マーク金井blog

2015年05月15日クラブやシャフトはどこで試打するのが一番良いのか!?

bnr_store_pr01 (1)

本日5月15日 金曜13時販売します

こちらが売り切れても来週もまた販売します! 詳しくは このブログとマーク金井ブログをチェックして下さい。必ず事前に告知しています!!

  • 数量限定です(入荷数が限定ですが継続して入荷してきます)
  • 売り切れとなっても定期的に入荷しますのでご心配なく!
  • 商品のお届けは、一週間前後かかります
  • 転売防止の為お一人様2つまでです

申し訳ありませんがご予約は受け付けておりませんので、この機会にお求めください

毎週継続して販売します、お時間いただければ確実に手に入ります。ヤフオクなどで高価に取引されている商品には手を出さないようにお願いします

 

先週日曜日に続き、昨日もゴルフ場をはしごしました。朝イチで千葉の平川CCに出向き、朝7時からゴルフ雑誌のタイアップ撮影。動画とスチールの両方でしたが、サクッと2時間弱で終了。そこから神田に戻って原稿を1本仕上げて、ちょことっと昼ビールを飲んで向かったのは都内の赤羽GC。もちろん、クルマではありません。神田から京浜東北線と埼京線を乗り継いでの電車ゴルフです。サクッと担ぎで薄暮9ホールを楽しんできました。

11018345_10203166505043368_7031142133130812898_n

 

 

赤羽と言えば、今年も世界最小プロトーナメント、MMT9を開催します。試合に備えての練習ラウンドという意味もありますが、実は、コースに出た時はほぼ100%の確率でやっていることがあります。ショットの確認、スコア作りもさることながら、欠かさずやっているのは、

 

top_04

 

ゴルフクラブの試打、シャフトの試打

 

雑誌の取材等では神田のスタジオで試打することが多いのですが(試打条件が同じで、なおかつ弾道計測器が同じ)、衝動買いしたクラブ(シャフト)自分で使うクラブ(シャフト)に関しては、最初の1発はできうる限りコース(ゴルフ場)でやっています。何故かと言うと、ゴルフクラブ(シャフト)を使うフィールドはゴルフ場だからです。練習場と違ってコースにはハザードもあれば、OBもあれば、ワンペナもあれば、池やバンカーもあれば、風も吹きます。加えて、練習場とコースでは気分も違いますし、ボールも違います。これらの条件を考えるならば、クラブ(シャフト)と自分の相性というのは、コースで打たないと分からないと思っているからです。

11259907_10203168945264372_9102969771889904909_n

今回はスペシャルなパターをテスト

 

昔と違って、最近はゴルフクラブやシャフトを試打できるゴルフショップが増えてきました。練習場でも試打会をやっている所が多いです。もちろん、まったく打たないよりも1発でも試し打ちした方がクラブ(シャフト)の性能をチェックできます。しかし、クラブ(シャフト)と自分の相性というんは、本番(コース)で使ってんみて初めて分かるのです。

 

皆さんも経験あるでしょう。練習場で試打した時は良かったのに、いざコースで使ってみたら「思うような弾道が出ない」とか、「振り心地がちょっと違う」、等ということが。練習場やゴルフショップで打つ時と、コースで打つ時とでは条件も違いますし、気分も違います。この違いはアマチュアのみならず、プロにもあります。なので、クラブ(シャフト)との相性をチェックするには、コースで打つことが必要不可欠なのです。

 

ちなみに、マーク金井はクラブやシャフトをコースで試打する時はナイスショットを打とうとは考えてません。試打で知りたいのは、構えて、狙って、いったいどんな球が出るのかが知りたいだけです。そして、1発目の良し悪しに関係なく、コースで続けて打ちたいクラブ(シャフト)ならば、続けて使います。例えば、最初の1発目がOBだったとしても、感触が良ければ2番ホールでも使います。例えば、最初の1発目がナイスショットでフェアウェイキープしても、感触が良くなければ2番ホール以降で使わない場合もあったりします。

 

 練習場と違って、コースに出たら打ち直しはできません。プライベートなラウンドであってもマーク金井は同じ場所から2発打ちません。理由は単純。ゴルフは打ち直しができない競技です。試合でやらないこと(やれないこと)は、練習でもやらない方がいいと思っているからです。

 

ちなみに、ショップや練習場で試打する時はぜひともやって欲しいことがあります。それは自分のクラブとの打ち比べ(比較)。これをやると、試打したクラブが今とどこがどう違うかがかなり具体的に分かります。例えば、ドライバーならば、今よりもボールが高くなる(低く)なるのか、スピンが減る(増える)のか、捕まるのか(捕まらないのか)等が分かるだけでも、自分との相性を窺い知ることができます。

 

コースに出たらいいスコアを出したくなるのがゴルファーの性(さが)ですが、すべてのラウンドがスコア至上になってしまうのは、ちょっと勿体無いです。次回は、コースに出た時しかきない練習について書いてみたいと思います~。

 

 

(▼▼)b

スライス撲滅!セミナー!

ビバシャットフェース!スーパーシャット君でスライスを治そう!

5月16日(土曜日)11時キャンセル出ましたので募集

13時 満員御礼!

お値段は3000円  

人数は6名限定です。

参加資格は、

講師はもちろんマーク金井。スライスに悩んでいる方お待ちしています

お申し込みは yoyaku@analyze2005.com お名前とお電話番号を書いてメール下さい(携帯アドレスでないほうが後々助かります) よろしくお願いします!

アナライズ10周年記念 T島ブログ仕様 マジックマリガンUT発売開始!

マジックマリガンUTに、アナライズのプレミアムグリップを装着して、お値段そのまま!!! なんか微妙ですがちょっぴりお得になっています

ぜひ↓クリック

UT10

store_blog_header

マーク金井ブログ更新していますクラブの試打をする極意http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=12406

Posted by マーク金井のアナライズ on 2015年5月14日


カテゴリー コースマネジメント、ラウンドにて思う, ゴルフクラブ分析, 計測器、分析法

コメントは停止中です。