入れてみるとすごく体感できるので、ファンタジーっぽさがあまりないんです。まあアメリカ側が新しくなったよ!という中身が意外とファンタジーっぽいんです。振動を吸収するとか・・・よくわからないのですが、ほぼカウンターウエイトの効果だと思います。あとグリップの中に入るので剛性感が出る気がします。

まあカウンターウエイトというのは、ドライバーに標準装備されていなくてもあとから装着できますんで、特になくても良いと思います。結構ウエイトの重さ(20グラムぐらい)ないとあまり実感できないと思いますけどね。

あとファンタジーっぽいのが空力です。T島もメタルドライバー全盛時代に、ネックが飛行機の垂直尾翼みたいになっているフォイラーとかいうドライバーを買いましたけど、空力を体感できた人っています?

そしてフェースの反発です。もう色々なメーカーが言ってます。でもギリギリだから飛ぶって話になかなかなってないんですよ。今年のはじめにテーラーメイドとキャロウェイがバーンと独自のフェース構造を打ち出しました。だから圧倒的に飛ぶのか?と言うとそうでもなかった。もちろん飛んでますけど、一番売れたのはフェースの弾きについて特に宣伝していなかったピンという・・・ピンが説明したのは『さらなるたわみを生み出す
フォージドフェース』これだけ(汗)

T島もマーク金井も、G410のフェースの弾きが良いとずっと言ってました。

意外と弾く

と、意外とというのは、特に弾きの良さを謳っていないから付いたわけですけど・・・どこだってギリギリ目指しているんですよね。

ということで、ドライバーってファンタジーの塊なんです。というのもゴルファーの夢や希望が詰まっているから!ファンタジーだからといって、それが不要であるわけではありませんし、効果がないわけではないと思います。

T島的にはぶっちゃけ『あって邪魔にならないファンタジーならOK』です。メーカーの試行錯誤です。効果はあるけど圧倒的な効果ではないわけです。圧倒的な効果ならルールで規制されるでしょう。各メーカーさんは、試行錯誤しているんです。その試行錯誤は素晴らしいんですが、なんとなく凄く感じるように『トゥ ヒールにウエイトを分散することで、スイートエリアを拡大した ダブルウエイトテクノロジー』なんて言うからファンタジーっぽくなる。

例えばオノフさん なんか

シンプルで勇気あるなぁと思います。

T島的には、カタカナから受ける妄想を捨てて、打って良かったら良いんじゃない?と思うわけです。でもどこのメーカーもファンタジーを打ち出していますから、本質を見極めて、踊らされないことが大切なんじゃないかと・・・

自動車で言えば、フルオプションに惑わされないこと。もちろんフルオプションでも基本性能が良い思えば購入すればいいでしょう。オプションがついてなくても良いものはたくさんあります。

ということで・・・

また金曜日



カテゴリー シャフトスタビライザー, 練習法、ヒントになれば, 調べてみました

コメントは受け付けていません。