アナライズstoreblog

2015年01月23日ストレッチパッドで飛距離アップだぜ その2

お待たせしました!!先行発売開始開始!

 


さて 毎週金曜は ストレッチパッドで飛距離アップ!!

今週も、その取材の為、背すじピン助先生ご一行様と、打ち合わせです!

  • T島「先週のブログどうでした??」
  • ピン助先生「いやー素晴らしいです」
  • T島「ありがとうございます」
  • 絹江さん「あの・・ストレッチパットじゃなくて、ストレッチパッドなんですけど・・」
  • T島「あっ・・すいません 昨日気が付きました・・」

という適当ぶり・・・T島はピン助先生に言われたように、

毎日ストレッチパッドを使った腹筋を繰り返しました。福岡にも持っていったんですよ

P1080776

エライなぁ・・俺 地味にやりました。すると何か姿勢が変わったというか歩いても疲れないし、電車でふらつかなかったんですよ!ラウンドでは、なんかちょっと飛んでたし、距離があわずオーバーばかりだったし

なんて話を・・

前回ピン助先生に言われていたのが、ドライバーを打っている動画を見せて下さいというやつ。無いんですよね

思い出した!!!

FUJIKURAさんのWEBサイトにありますスピーダーエボリューション

ust_copy (3)

P1080902

P1080901

その時のT島の試打データを説明!!飛距離は ボール初速、打ち出し角、スピン量、この3つで決まるんです!! 僕のヘッドスピード43m/sだと、ほぼ理想的なデータで・・コレ以上飛距離を伸ばすには、ヘッドスピードを上げることで、ボール初速アップしか無いと説明します。

データ的にはほぼ理想値です。

つまり「伸びしろのない男 T島・・」

ってことです・・

スイングを見て、ピン助先生が・・・

「うむ」・・「あの歳を取ると、ウエストの位置が上がってくるんです。体幹が柔らかいと、骨盤の位置がウエストなんですが、体幹部が硬くなると、ウエストがどんどん上がってきます。」

あっ あの・・ゴルファーって、いろいろ服装がありますよね。T島より年下なゴルファーでも、ウエストの位置が高いパンツを履いている(おっさん臭い)ゴルファーも居ます。T島はそういうウエスト位置の高い人を

”ハイウエスター(High Wester?!)”

と呼んでいます。上になると上と下が捻れないので、一体化してぶつけるだけのスイングになります

アレ・・俺のスイングそんな感じ・・・っすね(ショボーン)(観てみたい方は、上のFUJIKURAさんのYouTubeを見て下さい(12分経過ぐらいです) オジサンは体幹部が硬くなって、ウエストが無くなって行くらしいです。皆さん要注意!!  ハイウエスター注意です!

という真綿で絞めるような駄目出しを頂きました・・

今日は肩甲骨です!!

ピン助先生が言ったことを要約すると・・・背中は人間の体で非常に強い部分です、なんか飛んできたら背中に当てて身を守ろうとしますよね。本能的に、強くて硬いとわかっているからです。背中は硬いんで普通に生活していても、ほぐしようがありません。

特に肩甲骨周りは硬くなりやすいです。肩甲骨は17の筋肉によって背中に乗っているような形になっていて、(なんかカニの甲羅が肩甲骨で、筋肉が蟹の足なイメージかな)その筋肉が1つでも硬くなると、ちゃんと動かなくなるわけです。腹筋が大切というのは、腹筋と背中が一体化して、どんどん動かなくなるのを、まずほぐすのですごく必要なわけですな。

肩甲骨ってコレみたいなもんらしいっす

P1080896

 

真ん中が詰まってると動かないんです。まずこの間を広げる

P1080815

 

こんな風に・・↓ 先週のストローの話を思い出して頂ければ・・・

P1080897

 

そして羽根のように↓

P1080898

こう動きたいんですよ!!! 肩甲骨は17の筋肉で繋がっているわけで、ここが緩めば、天使の羽根のように動くんですな!今のT島全く動きません

じゃ ストレッチパッドの登場です!!

まずは一にも二にも ストレッチパッドを使った腹筋!!

P1080816

 

そしてストレッチパッドを首の下に挟んで、手を伸ばします・・

ピン助先生「手をまっすぐ伸ばして下さい」

T島「先生限界です・・」

 

 

P1080822

itou8

 

↑まあこれぐらい差があるんですな・・

このドリルをまず右手だけやってみました↓

P1080826

コツは、力を入れない!鍛えるんじゃないんです。やる気なくやるのがコツです!!!! ただ右手を脱力して上に、を繰り返しただけで

右の肘(写真では左)が伸びてるのがわかりますか??

P1080835

 

脱力したまま手を上に伸ばしてみます。

 

 

P1080838

 

右手のが長くなっていますよね?!ほぼ1インチです。これって肩甲骨周りが柔らかくなって動き出しているわけです。スイングアークが1インチ伸びるわけで、ドライバーを1インチ長くすると6y飛距離が伸びると言われていますが・・  これだけ伸びちゃうんですね。(これは地味に腹筋を1週間やすまずやっているので、いきなりこうなるという点をお忘れなく)

P1080846

これ握ると右のが強く握れるし、すごく動くんですね。手がしなる感じっす。

これを左右やってみました その後スイング・・まじすげー動くんですね

P1080857

 

ここが動くのがすごい

P1080870

左肩がスッと上がっているのがわかりますか??下ろしたクラブを引き上げるというか

手繰る(たぐる)  

 

 

P1080871

この手繰ることが難しいんです。ゴルフの竪琴でも、左手を手繰るだけで、振り遅れなくなり、右手でフェースを返したりしなくても、勝手にターンしちゃう動きなんですよ。これタイガー・ウッズとかすごく上手いんですけどこれって、肩甲骨周りが動かないと ↓

 

 

P1080872

捕まらないから、クラブに左に引っ張り込んで、左肘が引ける・・・

 

P1080873

↑手繰ることが出来ないと、右手で返すしか無いわけで(これ俺じゃん)

こんなかんじで↓ズバッとっ振れないんです。この”引き上げ”、”手繰り”ってのが、左手の減速ってやつの正体なのでは??なんて思いました

 

P1080874

 

肩甲骨周りのストレッチのあと、もう一度腹筋指令が!!

P1080875

 

そしてスイング メッチャ動きます!!

P1080880

 

振ってみると

P1080886 P1080887

 

肩甲骨が見えるようになりました。天使の羽根が登場!!!!スゲー動くぜ俺!!!! ビックリしましたわぁ

実はここが動かないと、パターが手打ちになります

P1080895

だってショルダーストロークって肩が動かないと出来ないでしょ?!

まあパターのことは、中越豪さんに聞いて下さい!!!アナライズで1/25にやりますパターセミナー まだ間に合いますんです是非!!! プロのパターをチェックする男の、ええええええっていう一言で、眼から鱗が落ちまくりです

1月25日(日)
中越豪 パッティングセミナー

10時開始
ジオギャラクシー代表 中越豪。ツアーサービス、プロキャディの経験もある。中越豪があなたをパッティングの世界の入り口にご案内します。希望者にはパターの調整もします(別料金)愛用のパターをお持ち下さい

お値段は8000円です

お申し込みは yoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

おっと・・

宣伝してしまいましたが・・

ピン助先生によると・・この肩の引き上げというか、手繰りは、肩甲骨回りの、僧帽筋という筋肉が動かないと、絶対できない!そうです。実は先生、ゴルフのおける僧帽筋の大切さを、今回知ったそうで・・またスゴイ、ストレッチを思いつくかもね

この人の肩周りは 先生曰く「プニプニ」な柔軟性だったそうです。

10407168_649678435151103_507470849203457894_n (1)

片山晋呉プロ!ストレッチパッド愛用しておられるようです!!さすが押さえてますねぇ・・

ストレッチパッドを使うコツですが

  • 鍛えているんじゃないので、力入れたりしない!やる気なくやる
  • 息を止めない、リラックスしてやりましょう
  • あのT島んちみたい狭い場合は、ベッドの上でもいいそうですよ

とりあえず!!!

ということで、スゲーなんか 飛距離伸びちゃうのか???

ということで とりあえずストレッチパッド!買って下さい!

ac00033-300x300

 

ではまた


ナチュラルパターに新しいラインナップが加わりました!!

bnr_store_pt_natural1


カテゴリー アナライズにしかない商品, おすすめの一品, ストレッチパッド

コメントは受け付けていません。