アナライズstoreblog

2019年10月30日「松山英樹がオリンピックで金メダルを取るためのドライバーは?」と言う勉強会に参加した

マーク金井チャンネル 新しいセミナー動画公開しています

切り返すなという・・『切り返しセミナー』


えーっ 新しいセミナー動画↑公開しています。もうこれが大変、ホント大変なんですが、頑張って編集しました。ぜひご覧ください

切り返しセミナーですが・・・

切り返さないことをマーク金井がじっくりと教えてくれます

はい。切り返さないんですよ!T島もじっくりと取り組んでおります。じんわりとがんばります。えーっと11月のセミナーですが募集を開始しております。

11/4(月祝) 11時00分〜ハンドファーストセミナー 満席
11/4(月祝) 13時30分〜NEO フレループセミナー
11/24(日) 11時00分〜振り遅れセミナー
11/24(日) 13時30分〜アプローチセミナー

皆さんの参加お待ちしております。以前は一瞬で埋まっていたセミナーですが、今はそうでもありません。もしかして、セミナー動画を観て、なんだろよくわからない質問出されて、ちゃんと答えないと、小学生でも答えられるとか、答えられないの?ダメだろ的な場面をみると、怖いなぁと思う人も多いかもしれません。(T島思わず、小学生は答えられないだろとツッコミ入れたこともあります) 最近は募集人数も増えておりますんで、質問も少なめです!!気軽に来て欲しいわけです(汗)物理の公式とか・・ 理系がみんな公式覚えてるわけ無いでしょ(T島も理系ですが、大学で誰もがそんなこと習いませんよね)

そもそもわからないから参加するんですから・・お気軽に!

ぜひぜひご参加お申し込みください。プライム会員じゃなくても大丈夫です

月曜日は、NPO法人ゴルフアミューズメントパーク が主宰する勉強会、「GAPKクラブハウストーク」に参加しました。そもそもゴルフアミューズメントパークをご存じない方がほどんどでしょうから説明しましょう。

ゴルフアミューズメントパーク(GAPAK)

日本のゴルフの魅力をさまざまな活動を通して、ゴルフをされない方やもっとゴルフを楽しみたい方など多くの人々に良きゴルフを伝えることをおこなっています。

という団体です。WEBサイトはこちら↓クリック

関係ないですけど、先日日本オープンを開催した古賀ゴルフクラブのことを、仲間内ではゴルフアミューズメントパークと呼んでました。ゴルフ場だと思うとスゲー叩いてつらいけど、ゴルフアミューズメントパークと思えば耐えられると言う意味でした。ゴルフって、堅苦しいというか、アミューズメントパークな感じがないので、素晴らしいネーミングかと思います。

スイマセン、その勉強会ですね

演題は「松山英樹がオリンピックで金メダルを取るためのドライバーは?」

講師は、GAPK理事のクラブデザイナー松吉宗之さんでし。松吉さんは、フォーティーンで竹林隆光氏に師事し、クラブデザイナーとなり、昨年独立され今は、ジューシーという会社を立ち上げておられます

クラブマニアなら、ジューシー?知ってる!という方もいらっしゃるでしょう。市原広大プロや、今期二勝の浅地洋佑プロが使っているオリジナルウエッジを発売されています。

こちら松吉さんの連載面白いので是非

もう一つ別の顔があります。T島が何度も取り上げておりますゴルフクラシック誌の毎年8月号に付属している重心ハンドブック。こちらの計測を1997年からフォーティーンが担当していたのですが、フォーティーンで実際に計測していたのが松吉さん。退社されてから、計測もジューシューつまり松吉さんが担当しています。

その数2179モデル! アイアンの重心ハンドブックも調べてますので(2086モデル)合わせると4265モデルということになり、たぶんこれはギネスに載ってもいい記録かと思います。

世界一クラブのスペックを知る男

なわけです。T島は、自称ですが日本で一番重心位置にこだわるゴルフライターと思っています。(文句のある方スイマセン。自称ですからお許しください)なので、もう話が面白すぎて萌え萌えでした。

まず・・

クラブの評価基準の単純化を求めすぎ じゃないですかね? と まあ皆さんの興味があるのは

それ飛ぶん? それやさしいん?

という非常に単純なわけです。飛ぶというのには5W2HがあるとおもうT島は、そういう質問されるとちょっとモヤっとします。

  • WHAT
  • WHO
  • WHY
  • WHERE
  • WHEN
  • HOW TO
  • HOW MUCH

これさえハッキリさせてくれれば、答えようがありますよね。SNSで飛ぶん?と聞かれても、失礼ですがどちら様ですか?と言うところから入るしかないわけで・・

もっと評価基準を明確にしていないので迷走してしまうと言う話から、重心性能でクラブの評価をするようになった経緯。というかそもそもパーシモンは重心位置のコントロールという意識があまりなく・・・経験則による顔であるとか、形状によるものばかりだったのが、だんだんソールにバタフライウエイトとか付いて、そして

パーシモンからメタルになり

ヘッドに空洞が生まれる

これにより、空洞化→慣性モーメントが大きくなる。それがドライバーの進化の拠り所となってきたという・・

今まではシャフト軸から近いところに重心位置があるクラブを上手く使えるの上級者だったのが、ここから変化してきたのだそうです。

パーシモンからメタル、メタルが220ccぐらいまで大型化できるようになり慣性モーメントも大きくなってきます。ヘッド体積に一つ0(ゼロ)をつければ、大体の慣性モーメントになると言われていたそうです。

220ccのヘッドだと2200gcm2ってこと ってことは460ccのヘッドだと4600gcm2と、ほぼあってますよね?!

慣性モーメントはルールで規制されているのですが

このグラフ↑芯を外した時に、ヘッドがブレる度合いをグラフにしています。例えば慣性モーメントが1000gcm2の場合は20ヤードぶれていたのが、慣性モーメントが増えると、ブレ幅がどんどん減っていき、4000gcm2を超えると殆どブレ幅が変わらなくなるというグラフです。これは竹林隆光さんがご存命の頃、直接伺ったことがあります。

ちなみにアイアンですが20年前は3000を超えるものがかなりあったそうで、20年前のが進化していたそうです。(慣性モーメントと言う視点ならですけどね)ちなみにピンG410アイアンは3000超えてます。これは軟○鍛○神話などもあり、まあいろいろ理由が推測されるそうですが全部は書けません(汗) T島的にはビッグバーサアイアンなど重心距離が超長く、慣性モーメントが大きそうなのに、実際は2000行ってないとかなんて話を聞くと、T島もまだまだイメージの世界の人なのね と思いました。

アイアンの慣性モーメントですが、平均でいくと1997年の2609gcm2が最大で、2019年は2383gcm2とどんどん減ってます。一番減ってるのが2017年の2341gcm2 あまりアイアンは調べたことがなかったのですが、改めて見ると面白いですね。

えーっと竹林隆光さんを信じてないわけではないのですが、T島思わず質問してみました!慣性モーメントが4000gcm2を超えても効果が変わらないというのですが、2019年になって、2008〜2010年にでてきていた5000gcm2を超える大慣性モーメントのドライバーが再び登場してきましたよ 理由は何だと思いますか?

と聞いてみた

この数値はヘッド左右の慣性モーメントですが、上下の慣性モーメントを増やしているのでは? 上下の慣性モーメントに注目して増やすことで、結果左右の慣性モーメントも増えたのでは?とのこと、あとここ数年の傾向としては、FP値(フェースプログレッション値、シャフトの軸線上からのフェースの位置、数値が大きいほどシャフトよりフェースが前に出ている)がどんどん減っている。(ここ22年の平均では最低値になってます)慣性モーメントが大きいデメリットを消している(インパクトでフェースが戻らない)などもあるんじゃないかとのことでした。

T島も、効果を感じてるのですが、裏付けがあって嬉しい感じです

FP値の平均とかみたことなかったのですが、面白なぁと思いました。これ調べて気がついたのですが、アイアンはここ22年でFP値の平均が一番多いのは2019年なんですよ。グースは売れないという流れなんでしょうかね?

んで皆さんが気になる

松山英樹がオリンピックで金メダルを取るためのドライバーは?

ってやつですが、ここでは書けません(汗)昨日のマーク金井の有料メルマガでは書いちゃったけどね。んで、まだまだネタがあるんでまた続きを書いてみたいと思います。

ほんと面白かったわぁ・・

ということで

また金曜日に


マジックマリガンUTに島田シャフト K’sハイブリッド装着モデル登場

心地よいスチールのしなり感をお楽しみください↑クリック

 

 

 


2019年10月28日ZOZOを観てアイアンについて考える

えーZOZOチャンピオンシップですが!!

月曜日まで試合がもつれましたが、素晴らしい試合でしたね。T島土曜のチケットを持っていたのですが、無観客試合と言う情報を前日に掴んでいましたので、まあ残念でしかありませんでした。現地では無観客試合というのを会場で知ったと言う人がとても多かったらしいです。まあ朝 知ったとか、会場に着いて知ると昇華できないかも・・

T島は、現地のひどい状況をSNSなどで掴んでいたので、まあしかたないね。って感じ 日曜日にこんな記事がアップされて

想像を超えて凄かったようで、有り難い限りです。プレー中も修復していたということなので、お客さんがもし入っていたら、修復作業に支障をきたすはずですから、土曜に2ラウンド目もできなかったでしょう。批判もありますが、興行ですからね

思い起こせばT島が、高校生の頃必死の思いで、ポール・マッカートニーのLIVEのチケットを手に入れ、新幹線のチケットを買っていたのに、空港で大麻で捕まり公演は無くなったという・・・えーっと 新幹線のチケットは払い戻せますし、LIVEのチケットは20年後にヤフオクでスゲー高く売れましたので、今では笑って話せますケド。

そー言えば、数年前のポール・マッカートニーのLIVEも、チケットを手に入れたのに体調不良でキャンセルされたりした(汗) ポールぅ〜(泣)T島の友人は、海外赴任先のベトナムから来てましたが、『残念っす。美味いもの食べます』と言ってました

残念ですが、来年からやらないって言われたら困る 6年間はやってもらえるように応援したいと思います。

えーっと結局22日と木曜日にZOZO行きました。選手のクラブをT島がチェックしておりました。前回のブログではドライバーに注目しましたが、今回はアイアン!! ほとんどの選手が マッスルバックアイアンを使っていましたね。ヘッドがデカイキャビティアイアン使っている人は誰もいません。せいぜいタイトリストのT100的な、複合素材をつかってミスヒットに強くしているけどヘッドサイズが小さいアイアンです。

テーラーメイドのP760アイアン、ジェイソンディとかが使っていました。

このアイアンも結構ヘッドサイズちいさいですね どうして、ヘッドサイズが小さいのか?

  • ラフに負けにくい(ヘッドが小さい方が抵抗が少ない)
  • そして球筋を操りやすい(重心距離が短く、重心深度も浅い)

からだと思います。たぶんZOZOを現地やテレビで観た人ならおわかりかと思いますが、球をめっちゃ曲げています。そもそも ここから狙えるの??みたいなところからボールを曲げて グリーンの乗せていました。

習志野カントリークラブは、ホール間が林でセパレートしていますし、PGAツアー開催コースとしては、狭いと感じました。その日本的林間コースにティショットを打ち込んだ時は球を曲げてターゲットを狙っていました。

練習場でも、球の高低の打ち分けを入念に練習してる選手が多かったです。どの選手も300ヤード近く飛ばせるので、アイアンだって飛びますから、ぶっ飛び系アイアンとか必要ないでしょう。

ドライバーは、重心距離が短く、重心深度が浅いと、芯に当てやすい。慣性モーメントが小さい方がヘッドを動かしやすいので、動かすことに慣れていたらヘッドにボールを当てやすいのです。パーシモンドライバーをアナライズのセミナーで打った人は、みんな振りやすいといいます。

アイアンも同じく、重心距離が短く、受信深度が浅く、ヘッドが小さいと、慣性モーメントは少ないですから、ヘッドは動かしやすく、動かすことに慣れていたら ヘッドにボールを当てやすいし、操りやすいと感じるでしょう。

難しいというのも抽象的な表現ですよね。

  • ヘッドに当てやすいけど、ミスヒットした時のブレが大きい
  • ヘッドに当てにくいけど、ミスヒットした時のブレが小さい

そもそもどっちがヘッドに当てやすいか? ということが一つ。アナライズのセミナーでずっとやっているのは、慣性モーメントが大きいクラブをどう操るのか?という手段。スイング中の慣性の力を使ってボールを捕まえるのか、意図的にヘッドをターンさせるのか?どちらが正解でもなく、それは手段にすぎないのです。

T島ですが、小さいヘッドのアイアンとか、芯に当てやすいと感じます。なのでマッスルバックとか使ってみたいなぁ なんて思うこともあります。このピンのブループリントアイアンとか、打ってみたらバンス角がしっかりついていることもあり、飛距離もそんなに落ちなかったし、かなり好感触でした。

でも、慣性の力を使って打ってる人はどっちでも打てると思うんだよね〜もう引き返せないし・・・

T島的には、ヘッドが小さいから難しいという感じではなくて、芯に当てやすいけど、曲げやすいということは、打点のズレで曲がりやすいよねってのが気になるわけです。もうもう少しヘッドスピードがあったらチャレンジしてみたいんですけどね

で・・・T島的にこだわっているポイント

優先順位はこんな感じ

  1. バンス角がしっかりついていること(角度はともあれバンスが効くこと)
  2. 重心が低すぎないこと(スピンは必要です)
  3. 慣性モーメントが小さくないこと
  4. ヘッドは小さいと不安だけど、大きすぎたらヤダな

と言う結論に達しました。まあでもさあ

ぶっちゃけ↑こういうの使ってみたいですよ。HAYABUSAアイアンも気になるし。

と言う視点で考えると、アイアンはまあそのままでいいなと思うわけです。まあタイガーみたいにボールは曲げて狙いたいですが・・・

はい・・T島も使っております mmアイアンです。アマチュアがシンプルに使うにはコレが良いかと思いますよ⇩クリック

特にソールが上手く使えると、とっても気持ち良いです。↑オススメしたいですぜひクリックしてみてね。T島の優先順位をバランスよく保っています

あっ⇩こちらの動画もよろしく

↑ 是非チャンネル登録いただけるとT島嬉しいです

では また水曜日に


マジックマリガンUTに島田シャフト K’sハイブリッド装着モデル登場

心地よいスチールのしなり感をお楽しみください↑クリック


2019年10月25日ZOZOチャンピオンシップでいろいろ考えました。

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”30年前と現在シャフトの方硬さ”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


えーっと昨日はZOZOチャンピオンシップ初日に行ってまいりました。実は今日のチケットを買ったとばかり思っていたのですが、チケットを引き換えようとローソンに行ったら、初日だったという。家人にメッセージ入れたら、えらく怒られました。(働いてるので)何とか休めるということで、事なきを得ることができました。

って今日の競技は中止で、順延だそうです。

今日のチケットを持っている方残念です。PGAツアーなのですが、

昨日は18000人ぐらいのギャラリーが入場したらしいです

タイガーの組は凄い人でした。男子ツアーは人が入らないと言う話ですが、人気選手さえ来れば、こんなに人が来るんですね。まあどこを見てもスター選手で、スゲー球を打っていました。素晴らしい

ボール初速が速くてボールが目で追えない。コースとの相性ですが、明らかに『どこ向いてるの?』という林の上とかを狙って打ってます。だからナイスショットなのかどうかもわかりません。声かけにくいです(ボソ)

あとPGA基準なんでしょう。ロープの位置がすごく近いので、すごく近くで見れます(特にグリーン周り)結構ギャラリーの中に打ち込んでる選手多いです。ロープが近いので、カメラマンの方とかは、いつもと勝手が違うそうで、戸惑ってる人が多かったというこぼれ話も聞きました。

そうです、通常はカメラマンが構えている位置で観れるんですよ!!!(まあ軽く危険ですけどね)あと見れるスペースが増えるんでとてもいいな〜と思いました。

タイガーと松山英樹の組の人がすごかったです。有名なプロ以外にも温かい拍手を送っている日本のギャラリー素晴らしい・・しかしどこでもスマホを出して写真や動画を撮ろうとする人が多く・・・ガッカリです

動画撮影OKのエリアがあります。そこで撮りましょうよ?そもそも動画そんなに撮ってどーするんでしょうね?SNSにアップしたり友人に見せて自慢したいのでしょうか? 目と耳で彼らのプレーを観たほうが良くないですか?

T島も練習場は動画OKなので、トミー・フリートウッドや石川遼の練習風景を撮りました。どこでも撮って良いわけじゃないんです!!

今から観戦に行かれる方 T島が22日24日に行って感じたことワンポイントアドバイス

バスは並ぶので、印西牧の原駅から歩いたほうが速いかも(40分弱)

帰りは4番ホールの出口から出れるから20分で印西牧の原駅へ行けます

皆さんゴルフウェア的な発想で着る物を決めている感じですが、動かないので、ゴルフしている時よりも寒いです。風も吹くので当日の最低気温想定ぐらいで丁度いいかも。

あんまり歩かないかも?と普通の靴で行くと、足元はかなりグチャグチャとなっております。泥だらけになるかも?防水機能のあるスニーカーもしくは、スパイクレスシューズがオススメ

お土産品ですが、ZOZOTOWNで通販で買える物がほとんどですので、調べて買ったほうが良いよ

こんな感じです

えーっと・・・世界のトッププロが集まって、12000円払って、18000人が入った試合を観戦したのですが・・・T島は、音楽や落語、他のスポーツ観戦などLIVEによく行きます。こんなすごい人が来てくれて試合が見れるのは嬉しいのですが、ぶっちゃけゴルフ観戦って大変です。

そもそもゴルフの試合を観戦したいというのは、相当なマニアじゃないかと思いました。

  1. 会場が遠い。
  2. 観てる時間より待ってる時間のが遥かに長い
  3. 見れる場所を確保するのが大変
  4. 会場内の移動距離が長い
  5. 天候にものすごく左右される
  6. 飲み物、食べ物が高い(美味しくないことが多い)
  7. 観戦マナー大切、静かにしてないといけない(お子様連れて行きにくい

はい。なかなか難題が多いですよね。KBCオーガスタは、食べ放題、飲み放題なんてやってました。これは面白いかったですね、

全ホールにカメラを置いて会場内で生配信するのもいいでしょう。それを観ながら待つとかいいいかも! やっぱり毎ホールにオーロラビジョンを置いて、くれると嬉しいな。ZOZOの場合はGOLF TVの生配信を観て時間を待ち時間を過ごせばいいのか!!気がつくのが遅かった。

天気はほんと、雨だとつらい。寒いとつらい、暑いとつらい

ゴルフ観戦ってほんとに大変ハードルが高いことがわかりました。なのにバンバン人が入ってるってやっぱり凄いです。ほんと生で見るとすごい世界です。みんないい音させているし、凄い球打つし、凄いショットバリエーション。

ZOZOはいろいろトーナメントって観るの大変だけど、観に行く価値あったなと思いました。

ホントにZOZOの前澤さんに感謝です。タイガーと一緒にロープの中で観てたけど、観客も感謝していて『タイガー!』と言う掛け声だけでなく『前澤さ〜ん』って声も飛んでた!!! ありがたい限りですよね。職権乱用って、そもそももう職権無いでしょ。っていうか、たぶん前澤さんが職権乱用して、このトーナメントやっちゃったんじゃないの?

日本のゴルフファンにとって凄いことやってくれたんです。表彰したい!!!

観客呼んで儲けようとかって感じじゃないですよね?すごい試合を日本で開催したら、当然お客さんが

バーンと来た!!!

男子ツアー来場者が来ないというけど・

ホントになかなか見に行くのは大変なのに、来てくれている人がいる。コレって凄いことです。だってZOZOみたいに、すごい選手が来てくれて凄い価値あるとわかっていても、トーナメント観戦ってほんと大変だなと思うわけで・・

と言うとこからスタートしたほうが良いと思います。

  1. 会場が遠い。→素晴らしいコースより、アクセス優先。
  2. 観てる時間より待ってる時間のが遥かに長い→生配信やラジオの活用
  3. 見れる場所を確保するのが大変→ロープを近くするとスペース増
  4. 会場内の移動距離が長い→移動スタンプラリー
  5. 天候にものすごく左右される→雨の日はキャッシュバックor飲み放題
  6. 飲み物、食べ物が高い→定額もしくは、定額ですべて食べれる
  7. 観戦マナー大切、静かにしてないといけない→子供の声ならOKじゃない?とか・・

まあ思いつくままに書きましたが(すいません適当で・・)、男子ツアーの試合が少ないのは? そもそも観戦する人が少ないのが問題なのでしょうか? お客さんが少ないから男子トーナメントの試合が少ないの? 確かにお客さんは少ないですが、ハードル高いんだししかたないかも?? なんか女子ツアーと観客数だけ比較してない?

なんか、そこに決めつけてない?

スポンサーはコスト対効果が良くないから降りる。なんか面倒くさいことがあったりしたかもしれません。降りたスポンサーにリサーチしてるのでしょうか?

人気が無いってかなり抽象的ですよね。お客さんが来ない=人気がない となってないかなとか?モヤモヤしますT島的に・・・スポンサーに人気がないだけとか?

降りたスポンサーに理由を聞いてみよう! それは不況になったからとかいうかもしれないけど、それはコスト効果にあわないから投資しないということだけですよね? キャノンオープンとかお客さん結構入ってたよね?

トーナメントのバランスシートとかみたいです。そしてスポンサーへのリサーチ、真の原因って誰も知らないんじゃないかと・・・ 問題点がわかったら、ほぼ問題が溶けているはずです。やればいいんだから・・問題点を一本釣りで決めつけている部分もあるんじゃないかな〜

なんてZOZOに行って思いました!前澤さんみたいな、ゴルフバカな人を見つけてそそのかすって仕事も大切かと

今回ですね やっぱりT島的には観戦しつつ使用ギアが気になる

タイガーウッズ、ローリー・マキロイ、マシュー・ウルフ他にも、いろいろなプロがつかっておりました。テーラーメイドM5が欲しくなったなぁ。そうそう○平智もコレでした

ジェイソン・ディとトミー・フリートウッドはM6だったよーな

ザンダー・シャウフェレ、石川遼、ガルシアなど キャロウェイ エピックフラッシュサブゼロでした

サブゼロについてはこちらのYouTuberT島の動画で説明してます(汗)

こちらもチャンネル登録、高評価お願いしマス

あとパトリック・リードは

G400LSTでした

アダム・スコット、ジャスティン・トーマス、ジョーダン・スピース

タイトリストTS3ドライバーでした

いやーなんだかねぇ 物欲が増すわけです。彼らが使ってるだけで欲しくなっちゃうんだよね〜

ドライバーは打てそうに感じるけど、アイアンはちょっとなぁって思ってしまう。アイアンってすごく操って打ってるんだもん

はい・・mmアイアンです。アマチュアがシンプルに使うにはコレが良いかと思いますよ⇩クリック

ということで、ZOZO凄かったです

ではまた月曜日に


マジックマリガンUTに島田シャフト K’sハイブリッド装着モデル登場

心地よいスチールのしなり感をお楽しみください↑クリック


2019年10月23日ZOZO練習日行きましたandユーティリティが得意になる?練習法

ZOZOチャンピオンシップ開幕しました。昨日の練習日、T島も開場に足を運びましたよ。朝からの雨にもかかわらず1万人超えのギャラリーが入ったそうです。告知しました

こちらで、T島のまわりは大騒ぎ・・・色々なお店で探したり、ギャラリーバスの中には、ビニールで自作している人もいましたけど・・

当日になり・・・大会公式ツイッターで

↑えーっと 関係ないんかい!!!!!

T島ブログを読んで頂いてる方に会場で、『T島さんのブログで、慌てたけど関係ないみたい』と言われまして申し訳ない感じでした(泣)バッグが持って入れないので、衣類なども持ち込めず、降り続く雨のためにめっちゃ寒くて風邪気味です・・・・

えーっと明日から本戦ですが・・・

規制は緩和させるようです

『T島さん、こういうの(関係者的パス)無いんですか? 』

と言うご質問を受けました。残念ながら全くそういうものがなく。チケット買ってきてるわけで・・・・っていうか、雨がすごすぎてあまり練習も練習ラウンドとかしませんでした(泣)

小平智プロはラウンドしてましたが、何やら関係者がゾロゾロとついて回って、見えにくいんですよ。観客ファーストでお願いしたい!6000円お支払いして、雨の中観ているのですから、取り巻きの皆さんもギャラリーに対する配慮は必要かと思います。

大名行列、あまりスマートでないかなぁ〜 残念カモ

一方・・パター一本もって、キャディとコースをチェックするプロもいます。トニー・フィナウ?ハロルド・バーナーⅢ?ちょっとわからなかったんですが、カッコいいです!写真も一緒にとってくれたりしていました。

こっちのがカッコいいと思いました

T島が昨年一緒にラウンドしたパット・ペレスも回っていました。日本選手では、浅地プロ、香妻プロがラウンドしていましたね。寒くて早々に退却しましたが、この悪天候で祭日とはいえ1万人も来るなんてスゲー(汗) と思いました。晴れたのは一瞬だけ

ギャラリーバスは30分ぐらい待ちました。だいぶ慣れてくるはずなので、本戦はもっとスムースにいくでしょう。

明日も会場に足を運びます。うちの家人がジェイソン・ディが好きなので、その組あたりに付いていいるでしょう。

皆さんアイアンは何番から入れていますか?T島ですが、最近アイアンがきれいに打てるようになったので、5番からにしていました。T島がよくラウンドする富士見高原ゴルフコースですが、PAR3以外、グリーンがほぼ打ち上げなんです。そして硬くて速いグリーン。5番アイアンでグリーンを狙うと、直接グリーンに乗せてしまうと、グリーン奥まで行ってしまうんです。

ということで5番アイアンを抜いて6番アイアンからにしていましたが、10月に入ってから、6番アイアンも抜いて7番アイアンからにしました。UTの27度、30度まで入れるようになりましたね。そしたらこんなつぶやきを観ました⇩

ゴルフスイング物理学の小澤さんのツイッターです。関係ないこともつぶやいてます。面白いので皆さんもフォローしてみましょうね

このつぶやきなんか思い当たる節があったのです。早めにUTにつないだほうがT島的にはとても結果が良い感じでした。ということで再び6番アイアンも抜いてみました。

ただ問題があるのがPAR3はアイアンのほうが圧倒的に構えやすいという点です。そしてアイアンのほうがなんとなく狙いやすいわけです。偶にメーカーさんの試打ラウンドとかで4番アイアンとか5番アイアンとか打つと、気持ちよく打てるわけで、ユーティリティにしなくてもいいじゃん と思う瞬間があるのですが、富士見高原ゴルフコースに行くと、表示距離は短いのに高さが足らないとか、止められないということが起こるわけです。パワーがある人は、5番でも止められるんでしょうけどね(泣)

ユーティリティが構えにくい、ティショットで使いにくいと言う人が多いんですよね。たぶん見た目でボールの位置とかがわかりにくいからだと思うんです。T島は飛距離でませんからユーティリティを多用するのですが、得意になった練習法があります。

まあユーティリティっていろいろな形状がありますよね

アイアンのように構えるのか?ウッドのように構えるのか?考え始めるとモヤモヤがとまりません。試打する時に注意してほしい点があります。いきなりいい球を打とうとしないことです。

アレアレアレ????

となってしまうからです。T島ですが、まず思い切りボールを右に置いて。低い球をイメージして打ちます。人が見ていてもボールが右にあってハンドファーストが強いということは、『これは低い球を打とうとしているな!』と思うわけで・・・

『ややこしいことしようとしている』とわかるんです。だからどトップしても平気ですよ。そこからどんどんボールの位置を左に置いて、球の高さをチェックしてください。ナイスショットなんか出なくていいです。

そしてフックやスライスを打ちましょう。とにかく曲げ倒すつもりで打ってみます。いろいろ遊んでみると・・・・

  • つかまりやすいなぁ とか
  • つかまらないなぁ  とか
  • ボーる上がりやすい とか
  • 曲げにくいなぁ   とか

わかってきます。するとこの辺に構えたらこんな球が出るなんてことがわかるようになります。フェースも開いたり閉じたりといろいろやってみてください。

まっすぐ打たない

たぶん色々やってみると、ユーティリティの苦手意識が無くなっていると思います。

これですね・・・ユーティリティだけじゃなくて、苦手なクラブでやってほしい練習法です。クラブ試打のときにも使えますよ。

これをやると、マジックマリガンUTって良いなと思うはずです。何も考えずポーンと打つことも出来ますし、いろいろ操ることも出来ます

しばらく売り切れておりました UT用シャフト UT70が再入荷しました。UT70装着のマジックマリガンUTも販売再開しております。よろしくおねがいします。

マジックマリガンUT+UT70

是非お試しを

ってことで、また金曜日に


 


2019年10月21日日本オープンの砲台グリーンを観て思い出す

本日10月21日 21時から

マーク金井のYoutube生配信 マーク金井 ここだけの話 やります!! 日本オープン直後、ZOZO直前、どんな話が飛び出すか? Youtubeでは生でしか観れません


昨日は、日本オープン、ワールドカップラグビー 日本vs南アフリカ、日本シリーズとスポーツイベント真っ盛りでしたね。ラグビー日本代表は負けてしまいましたが、ほんと凄かったです。前回のラグビーワールドカップではほとんど興味を持たなかったT島ですが、今回は毎試合観てしまいました。ラグビーってすごい!! 日本代表すごい! 素晴らしい活躍でした。

ラグビーを観ながら調べていたのは、今週開幕しますZOZOチャンピオンシップの観戦ガイド。T島も明日と24日に観戦に行きます

面白いのはこちら・・・

持ち込めるバッグについて・・・

ウチの家人

『15cm×15cmのバッグとか持ってない』

『30cm×15cm×30cm以下の透明なバッグ?デパートの店員さんぐらいしか持ってないよね?』

と大騒ぎです。

『っていうかそんなバッグどこに売ってるのかね?』

よというので

『ZOZOTOWNに売ってるんじゃない?』

と答えました・・・(探してみたけど無いみたい)

明日雨だったら合羽が要るでしょうけど どこに入れていくんだ??調べているとありえないい感じで大騒ぎでございます。

ちょっと、これ混乱するんじゃないでしょうかね? 大丈夫かなぁ 一応こちらPGAツアーの標準的な規則だそうです

えーっと 日本オープン。ここにもドラマが起こりましたね。T島ですが、古賀ゴルフクラブには、存じ上げているメンバーの方も数名いらっしゃいまして、10回ぐらい行ったのかなぁ〜 だからその難しさはかなり理解しているつもりです。今、コースレートが高いという。ゴールデンバレーゴルフ倶楽部や鹿島の杜カントリー倶楽部なども、なんどもプレーしたことがあります。

T島、国内は500近くのコースをプレーしました。有名なところはかなり行っておりますが、古賀ゴルフクラブはとにかく別格に難しかったです。10回ともAグリーン(ベントグリーン)フルバックだったのですが・・・90を切ったのは1回だけ、5回ぐらい100なんかサクッと超えました。距離はフルバックでも7000ヤードを切るんですけど・・

一番最初行ったときが一番印象的でした。難しい、ほんと難しいよ!と聞いていたのですが、スタートして5番(日本オープンではインコースとなってます)まではバーも取れたし、パー外しのボギーだったですが、6番のPAR3をギリギリ手前に乗せて・・

『何だ大したこと無いな。行けるぜ80台』

と思ったんです。そこでグリーンのすごいマウンドの手前からパターしたんですが、少しダフったらマウンドを越さず傾斜を戻り、グリーンをこぼれ、砲台グリーンの下まで転げ落ちてしまったのです。そこをダブルボギーになり、これはヤバい・・

と思ったわけです。難しいけど・・ボギーでいいや 思えば何とかなるコースがありますよね?! えーっと古賀は必死でボギーを取り行ってもなかなか取れなくなります。テレビでは恐ろしさが伝わらない砲台グリーンの盛り上がり具合。バンカーにもアンジュレーションがあり、砲台グリーンを狙いたいのに左足下がりになってしまうんです。

グリーンの傾斜の手前に刻んでも、1度でも痛い目みると、砲台のプレッシャーが重くのしかかり、100ヤード以内のショットでも非常にプレッシャーがかかります。グリーン面に着弾しても、ものすごく傾斜がありますから、傾斜に弾かれてバンカーなんてこともあります。

ハーフを終えた段階でヘトヘトですね。脳疲労というのでしょうか?呼吸が浅くなるんです。後半はボーッとして 『早く終わらないかな。早く帰りたい』と言う状態になります。恐ろしいです。割り切れるようになるといいのですが、最初は叩きのめされて終わりでした。何度も泣いて帰りました

だから日本オープンを観ていても、4打差なんて無いに等しいと思って観てました。もちろんプロのレベルは、比較にならないほど高いのは知ってます。でもほんと10センチの差で、バーディになるし、ダブルボギー以上になるんです。

塩見プロの13番のバーディはチャンスはピンチでしたね。

行けると思って行けないのが古賀(スイマセン、素人がプロと同じように語ってはいけないですよね)

チャン・キム プロおめでとうございます。18番でバーディ取った時、決まったと思います。とにかく古賀は最後まで安心できないのです。スイマセン ただのオジサンなのに、コースについて語ってしまいました(汗)

通常営業でも、9番アイアンぐらいじゃないと止められないと思って焦るのが古賀です。やさしいウエッジを使いたいですね。(宣伝)

昨日のT島のゴルフ、一度もパーオンしないという記録を作りました。土曜日に松本のスタジオコアに伺って、佐藤コーチに教えていただいたことをやろうとして、上手く出来ないわけで(汗) でもコースでやらないとね。 いきなり上手く出来ないけど

しかしやさしいウエッジ、それも45度とかを多用することで、なんとかこんな感じ。パーオンしないけど、寄せワンの嵐・・・今回、気をつけたのはアプローチの番手選び・・

というのも、富士見高原ゴルフコースってグリーンはほぼ打ち上げ。左足上がりなんですね。ここでサンドウエッジを持つと、毎回ロブウェッジ持ってるみたいになるわけです。

ロフト角が少ないウエッジを多用することで、安定してボールを捉え、足も使えるという・・砲台グリーンや打ち上げのグリーンんだと、なんか知らんけどボールを上げたくなるんです

打ち上げ=高い球

と思いがち・・でも斜面に立っている。特に左足上がりだと、地面と平行に構えた時点で。ボールは必然的に高く打ち出されます。上に上がるばかりで距離が合いませんわな・・・斜面の分のロフトも考えれば普通なんですけど、どうもいつも使っているウエッジを持ちたがるんですね。(気がつくの遅いわ! グリーンが硬くて速いので意外と怖いんですよ)

ということで・・・

mmウエッジなら46度とか48度なんかあって、とても欲しくなりましたぜ。

ということで・・・ あっこちら観ていただいてありがとうございます

意外と好調な滑り出しです 今週も新しい動画配信します ってことで

今夜21時からの生配信お忘れなく!!!

では水曜日に