魔法のホース

このインプレッションは、2019年6月のマーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

新製品は端境期で、僕のクラブ購入熱は停滞気味、とは言えいろいろな商品を企画したり開発したり、様々なテストをしている。特に今は、アイアンシャフトやグリップなど地味だが大切なアイテムのテストが偶然重なっている。島田ゴルフの新しいスチールシャフトK’s-NINE9や、アナライズの新しいカーボンシャフト、ゴルフプライドのテーパーが少ないグリップPLUS4など、好感触なアイテムも発見できた。

ゴルフ用ではないが、ゴルフの練習になると思ってセミナーでも使っているのが、柔道着の帯、そしてフラフープだ。使い方は、セミナーの動画を近々Youtubeにて公開するので是非観てほしい。そしてぜひセミナーに参加してほしい。そんな色々な練習器具の中で、最近出番が増えているのが、新宿インドアスタジオの長井プロがつくっている魔法のホースだ。

以前からホースを振るドリルは、ゴルフ雑誌などで紹介されていたし、ホースに近い素材の練習器具も目新しいものではない。ではどうして僕は、魔法のホースを使うのか?それはゴルフスイングを行う上で、覚えたい動きを覚えることができるから。メルマガを以前から愛読してくれている皆さんは、僕が重心距離がない練習器具について否定的だったことを覚えておられると思う。

ゴルフクラブの特徴は、軸線上に打点がなく、重心距離が存在する。だから重心距離がない練習器具には否定的だったが、効果的に何を練習する道具なのか考えるようになって、重心距離が無くても積極的に使う練習器具も増えてきた。ロイヤルコレクションのトライワンとか、スキルズのゴールドフレックスとか、ここでも紹介する機会が増えてきている。

フレループも先端にボールがついていて、一見重心距離が無いようにみえるが、シャフトが湾曲していることで、重心距離が恐ろしく長いクラブを振るのと同じ効果がある。重心距離は一般的なドライバーの5倍分ぐらいに換算されるだろう。しかし今回取り上げる魔法のホースには、全く重心距離がない。しかし、オンプレーンにスイングしながらヘッドスピードをアップさせる効果は恐ろしくあるし、その極意がわかる練習器具だから僕は毎日使っている。

オンプレーンに振る極意を説明している、NEOオンプレーンセミナーのYoutube配信を観てくれた人も多いと思う。動画では、ゴルフクラブがどうしてオンプレーンに振れないのか?と言う理由をかなり時間を割いて説明している。理由はシンプルで「オンプレーンにスイングしなくてもボールを打つことが出来る」から。好き勝手動かすことが出来るので、オンプレーンに振らなくても偶然ナイスショットが打ててしまうのがゴルフクラブなのだ。

逆説的に、オンプレーン振らないと、ナイスショットが永遠に出ないなら、ゴルファーはオンプレーンに振るしかなくなる。

ゴルフクラブと違って、ホースやヒモでボールを打とうとすると、オンプレーンに振らないとボールに当たらない。極論を言うとこれでボールを打つことが出来ると勝手にオンプレーンになってしまう。詳しくは動画を観て欲しいのだが、シャフトは硬いので張力がなくてもヘッドを振ることが出来る。しかしヒモやホールは遠心力と向心力を上手く使って、シャフトのようにピンと張った状態にしないと、ボールを打つことが出来ない。

つまり、張力を発生させれば、ヒモやホースでもオンプレーンにヘッドを動かすことが出来るのだ。

これは僕が考えたことではなく、Facebookを観ていたら、インドアゴルフ&ストレッチ ZEROさんが、魔法のホースを使ってボールを打っている動画をアップしているのを偶然見つけた。この動画で魔法のホースが、まるでシャフトを振っているように見えた。昨日のYoutube生配信「マーク金井ここだけの話」でも解説したが、この練習ではオンプレーンスイングに大切な張力を感じることが出来る練習法だ。

張力を理解すれば、オンプレーンにスイングしながら、ヘッドスピードをアップするための動きすべてが覚えることが出来る。メルマガ読者は、先月までメルマガで連載していた、ゴルフスイング物理学で僕が説明していた大切なポイントを覚えてくれていると思うが

先行動作
骨盤の開き
体幹の使い方

をすべて覚えることが出来る。残念ながらただのホースでは、このように振れない。まずグリップ部分に芯が入っており、ゴルフのグリップが通常のクラブのように装着されている。だからゴルフクラブを同じフィーリングで握ることが出来る。そして芯とホールの境目は、硬さが極端に異なるので、しなるポイントつまりキックポイントを感じることが出来るのもメリット。そして先端部分には鉄芯が入っており、先端の重みを感じることが出来るため、よりゴルフスイングに近いフィーリングで練習できる。

魔法のホースで実際にボールを打つドリル。皆さんにぜひぜひやってほしい。しかし練習場に魔法のホースをもちこんで、ゴルフボールを打つのは大変危険なので絶対にやらないこと。真っすぐ飛ばないしどこへボールが飛ぶかわからないので非常に危険だ。僕は自分のスタジオでスポンジボールを打っているが、スポンジボールもどこに飛ぶかわからない。スタジオは隣に打席もないし、ネットがあるから安全だが、そうでない場合かなり危険。

素晴らしい練習なのだが、なかなか試せる環境が無いのが残念でならない。しかし魔法のホースを振るだけでもかなり練習になるので、是非取り組んで欲しいと思う。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。