アナライズstoreblog

2019年01月25日ピンG410シリーズをコースで試打してきました

YouTubeアナライズチャンネル 最新動画はマーク金井がテーラーメイドM6ドライバーを試打しています


 

すっかりスキーモードのT島です。マーク金井はボーリングとスノボ、T島はスキーとライブ三昧ということで、冬はラウンドがお休み感満載なわけです

そうそうこちら再入荷⇩クリック

アナライズRS1.5パター。T島あんなに好調だったパターが不調でございます。YONEXの新しいパターにしようか、RS1.5にしようかなどと迷っておりますが、ゴルフ行ってないんですわ〜

こちらのパター、ロフト角、シャフトの挿入位置などが選べます。

ゴルフは行かないといいつつ、ピンさんの新製品が試せるチャンスがあるなら・・

行くでしょゴルフ

新しいクラブは、やっぱりコースでチェックしたいです。

はい!ピンG410のドライバー

G410プラスとG410SFTです。LSTは6月ぐらいになるとかならないとか・・・大切なことなので繰り返しますが、G400(G30、Gもです)のスリーブとG410ドライバーのスリーブは互換性がありません!(まあぶっちゃけ、AmazonでG410用のスリーブを売り始めると思うので、それを買って入れ替えればOK)

まずG410プラスドライバー

えーっと・・・構えてみるとG400よりもちと大きいのでは?と感じる。455ccって大きいねぶっちゃけ・・G400MAXっぽいです。打った感じもG400+G400MAXって感じ

G400MAXの安定感にボール初速を速くして低スピンにした感じかなぁ

アレ?と思った当たりが、そこそこ飛んでいるのがG400やG400MAXの魅力でした。その平均飛距離をアップする感じ。直進性が高いので、安心して振れるから一発の飛距離も出る感じのドライバー

このウエイトですが、移動します。かなり効果があります。センター位置でドローになるので、フェードっぽく打ちたいなと思ったら、右の林へ飛んでいきました(汗)合理的な設計かと思います。

ピンさんは、エピックフラシュやM5、M6みたいな派手なテクノロジーは使っていませんが、大ヒットしたG400を進化させています。試打会などでわかってもらえるかが心配ですが、使っているうちに手放せなくなりそうです。

ピンのドライバーですが、ソールするとフェースが開きます。そしてピン顔って好き嫌いがはっきりしていますね。

そしてG410SFTドライバー

こちらはウエイトがヒール寄りに固定されています。このドライバーが一番ニュートラルかと思います。たとえばMグローレのようなボールが捕まる!!!!!って感じじゃないですが、歴代のSFTよりも捕まりは良くなっています。

全然安心して使えるドライバーです。でもスライサーがドローが打てるわけではありませんよ。そこんとこ誤解しないでほしいです。

んでフェアウェイウッド

ボールが上がりやすい。スピン量が適量で扱いやすいです。

SFTは、ボールが捕まるのですがヘッドがメッチャでかく感じました

フェアウェイウッドにはLSTというのがあります。3Wだけでロフトが14.5度でヘッドが小ぶり。ティショットにはいいでしょうが、地面から使うならヘッドスピード45m/s以上は欲しいところです。

んでUT

試打できたのは22度の4UTでしたが、これはとても気に入りました。T島的にUTを作るのが上手いなぁ と感じるのはピンです。今回もいい感じでございます。G400との差は可変スリーブになって、距離の調節ができるようになったことでしょうか?そもそもG400ハイブリッドも非常にできが良かったので、G400のハイブリッドが安くなっているので買うというのも悪くないと思います。あG410ハイブリッドも買ってください

んでこちら

G410アイアン

はい。ピンっぽくない外観です。えーっとこのアイアンですが飛びます。フェースの弾きを感じます。ロフト設定より気持ち飛ぶ感じがします。フェースをターンさせるタイプのゴルファーだと、返さないと右に弱い球、返すと左という球がでますが、イマドキのドライバーを使いこなせる。シャットなフェース使いの人は・・

これ好き・・

ってなるはず。T島もアドレスの時のフェースのポジションがわかったら、いい球がでました。ややオフセットが減ったので、気持ち右に出る感じがしますが、距離もしっかり出ます。純正カーボンALTA J CB REDがタイミングが取りやすく扱いやすかったです。

えーっとかなり気に入ったんですけど・・・

ピンのセットウエッジ、UとかSとかLって歴代非常に使いやすかったんだけど

ソールの感じはとてもいいんですけど、ほかの番手とフェースの構造が同じなんです。30ヤード以内で、気持ち飛んでしまう気がして、今回のG410アイアンを買うなら 5〜Wまでにしましょうか・・・って感じです。

今回の新製品、各社ドライバーに注目が集まっているんですよね。その中でG410のアイアンはかなり好きです。コントロール性のある小さめのヘッドをうまく開閉して打つ人には扱いづらいかもしれません。

えーっと、ホントにキャロウェイとテーラーメイドが派手な宣伝合戦しているので、他社が地味な感じを受けますがピンのクラブは正常進化しています。できれば試打会とかよりもレンタルして試してみると良さがわかると思います。

プロが打って飛ぶ。他人が打って飛ぶクラブよりも、あなたが打って安定して飛ぶクラブを探して欲しいなぁ なんて思います

ではまた


こちら限定入荷しました

アナライズのRS1.5パター、限定発売ですが、売り切れていたスペックも入荷するそうです気になっている方、ぜひこの機会に

こちらでスイングのレベルアップを!

←クリック


2019年01月23日ピンG410シリーズ&ヨネックス新製品レポート

YouTubeアナライズチャンネル 新しい動画は

今話題のテーラーメイドM5ドライバーをマーク金井が徹底試打インプレッションします


 


昨日は、早朝からメルマガを書き、ピンの新製品発表会へ、そしてYONEXの新製品受注会へ、そこから横浜アリーナでレキシのライブを観ました

いやーすごかったわ。まずやはり 曲自体が良いので乗れる、歌もMCも上手い、バンドが上手い、構成がいい。ゲストが凄いと超楽しかったですわ。でも発表会で『今日レキシ観に行く』と言っても反応が薄い・・というか誰?という感じで、ゴルフ業界の高年齢化を感じました。

さて昨日はピンの新製品発表会で G410が発表

今回は・・・

えーっと・・・特にAIとか、ギリギリとか無いので逆に、もしかして良いんじゃないの?なんて思いましたがの・・

ドライバーは

G410プラス

G410SFT

あれ?2つですか???と誰もが言う。あの低スピンに振ったLSTは無いの??? こちらはまだ納得してるものが出来上がっていないので、6月頃という話です。ピンは毎年モデルチェンジという形ではなく、納得するものが出来たら発売するというポリシーですからね

はい。バックフェース側に可変ウエイトが付きました

結構シュッとして構えやすくなった。ヘッド体積は455ccだって

えー悲しいお知らせは、スリーブが今回より代わります。大ヒットしたG400のシャフトは使えません。可変スリーブの段階を8段階に増やして、重さも軽量化したそうですが・・この辺は最初から頑なに互換性があるタイトリストさんなど、そいうほうがありがたいですよね。

えーっと実際、ボール初速は上がってるような気がします。今日ですね試打ラウンドするので、また詳しくレポートします。LSTが無いのでちとテンション低めですね

フェアウェイウッドは

  • G410(スタンダード)#3(14.5度)#5(17.5度)#7(20.5度)#9(23.5度)
  • G410(SFT)#3(16度)#5(19度)#(22度)
  • G410(LST)#3(14.5度)

とこんなラインナップ

SFTはヘッドがデカ!!!と驚くぐらいデカかった・・

G410ハイブリッド

こちらですね

#2(17度)#3(19度)#4(22度)#5(26度)#6(30度)というラインナップです

G410クロスオーバー

こちらは従来よりもシャープな形状で、上級者好みになりました。まあクロスオーバーという性格上必然なのでしょう#2(17度)#3(20度)#4(23度)とロフトもヘッドスピードが早い人の領域ですよね

G410アイアン

オフセットが減りましたね・・Gシリーズがピンで一番やさしい位置づけですが、どんどん上級者の好みが入って、大丈夫かね?とちと不安です。

うーん ピンぽくない(泣)まあこれがグローバル化というか売れるということなのでしょうか・・かなり深いキャビティですので ミスには強いです⇩

7番のロフトは30度と極端に立てていません。番手間のロフト差、ロフトピッチも充分あります。このへんがピンの素晴らしいところです。そしてバンス角も相変わらずしっかりとついています。

えーっとまだ徹底試打していないのですが・・・ピンは例年のように地味です(汗)新技術が劇的に良いなら、ピンとかタイトリストって売れないはずなのに、打ったらイイから売れるブランドですよね

打ったら良いと言えば日本ではYONEX!

新しいウエッジは、フェース面が凸加工しているらしい

溝ではなく凸ってのが面白いね・・・

そしてロイヤルE-ZONEが若々しくなりました

元祖カーボンコンポジットと言えるYONEXですが・・

ここまでカーボン化してますね。凄い

アイアンもソールのタングステン、カーボンも使って凝ってます

そして気になるのがパター

尊敬する清永先生設計のTP−01+パター

アルミ削り出しです

ヤバイ マジ欲しい 打感超柔らかいです 何よりタッチが合う

気になる〜!!!

どれも良いんですわ

あっそうそうこちら・・・

アナライズのRS1.5パター、限定発売ですが、売り切れていたスペックも入荷するそうです気になっている方、ぜひこの機会に

こちらのパターもアルミ削り出しでメッチャ打感いいし、慣性モーメントデカイです

ということで、次回はピンの新製品ガッツリ試打できるのでレポートしますね

ではまた


マーク金井打たずにいられない

おそらく世界最速試打動画

PXG0811X GEN2ドライバー

こちらでスイングのレベルアップを!

←クリック

レディース用も販売開始しました

おまたせしました〜

フレループにレディースモデルが登場。

《レディースモデル追加!》

商品仕様
長さ:39インチ
総重量:525g
シャフトカーブ:800r(半径80cmの曲線)

重さは変わらないのですが、長さが1インチ短くなってます。これだけでかなり違いますよ。レディースだけ注文してもらっての取り寄せになるので、発送までお時間いただきます。よろしくおねがいします。


2019年01月21日テーラーメイドM5、M6、キャロウェイエピックフラッシュ買う前に注意して欲しいポイントは?

YouTubeアナライズチャンネル

マーク金井ここだけの話

本日21時から

1月21日21時から生配信します 録画はありませんのでぜひ生でご覧ください

こちらの中で、ガッツリとこの4つのモデルについてマーク金井が語るはずです


今週はなんだかんだと忙しいT島です。今週のハイライトは横浜アリーナであります。レキシのライブです。なんだそんなの行くなんて自分で忙しくしてるんじゃねーか!なんて言われそうですが、まあそういうもんですよ

そして昨日は24年ぶりにスキーに行きました

えーっと恐る恐る滑ってみると、意外と思い出すものですね。急な斜面でもすごく曲がるのであまり怖くありませんでした。FOOT・PRO・STATIONさんで作った靴と選んでもらった板がバッチリで・・

気持ちよく滑れました。マーク金井はボーリングにハマったみたいですが、すぐにマイボール、マイシューズを作っていました。やはり道具を使うスポーツでは

道具

というのはとても大切。道具選びはプロのアドバイスを頂くことがベストだとT島はおもうのです。

昨日のマーク金井のブログですが・・

SNSを拝見すると、試打クラブを打った皆さんが、俺はエピックフラッシュに惚れたとか、やっぱテーラーメイドM5がよかったとか、様々な声が溢れております。すでに各社お店に試打クラブを置いているので、試打している人が増えて、それがSNSでの拡散しているという構図なわけですよ。

エピックフラッシュとテーラーメイドM5、M6どっちが飛ぶのか??という疑問に対して

マーク金井は、病は気から、自分が飛びそうと感じた方のデータが良い

と昨日のブログ書いております。

1つ言えることは、どちらかが強烈に良く、もう片方が悪いということは絶対にないということです。レキシ的に言えば『縄文土器、弥生土器、どっちが好き?どっちも土器』なわけで・・・どっちが好きと感じるかと言うのは大切かな〜と思います

例えば・・・

キャロウェイ エピックフラッシュスター

丸いヘッド形状のいわゆるキャロウェイ顔です。結構好みが分かれるところですね。

テーラーメイドはこんな感じ

まず、皆さん好きな顔、構え易い顔っていうのがあると思います。

これだけでも飛距離や正確性に差が出ますよ

結構大切なポイント(T島が言うまでもなく、皆さんおわかりですよね)

あとですね、今使っているドライバーが何か?ということが

やっぱり大切ですよね

例えば今使っているのがテーラーメイドM1、M2、M3、M4だとしましょう。M5、M6とスリーブは互換性がありますので、今まで使っていて気に行っているシャフトをそのまま使えたりします。

この流れを断ち切って、テーラーメイドだったのがキャロウェイ、その逆っていうのはなかなか厳しいかと思います。特にカスタムシャフトを選んで使っていた人

『使わないのはもったいない』

使うことを前提としましょう。シャフトというのは最先端技術はもちろん使用されていますが、10年ぐらい前のシャフトを使っているツアープロも少なくありません。

キャロウェイもGBBのあたりの前のモデルからスリーブには互換性がありますから・・

 

エピックフラッシュサブゼロ、エピックフラッシュ(スタンダード)などに使えます。(スターは接着なのでダメですが)

エピックフラッシュ、M5、M6をどちらを選ぶか?という時、試打してほしいのですが、ホント気をつけてほしいポイントは

ロフトです。

どちらも表示ロフトとリアルロフト角にほとんど差がありません。今まで9度を使っていたから、今回も9度というのではなく、10.5度も試してみましょう。

T島ですが、ぶっちゃけ今回、試打クラブはメーカーさんに9度、もしくは9.5度をお願いしまししたが、ボールが上がらないので苦労しました。特に重心深度が浅い M5、エピックフラッシュサブゼロは、リアルロフト角を測っていなかったらどっちも”飛ばない”という烙印を押してしまう可能性が・・・

今回いろいろな人に、打ってもらったのですが、ヘッドスピードが45m/sを超える人ならこの9度でもいいかもしれませんが、弾道が低めの人や、日頃から低スピン弾道な人は・・・

お願いですから10.5度も試打してください!

カチャカチャしてロフトを増やしたらどうですか?という人もいるかも知れません。

 

カチャカチャの原理をおさらいしてみましょう

これがHIGHERという状態です(+〇とかというやつです)

そしてこれが

LOWER状態

可変スリーブというのは、ヘッドを斜めにいれてそれを回転させることで、ロフト角を調整しようとしています。しかし斜めに入れるということは、他の数値にも影響が出ます

  • ロフトが増える方向に動かす→フェースがかぶる(フェース角が増える)

  • ロフトが減る方向に動かす→フェースが開く(フェース角が減る)

この2つの角度だけでなく、ライ角にも影響を受けます

ということができますが・・・。

  • ロフトを増やして、フェース角をオープン
  • ロフトを減らして、フェース角をクローズ

この2つのことは出来ません。もちろん

  • ロフトを増やして、フェース角はそのまま
  • ロフトを減らして、フェース角をそのまま

というのも出来ません。ということで、可変スリーブのノーマルポジションでのリアルロフト角と、フェース角というのが非常に大切となるんですよ

慌てて買わないでじっくりとこの辺も検討して欲しいと思います

皆さん新しいドライバーで1ヤードでも2ヤードでも飛距離を伸ばしたいと思っておられるようですが・・・

こちらのスチールシリーズは、とにかく安定感です!!!

アナライズのスチールシリーズ発売開始しておりますよ!!!

スコアアップには飛距離アップよりも安定感かもよ

ってことでまた水曜日に


トッププロも使う練習器具

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年01月19日テーラーメイドM5、M6ドライバーを測ったり、試打したり丸裸にするぜ!

アナライズのスチールシリーズ発売開始ですよ!!

アナライズのバンパードライバー、マジックマリガンFWに、マーク金井がコレはええわぁというスチールシャフトを入れてみました。長さやバランスなどは、マーク金井がトライ・アンド・エラーを繰り返し、絶妙なさじ加減となってます。お値段もお財布に優しくなってます。スイマセン 発送ですが・・来週あたりから徐々にとなりますのでご容赦を

このスチールドライバーですけどね、意外と初心者よりもかなりレベルの高いゴルファーに好評なんです。

  • 打ちやすい
  • スプーンで刻むよりも距離が出る

ということで・・・大蔵ゴルフスタジオのMr吉田も、今セッティングは13本だからドライバーでバント出来るコレって入れちゃおうかな なんて言ってました。ホント皆さんも打ってみてほしいです。

はい!今日はテーラーメイドのM5,M6を丸裸にしてみたいと思います

まずはM5ですよ

まずはクラブ総重量です

309グラムですよ。

長さは

45.25インチですね(ヒールエンド法です。60度法だったら45.75インチぐらいです)

バランス値

D4とかなりあります。ヘッド重量が重いことがすでに想像できます。

シャフトの振動数

253cpmとしっかり目です やっぱりM5ですからね

センターフレックス

4.21とセンターもしっかり目で、アフターマーケットの50グラム台のシャフトのSぐらいありますね。手元のしなりも感じますしセンターの張りもあるので結構弾く感じがします。

フェース角ですが

−0.75度オープン。今回のテーラーメイドの傾向ですが、外ブラにありがちなソールするとフェースがパカっと開くことがありません。コレは素晴らしい!!!!

んでリアルロフト角

表示ロフト角が9度、リアルロフト角が9.5度とほぼ差がありません(汗)えーっとT島ですがコースでガッツリ打ちましたが、低くて強い球が出ます。ぶっちゃけ打ち出し角が不足します(泣)ソールのウエイトを後ろにして、ロフトアップしてギリギリつかえるかなって感じのリアルロフト角の小ささでした。

そしてヘッド重量です

スリーブ込みで202.5グラム

あの〜ちょっと重いです。アメリカンならいいですか、ジャパニーズにはどうなの??と思うわけです!せめてあと2.5グラム抑えめにしてほしい。ソールのウエイトですが、M3と共通なのかなぁ???と感じます。ちょっと試していないですが、機会があればチェックしてみたいと思います

重心角

意外とあります。22度。T島的にはオートマチック感と操作性の間ぐらいセミオートマチックな値に感じます

打球音は、少し地味目、レジンが入ってるからかなぁなんて感じるんですけど・・・・でも好きです。ソールしても開かないのはとてもいいですね。打感も好きですが

やっぱりリアルロフト角が・・・

T島が買うとしたら迷わず10.5度、ちなみにマーク金井さんも10.5度かなぁなんて動画で言ってました(もうすぐ公開しますで)

低スピンで、セミオートマチックな感じのドライバーです。問題はロフト選びが難しいということでしょうか??

はい!では

M6行ってみましょう

289.4グラム・・・軽いっすね。これだけで、あああグリップ軽いんだななんて思うんですよ。ソコじゃねーだろと思うわけで、この見かけだけ軽いクラブってどーなの!!!と半分キレ気味にT島は思うわけです。そんなとこ軽くしても振りづらいだけだろって。展示会の時に配布された資料によるとやはり42グラムと軽いっすね。残念ポイント

長さ

こちらも45.25インチ(ヒールエンド法、60度法は45.75インチですね)

バランス値ですが

D2ぐらい。ここでヘッド重量が重すぎないことがわかります(M5と長さ同じですからね)

純正シャフト

239cpmと、M5と比べるとかなり柔らかめです

センターフレックス

3.66と、こちらも控えめなので、弾く感じというよりも心地よくしなる感じのシャフトかと思います

フェース角

あらM6の方がオープン!!!、まあソール形状なのかな?個体差なのかな??といろいろと考えられますが、キャロウェイさんみたいに、ソールすると・・・

がばーーーー

と開かないので、M6いい感じです!!!

ロフト角

表示ロフト角9度に対して、リアルロフト角9.5度となっております。こちらもかなり厳しいですね(泣)しかしこのヘッドは重心深度が深いのでM5ほど厳しいなぁ〜という感じではなく、リアルロフトの割に打てるじゃん!!という印象です。でもT島買うなら10.5度です

ヘッド重量

199.7グラム はい M6よりもやはり軽めですよ。もう少し軽くてもいいと思いますけど、悪くないです(なんで上からなんすかねT島)いいよM6君(スイマセン)

重心角

27度ぐらいっすね。やはり重心深度がガッツリ深いからでしょうね。

えーっとこちら試打してみると、M4よりも扱いやすい気がします。M4よりも捕まりはいいです。M4とM4typeDの間ぐらいかなぁ〜 T島的にはM2(2015)の正常進化?なんて感じがする〜(スイマセンそう思ったんだもん)

T島的には、今回はM6に惹かれ始めております。M5の10.5度打ってからでもいいかなぁ〜

ううううううううう 今年の新製品冬の陣はヤバイですよ。やっぱり全部買うかなぁ・・・もしくはどれも買わないという選択肢があります。

YouTubeアナライズチャンネル

マーク金井ここだけの話

1月21日21時から生配信します 録画はありませんのでぜひ生でご覧ください

こちらの中で、ガッツリとこの4つのモデルについてマーク金井が語るはずです

ってことで、また月曜にお会いしましょう


トッププロも使う練習器具

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年01月18日エピックフラッシュ・スター、サブゼロを丸裸にした

YouTubeアナライズチャンネル

マーク金井ここだけの話

1月21日21時から生配信します 録画はありませんのでぜひ生でご覧ください


ついにこちら発売開始ですよ!!

アナライズのバンパードライバー、マジックマリガンFWに、マーク金井がコレはええわぁというスチールシャフトを入れてみました。長さやバランスなどは、マーク金井がトライ・アンド・エラーを繰り返し、絶妙なさじ加減となってます。お値段もお財布に優しくなってます。スイマセン 発送ですが・・来週あたりから徐々にとなりますのでご容赦を

えーっと

試打動画とか凄く色んな所がやり始めましたね。もうT島ブログとか読む人なんかいなくなるんじゃないかと不安になりますわ(汗)T島も昨日は京葉カントリー倶楽部にお邪魔して、一気に試打ラウンドしてきましたので、徐々に公開していきます。

さて今回は!!!キャロウェイ エピックフラッシュスター、サブゼロを丸裸にします

まずはエピックフラッシュスターです。ヘッドの奥行きが長く、結構ボテっと見えます

クラブ総重量292.0グラム

長さですが、45.4インチぐらいっすかね(ヒールエンド法で計測)60度法で測ると、メーカー公称値になるはずです

バランスはD1.5ですかね(あんま気にしないけど)

純正シャフトですが、フジクラスピーダーエボリューションFORキャロウェイのSです

振動数237cpm

センターフレックス3.56と控えめです。このデータで考えると手元はしっかり目で、センター部分から先端にかけて大きくしなり、しなり戻るタイプかなと推測できます。

エピックフラッシュですが、外ブラのドライバーにありがちな、硬い床とかでソールするとフェースが開きます

フェース角−1.5度

ロフト角は表示ロフト角が9.5度ですが計測するとリアルロフト角10度と、その差は少なめとなっております

重心角は24度とやや多めでしょうか? ヘッド重量は、ヘッドが接着なので抜けませんでたので不明 データからT島的(適当)推測すると195グラムぐらいかなと・・・

こちらのヘッドですが、重心深度が深いので試打してみると、リアルロフト角が小さいわりにはボールが上がりやすいです。とは言えロフト角大きめも試してほしいと思います。というのは、やっぱりスピン量は少なめだからです。

重心距離は長めですが、捕まりは悪くないと思います。ソールするとフェースが開きますが、まあソールしてグリップしなければいい感じで握れるかななんて思うわけです。

そして

エピックフラッシュサブゼロ

はい。エピックフラッシュスターとかなり形状が違いますね。T島的にはこちらのほうが構えやすくて好きです

総重量303.0グラム(シャフト重量53グラム、グリップ46グラムだそうですカタログ値)

長さですが、60度法で45.25インチだそうです。ヒールエンド法で測ると44.75インチぐらいっすかね

バランス値はD3です(気にせんけど)

振動数は231cpm あれ?エピックフラッシュスターより数字が小さい(つまりやわらかいの??)と思ってしまいますよね

センターフレックスも3.15とこちらも、エピックフラッシュスターよりも小さい。えーっと実際打ってみると、サブゼロのが柔らかく感じないんですけどね。T島的分析(適当)ですが、手元からセンターにかけてしなりを感じて、先端はしっかりしているという印象です。低スピン弾道は打ちやすいのかな〜と まあ数字のマジックといえるのではないでしょうか?? サブゼロ選ぶならカスタムシャフトでしょ!とか思うわけですが

そしてフェース角

アメリカンなドライバーなんで ソールするとフェースが開きます。まあこの辺は外ブラのお約束的な傾向ですから、気にする方も少ないかなと思います。気にして欲しいのはこちらのリアルロフトです

表示ロフト角9度、リアルロフト角9度と差がありません。ムム!!!!

重心はエピックフラッシュスターに比べると浅くなってます。さらに低い感じ。つまりインパクトでフェースが上を向きにくいので、打ち出し角が低くスピン量もすくないという

つまりボールは上がりにくいヘッドかと・・・

重心角22度ぐらい。サブゼロのが重心深度が浅いので当然ですね。

そして

ヘッド重量は

スリーブ込みで200.9グラム(スリーブが7グラムとしてです) まあギリギリセーフな感じです。US仕様は更に重いなんてことがありそうかな(ローグサブゼロはそうだった)日本仕様を是非

こちらはコースでガッツリ試打しました

まずやっぱり音が大きめです。エピックフラッシュスターほどではありません。スターのが音が大きい。えーっとリアルロフト角が少なく、打ち出しも低く低スピンなのでボールは上がりにくいっすね。T島が買うなら10.5度にします。

T島ですが・・・

  • GBBエピック
  • ローグ

とサブゼロを買ってきましたが、エピックフラッシュサブゼロが一番捕まりがいい気がします。GBBエピックサブゼロ+ローグサブゼロを2で割らないというのが

エピックフラッシュサブゼロかな〜

ぶっちゃけローグよりもGBBエピックのが、低スピンで飛ばせる気がしました。っていうかGBBエピックサブゼロってじゃじゃ馬だったんですよ。ローグって不良みたいな名前のくせに、実はマジメなやつでローグサブゼロって、低スピンだけど扱いやすい優等生になったわけですが

GBBエピックサブゼロの飛距離性能を上回り、ローグサブゼロより扱いやすい。

と言ったら褒めすぎでしょうかね。残念ながらT島にはロフト角が足らなかったですが、一緒にラウンドした、愛用ドライバーがGBBエピックサブゼロ→ローグサブゼロ→GBBエピックサブゼロという同伴者は

エピックフラッシュサブゼロすげーーー

と絶賛しておりました。(すでに予約済みだそうです)

このままブログを終わってしまう、エピックフラッシュ最高!!!という結論になりますが・・

T島的にはM5もよかったですので、明日のブログでM5、M6丸裸にしますので、焦らないでくださいね

昨日実感したんですけどね・・・京葉カントリー倶楽部は戦略的なコースで、いくら飛距離が出ても、フェアウェイのいいポジションにボールを置けないと上手くいかないなぁと思いました。

ということで・・バンパースチールなんか最高ですよ

ではまた明日


トッププロも使う練習器具

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック