アナライズstoreblog

2018年05月05日松山英樹の新しいドライバー&打ち上げの多いコースのクラブセッティング

T島の高原生活も終わり、このブログが公開される頃にはアナライズでセミナーを撮影する準備をしているでしょう。しかし渋滞に巻き込まれずしっかりと東京に戻ることが出来るのでしょうか? かなり不安です。

山奥なのでテレビが映りません、CSチャンネルも契約の関係で見れないのが、ゴルフネットワークが見れませんから、実際に確認したわけではないですが

敬愛するGDOの記者 桂川さんの記事によると、松山英樹がドライバーをチェンジ!!!

なんと!テーラーメイドM3 440ドライバー

T島ですがこちら・・・

T島的HOTLISTドライバー編&ビバフレループ祝優勝!石川遼プロ

こちらの記事でT島的ホットリスト2018のドライバーに選んでいます。(ハイ 選ばれたからと言って、な~んの権威もありません)

やはりM3の重心位置というのプロが扱いやすいのでしょう。おもわず つるやゴルフに電話しそうになりました(汗) えーっとテーラーメイドM3については460でも書きましたが、9度のロフトのものは、表示通りホントに9度前後のリアルロフトしかありません。これは440も同じ傾向です。

ヘッドスピードがこのロフト9度のM3は最低でも46m/sぐらい無いとかなり手強いでしょう。女子プロみたいにインサイドアッパーに打てはヘッドスピードが遅くても、ボールが上がらないこともないでしょうけど・・・・ヘッドスピードが43m/sぐらいでしたら10度を選んでいただければと思います

ヘッドスピードが条件に達していても、ヘッド重量が204グラムぐらいあります。(プロの選手達は、ヘッド重量を調整しますから問題ありません)ソールのウエイトを削ったり、パチもん(テーラーメイドの純正品ではないが、ちゃんと取り付けれるウエイト)がヤフオクとかAmazonで売ってますのでそちらで、ヘッドの重さを若干軽くしたほうがいいと思います。

T島が実験した感想では、重いほうが一発飛距離は出ますけど、方向性が落ちる気がします。(右プッシュとか、それを嫌がって左とか)安定的に飛ばすには、ヘッド重量を落としたほうがいいと思います。松山英樹がドライバーを持っているシャフトを見ると、シャフトはグラファイトデザインのツアーAD DIっぽいですね。

このシャフト長く使っていますね。ドライバーのヘッド性能を見極めようと思ったら、おなじシャフトのほうが特性がわかりやすいです!皆さんも試打する時は同じ条件になるようにしたほうがいいかと・・・

  • シャフトを試行錯誤したい →ヘッドは固定
  • ヘッドを試行錯誤したい→シャフトは固定
  • スイングを試行錯誤したい→スイングは固定

とこの原則を頭の片隅にでも置いておいてください。松山英樹はシャフトもマイナーチェンジと書いてありましたから、http://www.golfwrx.com/のwhats-in-the-bagが楽しみですね。

さて

この間、集中的にラウンドして、自分なりに問題点も見えて来ました。一番はスイング的な問題でしょう。自宅練習以外も充実させ、レッスンに通うことにします。もう少しボールを打ったほうが良いなと思うことが多かったですしね

今回集中的にラウンドを行った富士見高原ゴルフコースですが、フェアウェイ、ラフも洋芝です。まあアイアンがきっちり打ちにくい状況ではあるんです。左の腕の回旋不足だととくに突っかかる感じが拭えません。上手くヘッドを回すことができたらキレイに打てるのですが、スイングのダメなところを露呈するコースです

あとですね・・・

現在

5番、6番アイアンを復活させているのですが・・・(だってカッコイイんだもんアイアンちゃん)こういう洋芝のコースで、キッチリ打つのが厳しかった(ハイ下手なんですただ下手)オマケに富士見高原ゴルフコースは、ティショットが打ち下ろしで、そこから打ち上げというのが基本。

そしてグリーンが締まっていて、高速ときています。5番アイアンでナイスショット!と思っても奥まで転がって、ナイスショット感からのトラブルで落ち込みというのが繰り返しやってきます。

しかし、アイアンは、PAR3のティショットは楽ですね、ラインを出していく打ち方すれば気持ちよく飛んでいきます。

こうなるとやはり・・・

27度のユーティリティ復活・・・か?

とりあえずアナライズ マジックマリガンUT27度を復活させます。アイアンショットの弾道が低くなったので(少しハンドファーストに打ててる気がします)距離も出ていますが、距離が長く打ち上げの状況が多い富士見高原みたいなコースは・・・

やはりロフトの大きいユーティリティ!

ボールも高さが出ますから攻め方もかわります

bnr_store_mulligan_ut (1)

マジックマリガンUT ←クリック

まあコースごとに5番入れたり、27度のユーティリティを入れたりと、工夫して行きたいと思います。皆さんもホームコースや、今度のコンペのコースが、富士見高原ゴルフコースみたいに、打ち上げが多いコースだったら、ロフトの大きいユーティリティを試して観て欲しいと思います

では 月曜に


フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


2018年05月04日シャフトのトルクって気にしてます?

さてT島のゴールデンウィークも今日で最後。明日は東京に戻ってセミナーの撮影があります。この間一気にラウンドしてボールやクラブ、スイングを試しています。なんかたまにアンダーに振ると

ああああ!

今までこう振ってたのか!!!と感じられるようになりました!!

フレループを使って左腕の回旋を覚えるにはこちら↓

アスリートゴルフチャンネルで↑マーク金井が少年たちに教えてます。アナライズのセミナー画像とは撮影位置が違って、新しい発見があります。教えてもらっている少年たちが、撮影してるのに全然聞いてなかったり、スマホ観てたりと、アナライズのセミナーに参加している熱いオジサンたちとちがって、かなり塩対応という点に笑ってしまいますが、内容はとても参考になると思います

ということで!フレループよろしくお願いします。↓クリック

えーとこの間激しくラウンドしています富士見高原ゴルフコースにこんなティがありました!

4700ヤード このティだと女性ゴルファーも

ドライバー→7番アイアンでパーオン出来て、バーディパットも打てて楽しそうです。富士見高原ゴルフコースですが、レギュラーティでも6500ヤードちょっとあって、T島結構厳しい感じです。ティショット打ち下ろし、セカンド打ち上げで400ヤードという感じで、高原だから飛ぶというは都市伝説と感じている(その恩恵を受けたことがない)わけで・・ レギュラーティが長いと、レディースティも長いと言う感じですが、ハートティっていいよね。と思ってしまいました

T島ネタに困ると、SNSなんかを観て ネタを見つけるのですが・・・

アマチュアでもハードヒッターの部類に入る人が、リシャフトにしようと悩んでいるのですが、その文面にトルクと言う言葉が沢山出てきます。

シャフトを選ぶ際に一番気にする要素としては

  • 硬さ
  • 重さ

かと思います。T島はそれよりもぶっちゃけ、メーカーとかデザインが無意識に莫大な影響を与えていて、そして60グラムのSと決めつけている人が非常に多いと思うんですね。あとゴルフクラブの知識がある人、特にゴルフ歴が長い人は

トルク

という要素が影響を及ぼすようです。シャフトのトルクというのを、気にするようになったのは、カーボンシャフトが生まれた頃でしょう。スチールシャフトは、昔からトルクは非常に少なくて、カーボンシャフトの比ではありません。スチールシャフトとしては、世界最軽量と、かなり軽くて柔らかい日本シャフトのゼロス6でもトルクは3.0しかありません。

カーボンシャフトが登場したころ、素材の黒色が見えることからブラックシャフトと言われました。日本で流行ったのは1972年のゲイブリューワーが太平洋クラブマスターズで、圧倒的な飛距離で優勝したのがきっかけらしいです。当時のブラックシャフトはトルクが10以上あったようで、一時期大ブームになりましたが、しかしプロが使うと飛ぶけど曲がると言われ、その流れは収縮してしまいました。

そこでトルクが大きい=曲がる。という認識が植え込まれた気がします

そこから、カーボンシャフトが市民権を得るのは20年弱かかります。その間もカーボンシャフトは作られ続けます。テーマはトルクを減らすことです。この間トルクがどんどん減りジャンボ尾崎がゴールドのアルディラシャフトを使って活躍し、人気沸騰した頃からトルクが3を切ってきたと記憶しています。(ミズノのエクサーゴールドなど)

そのトルクが少ないシャフトが装着されたクラブはとても高価なこともあって

高級シャフト=高性能=トルクが少ない

と言う図式が出来上がりました

やたらと低トルクが少ないシャフトが市場に増えました。

という図式が出来上がります。当時はパーシモンからメタルへの移行期だったこともあるでしょう。パーシモンからメタルへの移行で変わったのは、リシャフトが簡単になったこと、そしてリシャフトのブームが起こります。

トルク=シャフトのねじれです。ねじれが多いより少ないほうが、追従性がありそうに感じるでしょう。確かにねじれが少ないとコントロール性は上がります。しかしねじれて戻るというねじり戻りを上手く使えば、シャフトのキックと同じように、飛距離にはプラス要素になるようです。

しかし、今 シャフトのトルクについて、シャフトメーカーもあまり打ち出していませんよね? 純正シャフトのトルクもカタログに書いていませんよね?ツアープロも極端に低トルクのシャフトをあまり使おうとしません。せいぜい3.0を切る程度まででしょう。

ブラックシャフトが出はじめの頃と比べ、トルクが大きいと曲がる というわけではありません。ねじれが少ない=操作性はよくなります。シャフトが暴れると言いますが、あなたが暴れているのを、ただ忠実に伝えているのがシャフトです。トルクが小さいほど、あなたのスイングを忠実に伝えてくれて、結果、曲がる可能性が高くなります。

マーク金井はトルクは、車のハンドルの遊び であるとか・・・

  • トルクが大きいシャフトは トラックのハンドル
  • トルクの小さいシャフトは レーシングカーのハンドル

などとよく例えて言います。ト

適度にトルクのあるシャフトのほうが、曲がらなくて飛距離的にも有利というのが、現代の常識ではないでしょうか?シニア向けの純正シャフトではトルク6以上あるシャフトが普通にありますし、堂々とカタログにも書いています。シニアゴルファーは、ねじり戻りを上手く使って飛距離を引き出していたりします。

昭和のゴルファーはトルクを気にする人が多いですが、今は選ぶ要素というよりも、シャフトの味付けの範疇に入ってしまってる気がします。トルクを絞ろうと思えば幾らでも少なく出来るのに、あえて付けている意味を考えて欲しいと思います

ってことで

また明日


アナライズで今話題の逸品と言えばこれ!

よろしくおねがいします。↓クリック

RENGAパター!(アナライズRS1.5パター)

片山晋呉プロ使用しております↑(みてみて)アルミ削り出しと言うコストの掛かる構造なのにお値段控えめですよ!!!!!

 

 

 

 


2018年05月02日T島が驚いたマグレガーのドライバーとVolvikのボール、試打インプレ

5月1日、2日はカレンダーでは平日、T島は富士見高原にずっといますので、お休み気分ですが、早朝に起きて仕事をして、朝7時15分から富士見高原ゴルフコースでハーフラウンド

1時間半で終わり、車山に登り1日のお参り

そして戻って仕事というハードな感じでした。皆さん、お仕事なようで、仕事の電話とか入りました。スコッツデールでお世話になったPXGのTATSUROさんからの電話には、

「週末は日本にいます」

と思い切りボケてました。ここも日本です!っていうか天国に近いです

ということで、今回はVolvikの新しいボールについてインプレッションしましょう

写真とボールに書いてるイラストは LisaOkuma 

前回はムジークさんのボールをテストしました

ヘッドスピード42のボールテスト!&片山晋呉プロがあのパターを

このムジークさんのボールも、Volvikさんのボールもリサオ君が持ってきてくれて、うちの家人に1個づつプレゼントしてくれたもの。どれも打ったことなかったので、とっかえひっかえと借りてインプレッションしたわけです。リサオ君ありがとう!

まずピンクのボールは VolvikさんのVIVID SOFTと言うボールです。以前展示会で説明を受けてたときから気になっていたボールなんですけど 対象ヘッドスピードが33〜42m/sという飛ばし屋じゃない人から女性ゴルファーまで行ける設定。T島も対象なわけですけど まず見た目がマットな色で、表面がザラザラっとしていて手に持っただけで

スピンが掛かりそう

と感じてしまうのです。打ってみるとアプローチでスピンは激スピン!というわけではないですが、しっかりかかります。ウレタンカバーなんですね。ウレタンカバー好きなT島的には、オオ!!!と思うホントにソフトなボールに驚く

ドライバーもボールが潰れる感じがわかります。ドライバーのスピン量は気持ち多めですが、ヘッドスピードが速くない人は、スピン量が不足して失速!ということが多いので、あまり低スピンボールじゃないほうが飛ぶと思うんだよね。

この33〜42m/s対象ヘッドスピードって意外と入る人が多いと思うんです。そこにターゲットを合わせたっていうのがいいですね。女性ゴルファーでもビビッとグリーン上で止めれたりします。好印象でした!

そして水色はViViD LITE こちらはヘッドスピード28〜38m/sまでが対象

Volvikさんのいいとこは、ヘッドスピード全領域とか言わないとこ!それだけで「嘘だろ」なんてT島は思うわけですが、しっかりとターゲットを明確にしています。このボール特にこの色は、なんか「美味しそう」と感じてしまうのです。とってもキレイよね。パッケージも透明で、女性ゴルファーのハートを鷲掴み的な感じじゃないかな〜 ドライバーでは高弾道になります。アイアン、アプローチも高さで止める感じで、スピンは期待しないで下さい。

ヘッドスピードがあまり速くない人

ドライバーが

  • スライス系でスピンが多い→ViViD LITE
  • フック系でスピンが少なめ→ViViD SOFT

 

  • アイアンも飛ばしたい→Volvik LITE
  • アイアンは止めたい→ViViD SOFT

 

  • アプローチは転がしで→Volvik LITE
  • アプローチは止めたい→ViViD SOFT

てな感じで使わけたらいいかも・・・と思いました。人のボールで、1個しかなったので失くなってはいけないので、遠慮がちのテストでしたが、対象ヘッドスピードの人はぜひ試して欲しいボールでした。 T島的にはSOFTが好きかな〜

んで今回、驚いたのがコレ

マグレガーの「ターニークラシックM85 Eye-O-matic・Cerebrating 120th」

打ってみて

え?

と思いました

フェース部分にIPブラック加工して、パーシモンのインサートみたいにしたら、R&Aから公認が取れなくて(反発係数自体はルールをクリア)ルール不適合となっているんですが(適合したフェースの仕様のヘッドも6月中旬に発売予定)

これが飛ぶんですね。これは内緒ですけど、今、地クラブメーカーでも人気のM社さん。の人気ドライバーをベースに作っているそうです。Mさんのドライバー、T島もテストしましたが俺のエースドライバーに負けないぐらいというか、エースドライバーより飛んでショックを受けたトライバーです

ということで、マグレガーのこのドライバーM85もぶっちゃけ全く期待してなかったのですが。打ったらやはり、俺のエースドライバーよりもなんかね 飛んでる気がするんだなあ。コースでいきなり打ってビックリ・・T島がいろいろ試打して調整してシャフトを変えて、ベスト状態にしているエースドライバーですよ! M85はそのまんま10.5度の純正シャフトのSです

フレックス的にはSで240cpmちょいとSにしては柔らかめで、結構動くシャフトなのでT島的にはもう少ししっかりしていてもいいかなと、まだ伸びしろがあるにもかかわらず。マイエースドライバーを上回ってしまったという・・・(汗)

ヘッド体積が430ccなので、そこが気になる人にはオススメしませんが、小さめのドライバーで、パーシモンっぽい打球音が好きな方は試して欲しい逸品です

アナライズで今話題の逸品と言えばこれ!

よろしくおねがいします。↓クリック

RENGAパター!(アナライズRS1.5パター)

片山晋呉プロ使用しております↑(みてみて)アルミ削り出しと言うコストの掛かる構造なのにお値段控えめですよ!!!!!

ぜひページをチェックしてください

ではまた金曜日に


 


2018年04月30日ヘッドスピード42のボールテスト!&片山晋呉プロがあのパターを

アナライズのゴールデンウィークの営業について・・・

4月30日、5月3、4、5、6日 ですが商品の発送、メールの返信、電話でのお問い合わせはお休みです。

商品のご注文は365日、24時間WEBにて行っております


連休ですね!T島は、富士見高原に来ています。

土曜の早朝、都内を5時前に出発すると、中央道は、すでに八王子から相模湖付近かけて2kmの渋滞です。圏央道との合流はやはり混みますが、小淵沢ICまで2時間強で到着します。小淵沢ICから5分で小淵沢カントリークラブ、そこから5分ちょいで、富士見高原ゴルフコースに到着します

こちらはすべて洋芝、そして高速グリーンが魅力のコースです。洋芝のラフはあまり伸ばしていなくても、ヘッドが抜けず結構難しいコースです。八ヶ岳の麓にあるので、フェアウェイは八ヶ岳の頂上から傾斜していて、ティショットもフェアウェイの高い方に打たないと、下のラフまで転がってしまいます。

グリーンも高速で傾斜が強いので、すぐにスリーパットしてしまいます

あまり同じコースに行かないT島が、年間を通して一番行っているゴルフ場でしょう。今年は少し暖かく最高気温は23度ぐらい、朝もギリギリストーブを付け無いと寒い感じの8度前後です。まだまだ桜が咲いていたりと東京との温度差を感じてしまいます。

半パン半袖でラウンド

朝はぶっちゃけ寒いですが、ラウンド開始してシャンクを一発打ったらすぐに暑くなりました(泣)今回は色々とテストしております。

まずはこちら、ムジークとVolvikのボールを

ムジークからでた39グラムのボール(通常のボールより5g近く軽い)は以前レポートしましたけど、今度は42グラムのボールが発売となりました。39グラムのボールは、コルテオ39と言って、ヘッドスピード37m/s以下のゴルファーの飛距離アップを狙ったボール。コルテオ42は、ヘッドスピード42m/s以下のゴルファーの飛距離アップを狙っています。

ヘッドスピード42m/sというと、T島がエリアに入っています。年末に1個だけいただいてテストしたのです。先週正式発売ということで、今回、大蔵ゴルフスタジオで特派員ブログをやっているリサオ君がこのボールをウチの家人の為に持ってきてくれて、それをT島がテストしたわけです。

コルテオ39は、T島が打つとやっぱり駄目な感じでした。飛距離が極端に落ちるとかいうことではないのですが、パターとアプローチが軽くかなり慣れるのに違和感がありました。しかしコルテオ42は特にそんなこともなく、いい感じ!

ウレタンカバーではないので、グリーン周りスピンがかかりません。ダウンブローに打てないT島はアイアンでもスピンが不足気味でした。フェード系の人はスピン量が抑えられて、アイアンも飛距離が伸びそうです。ドライバーは飛ぶ気がします。1発アホほど飛びました。年末に使った時もおなじ印象

そして

42gのコルテオ激速42Sは、軽くてボールの直径が小さいぶっ飛びボールです。はい直径が小さい=ルール不適合ですが・・・

「これマジ飛びます!風に強いです!」

アゲンストは特にその傾向が顕著にでます!!! アイアンも飛びます・・チト慣れがいる感じです!!!

Volvikのボールは、水曜日にインプレします

こちらのパターついに導入

YONEX E-ZONE TP−F1Bパター

2ラウンドするとかなり慣れてきまして

他の方がパターで苦労する中、メッチャ入りました。昨日の後半なんか12パット!!!!!!!とかなりいい感じ!!! なんかいい感じに転がるのですわぁ〜

ええ感じ!!!

パターだけはご機嫌でした。肉の日コンペで35位で、黒毛和牛のロース肉貰いました

山小屋に戻ってテレビをつけると!!!

ん?

山奥なので民放が2局しか映らないのですが、ラッキなーこと中日クラウンズの放送がありました。そして片山晋呉プロが一瞬映ったんですね。

んん!

このグリップは・・・もしや・・・

片山晋呉プロ アナライズの限定パター↓クリック

RENGAパター!(アナライズRS1.5パター)

を使ってくれています

電波が悪いので、筋が入っています・・・正座して待ってました

はいこちら!

やっと撮れました。アナライズのRENGAパターですが、開幕戦の東建の時にマーク金井が届けに行ってたはずです。どのスペックを使っているかは、スイマセンT島知りません・・・(汗)

とりあえずセンターネックですね。7度かなぁ

RENGAパターは↓こんな感じ

今回はアナライズ初のオリジナルパターのご紹介です。マーク金井はす
でにリンクスのナチュラルパターを設計しております。このパターは自然に「ハ
ンドファーストに打てる」をコンセプトに作られ、2016年のリオデジャネイロオ
リンピックでは、片山晋呉プロが使用しています。今回ご紹介する「RS1.5」は、
ナチュラルパターの良さを継承しつつ、さらに直進性が良い転がりを得られるよ
うに設計されております。


・インゴットからCNC精密加工によるアルミ削り出し
・トウ&ヒールバランスによる高慣性モーメント
・フェースミーリングによるソフトな打感
・選べるネック形状(センターシャフト、リバースシャフト)
・選べるロフト角(4度、7度)
・選べるカラー(ブラック、レッド)
・選べる長さ(32~37インチまで対応)


 今回、マーク金井がこだわったのが直進性の良い転がりと、ストロークのしや
すさです。ヘッドサイズはナチュラルパターよりも一回り以上大きくしています。
それに対応すべくストロークのしやすさを考慮し、センターシャフトに加え、リ
バースシャフトモデルをラインアップしました。リバースシャフトとは、ネック
の位置がヒール側ではなくトウ側にあります。これにより、重心位置がシャフト
の内側、すなわちグリップのほぼ真下に位置することになります。重心が位置が
手元の真下に位置することで、手元がスムーズに動かせます。通常のフェースバ
ランスよりもさらにフェースをスクエアに保ってストロークしやすくなっていま
す。


 商品名「RS1.5」パター
 価格   2万3760円(税込み)


 「RS1.5」パターは大量生産ではなく1本1本作っており、今回も限定数量での販
売を予定しております。

はい こんな感じですが、片山晋呉プロが使っている黒よりも赤のが人気なんです。えーっと在庫数はもう少なくて、これ売り切れるとしばらく入ってこないので、欲しい人はお急ぎ下さいね

片山晋呉プロ長く使ってくれたらいいな 嬉しいな

ってことでRENGAパターよろしく

よろしくおねがいします。↓クリック

ってことで また水曜に


フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


2018年04月28日ツアープロが使うスプーンをチェックして、アマチュア向きのスプーンを考える

アナライズのゴールデンウィークの営業について・・・

4月28、29、30日、5月3、4、5、6日 ですが商品の発送、メールの返信、電話でのお問い合わせはお休みです。

商品のご注文は365日、24時間WEBにて行っております

さて連休初日ですね。29日はセミナー、30日はマーク塾とイベントが開催されております。

石川遼プロ 昨日もも中日クラウンズの練習場でフレループで練習していました!!!

まずはフレループを使ってウォーミングアップ。ストレッチっぽい動きからのこの写真のようなドリル。マーク金井がスーパーシャット君でやっていたようなドリルもやってましたね。正にこれは左手の回旋のドリルではないか?? ただのストレッチなのか?? 非常に勉強になりました。

お求めはこちらをクリック↓

T島も、たぶんこれをゴルフ場でやっているでしょう。やっぱり真似しないでどうするって感じです。うーんやっぱり、とことん一番ホールって何かと勉強になりますね

木、金とゴルフネットワークで中日クラウンズのとことん一番ホールをずっとチェックしておりました。見るポイントとすれば、どんなクラブを使っているのか?というのをリアルにチェックすること、そしてどんな練習をしているか?という点かと思います。練習場のルーチンは非常に参考になりますね。

まあ今は、石川遼プロがフレループを使っているのをチェックするのが楽しみにです。

今回の中日クラウンズ、和合の一番ホールは、370ヤードのPAR4はドライバーでワンオンを狙えるホール。初日はアゲンストだったので、ドライバーで打つ選手は少なかったですが、2日めはかなりワンオン狙っていましたね。

フェアウェイウッドで打つ選手のフェアウェイウッドをチェックしてましたが

テーラーメイドM2フェアウェイウッドを使っている人が多かったです。面白かったのは片山晋呉プロです

  • 初日は、テーラーメイドM4フェアウェイウッド
  • 二日目は、ピンG400フェアウェイウッド

と言う具合です!! どちらも人気のフェアウェイウッドです。いきなりおなじ試合で、変えれるのがすごい!さすが片山晋呉プロと言えるのではないでしょうか? 片山晋呉プロが使うととても気になるフェアウェイウッドになってしまうという

 

今平周吾プロは、「ようやく納得できるフェアウェイウッドに出会った」と言う話をアナウンサーの方がされていたので、目を凝らして観てみました

たぶん・・・(ヤマハじゃないんだ)

テーラーメイドM4フェアウェイウッドでしょう!

欲しくなるやんけ〜

まあもしGDOさんがホットリストジャパン2018をやったらこの2つは必ずゴールドでしょうね。

あとはROGUEスターフェアウェイウッドかな

男子プロは意外と使っていないですが、女子ツアーでは人気みたいです。

PGAツアーを観ていても、ティショットで3Wを使うプロが増えています。アマチュアが真似ても意外とメリットがある場合があるんです。

まずオススメしたいのは、スライスに悩んでいるアマチュアゴルファーです。

その理由は

  • 重心距離が短い
  • ロフトが多い

という2点です

重心距離ですがドライバーは、35〜45mmぐらい、平均が38mmぐらいですが、スプーンだと30〜40mmぐらい、平均は34mmと短いのでフェースを返しやすく、フェースも開きにくいのです

ロフトも9度〜11度のドライバーに比べると、スプーンだと13度から16度とロフトが大きくてボールも上がります。そしてロフトがある分ボールの捕まりも良くなりますしね。

ヘッド体積が小さく、奥行きも短いですから、重心深度が浅いので、スピン量が増えにくいと言うメリットもあります(逆に地面から上げにくいと言うデメリットにもなります)

ティショットでも飛ばせて、地面からボールが上がりやすいというスプーンですが、そんな都合のいいスプーンは残念ながらありません(泣)T島はスライスに悩んでいませんし、飛ぶ方ではありませんから、ティショットで飛ばせるスプーンはあまり使いません。しかしスライサーにとっては非常に武器になるはずです

しかし地面からボールが上げれる、そこそこ飛ぶフェアウェイウッドは欲しいです。

皆さん、スプーンに両方求めるから難しくなりますが、片方だけでいいならシンプルに選べますよ。

はい アナライズには、そんな片方の用途に特化したフェアウェイウッドがあります

アナライズ マジックマリガンFW

「3HL」は、アメリカでは主流となっているハイロフトスプーン。
地面からボールを上げやすく、ミスに強いクラブです。

「3+」は、ディープフェースが特徴の低スピンFW。
ティーアップして、ドライバー以上の飛距離も期待できるミニドライバー的FWです。

状況に応じて機能を特化した2つの番手で、ティーグラウンドでもフェアウェイでも飛距離を稼ぐ、ゴルフをやさしく楽しくするFWに仕上がっております

マーク金井が設計したフェアウェイウッドに最適なシャフトが入ってお求めやすい価格になっております↓こちらクリック

ということで、また月曜日に

マーク金井の打たずにいられない

今回は、アジア最速!の動画試打 PXG0311Pアイアンです!

ツアープロも使っているゴルフの竪琴↓とりあえずアンダー星人直したかったこれ買ってください

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック