ユーティリティーの真実」カテゴリーアーカイブ

UT選び、スライサーはウッド型、 フッカーはアイアン型が合う!

UT選び、スライサーはウッド型、 フッカーはアイアン型が合う!

UT選び、スライサーはウッド型、 フッカーはアイアン型が合う!

今どきのアイアンはさらなる飛びを求めてロフトが立っています。ロフトを立てた方がスピンが減ってボールが前に飛んでくれるからです。

ただし、ロフトを立てると弊害もあります。5番ぐらいになってくるとロフトが足りないために、ボールが上がりづらくなります。アマチュアのヘッドスピードだと、6番まではなんとか打てても、5番よりも上はロフト不足が原因で、いい感じで打ってもキャリー不足が発生します。

メーカー側もそれがわかっているので、最近はアイアンセットから5番を省く傾向にあります。大ヒットブランドの「ゼクシオ」もアイアンは6番からPWまでの5本組。5番アイアンはオプション扱いです。

そこで、5番アイアンの代わりとなるのがユーティリティクラブ(以下、UT)。UTはアイアンよりも重心が深いのでボールが上がりやすいくやさしいです。5番の代わりにロフト24度前後のUTを加えれば、アイアンの6番よりも10~15ヤード程飛距離を稼げます。

さてそのUTの選び方。UTは大別すると、フェースがアイアン形状に近いアイアン型と、フェースがFW形状に近いウッド型の2種類に分けられます。どちらのタイプが自分に合うのだろうか、と考えたことはありませんか?

両者は見た目が違うだけでなく、捕まりに影響が出る重心距離も異なります。アイアン型UTは重心距離が36~42ミリと長めなのですが、UTに限らず、ゴルフクラブは重心距離が長い方がヘッドが返りづらいため、引っかかりづらい特性があります。左のミスを減らしたいフッカーには、UTはアイアン型の方が相性がいいでしょう。また、アイアンの流れで使いたい人にはアイアン型の方が構えやすいし、スイングしやすいです。

対して、ウッド型UTは重心距離が33~38ミリと短め。こちらはヘッドを返しやすいので、右へのミスを減らしたいスライサーと相性がいいUTです。そして、こちらはウッドに近い形状。アドレスした時に出っ歯の度合いが強いので、打ち込むよりも払って打つのに適しています。

7代目の「ゼクシオ」が6番からになったことで、これからは5番をアイアンセットから抜くモデルが一気に増えてくるでしょう。ロフト24度以下の5番アイアンは、アマチュアにやさしいクラブではありません。5番の代わりにUTを入れた方が、スコアを確実に縮めることができます。

最新アイアンはロフトが立っている。5番を抜いてユーティリティーを使おう!

最新アイアンはロフトが立っている。5番を抜いてユーティリティーを使おう!

最新アイアンはロフトが立っている。5番を抜いてユーティリティーを使おう!

最新アイアンはロフトが立っている。5番を抜いてユーティリティーを使おう!

フェースを薄くすれば、反発がアップして飛距離が伸びる・・・

ドライバー同様、アイアンも薄肉フェースを採用したモデルが増えてきました。今どきのアイアンはフェースの厚みが2ミリ前後。これはドライバーのフェース面よりも薄いぐらいです。実際に試打してみても弾き感が非常に強く、ボール初速が上がっているのが手に伝わってきます。

そして、今どきのアイアンはロフトも立っています。例えば5番のロフトを比較すると、10年前は26~28度でしたが、今どきのアイアンは23~25度。何のためにロフトを立てるかと言うと、7番アイアン以下の飛距離アップが目的です。ドライバーもアイアンも、ロフトを立てた方がスピンが減ります。ボールも上がり過ぎません。アイアンの場合、スピンが減るとボールが止まりづらくなりますが、ボールが前に飛ぶ分だけ飛距離を稼げます。

ただし、ロフトを立てるとデメリットも発生します。アマチュアの場合、6番ぐらいまではなんとか打てても、5番よりも上はロフト不足が原因で、物理的にボールが上がってくれません。キャリー不足が発生し、5番でも6番と同じぐらいしか飛ばない危険性が生じてくるのです。

加えて、ロフトが25度を下回ると、構えた時に「ボールが上がる」イメージは出ません。今の5番は昔のロングアイアンと同じロフト。腕が衰えてなくても、難しく感じるクラブになってしまっているのです。

クラブ本数は14本以内とルールで決まっていますが、その構成に決まりごとはありません。6番まではイメージ通り飛ぶんだけれど、5番が打ちづらい、飛距離も出づらい‥‥と感じているならば、思い切ってクラブを取り換えましょう。

5番の代わりにロフト24度前後のユーティリティーを入れれば、やさしく飛距離を稼げます。アイアンに比べるとユーティリティーはヘッドに奥行きがある分だけ、重心が深い。重心が深いことでボールが上がりやすくなるからです。加えて、アイアンよりもユーティリティの方がミスに強いし、グリーンに止まる球も打てます。

すでに女性用アイアンセットは、7番からが当たり前になっています。アイアンのストロングロフト化に歯止めがかからないことを考えると、男性用アイアンは6番からが「当たり前」な時代がすでに到来しています。

フェアウェイウッドとユーティリティーを選ぶ二つのポイント

フェアウェイウッドとユーティリティを選ぶ二つのポイント

フェアウェイウッドとユーティリティを選ぶ二つのポイント

アイアンよりも遠くに飛ばすクラブと言えばフェアウェイウッド(FW)とユーティリティクラブ(UT)。どちらもソールが幅広なことからアイアンよりも「やさしい」「ボールが上がりやすい」と言われてますが、アマチュアの中にはFWやUTを苦手にしている人が少なくありません。そして、苦手にしている人の多くはダフりよりもトップやチョロ、引っかけに悩んでいます。

そこで今回はミスを減らすためのFW、UTのクラブ選びについて説明しましょう。

ひとつめのポイントはシャフト(クラブ)の重さです。今どきのFW、UTの多くは、飛距離を重視するあまり50グラム前後の軽いカーボンシャフトが装着されています。軽い方が振りきれるし、ヘッドスピードも上げやすいからです。

しかし、FWやUTが苦手な人の場合、この軽さが災いの元となることがあります。シャフトが軽くなるほど手打ちになったり、打ち急ぎのミスが出やすくなります。また、手首のコックがほどけづらくなる分だけ、トップやチョロが出やすくなるのです。

FWやUTが苦手な人は、少し重めのシャフトをチョイスして下さい。FWの場合はドライバーよりも10g前後重いシャフト、UTの場合はドライバーよりも20~30g重いシャフトが目安です。これぐらい重くするとスイングが安定しますし、手首のコックがタイミング良くほどけ、ボールの上っ面を叩くミスを確実に減らせます。

もうひとつ大事なポイントがライ角。ライ角とはシャフトとソールがつくる角度のことです。FW、UT、ともに地面から打つクラブですので、インパクトでソールの一部しか接地しない場合(ライ角が合っていない場合)、方向性が不安定になります。また、フェース中央で球を捉えづらくなってる分だけ、ミート率が悪くなってきます。

ライ角が合っているかどうかは、市販のソール用ショットマーカーを使うと簡単にチェックできます。これで、ソール全体(中央)が地面に接地しているライ角がゴルファーの適正ライ角。ショップで試打する時は飛距離チェックだけでなく、ライ角も必ずチェックして下さい。

最近は、シャフト脱着できるFW、UTが市販されていますが、このタイプはライ角も調整可能。市販クラブだとライ角が合わない人には、非常に使い勝手がいい道具(クラブ)です。弾道調整機能と言うとドライバーというイメージがありますが、この機能はFWやUTの方がそのメリットを生かせるのです。

ユーティリティー購入時はフェース面の向きをじっくりチェックすべし

ユーティリティ購入時はフェース面の向きをじっくりチェックすべし

ユーティリティ購入時はフェース面の向きをじっくりチェックすべし

残り180~200ヤードの距離を狙うには、フェアウェーウッド(以下FW)がいいのか? それともユーティリティークラブがいいのか?

 この手の質問を受けた時、真っ先にゴルファーに尋ねるのが「どんな弾道を打ちたいのか?」です。何故かと言うと、FWとユーティリティーとではクラブの形状が異なるだけでなく、いい感じでとらえた時の弾道が異なってくるからです。

 具体的に言うと、ボールを高く上げて、グリーンに止る球を打ちたいならば、迷わずFWを選んで下さい。FWの方がヘッドが後方に膨らんでいるので重心が深く、重心が深い分だけスピンがかかりやすいからです。

他方、風に強い球や手前からランでグリーンを狙いたい場合はユーティリティーを選ぶ。ユーティリティーの方がFWよりも重心が浅く、重心も低め。構造的にFWよりもスピンが少ない弾道が打ちやすいからです。

 加えて、アイアンが得意な人も、ユーティリティーの方がいいでしょう。FWよりもクラブが短いし、フェースのラウンド(丸み)が弱い分だけ、アイアン感覚で打っていけるからです。3番、4番アイアンの代わりに使うならば、FWよりもユーティリティーの方が扱いやすいです。

 そして、ユーティリティーを選ぶ場合に注意したいのがフェースの向き。大抵のゴルファーはトップライン(フェース上側)でフェースの向きをチェックしがちですが、これをやると勘違いが発生します。ユーティリティーの多くはトップラインに対してフェース面が被っています。例えばトップラインがスクエアな場合、フェース面は左を向きがちということです。いわゆるフックフェースになっています。

スライサーならばフックフェースの方が方向性が安定しますが、左のミスが出やすい人にとってはフックフェースは厄介なものです。いい感じで捉えたスイングが出来た時、ボールが捕まり過ぎて、左に外すミスが出やすくなるからです。

 今使っているユーティリティが「ちょっと引っかかる」なと思うならば、スイングを疑う前に、フェース面をじっくり見て下さい。トップラインを見てはいけません。ヘッドをポンと置いた時にフェース面が左を向いているならば、フェースの向きが捕まり過ぎを招いています。フェースの向きは1度前後は調整が可能です。クラブが気に入っているならば、専門のショップに持ち込んでフェース角調整をすることをお勧めします。フックフェースをスクエア方向に調整すれば、左へのミスを確実に軽減できます。

ユーティリティーをアイアン感覚で使いたいならグースネックを選ぼう

ユーティリティーをアイアン感覚で使いたいならグースネックを選ぼう

ユーティリティーをアイアン感覚で使いたいならグースネックを選ぼう

ユーティリティーをアイアン感覚で使いたいならグースネックを選ぼう

 
7番は距離が出て打ちやすいのだけれど、5番はボールが上がりづらくミスが目立つ‥‥

 アマチュア向けアイアンの多くは飛びを追求しているためにロフトがかなり立って(減って)います。例えば、5番アイアンのロフト。アスリート向けは26度前後ですが、アベレージ向けとなると24度前後。これは昔の4番と同じロフトです。ロフトを立てた方がスピンが減って飛距離を伸ばせるからです。ただし、ロフトを立てるとデメリットもあります。6番ぐらいまで打てても、5番になるとロフト不足が原因でボールが上がりづらくなります。加えてロフトが24度以下だとアドレスした時に難しく感じ、ゴルファーに余計なプレッシャーを与えてしまいます。今どきの5番は、昔のロングアイアンと同じぐらい難しいため、ミスも出やすくなるのです。

 このため、5番が苦手ならば5番を抜いてロフト24度前後のユーティリティー(以下、UT)を入れることをお勧めします。UTはアイアンに比べるとソール幅が広く、重心が深い。24度前後でも楽にボールが上がってくれます。実際、女子プロの多くはアイアンは6番からというのが当たり前になっています。5番の代わりにUTを入れる場合、ロフトは24度前後、そして5番と同じ重さか5~10g軽い物を選んで下さい。これで5番の距離が楽に打てますし、6番とのつながりも良くなります。

 そしてもうひとつのポイントがネック形状。アイアンをダウンブローに打つ人や、グースネックのアイアンを使っている人は、グースネックに見えるUTを選んで下さい。対して、アイアンを払い打つ人や、ストレートネックのアイアンを使っている人の場合は、少し出っ歯に見えるストレートネックのUTを選んで下さい。

 UTに限らず、ゴルフクラブは打ち方によって相性の良し悪しがあります。相性の悪いクラブを手にすると、やさしいはずのクラブを使っても打ちづらく感じるし、実際ミスも出やすくなります。UTは打ち込んでも払い打ってもいいクラブですが、打ち方に適した顔があります。相性の良い顔を選べばUTはゴルファーの心強い武器になってくれるでしょう。

FW、ユーティリティが引っかかるならフェースアングルを調整しよう

FW、ユーティリティが引っかかるならフェースアングルを調整しよう

FW、ユーティリティが引っかかるならフェースアングルを調整しよう

FW、ユーティリティが引っかかるならフェースアングルを調整しよう


 ロングアイアンの代りとしてすっかり定着したクラブがユーティリティクラブ(以下、UT)です。ヘッド形状はFWとアイアンの中間。長さはFWよりも短くて、アイアンよりは少し長いのが特長ですが、UTを選ぶ時に注意したいのがフェースアングルです。フェースアングルとはアドレスした時のフェースの向きのことで、ヘッドをポンと置いた時、フェース面が目標に真っ直ぐ向くのがスクエア。目標よりも左を向くのがフックフェースで、目標よりも右を向くのがオープンフェースです。

 さて、このフェースの向き。見た目が変わるだけでなく捕まり具合にも影響が出ます。フックフェースは捕まりが良くなり、オープンフェースは捕まりが悪くなります。フックフェースはスライスを軽減する効果があり、オープンフェースは引っかけを軽減する効果があります。UTにおいてもオープンフェースになるほど、クラブで左のミスを軽減できます。FWもしかり。引っかかりやすい人はオープンフェースを選んだ方が、捕まり過ぎを軽減できます。

 そして、もうひとつのポイントはドライバーとのマッチング。ドライバーが真っ直ぐ飛ぶのに、UTの方向性が安定しなかったり、引っかかりやすかったりする場合、UTはドライバーよりもフェースが右を向いたものを(オープンフェース)選んで下さい。例えばドライバーがスクエアフェースならば、UTは1~2度オープンぐらいをお勧めします。構えた時にフェースが少し開いていれば捕まり過ぎを軽減できます。

 ドライバーに比べるとUTはヘッドが小ぶりです。ボールの捕まりに影響が出る重心距離は、ドライバーよりもUTの方が5ミリ前後重心距離が短くなっています。結果、ドライバーとUTを同じスイングで打つと、UTの方が重心距離が短い分だけインパクトでヘッドが返り過ぎやすく、それが原因で引っかけやすくなるのです。特に、ドローやフックが持ち球の人の場合は、ドライバーの調子が良い時ほど、UTは左に曲がる度合いが強くなります。最近はドライバーだけでなく、FWやUTにも弾道調整機能が付いたクラブが増えてきました。このタイプはシャフトの装着方向を変えるだけで、フェースアングルを±1~2度調整できます。

 弾道調整機能と言うとドライバーのイメージがありますが、実は、ドライバーよりもFWやUTの方がそのメリットを享受できるのです。