アナライズstoreblog

2019年12月23日1月のセミナー募集開始してます!and 意外と宣伝じゃないクラブデータや調整のこだわり

マーク金井チャンネルの生配信!12月の2回目は

12月23日月曜21時

今日の21時配信します

録画配信はございません 生でごらんください

はい。本日の21時からです。お忘れなくよろしくお願いします。どんな話が飛び出すか??お楽しみに〜

えっと

1月のマーク金井セミナー 一般募集開始しています。⇩クリック

1/5(日) 11時00分〜NEOハンドファーストセミナー こちら参加料が13200円と高額です

このセミナー動画の最後に登場します

このセミナーの最後に登場する練習器具・・・

ダスティン・ジョンソン養成クラブ すげー曲がっているクラブなんですけど・・・なんとなくフレループに似ているような似てないような・・・こちら一般発売しておりません。プライム会員限定で販売しておりました。でも実は同じものでもなくて、今回このハンドファーストセミナーの為に更に仕様を変えたものです。

じつは・・・一般発売出来ないんです。フレループを作ったリンクスさんからフレループウテルと言う商品が発売されていまして・・・こちら開発にマーク金井がアドバイスをしておりますけど、アナライズでも同じコンセプトで開発しておりまして、リンクスさんの手前、ひっそりと限定で販売するしかないのですよ。

でもねぇ、一応作っちゃったんで、作った分は売らないといけないわけで・・・このセミナーは、このダスティン・ジョンソン養成クラブ付きの値段となってます。けっして高くないです。むしろ激安かも・・・

そして2つのセミナーも参加者募集しております。

  • 1/5(日) 13時30分〜NEOフレループセミナー
  • 1/13(月・祝) 11時00分〜遠心力セミナー
  • 1/13(月・祝) 13時30分〜NEOオンプレーンセミナー  満席

是非ご参加ください。

今週末は、ゴルフ!

そしてスキー

というT島でございました。

最近のブログで、解った!!理解した!と思って書いておりますT島・・・

意気揚々とラウンドしたのですが・・・

全く出来ない。コースに出るとなんかねぇ・・・無意識化できてないことに気が付きます。練習場で、ビデオ撮りながら、トラックマンで計測しながら見つけた変なコツみたいなものが、全く通用しないわけで(汗)

みんなオイラが悪いのさ 

と思ってプレーしてます・・・前半50を超えるのか?と思ったら、後半はパットが入って30台とか、もう何やってんのよってゴルフですわ

T島ですけど、クラブのスペックにすっかりこだわりが無くなっています。もちろん要所はなんとなく抑えております。とりあえず『バランスがD1で揃えてるのでこれだけD3だだからミスが出た』とかいうことはありません。

クラブが原因でミスショットの理由になる気がしないんです。スイマセン・・

T島的には、それで全てが救われるわけじゃない 的な・・・

T島の気になるスペックですが・・・

  • リアルロフト角
  • フェース角
  • 重心角
  • シャフトの振動数
  • センターフレックス
  • クラブ総重量

などとブログに書きました・・まあ最近はそんなデータ取ってないし、だいたいリアルロフトとかフェース角とか目視だし、シャフトのデータとかだいたい振ったらこれぐらいかな〜なんて感じで・・・

えーー 考えてない・・ まあ最近自分で組み立てなどやめて、信頼するショップである大蔵ゴルフスタジオさんに任せてます。ちゃんと組み上がったあとに『T島さん、スペック測りますか?』って聞いてくれます。知らなくても大丈夫だもん。組み立てる段階で、必要なことは伝えてあるので、あとはお任せです。

最近ほとんどこだわらなくなったは・・・

クラブが原因で起こるミスよりも遥かに、ヒューマンエラーが原因と痛感しているから。ウエッジ、アイアン、地面から打つものに関しては、バンス角のしっかり付いたものであったりとか、ソール形状などこだわりがありますが、バンス角が何度無いどダメとかいう数値しばりではないです。ちゃんと機能してれば良い訳で。

ではゴルフクラブをスペックなど揃える。様々な調整が無駄なのか?というのはまた別の話じゃないかとT島は思います。

  • アンフォーストエラーが出にくい
  • 飛距離の階段が綺麗にできる

というのがT島的クラブセッティングにおける最重要課題ですが、最終的にクラブのせいじゃないということが大切で。どこまで拘ったら信頼できるのか?これに尽きると思います。とことん拘って、番手ごとの数値のフローができているとか、アイアンのネックに鉛が入ってることがミスの原因になるとプレーヤーが思うと、ミスが出やすくなるのがゴルフじゃないかと・・

要は

ミスは全部自分のせい。

と思えるクラブであればいい。それはゴルファーによって違うと思います。でもその逆

この調整をしたから

  • アンフォーストエラーが出ない
  • 飛距離が上がる
  • スイングが劇的に変わる

とは言い切れないんじゃないかな?、調整にこだわったから・・

それで全てが救われるわけではない

とT島は思います。でも自分のクラブを信頼できることで、迷いがなくなって好結果がでる可能性はありますよね。必ずやらないといけないことと、出来ればやったほうが良いこと、そしてやらないよりはやったほうが良いと、必要ない、の4段階あります。何かに基準をおいて、クラブを微細に調整することは、決して無駄ではないと思います。

以前にも調整して『あ〜これはいい感じになった』と思った経験は何度かあるからです。

自分の納得する調整されたクラブを使って気持ち良い、それでミスが出ないと感じるなら必要なことなのではないでしょうか? まあT島的には、自分のスイングが原因で大きなミスが出ている段階ですから、クラブは信頼できるショップに任せて、練習していくことが大切じゃないか!と思っています。

動画見ながら、自分で動画撮ってチェックして行くこと

これがテーマ。もちろん自分の好みのシャフトやらヘッドやらを選んで、信頼できるところで組み立てているわけですから、そもそも不都合は起こらないのかもしれません。ほんと無意識にできるように、4万回繰り返すことをテーマにしています。

といいつつ・・・4Wに入れた

このUSTマミヤのフェアウェイウッド用シャフトが好感触だったので、7Wにも入れてみたいという煩悩も芽生えるわけです(汗)

ということで、フレループでも振りつつ頑張りたいと思います

ということで、クラブに熱意を注ぐより、ヒューマンエラーを減らすことが上達への早道と悟っているけどなかなかねぇというT島でした

では水曜日に


今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


カテゴリー 調べてみました

コメントは受け付けていません。