アナライズstoreblog

2019年12月18日意外に宣伝じゃないフェアウェイウッド選び

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ドライバーのロフト”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


練習に行きたいのに、仕事が片付かず行けてないT島です。こちらの動画・・・・スゲー勢いで編集しました。編集だけで軽く7時間ぐらいかかります・・・以前は5分編集するのに1時間でしたけど(汗)だいぶ早くなりました。

動画のエンコードに1時間、YouTubeにアップするのに1時間ぐらいかかります。

まあ良いことと言えば、7時間も動画を見続けることでしょう。延々観ているわけです。観てる瞬間に

あああああ

と思うことがあるんですね。今回は、撮影中に ああああ となりました。この動きは、ゴルフスイング物理学の聖地である松本のスタジオコアに伺って、佐藤コーチにいろいろなドリルを習ってるんですけど、マシュー・ウルフのように右手を回外させる練習しています。コレ苦手みたいで、遠投が上手く出来ません。ボールを投げる時に回内してしまうんです。

回外させる練習してるだけど、インパクトで戻ってしまうわけで・・

それにやっと気が付いた(汗) わかってるつもりだったのに(泣)

えーっと、尊敬するゴルフスイング物理学の小澤さんも言ってました⇩

理解していると思っていたのですが・・・そんなので打ったことないわけで、実際やってみて打ってみたら、全然違っていて驚いた!!!!無意識にフェースを閉じようとしてしまうんです。

T島がこの間取り組んできたのは

骨盤を開く!

でした。コレさえ出来れば大丈夫と思っていたのですが、T島ですがアンダー星人の宿命の打つ瞬間に体が前に出てしまい。骨盤が開けない・・・

こちらのセミナーで説明しております⇩

これはかなり克服しました。トラックマンでの計測でもクラブパスがいい感じになってきました。体が前に出なくなった気がします。これでもかなり良くなってきたのですが、まだまだ逆球は出る(泣)。

そして今回の動き、切り返しでフェースを閉じようとすると、ハンドファーストでインパクトできません。グリップの動きが止まってしまうことに、気が付かないわけで・・・

右肘を体の正面に向けたまインパクトを迎え、フェースローテーションしないままフォローに向かうことが出来ませんでした。どうしても右手を回内してしまう

切り返しからこんな感じで右手がインパクト迎えるなんて・・・

今まで、わかっていたような気がしてましたが、わかっていなかったような・・・・

理解から習得までの距離が本当に長い 

まあT島が習得したとはいい切れませんが、ほんとこればっかりドリルでやってたのに、全然出来てかったわけです。その間、ありがたいことにマーク金井にも指摘されていたんですけどね(汗)ほんと全くわかってなかった

もしかして、今ようやく理解して、ここから習得まで長いのか・・・・

やっと理解しました

習得するまでうーん頑張ります。

ということがなんとなくわかりました。ということで是非、動画見て下さい!!!!

えーっとアナライズのクラブ、フェアウェイウッドは以前ありましたが、今はありません。マーク金井のキャディバッグからも姿を消しています。それはアンフォーストエラーが出やすいクラブであるという視点から、マーク金井のキャディバッグから消えたのでしょう。

あの方、ドライバーが250ヤードぐらい飛びますから、レギュラーティならフェアウェイウッドとかなくても全然届きますし・・・T島そんな飛ばないので、フェアウェイウッド入れてます。抜いたほうが良いかなと思うこともあります(汗)

まあ使うのはほとんど7Wまでで、5Wはティショットなんですけどね

ということで、意外に宣伝じゃないフェアウェイウッド選び 行ってみましょう

こんな動画でもフェアウェイウッドの話をしています。

こちらの動画でも喋ってますが・・・そもそも

3w要るの?

と・・・マーク金井はアンフォーストエラーが出やすいので、フェアウェイウッドも抜いてしまっているというのに、3wが要るのか? ティアップしていなくて、一番長く、1番ロフトが少ないクラブです。

でも打てたらカッコいいですな。T島最近抜いてしまいましたね。4Wを買いましたが。(まだ組み立てて貰ってません)できれば俺もフェアウェイウッドを抜きたいです・・・残り距離がもっと短くなればなぁ

とは言えフェアウェイウッド

  • ヘッド大きめ。
  • スピン量は適度
  • シャフトは、UTより少し軽め

これぐらいか・・・

ロフト角は大きめのが良いですよ。T島みたいにヘッドスピードがトラックマンで40m/s超えない人は、19度とか22度のUTよりも、7Wのほうがいいかもしれません。中古で良いので試してほしいと思います。

5W(18度)から7W(21度)とか4W(16.5度)と7W(21度)とかですかね? どういうコースを廻る機会が多いか?というのも大切です。T島がよく行く富士見高原ゴルフコースは、セカンドが打ち上げがほとんどなので、3wよりも5Wのが距離が出ます。同じ理由で5Wより7Wのが飛んだりするんです。

はい。フェアウェイウッドというのは、基本的にUTよりも高さが出て欲しいクラブなんです。だからボールが楽に上がることが大切じゃないかなぁ〜なんて思います。

えーっとフェアウェイウッドってシャフトが大切です。っていうのも大手メーカーの純正シャフトが軽すぎることがほとんどだからです。有名メーカーのフェアウェイウッド・・たとえばゼクシオ11とか、40g台です。ゼクシオXでさえ40g台です。テーラーメイドのM6とか純正カーボンシャフトってギリギリ50g台(40g台もある)だったりします。

アイアンが、軽量スチールだったらその差40グラムもあるんです。なのでせいぜい60グラム後半じゃないとね?と思ってフェアウェイウッド用に作ったのが、アナライズのW65というシャフトです。

アナライズってクラブよりシャフトが先なんですよ。市場に無いから作るという理由で、作られました。UT用FW用

ってことで、フェアウェイウッド選びは、シャフト選びが大切ってことだけでも、覚えておいてくれると嬉しいです

ではまた金曜日に


マーク金井チャンネルの生配信!12月の2回目は

12月23日月曜21時から配信します

録画配信はございません 生でごらんください

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


カテゴリー アナライズにしかない商品, シャフト, セミナーのお知らせ, 調べてみました

コメントは受け付けていません。