アナライズstoreblog

2019年12月20日意外に宣伝じゃないシャフトの選びかた

マーク金井チャンネルの生配信!12月の2回目は

12月23日月曜21時から配信します

録画配信はございません 生でごらんください


すでに12月も20日になりましたね。T島もバタバタと忙しく過ごしています。マーク金井が今年の漢字一文字は 変 と昨日のブログに書いていましたね。T島的には”転”ですかね。来年はもっとグルグルと回転していきたいと思っております。

ゴルフスイングもようやく『スイング変わったね』と言われることが増えてきました。これは、間違いなく、小澤さんや長井さんや、佐藤コーチやらマーク金井のセミナーのおかげです

 

と言いつつ相変わらずなのは、クラブを衝動買いしてしまうことです。最近は減ったのですけどね、こんな仕事が入って⇩中古ショップ情報が入ってくるようになったので

来年は中古鑑定人 T島というキャラを売り出そう!と思ってます。

先日、撮影で行ったレプトンゴルフ五日市店で、ヘッドとシャフトを購入して

ようやく組み立てることができました〜

 

キャロウェイのローグフェアウェイウッドのUS仕様です。4WはUS仕様しかなかったような・・ヘッドとシャフト両方合わせても1万円しなかったです。中古ショップって良いよね〜

ローグのフェアウェイウッドですが、キャロウェイ契約プロの間でも、使っている人が多くて、柏原明日架も使っています。3wだとT島はボールの高さが出ませんけど、4Wだとなんとかなります。低スピンで強い球がでます。キャロウェイのフェアウェイウッドは音が好きです。弾く音がするので気持ちいいです。

シャフトはUSTマミヤ AUGA-G for FW 65s こちらも意外と扱いやすくて驚きました。そう言えばUSTマミヤさん、以前からコッソリ、新しいFW、UT用のシャフト出しますよって聞いてたけどようやく発売されたようです。

ATTAS-MB

合成分布図を見ると、なんかT島がかなり好きそうです。UT用には70、80グラム台までRの設定があるのが嬉しいです。マットブラックでT島の愛車の色と同じでいい感じっす。

打ってみたいっす。

そして、これをウチの家人より取り戻すことに成功

やっぱりコレ扱いやすくて好きです。あと打感が良いんですよ。打感のことは一切謳ってないけど打感が良いというマジック。うちの家人には、キャスコのドルフィンウエッジを中古で安く買って渡しました。

こちらmmウエッジ⇩クリック。アナライズのオリジナルクラブではイチオシです

はい、シリーズ化してます、意外に宣伝じゃないシリーズ。今回はシャフト編です。

最新シャフトは、新しいテクノロジーを使ってますから、素材的には最善かと思います。でもシャフトって非常に製品寿命が長いですよね。素材や作り方が最善だからといって、劇的に変化しないんです。変化が好きなのか嫌いなのかという部分もあると思います。

ヘッド性能のように、重心位置とか慣性モーメントなどのわかりやすい数値が無いのです。一昔前はトルク少ない=高性能というわかりやすい図式がありましたので、こぞって低トルクを謳っていましたね。ミズノさんのエクサーゴールドとか、ジャンボのHM−80とか・・ 低トルクが素晴らしいなら、今でもバーンとメーカーさんが打ち出すはずですが、今はそんな競争をどこもしていない。

でも、アマチュアのなかでも、トルクが大きいから曲がったとかいう人が、結構いらっしゃいます。リアリー?と聞いてみたい。トルクが大きいとオートマチック感でますけど、少ないと、マニュアル感でます。操作性は良くなるでしょうが、トルクが大きいから曲がる感じたことない・・・カーボンシャフト創世記にプロが打つと、飛ぶけど曲がると言ってましたけど・・トルク値10を超えてたとか・・

今ではだれもそんなこと言ってないし・・

ということでシャフト選びって、先入観に捕らわれている気がします。都市伝説からのフラシーボ効果デカそうです。

ゴルフスイング物理学の小澤さんは、『手元がしなって先端がしっかりしたシャフト』というのに拘ってそういうシャフトを選んでるようです。まあT島も同じ傾向がありますがけど、フィッターの皆さんは、T島に、先がちょっと・・動くものを勧めてくれます。

えーっといろいろなシャフトを打ってみて欲しいです。皆さん硬いシャフトに興味があると思うんですが、超柔らかいシャフトとか打ってみるのは絶対良いです。できれば超柔らかいシャフトをコースで使ってみて欲しいと思います。やわらかい=曲がる という固定観念が変わるはずです。

ちゃんとシャフトが使えると、ホント曲がらないです・・・

こちら アナライズのEF009ウッド用 ⇩こちらをご覧頂いてお解りになると思いますが、超柔らかいです

これは、張力のあるスイングを覚えていただくにはピッタリな練習クラブ用シャフトなんですが、コレを実際ラウンドに使っている人も要るらしい。だって練習になるし、曲がりにくいから・・・エースシャフトにしているという話も聞いております!!!

素敵・・・

あまりに柔らかくて不安という人は、デザインチューニング メビウスEQなどもいいかも。T島も1ラウンド通して使いましたが、安定して打てました。冬場とかメッチャ良さそうな気がします。

上手くシャフトが使えるとメッチャ飛ばせるそうです。ドラコンのプロとかレディースぐらいの硬さを使ったりしていますし・・・

すごく軽いシャフト、重いシャフト、いろいろと自分で打ってみるといろいろな発見があるでしょう。T島も昨年驚いたのは・・・

ウッドにスチールシャフトを入れたことですね

マーク金井も自身のブログに書いていましたが、これは驚きでした!

流石に100グラムは無いだろう!と思ったのですが、打ってみるとあれ不思議。たぶん43.5インチと短いこと、振動数のわりにシャフトのしなりを感じること、などなど、フラシーボ効果ではない、たぶん裏付けられる要素がかなり有ると思うんです。

あと重心位置的には、ドライバーは他のクラブとかなり違うので、ドライバーだけ別!と考えれば、ウッド用スチールシャフトってとても有効だと思います。他のショップでもすごく売れたそうで、アナライズはメーカー欠品ということで、ずっと売り切れでスイマセン。

島田ゴルフさん、すごく売れたんじゃないかなぁ・・・これはホント打ってみないとわかりませんね。

っていうか・・・是非打って欲しい!!!!!

いろいろなシャフトを打っていくと、シャフトの違いとかが実体験とかでわかってきます。自分で良くわからなかったら、フィッティングとか受けてみたらどうでしょうか?

面白いのがT島のスイング軌道。自分の中でも振っていて気持ち良くないシャフトを使ったほうが、クラブパスが良かったり、切り返しでヘッドが動く癖が出なかったりするんです。自分のリズムで打ちやすいシャフトっていうのは、癖が前提だったりしますし・・・

シャフト選びというのは結構やっかいです。

先入観を捨てて打ってみよう

ということはあるかな・・・と歯切れが悪い感じっすね

ってことで、また月曜日に


Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ドライバーのロフト”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


カテゴリー シャフト, 練習法、ヒントになれば, 調べてみました

コメントは受け付けていません。