アナライズstoreblog

2019年12月06日今が買い時かも・・パターとウエッジ

マーク金井チャンネルの生配信!12月の1回目は

12月9日月曜21時から配信します

録画配信はございません 生でごらんください


寒いですね。いよいよ男子ツアーも最終戦。東京よみうりカントリークラブは意外と近いので観戦に行こうかな〜 なんて思っています。

あっそうそうJGTOさんのインスタ。素敵な写真を集めているのがこちら

JGTOimages

日本ゴルフツアー機構のオフィシャルフォトのインスタです

↑こちらからご覧になれます。ぜひフォローしてね

昨日は、YouTubeの撮影に広島に行ったT島です。 これが最新の動画です

レンタルって何よって感じですよね。もしよければ観てやってください

先日アイアンのYouTube動画を公開したのですが

すごく売れたらしい(汗)効果あるんだYouTube・・・ということで、ご興味有る方中古ショップの方、T島にご連絡を・・

中古ショップに行ってしまうと・・買ってしまうよね〜

といってもドライバーとかフェアウェイウッドとかアイアンとか来年新製品がでること、皆さんなんとなくわかってませんか??? だって1年ごとのモデルチェンジサイクルだし・・・

キャロウェイなんかもうこんなの出るらしいよ

なので、流石のT島も、ドライバーとかは、安いのがあっても触手が動きませんでした

でも こんなの買いました

まずコレ・・ドルフィンウエッジです

ウチの家人は、リンクスSSウエッジ50度、56度を長く愛用していたのですが、10年近く使っているとボロボロで、しかたないので50度ドルフィンウエッジを買ったら、なかなかいい感じでドルフィンに変更。そしてSSウエッジ56度の代わりに、T島のmmウエッジの54度がとても気に入って使用していたのですが・・私も使いたいので、こちらが激安だったんで、ドルフィンを使わせて・・俺の元にmmウエッジが帰ってくるというわけです

はい。やっぱりmmウエッジは安心感があります。激スピンがかからないのもとても良いです。トン、コロコロぐらいの足があるほうが絶対使いやすい

今、T島のmmウエッジには、フジクラMCI90 Rをチップカットして入れているのですが。こちらに変更したいと妄想しております

mm88ですが、アナライズにmmウエッジにmm88が試作で入っているものがありまして、打ってみたらかなりいい感じだったんです。

20ヤードぐらいのショットでは、先端剛性がありますんで、ヘッドの入りが安定してます。打ち出し角は抑えられていて、止めたい時には止めれる感じです。T島的には、70ヤード以内のコントロールショットでこのシャフトのメリットがすごく出ると思うんですよ。硬すぎないので、気合が入らず スッと切り替えせるので、気合入って引っ掛けて、左の奥に外すと言うのがなさそう!

ということで、mmウエッジ+mm88って組み合わせがオススメなんですけど・・ラインナップにないのね(汗)

んで・・・ついにコレ買いました

テーラーメイド スパイダーX 程度がイマイチなので安かったです。

このネックはフェースバランスではないので、L字っぽく打てます。色はブルーがほしかったんです。パターは慣性なのか感性なのか?なかなか難しいですよね。T島は感性で打ちたいですけど、慣性もある程度欲しいと思いますので、こういうパターを選びがちです。いわゆる忖度しているヘッドなわけです。

感性を使って慣性も助けてくれるのが狙いです。

こういうパター入ってるときは、メッチャ入るんです。でも不安になったら(T島メンタル弱い)慣性モーメントが大きくてターゲットに合わせやすいパターが欲しくなります。

このパター、動きはオートマチックなんですけど、慣性モーメントが大きすぎず

意外とマニュアル感もありました。プロが選ぶのもわかります。

じゃ、もうマニュアル感要らないと言う人はこちら・・・

 

こちら慣性モーメントでかいです!そしてまっすぐ動かしたい人は

リバースシャフト!

【リバースシャフトとは?】

一般的には、ヒール側やセンター付近に装着されるシャフトを、ヘッドのトゥ側に設置。
シャフト軸線よりも手前側(内側)に重心が位置するため、アドレスした時に重心位置は、手元の真下に近づきます。

これによって、ストローク中、フェースを真っ直ぐに保ちやすくなり、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ動かす、直線的なパッティングスタイルに適しています。

これ、ホントまっすぐ動かしやすい。オートマチック感半端ないです。これに慣れたら戻れない感が半端ないです。ぶっちゃけ打感はちょっとボケます。打感にこだわるならセンターネックがオススメ。でもまっすぐウチたいならコレです。

限定発売ですが、今ありますんでぜひ

ぶっちゃけ、来年になればドライバー、フェアウェイウッド、アイアンは新製品がガッツリ発売されるのが世の常。買い時ではありません!ということで、パターとかウエッジとかは大丈夫なんでぜひいかがでしょう

ということで、また来週

あっ、セミナーですが・・・

打点コントロールセミナーのみの空席となっております。明日ですよ!!! 明日寒いし東京は天気悪そうなんで、ぜひお申込みください


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


2019年12月04日新しいTOUR-Bに触れてボールの進化を実感する。アプローチ大切です!

マーク金井チャンネルの生配信!12月の1回目は

12月9日月曜21時から配信します

録画配信はございません 生でごらんください


アナライズ12月のセミナー参加者募集中でございます

残りは 打点コントロールセミナーとNEOアプローチセミナーを残すだけ。特にT島的に注目は、NEOアプローチセミナーでしょう。この間、マーク金井のゴルフは確変中で、その影響はアプローチにも現れています。というか・・・ハンドファーストに打つ極意とか、ゴルフスイング物理学的なテイストは、アプローチに如実に現れるからです。

というのも、新しいセミナーは撮影しているT島ですが、マーク金井とラウンドしている時に、アプローチの致命的な欠陥を指摘してもらって、それを治すことに取り組んだわけです。アプローチの誤解というのは、フルスイングでの誤解と同じ。

そしたら、アプローチで打つ球がすごく低くなって来ました。大蔵ゴルフスタジオでウエッジをテストしていても、辛口コメントで有名なMr吉田に

『T島さん アプローチすげー良くなりましたね』

と褒めていただきました。まだコースに出るとダメなスイングも顔を出すのですが、アプローチが良くなると、スイング軌道も良くなるわけで・・・

7番となってますが 打ってるのは8番だったりする(汗)

アンダー星人T島も、アウトサイドからヘッドが入れれるようになりました。(スイマセンごく偶にですけど、通常は気持ちインサイドです)

良い軌道を覚えたかったら、アプローチの練習がオススメです。つまり”NEO”となったアプローチセミナーは大注目なわけです!!!

そしたら、バンスの効いてるウエッジが更に打ちやすくなりました

こちらのmmウエッジの良さも更にわかるようになりました↑クリック

んで打点コントロールですが、これもかなり確変しているはずです。T島的にもこの間、ヒール寄りに集中していた打点(つまりインサイドアウト)だったのが、真ん中に集まってきました。打点をコントロールできるということは、スイング軌道の問題点を修正できるというわけで・・・ 打点コントロールセミナーもよろしくお願いします。

残席わずかですんで・・・・

さて昨日は、ブリヂストンさんに新しいボールについて、いろいろなお話を伺いに行きました。

イラストレーターの野村タケオさんもいらっしゃいました。毎年律儀にT島ごときにもこちらをいただけるのです。2020年ゴルフバカカレンダー

皆さんも欲しいでしょ お買い上げは↑をクリック!

はい 新しいボール

ブリヂストン TOUR-B X、TOUR-B XS です

初めに書いておきますが、来年発売されるこのボール。凄いカバーが魅力なのですが、詳細はまだ書いちゃダメなんですよ。

すでに、10月のBSオープンからTOUR-B Xはツアーに投入されています。すでに宮本勝昌、近藤智弘、宮里優作、市原広大、嘉数光倫、海外ではマット・クーチャー、ブライソン・デシャンボー、Lトンプソンが使用しているとのこと・・

T島ですがBSオープンに取材に行って、このボールをこっそり1個だけもらったんですよ。打ってみた驚いたのが、TOUR-B Xでも打った感じが、嫌いじゃなかった。T島はTOUR-B XS派なんですが、『これTOUR-B Xでも大丈夫じゃん』と思いました。

この取材の後ですね、大蔵ゴルフスタジオに行って、鳥かごの中で打ってみたけど、アプローチでボールがゆっくり飛ばせます。スピンもかかってるから、ネットにあたってシュルシュルって音がかなりする。ドライバーの飛距離も飛んでると思います。

これは実際コースで打ってみないとね・・・

BSさんの現行TOUR-Bシリーズですが、発売3年でなんと過去最高の売上だったそうです。これはZOZOチャンピオンシップでタイガーが勝った時、そんな絶好調のボールを、モデルチェンジするんですから気合が入っております。タイガーも、今週のヒーローワールドチャレンジから変える予定だったそうですが、プレジデントカップに出場することになり、来年1月からの投入するみたい。

タイガー効果で、国内シェアもバンバン上がっているそうですが、アメリカでは日本ほどではないそうです。T島にどうやったらいいですか?なんて聞かれたので

『テレビ中継の撮り方を変えてもらう』

と提案しました。

T島はPGAツアーをよく観るのですが、明らかにカメラワークが日本と違うと思うんです。特にグリーン上で、選手が打った後は、ボールがすごくアップになるんです。回転が遅くなると、ボールロゴがすごくアップになる。そんな時にトップシェアのタイトリストのゴロが、いつもバーンと映るわけで・・・T島もPGAツアーを観始めてから『やっぱタイトリストなんだなぁ』と思った瞬間があったわけです。

日本の中継は、プレーヤーとボールとカップが全部写ってる。どんなボールなのか観ててよくわからない。今回ZOZOでは、日本で開催されていてもPGA的カメラワークだったので、Bマークがバーンと写ってて、『あーータイガーはブリヂストンなんだ』と思った人が多かったんじゃないかな〜

特にPGAツアーのWEBサイトのリーダーズボードには、タイトリストを使っている選手にはタイトリストって右側に書いてますよね? それぐらいお金つかってるんだから、カメラワークも指令をだして

『タイトリスト使用選手のパットのときは、ボールをアップにしろ』

なんてこともやっていそうです。と妄想しております。

ということでブリヂストンさんは、まずBSオープンの時から、カメラワークを変えてもらって下さい。

まあそんな冗談のような話をしておりました

ということで来年早々の発売が楽しみな ブリヂストンの新しいボールのお話でした

ではまた金曜日に


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


2019年12月02日レジオフォーミュラーB+、モーダスハイブリッド、メビウスEQ、シャフト試打インプレ

アナライズ12月のセミナー参加者募集中です


もう12月になりましたね。早いっす!T島は週末、すでにゴルフシーズンを終えようとしています。富士見高原へ行きまして、富士見高原ゴルフコースは予約がいっぱいでプレーできず、蓼科高原カントリークラブへ行きました。

もう霜が降りて、グリーンは凍っておりました。寒かったけど 景色はとてもきれいです。

コースは富士見高原よりも少しやさしい感じ。とは言え高速でアンジュレーションのあるグリーンはなかなか厄介です。まあそれよりもそもそも凍ってるので大変でした。

んで翌日は、タイヤをスタッドレスタイヤに交換して、東京に戻りました。

T島は自分でヤリたい派です。カーマニアならタイヤ交換ぐらい自分でやらないとね! と思っておりましたが、東京では交換する場所すらありません。都会って大変だ!と思いつつ。こういう場所があるしサクッと交換しました。

これで冬対策は完璧です。早くスキーしたいです・・・

といいつつ、ゴルフ熱は衰えておりません。ということで・・・

ピン G410プラスドライバーに装着するエースシャフトを決めるべく試行錯誤してます。

まずはこちら・・

デザインチューニング メビウスEQ

T島は50グラム台のDXをチョイス。気温-1度でもしっかりとしなりを感じます。っていうかかなりしなります。ガッツリとしなって、インパクトでしなり戻ってきます。寒い時に特にいいですね!!寒くなくてもかなり面白い。

この手のシャフトというのは、気持ちよく打てる人にはとても良いのですが、しなり戻る分スピン量が増えすぎて、安定するけど飛距離が出ないと言う人が少なくありません。しかしこのメビウスEQですが、スピン量があまり増えません!ピン G410プラスに装着しているということもあるでしょうけど、いい感じの少なめのスピン量で飛んでいきます。

かなり好感触。8万円と高価なんですがハマる人が絶対いると思います。これ練習器具としてもメッチャいいんじゃないかなぁ〜

トラックマン試打会で60グラムのやつも試打すればよかった。これを44.5インチぐらいで、短めにして冬用ドライバーを作ってみたい。柔らかいと当たり負けするんじゃないとかと思う人が多いかもしれませんが、インパクトでバーンと安定して戻ってきます。お値段的にアレなんで気軽に買って試してよ!と言いにくいのですが、工房などで試打クラブがあったらぜひ打って欲しいです。

ただし・・・球筋を操りたいというよりも、オートマチックにしなりに任せて打ちたい人に向くんじゃないかと思います。

日本シャフト レジオフォーミュラーB+ R55

あの・・・皆さん日本シャフトさんというと、スチールシャフトのイメージが強いでしょう。確かにNS950やらモーダスやら大ヒットしていますので、スチールシャフトメーカー!そう思う人が多いでしょう。しかし、カーボンシャフトも非常にいいシャフトを作っているんですよ。

マーク金井もウッド用のNS PRO GTシリーズのシャフトを昔から絶賛しておりました。T島も、レジオフォーミュラーBシリーズ、レジオフォーミュラーB FWなどを愛用してました。今でもレジオフォーミュラーのBなんかフェアウェイウッドに入れたいなぁなんて思うこともあります。

なので・・・レジオフォーミュラーB+が発売されたという話を聞いて楽しみにしていたんですね。GDOのマーク金井試打インプレッションで取り上げた際にS55は打ってみたんですがかなりの好感触で、R55を打ってみたいなと思っていました。

この度、テストしてみました!!

一発目からええ球でました!!! 手元のしなり感が モーダス3 120や105に通じる感じがします。ググっとしなってタイミングが取りやすいです。あとスピン量が少なめですね。打ち出し角もちょっと低めな気がします! シャフト先端の剛性があるからでしょうか? ヘッドの挙動が安定しています。 安定感あり!!!

いいシャフトだなぁ〜 R65とかをフェアウェイウッドに入れてみたいっす。

とか妄想しました。唯一の弱点はお値段がしっかり目なことです・・・1本55000円(汗)でも良いシャフトですよ

そして、日本シャフト NSプロモーダスハイブリッド 通称GOST

(グラファイト オン スチール テクノロジー)

こちら重さがSで92.5グラムもありますんで、T島のようなトラックマンでヘッドスピードが40出るかでないかのヘタレでは無理かなぁと思っていました。んで28度と25度の短めのUTに入れるなら大丈夫かと入れてみました。

硬さ的にも心配だったので、通常のカットよりも1番手、柔らかい方にずらしてみたんです。いつものように全く試打せずにコースで打ってみましたが、一発目からいい当たり。んで先端剛性が高いのでしょう。ボールを右に置いて低い球を打ったり、なかなかややこしいことが出来ます。

切り返しでも手元がクッとしなるので、ガッチガチ感はありません。弾道は・・・結構低くなるかとおもいきや・・。意外と上がってくれました。コレ使えるかも?いやいやまじ使えるかも

意外にもT島でも打てたので嬉しい!! もう少し暖かいとボールも上がるのかもしれません(ちょっと寒すぎました)

やっぱりですね このつや消しブラックが超かっこいいっす。T島のミニ・クロスオーバーもつや消しブラックなんで、なんだか嬉しいわけで(汗)

もしかしてアイアン以外、日本シャフト??なんて妄想が止まりません(汗)

スイマセン、アイアンシャフトも ゴーストにしてくれませんか?? と思ったのですが、お値段がちょっとこちらもしっかり目でした

と・・・妄想野郎になってしまいました

つや消しブラックのシャフト 実はアナライズにもあります

すごく良いです。ロフト角の大きいUT 27度、30度ならこのシャフト入れたら良いかも(妄想)そしてmmアイアンにはこのシャフトがオススメ。俺のmmアイアンにも入れたいよぉ〜

mm88mmウエッジにも入れたらいいかも・・・

このmm77、mm88アイアンシャフトは、1本取りなので、全番手同じフィーリングなんです!特にショートアイアンは振りやすいと思います

どうして1本取りだと同じフィーリングになるのか? それを理解してもらうためには、シャフトのことを少し説明せねばなりません。

アイアン用シャフトには・・・

シャフトには長い1本のものの先端を番手ごとに切って、番手にあわせるシャフト→1本取りシャフト

番手ごとに1本1本別々に設計して作り上げるもの→番手別設計シャフト

という二種類あります。

ぼーっと考えると・・・ 番手別に設計されているシャフトってすごくない?と思うと思います。1本の先だけ切って調整するっって、手抜きじゃない??とか

でもそんなシンプルな問題でもありません。番手別に設計するのは、シャフトを1本ごとに設計する意図が何か?ということを確かめなければなりません。多くの場合番手ごとに重さを揃えたいとか、短い番手ほど重くしたいというのが目的です。

というのも1本取りだと先端を切って番手ごとの長さをあわせる必要があるわけで・・・ すると短くすればするほど軽くなります。これを避けるために番手別に設計するわけです。でも番手別に設計というと、番手ごとにシャフトの素材や製法を変えるということになるわけです。でないと重く出来ないですよね?

ってことは・・・どうしても1本毎にしなり感とフィーリングが微妙に違うということにどうしてもなります。もちろん素材や製法を変えても重さを揃えるように設計しているはずです。でも微妙に違います。特に短い番手を重くしようとすると、タダでさえ短い番手は硬くなるのに、更に重くしようとすると硬くなります。

1本取りだと、短い番手は軽くなるけど、しなり感とフィーリングは揃いやすいです。だって同じシャフトだからです。

残念ながら、重さとしなり感とフィーリングが揃うというのは 非常に難しいと言わざるを得ません。

どっちが良い?というのではなく、何を目的とするか?です

  • ウエイトは軽くなるけどしなり感とフィーリングが揃う
  • ウエイトは揃う(もしくは短い番手が重くなる)けど、しなり感とフィーリングが微妙に違う

今回mm77、mm88は、しなり感とフィーリングが揃うことを優先しました。マーク金井は、番手別に設計のアイアンシャフトをしばらく使っていましたが、短い番手で引っかかりやすいと感じていたようです。 短い番手って、ピンを狙いたいと気合が入るわけです。そんな時に短い番手ほど硬くなると、気合が入ったら引っかかると感じたわけで、そんな理由もあり このアイアンシャフトは一本取りになりました。

もちろん気合が入らない人は、問題ないですけどね・・・

なんかショートアイアンがうまく行かないって人は是非検討下さい

mmアイアン 5本セット(#6-9,PW) / アナライズ MM77・MM88 カーボン (ir00018)

こちらボーナスでぜひ狙ってみてはいかがでしょう? とっても良いですよ

ってことで また水曜日に


マーク金井のYou Tubeセミナー動画 配信開始!

ハンドファーストセミナー(勝手にできちゃう?!)

こちら配信開始しました

今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


2019年11月29日冬はスイングを固める季節、セミナーに来てみませんか? 

寒いですねぇ いきなり冬か!!!と凍えていますT島です。T島的ゴルフシーズンが終わろうとしています。もしかして冬でもゴルフするのかな?!俺・・・って感じです。1月からはガッツリとスキーモードになる予定ですが・・・

とは言え・・・例年のようにゴルフ熱が下がっているわけでもなく・・・

アディダスさんから送られてきた アディクロスのカタログを観て

オジサンでも着れるのかな?と、最近のアディダスいいなぁ〜ほしいなぁと妄想してみたり

新しいシャフトにスリーブを入れてもらって試打しちゃうぜとテンション高かったりします。 今週は⇩こちらのシャフトをガッツリとテストしてまたレポートしたいと思っています

日本シャフトのUT用シャフト、ゴースト はツアーで話題のシャフトです。スチールシャフトの上にグラファイトをハイブリッドしたというハードヒッタ向けのシャフト。T島は全くハードヒッターではありませんが、25度、28度のUTなら行けるんじゃないかなと思いまして入れてみました。この番手のUTは飛ばないT島には生命線なので、期待しております。

同じく日本シャフト レジオフォーミュラーB+ 55R マーク金井が55Sを打って、『ええよこのシャフト』と言ってたのですが、気持ちしっかり目なので55Rをテストしてみたいと思っていました。

後は先日のブログにて紹介した デザイニューニングのメビウスEQを打ってみます。

もちろん、スイングもまだまだ完成しているわけではないので、日々頑張っております。んで・・・面白い動画をYou Tubeで発見・・

これ骨盤を開く練習になるよね。僕たち、スタジオ持ってるわけじゃないんで、やっぱり練習場行かないと練習できません。部屋で振れないし、公園とかで素振りしてると怒られるし、マンションなんて庭無いし

練習場行きたい〜わぁ これやりたい

こういう動画はありがたいです。

やっぱり練習場も行って自宅でも、ドリルをやるっていうのがいいんじゃないすかね?

ゴルフの竪琴とかスーパーシャット君とかかなり便利です

アナライズのスーパーシャット君

どちらも室内での使用も考えて作ってます。(とは言え自己責任で)

自宅で地味にドリルをするのもいい練習法かと思います

はい アナライズでもガッツリとセミナーをやっております。えーっとアナライズのセミナーですが、YouTubeのマーク金井チャンネルで無料で観ることが出来ます。

いっぱい動画がありますんで、ぜひ観ていただきたいのですが・・・・

んで・・・皆さんコレ気になってないですか?

このセミナーの最後に登場する練習器具・・・

と言うのが登場します。

ダスティン・ジョンソン養成クラブ すげー曲がっているクラブなんですけど・・・なんとなくフレループに似ているような似てないような・・・こちら一般発売しておりません。プライム会員限定で販売しておりました。でも実は同じものでもなくて、今回このハンドファーストセミナーの為に更に仕様を変えたものです。

じつは・・・一般発売出来ないんです。フレループを作ったリンクスさんからフレループウテルと言う商品が発売されていまして・・・こちら開発にマーク金井がアドバイスをしておりますけど、アナライズでも同じコンセプトで開発しておりまして、リンクスさんの手前、ひっそりと限定で販売するしかないのですよ。

でもねぇ、一応作っちゃったんで、作った分は売らないといけないわけで

12月開催されるセミナー

の参加料がやたら高いな?と思った方いらっしゃいますよね? 限定8名 募集で 13,200円なわけです こちらに参加いただいた皆さんは、このダスティン・ジョンソン養成クラブをプレゼントしちゃうという!!!! えーっとコレ結構なお値打ち価格となっております。

もうこの機会でしか手に入りませんよ(もーT島も欲しいのに)

ということでぜひぜひ お申し込みしていただきたいと思います

現時点はでまだ空席ございますので、是非皆さんご参加ください

ショートアイアンセミナーは満席ですが、まだ空きがあるみたいです

練習法はいろいろあります。練習場でただボールを打つだけでは上達しないですよね。自宅でドリルだけというのも、ボールを打ってないわけでそれだけでは不安。

セミナーに来てヒントを掴んでも、それを練習しなければ特に意味がないわけで・・・

やり方聞いてもやってみないとダメだよね?ってことです。気になリます・・とよく質問する人がいるのだけど、だから?と思うわけで、気になるなら真似してみる。とりあえずやってみる。動かないと変わらないですよね

ということで とりあえずセミナーに来てみるのはいかがでしょう?

きっと何かヒントが有ると思います

ということで水曜日に


今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


2019年11月27日シャフトを探す旅とウエッジのやさしさって何?

Youtubeマーク金井チャンネルの人気シリーズ

【おしえてマークさん】最新作は”FWのロフトの話”です。

ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


日本酒飲みすぎて、二日酔いのT島です。寒くなりましたねぇ・・・

そーいえば、日曜日、ゴルフスイング物理学の小澤さんとゴルフ行きました。富士見高原ゴルフコースです。

キャメロン・チャンプの動画を観まくって、ハンドファースト感が増して 飛距離が更に伸びてました。前日雨の影響でランがほとんど出ないのですが、300ヤード近くガッツリ打ってました。アイアンはスジってバーディチャンスにバンバン着いてました。

でもパターが入らないんですよね(汗)

それを見て少しヒントになったんですけど・・・

T島は、パターのテストしつつ、ピンG410プラスドライバーに様々なシャフトをテスト。

このTRPX アフターバーナーの50グラム台(AB501 SR)のスリーブを、ピンに付け替えてみたんですが、メッサ良かったです。 トラックマン試打会でAB401という40グラム台もガッツリと打ちましたがこれもスゲー良かった。

一度試して欲しいと思います!!!

んでコレ

デザインチューニングのメビウスEQも、トラックマン試打会で試したけど、コレもハマった!!! すごく柔らかいワンフレックスなんですが、振っているとボールがしなっていい感じでございました。

この50グラムかアフターバーナーAB401がエースになるのか??もしかして(汗)

ちなみに小澤さんはシャフトを変えてました

ヨネックスのレキシス カイザですよ! 思わず「渋い」と言ってしまいました。小澤さんは手元がしなって、先端剛性が高いシャフトが好きのようです。

そして月曜日は

GAPKのクラブハウストーク(勉強会)に参加させていた来ました。

今回は永井延宏プロ

【 混ぜるな危険! ~ ZOZO チャンピオンシップで感じたゴルフ最前線 】

永井延宏プロの視点ですが・・

①「全ての運動(スポーツ)は、ムチとハンマーの組み合わせ」

・ムチ型 → 自分の身体の中に軸や支点を作っての振り子理論 短重小のゴルフクラブとマッチ

・ハンマー型 → 体幹の外に軸や支点を作っての入れ替え理論 長軽大のゴルフクラブとマッチ

とスイングを分類分け、今どきのドライバーを打ちこなすには、ハンマー型である必要があるとのこと、ということでハンマー型スイングについて説明してくれました。

混ぜるな危険 とは・・・ハンマー型を理解していない解説の方とか、重鎮の方がとても多いわけで、ハンマー型を目指す選手に、ムチ型の視点からのアドバイスされると、悪い化学反応をして、混ぜるな危険な状態になるわけです・・

先日のダンロップフェニックストーナメントの解説でも、田島創志プロはハンマー型について見事な解説をされていましたね。素晴らしかったです「シャローイング」の解説も面白かったです

えーっと永井プロの理論的解説は永井プロのご自身のwebサイトのブログをご覧下さい

えーっと 今回もジューシーの松吉さんにいろいろと話を聞き込んでしまいました。書きたいことがいろいろあるのですが、ちょっと業界的にNGな話が多くて・・・

T島が聞いたのは、最近低重心のドライバー、特に重心高2があまり大きくないドライバーが増えてませんか?という奴。重心高2というのは、低スピン弾道が打てるエリアのことです。

↑こちら参照。この重心位置よりも上で打つと低スピンになるというものなのですが・・・重心高自体、極端に低いものが減ってきて、そして重心高2もあまり小さくないという感じ。

マーク金井が「コレ飛ぶでぇT島はん」

というドライバーですが、極端に低重心なものがありません。以前ブログで分析したことがありますが、重心高2 が21ミリ前後のものが多かったです。大ヒットしているピンG410プラスなんか19.8ミリと意外と低くないです・・・

低重心とどのメーカーも謳っていますけど、意外と数値で極端なものはありません。松吉さんの分析は「ボールの進化が一番大きいですね」そして、芯で打つほうがエネルギー効率はいいわけで・・タイガーもZOZOのイベントで言ってましたけど・・・・

フェースの真ん中で打つことしか考えてない

というのが物語ってます。「クラウンの形状や傾斜でフェースの下目で打ちたいか、上側で打ちたくなるか変わるんだそうで、それも設計の妙」という要素もあるとか・・・そう言えばT島も低重心にあまりこだわりが無くなってますねぇ

松吉さんと言えば、Facebookで面白い連載をされています

ジューシーmatsuのサエズリ これを無料で読めるって有り難い限りです。

ストレートネックのウエッジはアプローチ練習場でいろんな球だして遊び倒すのはとっても楽しいのですが、ヘタレメンタルのT島的に、コースではグースのウエッジのが結果が良い。

T島アプローチは好きですが、グリーンのすぐ周りからのアプローチがあまり好きではありません。振らないから刺さりそうで怖いんです。でもmmウエッジやマスダのウエッジを使うようになって、あまり苦にならなくなりました。松吉さんのFacebookページにはその理由が書いてあり納得しました。

適度なオフセットと、ソールの当たり感が、mmウエッジの魅力です↑クリック。中古のウエッジ買うぐらいなら、お求めやすい価格です。

ってことで ウエッジだけでなく、アイアンも普通に良いです。何のファンタジーもありませんが、アンフォーストエラーは減ります

ということでぜひ お求めを

ってことで金曜日に

あっそうそう YouTuberT島の新しい動画も公開されてます⇩ よろしくお願いします。


今何かと話題の、カウンターバランスの元祖

シャフトスタビライザー

よろしくおねがいします。


1 2 3 4 5 6 354