アナライズstoreblog

2019年10月23日ZOZO練習日行きましたandユーティリティが得意になる?練習法

ZOZOチャンピオンシップ開幕しました。昨日の練習日、T島も開場に足を運びましたよ。朝からの雨にもかかわらず1万人超えのギャラリーが入ったそうです。告知しました

こちらで、T島のまわりは大騒ぎ・・・色々なお店で探したり、ギャラリーバスの中には、ビニールで自作している人もいましたけど・・

当日になり・・・大会公式ツイッターで

↑えーっと 関係ないんかい!!!!!

T島ブログを読んで頂いてる方に会場で、『T島さんのブログで、慌てたけど関係ないみたい』と言われまして申し訳ない感じでした(泣)バッグが持って入れないので、衣類なども持ち込めず、降り続く雨のためにめっちゃ寒くて風邪気味です・・・・

えーっと明日から本戦ですが・・・

規制は緩和させるようです

『T島さん、こういうの(関係者的パス)無いんですか? 』

と言うご質問を受けました。残念ながら全くそういうものがなく。チケット買ってきてるわけで・・・・っていうか、雨がすごすぎてあまり練習も練習ラウンドとかしませんでした(泣)

小平智プロはラウンドしてましたが、何やら関係者がゾロゾロとついて回って、見えにくいんですよ。観客ファーストでお願いしたい!6000円お支払いして、雨の中観ているのですから、取り巻きの皆さんもギャラリーに対する配慮は必要かと思います。

大名行列、あまりスマートでないかなぁ〜 残念カモ

一方・・パター一本もって、キャディとコースをチェックするプロもいます。トニー・フィナウ?ハロルド・バーナーⅢ?ちょっとわからなかったんですが、カッコいいです!写真も一緒にとってくれたりしていました。

こっちのがカッコいいと思いました

T島が昨年一緒にラウンドしたパット・ペレスも回っていました。日本選手では、浅地プロ、香妻プロがラウンドしていましたね。寒くて早々に退却しましたが、この悪天候で祭日とはいえ1万人も来るなんてスゲー(汗) と思いました。晴れたのは一瞬だけ

ギャラリーバスは30分ぐらい待ちました。だいぶ慣れてくるはずなので、本戦はもっとスムースにいくでしょう。

明日も会場に足を運びます。うちの家人がジェイソン・ディが好きなので、その組あたりに付いていいるでしょう。

皆さんアイアンは何番から入れていますか?T島ですが、最近アイアンがきれいに打てるようになったので、5番からにしていました。T島がよくラウンドする富士見高原ゴルフコースですが、PAR3以外、グリーンがほぼ打ち上げなんです。そして硬くて速いグリーン。5番アイアンでグリーンを狙うと、直接グリーンに乗せてしまうと、グリーン奥まで行ってしまうんです。

ということで5番アイアンを抜いて6番アイアンからにしていましたが、10月に入ってから、6番アイアンも抜いて7番アイアンからにしました。UTの27度、30度まで入れるようになりましたね。そしたらこんなつぶやきを観ました⇩

ゴルフスイング物理学の小澤さんのツイッターです。関係ないこともつぶやいてます。面白いので皆さんもフォローしてみましょうね

このつぶやきなんか思い当たる節があったのです。早めにUTにつないだほうがT島的にはとても結果が良い感じでした。ということで再び6番アイアンも抜いてみました。

ただ問題があるのがPAR3はアイアンのほうが圧倒的に構えやすいという点です。そしてアイアンのほうがなんとなく狙いやすいわけです。偶にメーカーさんの試打ラウンドとかで4番アイアンとか5番アイアンとか打つと、気持ちよく打てるわけで、ユーティリティにしなくてもいいじゃん と思う瞬間があるのですが、富士見高原ゴルフコースに行くと、表示距離は短いのに高さが足らないとか、止められないということが起こるわけです。パワーがある人は、5番でも止められるんでしょうけどね(泣)

ユーティリティが構えにくい、ティショットで使いにくいと言う人が多いんですよね。たぶん見た目でボールの位置とかがわかりにくいからだと思うんです。T島は飛距離でませんからユーティリティを多用するのですが、得意になった練習法があります。

まあユーティリティっていろいろな形状がありますよね

アイアンのように構えるのか?ウッドのように構えるのか?考え始めるとモヤモヤがとまりません。試打する時に注意してほしい点があります。いきなりいい球を打とうとしないことです。

アレアレアレ????

となってしまうからです。T島ですが、まず思い切りボールを右に置いて。低い球をイメージして打ちます。人が見ていてもボールが右にあってハンドファーストが強いということは、『これは低い球を打とうとしているな!』と思うわけで・・・

『ややこしいことしようとしている』とわかるんです。だからどトップしても平気ですよ。そこからどんどんボールの位置を左に置いて、球の高さをチェックしてください。ナイスショットなんか出なくていいです。

そしてフックやスライスを打ちましょう。とにかく曲げ倒すつもりで打ってみます。いろいろ遊んでみると・・・・

  • つかまりやすいなぁ とか
  • つかまらないなぁ  とか
  • ボーる上がりやすい とか
  • 曲げにくいなぁ   とか

わかってきます。するとこの辺に構えたらこんな球が出るなんてことがわかるようになります。フェースも開いたり閉じたりといろいろやってみてください。

まっすぐ打たない

たぶん色々やってみると、ユーティリティの苦手意識が無くなっていると思います。

これですね・・・ユーティリティだけじゃなくて、苦手なクラブでやってほしい練習法です。クラブ試打のときにも使えますよ。

これをやると、マジックマリガンUTって良いなと思うはずです。何も考えずポーンと打つことも出来ますし、いろいろ操ることも出来ます

しばらく売り切れておりました UT用シャフト UT70が再入荷しました。UT70装着のマジックマリガンUTも販売再開しております。よろしくおねがいします。

マジックマリガンUT+UT70

是非お試しを

ってことで、また金曜日に


 


2019年10月21日日本オープンの砲台グリーンを観て思い出す

本日10月21日 21時から

マーク金井のYoutube生配信 マーク金井 ここだけの話 やります!! 日本オープン直後、ZOZO直前、どんな話が飛び出すか? Youtubeでは生でしか観れません


昨日は、日本オープン、ワールドカップラグビー 日本vs南アフリカ、日本シリーズとスポーツイベント真っ盛りでしたね。ラグビー日本代表は負けてしまいましたが、ほんと凄かったです。前回のラグビーワールドカップではほとんど興味を持たなかったT島ですが、今回は毎試合観てしまいました。ラグビーってすごい!! 日本代表すごい! 素晴らしい活躍でした。

ラグビーを観ながら調べていたのは、今週開幕しますZOZOチャンピオンシップの観戦ガイド。T島も明日と24日に観戦に行きます

面白いのはこちら・・・

持ち込めるバッグについて・・・

ウチの家人

『15cm×15cmのバッグとか持ってない』

『30cm×15cm×30cm以下の透明なバッグ?デパートの店員さんぐらいしか持ってないよね?』

と大騒ぎです。

『っていうかそんなバッグどこに売ってるのかね?』

よというので

『ZOZOTOWNに売ってるんじゃない?』

と答えました・・・(探してみたけど無いみたい)

明日雨だったら合羽が要るでしょうけど どこに入れていくんだ??調べているとありえないい感じで大騒ぎでございます。

ちょっと、これ混乱するんじゃないでしょうかね? 大丈夫かなぁ 一応こちらPGAツアーの標準的な規則だそうです

えーっと 日本オープン。ここにもドラマが起こりましたね。T島ですが、古賀ゴルフクラブには、存じ上げているメンバーの方も数名いらっしゃいまして、10回ぐらい行ったのかなぁ〜 だからその難しさはかなり理解しているつもりです。今、コースレートが高いという。ゴールデンバレーゴルフ倶楽部や鹿島の杜カントリー倶楽部なども、なんどもプレーしたことがあります。

T島、国内は500近くのコースをプレーしました。有名なところはかなり行っておりますが、古賀ゴルフクラブはとにかく別格に難しかったです。10回ともAグリーン(ベントグリーン)フルバックだったのですが・・・90を切ったのは1回だけ、5回ぐらい100なんかサクッと超えました。距離はフルバックでも7000ヤードを切るんですけど・・

一番最初行ったときが一番印象的でした。難しい、ほんと難しいよ!と聞いていたのですが、スタートして5番(日本オープンではインコースとなってます)まではバーも取れたし、パー外しのボギーだったですが、6番のPAR3をギリギリ手前に乗せて・・

『何だ大したこと無いな。行けるぜ80台』

と思ったんです。そこでグリーンのすごいマウンドの手前からパターしたんですが、少しダフったらマウンドを越さず傾斜を戻り、グリーンをこぼれ、砲台グリーンの下まで転げ落ちてしまったのです。そこをダブルボギーになり、これはヤバい・・

と思ったわけです。難しいけど・・ボギーでいいや 思えば何とかなるコースがありますよね?! えーっと古賀は必死でボギーを取り行ってもなかなか取れなくなります。テレビでは恐ろしさが伝わらない砲台グリーンの盛り上がり具合。バンカーにもアンジュレーションがあり、砲台グリーンを狙いたいのに左足下がりになってしまうんです。

グリーンの傾斜の手前に刻んでも、1度でも痛い目みると、砲台のプレッシャーが重くのしかかり、100ヤード以内のショットでも非常にプレッシャーがかかります。グリーン面に着弾しても、ものすごく傾斜がありますから、傾斜に弾かれてバンカーなんてこともあります。

ハーフを終えた段階でヘトヘトですね。脳疲労というのでしょうか?呼吸が浅くなるんです。後半はボーッとして 『早く終わらないかな。早く帰りたい』と言う状態になります。恐ろしいです。割り切れるようになるといいのですが、最初は叩きのめされて終わりでした。何度も泣いて帰りました

だから日本オープンを観ていても、4打差なんて無いに等しいと思って観てました。もちろんプロのレベルは、比較にならないほど高いのは知ってます。でもほんと10センチの差で、バーディになるし、ダブルボギー以上になるんです。

塩見プロの13番のバーディはチャンスはピンチでしたね。

行けると思って行けないのが古賀(スイマセン、素人がプロと同じように語ってはいけないですよね)

チャン・キム プロおめでとうございます。18番でバーディ取った時、決まったと思います。とにかく古賀は最後まで安心できないのです。スイマセン ただのオジサンなのに、コースについて語ってしまいました(汗)

通常営業でも、9番アイアンぐらいじゃないと止められないと思って焦るのが古賀です。やさしいウエッジを使いたいですね。(宣伝)

昨日のT島のゴルフ、一度もパーオンしないという記録を作りました。土曜日に松本のスタジオコアに伺って、佐藤コーチに教えていただいたことをやろうとして、上手く出来ないわけで(汗) でもコースでやらないとね。 いきなり上手く出来ないけど

しかしやさしいウエッジ、それも45度とかを多用することで、なんとかこんな感じ。パーオンしないけど、寄せワンの嵐・・・今回、気をつけたのはアプローチの番手選び・・

というのも、富士見高原ゴルフコースってグリーンはほぼ打ち上げ。左足上がりなんですね。ここでサンドウエッジを持つと、毎回ロブウェッジ持ってるみたいになるわけです。

ロフト角が少ないウエッジを多用することで、安定してボールを捉え、足も使えるという・・砲台グリーンや打ち上げのグリーンんだと、なんか知らんけどボールを上げたくなるんです

打ち上げ=高い球

と思いがち・・でも斜面に立っている。特に左足上がりだと、地面と平行に構えた時点で。ボールは必然的に高く打ち出されます。上に上がるばかりで距離が合いませんわな・・・斜面の分のロフトも考えれば普通なんですけど、どうもいつも使っているウエッジを持ちたがるんですね。(気がつくの遅いわ! グリーンが硬くて速いので意外と怖いんですよ)

ということで・・・

mmウエッジなら46度とか48度なんかあって、とても欲しくなりましたぜ。

ということで・・・ あっこちら観ていただいてありがとうございます

意外と好調な滑り出しです 今週も新しい動画配信します ってことで

今夜21時からの生配信お忘れなく!!!

では水曜日に


 


2019年10月18日今更聞けないシリーズ・・慣性モーメントって何だっけ YoutuberT島誕生

昨日ゴルフに行ったT島です。7月から一番叩いても84だったので、俺はもう大丈夫。もう90は超えないと思っていたら素で8とか打って93も叩いて凹んでおります。オークヒルズ激ピンだったなぁ〜 悔しいので激しく練習します(T_T)

えーっと一番良かったのが

ヤマハRMX220ドライバーに、島田のスチールシャフトにシャフトスタビライザーって組み合わせですね。安定して、キープレフトできました。

最近ちょっと忘れかけていましたが、カウンターウエイトってグリップ側を意識しやすいことを思い出しました。こちらやっぱり感じがかなり変わって良いです

手元のウエイトは色々効果があるみたいです。ホント是非試して欲しいわけです。

ちょっとやってみたいのがウエッジですね。フォロー側の手元の位置にこだわって練習しているのですけど、入れてみたい!!! やってみようと思います

シャフトスタビライザーを買った人が、リピートする確率を一昨年集計したことがあるんのですが

なんと約40%(38.13%)!

の方が、追加でオーダーしてくれていました。もちろん効果を感じない人もいます。(主にフェード系)ということで・・

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。

T島がどんどん構えにくく感じてきた ヤマハRMX220ですが

スライス系持ち球の球筋安定しない同伴者が『打たせて♡』というので、打って貰ったんですが、いい感じのフェードでメッチャ飛ばしておりました

  • 打感が柔らかい
  • 構えやすい
  • スゲー飛んだ

と絶賛 っていうか持ち主のT島を50ヤード近くオーバードライブしやがって・・・高く売りつけてやろうかと思いましたわ。買うてくれ

フェード系でボールを左に打ち出すことに慣れているゴルファーには、構え得やすいらしい。T島は左に打ち出したいけど、染み付いているフックのDNAが、『ちょっとちょっとと〜そのまま左に行って逆球でたらどうするのぉ』という心の声が出てきます(泣)

練習場では、左からフェードが気持ちよく打てるのですケド

ということで、エース候補から脱落なのか?

しかし、スライスに悩んでいる人でもフェースのオフセットが効果的なのか?意外と使えて、大慣性モーメントが球筋の安定を生むことがわかりました。彼のエースドライバーよりも明らかに飛んでいました。

慣性モーメントが大きいとヘッドを動かしにくい。スライサーというのは、インパクト時にフェースが開いて当たりやすいのです。でも慣性モーメントが大きいと開いたフェースを戻しにくい。

この弱点を補うために、ヤマハRMX220や、PRGRのegg5500などは、大慣性モーメントのヘッドは、フェースにオフセットをつけることで、インパクト時のフェースの開きを補っているわけです。

↑こうみてみると、エッグのが構えやすいね(汗)egg5500にディアマナDF入ってたやつよかったなぁ・・・

んで、慣性モーメントと よく出てきますけど、ここでおさらいをしてみましょう

というのも・・・

えーっとT島ですが、元々は広島で会社員だったのですが、その会社は、レコードレンタルや、ゲームリサイクルや、古着そして中古ゴルフショップを運営する会社で・・

中古ゴルフ部門担当でした。広島のレプトンというとこなんですが、YoutubeやりたいとT島にお仕事をくれました。『Youtube?大変だよ』と言ったのですがやりたいということで・・ それで打ち合わせしてたのですが、『どんな動画作りたい? えっ それって俺が出るの? それじゃ見積もりと違うよ 出演料取るよ?』的な話があり この度完成して公開となりました・・・

っていうか誰か観るのか?コレ? スゲー恥ずかしい 自分の出てるの編集するのつらいっす(泣)とは言え誰も見ないと悲しいので、チャンネル登録おねがします!!!ホントお願いしますよ〜

んでこの動画で慣性モーメントについて説明しているのですが

適当過ぎて モヤモヤしていました ということで 説明したいと思います(汗)

俗に言われる慣性モーメントとはヘッドの左右の慣性モーメントのことですね。ヤマハさんやら、ピンさんが慣性モーメントが大きくなりましたというと、この数値のことを指します。ゴルフのルールで規制されている慣性モーメントの数値はこの数値を指します(5900g・cm2以下)

ヘッドの重心位置を軸に、ヘッドが左右にどう動くかってこと

この状態で ヘッドが動きやすいか動きにくいかということかと・・

まあ厳密に言えば、重心はソールにはありません。ヘッドの内部にあるわけで・・・まあ3D的にイメージしてほしいのです!でも左右ということで、この写真でもいいんじゃない? T島にその厳密さを求めるなら、このブログを読んでいないと思います。スイマセン適当で・・ できる限りわかりやすく考えてるんです

この時にこのバランスが取れる位置つまり重心位置、これは後ろに有ればあるほど、ヘッドが動きにくくなるというわけです! これが前になればなるほど動きやすい。つまり動かしやすい。そして重心距離が長いと、ヘッドは動かしにくくなり、短いと動かしやすい。なんとなく↑を観るとイメージしやすいかと思います。

ヘッドの左右慣性モーメントと重心距離、重心深度というのは密接な関係があるということですね。重心位置というのはヘッドの体積を大きく影響がありそうということにもなります。動きにくいということで、ヘッド重量も慣性モーメントに大きく影響します

慣性モーメントですが他に

  • ヘッドの上下の慣性モーメント
  • シャフト軸の慣性モーメント

というのもあります。これはヘッド左右の慣性モーメントが増えれば、↑の2つの慣性モーメントも大きくなるというのは、なんとなくわかっていただけると思います。

この3つの慣性モーメントは、ヘッドの慣性モーメントです

それだけでなく、クラブ慣性モーメントというクラブ全体の慣性モーメントがあります。

現行モデルのドライバーでヘッド左右の慣性モーメントが5000g・cm2を超えるモデルは

この3つに加えて ヤマハRMX120ドライバーと、ピンG410プラスドライバーと、タイトリストTS2と6つあります。(たぶん・・・他に現行であったら教えて下さい)ドライバーの歴史ではこんな感じで存在します。

ということで、こんな視点でクラブをチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか?

この慣性モーメント 実はパターにも有効なんですわ・・ パターってヘッドがぶれてフェース面がインパクトであらぬ方向に向いたら チーン でしょ? なので、慣性モーメントにこだわっているものが多くあります。マーク金井はドライバーよりも、パターの慣性モーメントにこだわっているんです

アナライズRS1.5パターよろしくおねがいします。

ということで また月曜に


ツアープロも使っているゴルフの竪琴↓こちらでオンプレーンスイングの必要なハンドアクションを覚えよう

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2019年10月16日キープレフトするためにシャフトスタビライザーが有効かも

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ディープバック・シャローバック”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


あーあ ゴルフに行きたいT島です。ということでゴルフに行くことに。まだどこに行くかは決まっていませんけど・・明日行ってきます。

今、T島ドライバーが増えすぎておりまして・・・

  • PXG0811X
  • ヤマハ RMX220
  • ピン G400MAX
  • テーラーメイドM3 460
  • ヤマハRMX116

とこんなに増えております。そう言えばBSオープンで、某メーカーの方に

『T島さん、今のエースドライバーはなんですか?』

と聞かれまして この質問以外とメーカーの方に聞かれます。試打ラウンドとか行くと・・・今回もマーク金井ブログの影響力をBSオープンで感じたのですた、T島ブログとか誰も観てないハズです

『あーあーヤマハRMX220です』と正直にお答えしましたところ

『あーそう言えば、ブログにヤマハ買った書かれてましたね、てっきりプレゼントされたのかと』

んーーーーー プレゼントとかされたこと無いけど(まあアリゾナまで交通費自腹で取材にいったらプレゼントされたことあるけど、時間も経費がガッツリとかってますからね)

っていうか、御社がドライバーとかプレゼントとかしてくれたこと無いでしょ。そう考えるとわかると思うんだけど(汗)もっともっと有名な人ならそんなことあるかもしれないけど、言っときますけどT島レベルではありません。

ヤマハさんは、ヘッドだけで販売しているので買いやすいんです。

っていうか・・・

今からでも送っていただければ、すごく宣伝しますケド・・・

と言いたかったけど、何も言えなくて(秋)

ヤマハって意外だったのかなぁ〜 すごく良いとこあるんだけど、RMX220!でも ロフト角とフェース角問題で苦労しています。

ってことで、この5本から2本ぐらいに断捨離したいと思います。そしてピンG410を買うとか妄想しております。スタジオコアの佐藤コーチ、どれか買いますか? ほしいのがあったらメッセ下さい(ってなにそれ)

とゴルフクラブはサクッと買えるんです。いくらで売れるとか、商品知識があるからですね・・・でも・・・;

イラストをタブレットで書きたいのですが、タブレットはなかなか書けません。まあ毎日書くわけじゃないからですよね。ゴルフも毎日行くわけじゃないけど、毎週使いますからね

えーっとこちらの練習法

超私的な提案 クロスハンドグリップでドライバーを打つことのメリットとは!?

これは凄いので是非やってみてください。

えーっと、こちらのブログ・・

11代目ゼクシオとGOLFTVが発表されました!!

まあ新しいゼクシオのウエイトプラステクノロジーにモヤモヤしたわけです。ぶっちゃけテクノロジーと言われてもなぁ・・ ナンバーワンブランドじゃなくて小さいところならまだしも

しかし・・・ カウンターウエイトの効果を最大手が認めたという T島的にはこういう理解をしたわけです。前述のマーク金井のブログ

・骨盤を開いたインパクト
・振り遅れた状態をキープしたままクラブを振る
・インパクトゾーンでリストターンを自発的にしない
・ハンドファーストでインパクトを迎える(インパクトゾーンでヘッドはグリップエンド を追い越さない)
・シャローな軌道のダウンスイング&フォロー

これがT島もテーマなのですが、これをやるためにはグリップがいつも身体の左サイドにあって、ヘッドはそれを追い越さず右側にあることが大切となると思うんですね。

先日拝読した 和田泰郎プロのこの本

とても面白かったのですが、ではグリップをキープレフトしつづけることということで、キープリフト理論と名付けらています。教習所で習った運転の基本と同じ言葉で覚えやすいです。T島的には、ジャイアントスイング的な動きになると思うんですよ

ということで、和田泰郎プロの本はT島的に今一番おすすめなんですけど。このグリップとヘッドの位置関係が覚えやすいのって、もしかしてカウンターウエイトが有効なんじゃないかなと思い始めて・・・

スチールシャフトのドライバーにシャフトスタビライザーを入れてみました

えーっと素振りしてみましたが、グリップ側をとても意識しやすいです。ハンドファースト感が出ます。ちょっとちょっとぉってぐらい感じます。

シャフトスタビライザーって素晴らしいのは、もう良いや!と思ったら抜けます。残念ながらグリップの空いた穴は元には戻りませんので、シャフトスタビライザー使うなら高価なグリップよりも安いグリップを使うことをオススメします。

ちょっとラウンドでガッツリと試してみたいと思います。

ということでシャフトスタビライザーを練習器具的に使う方法を考えましたが・・・

  • トップの収まりが良くなる
  • タメの角度が深くなる
  • インパクトで手が浮きにくくなる

と言う効果があります

シャフトスタビライザー

手元のウエイトは色々効果があるみたいです。ホント是非試して欲しいわけです。

パターでは手元の動きが安定するで、ヘッドの動きも安定します

ということで是非お試し下さい

ということで、シャフトスタビライザーの効果は金曜日に



2019年10月14日今更ですがピンG410ドライバーが欲しくていろいろ調べてみた

アナライズ社員旅行からの連休で、しばらくメール返信や商品の発送をお休みしておりましたが 10月15日(火)より通常通り営業いたします

Youtube動画 新シリーズ『ゴルフの真理』今回は、可変ロフトの真理 に、ついて語っています。動画の続きは こちらで

https://filmuy.com/analyze/video/


台風の被害は大丈夫でしたか? すごい雨でしたね。被害も広がっていて心痛みます。T島もいまだかつてないほどに、台風に備えましたよ。昨日は富士見高原ゴルフコースで、久しぶりのゴルフの予定でしたが、高速道路が通行止めで行けず、今日に予約を切り替えても、復旧の目処が立たない箇所があり、諦めました。

それはそうと、昨日はプロ野球のCSからの、ラグビー・ワールドカップの日本とスコットランド戦が盛り上がりましたね。いやーすごい試合でしたね!ラグビーって面白いですね。そして観戦が疲れますね。ラスト10分が緊張しすぎてヘトヘトでした。しかし日本代表素晴らしいです。

台風の影響で、T島の愛する河川敷に作られたコースが、水没しております。赤羽ゴルフ倶楽部、古河ゴルフリンクス、戸田パブリックゴルフコース、ニッソーなどなど、心が痛むぐらいの状況です。そもそも治水として河川敷が広大になってそのペースを利用しているので、未曾有の災害の時にはこうなってしまうのでしょう。早く復旧しないかな・・そのためにお手伝いしたいぐらいです。

ということでゴルフしておりませんT島 寂しいっす

ゴルフしないと、物欲が増します。T島が欲しいのは、今このシャフト

マーク金井がええでぇこのシャフト(↑クリックmm88と、100万回言うので欲しくなってしまいました。T島ももちろん試打してみていますが、ホント良いですよ

そしてコレ

G410プラスの10.5度

前回のブログでも書きましたが、T島、広島に行って中古ショップのYoutubeを撮影しました。そこで聞くのはやはりピンの人気の高さです。先日ゼクシオが発表されましたが、来年以降もピンの人気は続くでしょう。T島もピンのG410が欲しいなぁ なんて思い始めております。改めてピンG410シリーズの魅力に迫ってみたいと思います。

ピンG410ドライバーですが、G410プラス、G410LST、G410SFTとあります。ご存知のように、プラスが標準的で、LSTは低スピンにしたもの、SFTは捕まりを良くしたものです。気をつけてほしいのは、SFTが捕まりを良くしたと言いますが、スライサーが真っ直ぐ飛ぶとか、スライサーがドローが打てるというものではありません。

そもそもピンのドライバーの特徴として、重心位置を低く深く、そして慣性モーメントを大きくするというのをテーマに、G20ぐらいから取り組んでいます。慣性モーメントを大きくしようとすると、ヘッドの後方、周辺部にウエイトを配置する必要があります。

必然的に、慣性モーメントが大きい=重心距離が長く、深くなります。

ということは、フェースローテーションさせて打つ、つまりヘッドを意図的に返そうとするのが難しいヘッドなんです。ということで、G410SFTはヘッドのヒール側にウエイトを集中させることで、重心距離をG410プラスよりも短く、深度も若干浅くなってしまいます。

短く、浅くと言っても重心距離が41.2ミリ(プラスは45ミリ台)とか深度が43.5(プラスは45ミリ台)そして慣性モーメントが4710gcm2と他のメーカーのドライバーに比べるとガッツリと長くて深くてデカイので(ちなみにゴルフクラシックさんが計測した2019年度のドライバーの平均は重心距離が40.0ミリ、深度が38.7ミリ、慣性モーメントは4411gcm2)とフェースが返しやすいヘッドではありません。

そしてG410LSTですが、低スピン化するために、重心深度を浅くしています。浅くするとということは、慣性モーメントが減ります。そして重心高を下げやすくなります。(低、深重心というのは難しいテーマなんですね)ということで・・・

ヘッドスピードが速くなるとスピン量が多くなりやすいんです、ヘッドスピードが速くて、スピン量が多い人向けのヘッドということです。ということで特性的には、プロや上級者が好んで使うことも頷けます。

えーっと、T島みたいなミーハーな人は、『プロが使うからLSTが良いんじゃね?』と思うはずです。わかりますその気持! ここでちょっと待って下さい!!! ヘッドスピードが早い人はOK!です

チコちゃんは聞きました

『ピンが目指している、低くて深い重心、そして慣性モーメントを最も追求しているのは、どのモデル?』

はい。T島は答えます G410プラスです。

でもLSTが欲しいです というと ボーッと行きてんじゃねーよ と言われるはずです。ここでT島は考えました、実はG410プラスより、ピンっぽい(深紅て低くて、慣性モーメント大)ドライバーがあるよね! それは何だ!!!

ハイこれ

G400MAXです。えーっとこんな事書いたら、どっちのメーカにも怒られるけどこれも・・・ヤマハRMX220ドライバーなんてかなりピンっぽい

どちらのモデルも、G410プラスよりも慣性モーメントが大きいです。深、低重心です。

でもG410の魅力は、他の外ブラが、フェースの反発をルールギリギリにするために、AIをとか樹脂がーとか、なんてフェースのこと全く言ってない癖に、フェースの弾きが良いです!!!

あとマーク金井が言うには、純正シャフトがとても良い

マーク金井はALTA J CBがお気に入りで愛用しております。そしてTOUR 173ってシャフトもホント良い出来です。こんなに純正シャフトのバリエーションがあるのは偉い!!!

T島はミーハーなので、フジクラスピーダー569エボリューション6 SRを入れたいっす。

例えばLSTにしてスピン量が少ないなぁ とかプラスでもスピン量が・・・という方は

USTマミヤ アッタス11なんかを入れると打ち出し角アップして、スピンがいい感じになるかも?(マーク金井もそんなこと言ってました)

えー やっぱりですね ピンG410が売れる理由がよくわかります。でも G410にしたら右プッシュが増えたと言う人も意外といます!

これは、インパクトでフェースが開いてしまう人ですね。重心距離が長くて慣性モーメントが大きいとヘッドが動かしにくいので、インパクトでフェーススクエアに戻しにくいんです。ピンは、イマドキのドライバーはこういうもんだ!と思っていますから

普通の構えやすいヘッド形状にしています

しかし 他のメーカーでせっかく慣性モーメントがデカイのに挑戦してると

PRGRさん

ヤマハさん

フェースにオフセットをつけて、インパクトでスクエアに戻りやすくしています。どちらも素晴らしいクラブなんですけど(ヤマハとか買ったし俺)ピンさんみたいに開き直って欲しい やっぱり構えにくい

マーク金井のセミナーにスライス撲滅セミナーってのがあるんですけどね、スライスに悩んでいるのに、ピンとかテーラーメイドとかキャロウェイとかのボールが捕まりにくいモデルを使っている人がとっても多いんです。

いわゆるプロ仕様モデルなんですけど・・・だってカッコいいモン。T島はその気持が痛いほどわかる! 他の人は知らないけど T島的には 『カッコよさは正義』です

じゃスイング的に解決しようよ!!! カッコいいピンでカッコいい球を打とう!!

プロも使っている フレループでしょ!!!ね!!!

T島もゴルフがない日曜は、いつも午前8時からゴルフ侍からの午前9時のゴルフ天下たい平を観ているんですけど・・・

なんと林家たい平さんのレッスンでも使っていただいてました

マジコレ効きます! イマドキの大型ヘッドを使いこなすにはコレで練習しましょう!!!

ということで G410が欲しい!!いつまでたっても衝動買いが止まらないT島でした

ではまた水曜日に


今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。