アナライズstoreblog

2016年02月04日USTMamiyaさんフィッティングルームでスッキリしたT島

こちら売り切れておりましたが!!!

tategoto_end

ゴルフの竪琴 販売再開してます!!↑クリック


 

今日は立春です。暦の上ではもう春なのですが 寒いですね。

T島はカラオケが好きです。初老ですから浜田省吾、佐野元春、山下達郎など、最近じゃない曲しか歌えません。ゴルフ業界の浜田省吾好きが集まって、浜田省吾カラオケの会というのをやってます。その会には何故か・・USTMamiyaの方が多く参加されていて、先日お会いした時に・・・

ウエッジ用のATTAS SPINウエッジってシャフト

img_5 (1)

が気になっているんですよ!って話をしたら、一度戸田のフィッティングに来なさい!と言われました。一度お邪魔したかったんです。ということで渡りに船でお邪魔してきました

↓こちらもクリックしてください

main_img

場所は埼玉県の戸田です。都内ではないですが、車での便利はとてもいいですUSTMamiyaさんのフィッティングは、13本全て持ってきて下さいというフィッティングです。なので都内の車で行くよりも、郊外なので行きやすかったりします。駐車場もありますしね。ただ結構地味な外観です。以前伺った山口のフィッティングルームのが、ココでやってまっせ〜感は出ています。(2回通り過ぎましたし・・)

pic1

はい・・こちらの方、浅谷さんです。戸田ではお二人でフィッティングされているのですが、今回はカラオケ仲間(人生の先輩だけど)であります浅谷さんが、ざっと通常やっているようにやってくれました。実はこの方カリスマフィッターとして、USTMamiyaのフィッティングシステムを作った方です。フィッターを教える親玉的な方です。週の半分ぐらい、戸田にいらして、もう半分は全国各地の販売店さんで、フィッティングシステムを教えておられます。

2016-02-03 10.02.562016-02-03 10.03.03

横には工房があり、そして秘密の開発ルームがあります。「写真とっちゃダメよ」と言われたので撮ってませんけどね

さてまず 問診票を書きます それと同時にパターを除くクラブ13本を全て計測します

2016-02-03 10.15.422016-02-03 12.51.31

問診票に握力を書く欄があるのが珍しいです。握力知らないモンと思ったら

2016-02-03 12.52.31

握力計ありました。右手が52kgとか53とかでした T島ですが左右足したら100を超えていましたので、結構握力強いねと言われました。

カウンセリングしてもらいます。どんな悩みがあるのか?! 使っていてどうなのか?! T島一応フィッターなので、いきなりディープな話となりましたが、普通はこんな話ししないって(笑)。数値を説明してくれたりすると思います

そしてクラブの実測値をグラフ化。長さと振動数のフローのグラフです。振動数っていうのは、シャフトがしなって戻る数。長さがフローするごとに(半インチ刻み)この振動数がフローしたら同じタイミングで振れるということらしいです(すいませんざっくりに書いてます)

そしてこの、ミスマッチングな部分でぴったりなシャフトを試してもらうってことです。

2016-02-03 10.59.56

ドライバーとユーティリティがアンダースペック気味って感じです。試打データの計測はGC2を使っています。計測器を決めるのにもこだわって、いろいろやったらしいですが、室内でもオンコースでもGC2正確だったとのこと、GC2には更にHMTというクラブの挙動をとらえるカメラもプラスされています

gc_img05

それでヘッドの挙動を観つつフィッティングしていきます

gc_img04b

えーとT島ですが、最初アタックアングルが+7度とかなりのアッパーです。アッパーって効率がいいイメージがありますが、アッパー過ぎてもダメだそうです3度以下にしたほうが効率いいです。T島が治そうと意識しているパス (インサイドアウト、もしくはアウトサイドイン)と言う軌道ですが、最初は5度ぐらいインサイドアウトでした。ギリギリセーフというか まあ軽くヤバイ

このヘッド軌道もチェックしつつフィッティングします

実に目から鱗だったのですが、アドレスとボール位置を少し変えると、軌道が変わります(スイマセン当たり前ですが、こんなに変わるの!!ってぐらいの驚き)レッスンではありませんが、こうしてみたら?!と言う具合で結構データが変わってきました。(今回はそういう数値がわかるT島だから、突っ込んだ話ができたので、知識のない人にはわかりやすく違う説明の仕方をするんだとおもいます)

そしてシャフトを変えていくとデータが変わってきました(もちろんボール位置をアジャストしてきたこともあります)

スゲー・・

2016-02-03 11.28.12

3段の数値は、シャフトを変えたデータ(3本の平均値で比較)です

VERT PATHは ダウンブロー、アッパーブローの数値化したもの

HORIZ PATHは インサイドアウト、アウトサイドイン軌道の度合いです

シャフトを変えたことで 最初(自分のよりも)

7.2度アッパーから、5.2度アッパー、最終的には2.0度アッパーまで変わりました(もちろんボール位置など、フィッター同士の諸々ディープなアドバイスもあってのことですけどね)

そしてインサイドアウトの具合も

3.9度→1.6度→2.3度と変化

そこで気になっていたことを質問してみました。

「去年の今頃、重くて硬いシャフトにチャレンジしていたんですよ。意外に飛んでいたし、振り切りも良かったんです。ヘッドスピードが速くないのにそういうことってあるんですか?」

T島は、コントロールして打つのが得意なんです。だから軽くするとビシっと振らなくなる。重いと頑張って振るので、スイングが老化しないのではなんて思っていたのですが

すると浅谷さん

「いろいろな要素があると思いますが、僕なりの意見としては、握力が強いというのがあると思います」

握力?!

この重くて硬いシャフトなんですけど、カリスマフィッター鹿又さんも、「T島さんは重いの振っても、軽いの振っても同じスピードで振れるから、重硬アリだとおもいます」その原因は握力だったのかもしれません。

そもそも試打慣れしているので、軽くても重くても打てます。ヘッドスピードは速くないですが、シャフトなりの調子を合わせて打てます。しかし重いカーボンシャフトがタイミング取りやすくて好きだったのは握力があるからではないかと!!打ってみると軌道のデータも良くなってますしね

いやぁ目から鱗です!!

日本を代表するジュニアもフィッティングに来るそうですが、ヘッドスピードは50超えるけど、握力があまりない。ヘッドスピードで考えて70g代のXとか入れるとあまり結果が良くないけど、硬さはそのままで軽くしてあげるとすごく結果が出るそうです

T島みたいに握力が両手合わせて100kg超える人は日本人では稀だそうです。日本人の握力からすると50g代のほうがいいよって人がすごく多いそうですよ。でもドライバーのメーカーカスタムは60g台のSなんだよねって・・ちょっとジレンマな感じでした

ちなみに握力が強いけど、ヘッドスピードが遅いって ヘッドスピードって重心移動であがります。一度コレやってみなさいっていわれました

 

slider03

ボディトラックです。T島長尺も上手く打てるんですが、軽いシャフトだとちょっと楽して右にウエイトが残ってるって言われました。飛ばし屋は切り返しですでに左重心になっているそうですが、T島はそれが右。ヘッドスピードの伸びしろはありそうです。戸田のフィッティングルームにも導入するって言ってました

んで T島におすすめされたのがコレ プロフォースJP 6Sです!! あの世界で一番売れたといわれる プロフォースV2シリーズの最新作です。あっリーズナブルです。

2016-02-03 10.08.43

そしてアイアンがコレ ATTASアイアン115S

2016-02-03 10.11.37

すごくタイミング取りやすかったです。欲しいっ

2016-02-03 11.36.03

アイアンですが

さすがライ角ぴったりだね!

って言われました。これは

アナライズのライフィッティング

right_bn_03

↑クリック

でもそうなんですが、ライ角がフラット過ぎて、フック打ってる人がとっても多いそうです。フェースにこのシールを貼ってインパクトライ角まで出るっって面白いですね

2016-02-03 11.59.24

浅谷さんもメッチャ ライ角大切!!っておっしゃってました。スイングにも悪影響が出ますって、アナライズもそうなんですが、世の中の80%のゴルファーがスライスに悩んでいるとよく言われます。某p社のフィッティングの人も言われていたのですが、USTMamiyaさんのフィッティングには、インサイドアウトの人が圧倒的に多いって・・

まずスライスに悩み、そこからインサイドアウトって極端にやってしまう人が多いのかなぁ まあ振り遅れが原因。右手が下のスイングになってしまって

  • 右プッシュ

  • チーピン

  • シャンク

スコアを崩す病気が発病するわけです

振り遅れ直すにはコレです

販売再開しました ゴルフの竪琴!でしょ

tategoto_end

そしてスーパーシャット君です

pr00009-300x300

あっ話がソレましたな(とステマするT島)

あっそうそう こんなセミナーも募集中

2月11日 11時開催 

脱フッカー、チーピン撲滅セミナー

時間は1時間30分  お値段は3000円  人数は6名限定です。

 

参加資格は、フックで悩んでいる方(スライサーだったら退場してもらいます(汗))

スーパーシャット君(もしくはレッスンワン)をお持ちの方。当日お買い上げいただける方となります。(同類他社製品はNG) そして確実にお越しただける方!、ドタキャンしないぜ!って方 (いやぁ・・ なんかよくわからない理由で当日にキャンセルされる方が意外と多いんです。)

講師はもちろんマーク金井です。場所は神田アナライズ。

お申し込みは yoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

話を戻しましょう

T島は癖のないシャフトが合うそうです。手元がしなるシャフトってのはスイングが良くなると、浅谷さんもマーク金井的なことをおっしゃってました。手元が硬くて先が走るシャフトって実は非常に合う人が少ないとも・・

ATTASのサンジョウってシャフトがあるんですが、このシャフトなんか そんな特性のシャフトです 困ったときのサンジョウッて呼んでるっておっしゃってました。T島も大好きですサンジョウ

h3_1

あの・・アナライズのシャフトは手元がしなって先端がしっかりしているシャフトしか無いのです(今売り切れなものが多いけど・・)

なんかT島の日頃思っていること 共通することが多く、そして新しい切り軸も教えてもらって

スッゲー得した感じ

んでフィッティング無料なんです。(T島的には逆に有料にしたほうが、お客さん来やすいんじゃないかって思うんですが(スイマセン余計なことで))

アナライズ マーク金井のスイング&クラブ診断

right_bn_01 (1)

もパターを除く13本の計測が基本です。1本だけ合わせても、プロゴルファー猿じゃないので、1本だけ使ってゴルフはしないのです。13本がどうなのか?というのが必要かと思います。こちらのフィッティングルームのマインドは、1本売ろう!って目先の一本より、しっかりとクラブセッティングしたら、ゴルフの上達が早くなるし、バラバラでいろいろ試行錯誤するよりも最終的にコストが安くなるし

ゴルフが楽しい!

って思ってくれるはずって そんなマインドを感じました。一度に全部リシャフトは出来ないけど、どうやったらいいのか導いてくれるので安心です。そんなフィッティングシステムをメーカーが二箇所そして、全国のお店に広めていくって素敵じゃんね。きっとUSTMamiyaのシャフトのファンになってくれると思うんですよ。

新しいシャフトがどんどん生まれています。新しいから!いいんだろ!なんてシャフトを変えて運命の出会いを待つよりも、ちゃんと診断してもらってしっかりと処方箋をいただいたほうが、結果がきっと出ます

ゴルフがよくなったら、ゴルフ場に行きたいし。地味ですがゴルフ活性化の確実な一歩かと思います

予約はこちらから!↓クリック

side_tel

そして全国のフィッティングシステム導入店は

↓こちら

banner_fitting_on

 

昨日のマーク金井ブログで取り上げたフォーカスバンドなんかもすでに試している柔軟な浅谷さん。イロイロと新しいこと大好きだそうで、ゴルフの健康診断的なイベントしたいって言われてました。面白そうです 協力したいわ

ということで、いろんなシャフトメーカーのフィッティングにお邪魔したいT島です。シャフトメーカーでフィッティングルームをお持ちの方ブログで紹介しますんで(アナライズ商品のステマは入りますが) ぜひ声かけてくださいな

ではまた明日



 

こちらまだ間に合います

2月7日(日)

4スタンスセミナー(レッシュプロジェクト公認トレーナーによる)

10時開始 時間は2時間半です

レッシュプロジェクト公認トレーナーの山下プロが4スタンスの基礎知識から、ご自分のタイプ診断、スイングのアドバイスなど3時間みっちりやります。料金は8000円です yoyaku@analyze2005.comに お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

その他セミナーはこちら↓でご案内しています

bnr_store_seminar


カテゴリー ゴルフの竪琴、竪琴検定, シャフト, 練習法、ヒントになれば, 調べてみました

コメントは受け付けていません。