マーク金井blog

2017年09月26日超私的な考察 50歳過ぎてもドライバーの飛距離を効率良く稼ぐコツとは!?

昨日はYouTube生放送「マーク金井の喋らずにいられない」をオンエア。この番組はYouTubeにも関わらずアーカイブは残してません。演劇と同じく、リアルタイムで聞くことによってライブ感が出てくると勝手に思っているからです。そして、立川談志家元の言葉を借りるならば、

 聞けななかった人が悔しがるような番組を作りたい!!!!

 

と自分で自分にプレッシャーを掛けたいからです。

 

さて、ライブと言えば、先週の金曜日、国内男子ツアー「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ2017」を取材してきました。場所は千葉県のカレドニアン・ゴルフクラブ。取材でしょっちゅうお世話になっているゴルフ場です。現在、ヤマハの新製品RMXの動画がアップされてますが、この動画もカレドニアンで撮影しています。

 

この大会はアジアンツアーと共同開催ということもあって、出場選手もアジア各国のみならず、ヨーロッパの選手もいます。そんな中、練習場でひときわ目立つ存在だったのが、タイのブラヤド・マークセン選手。身長は163センチと大柄ではありませんが、なんとも言えない存在と風格が漂ってました。50歳を超えてもシニアツアーとレギュラーツアーの両方で活躍してますし、今年の日本シニアオープンでは大会最小スコアを更新する18アンダーで優勝。昨年に続き、2連覇を果たしているのです。

マークセン選手のスイングを間近で観るべく練習場に向かい、そして動画を撮影。今回のダイヤモンドカップでは、練習場に限り、ギャラリーも動画撮影できます。その中にまじってデジカメで動画を収録。アイアンからドライバーまでじっくり観察しましたが、見れば見るほど、「達者なスイング」です。50歳を過ぎてもドライバーの飛距離は270ヤードを軽く超えてます。それでいて力に頼ったスイングではありません。最小限の力で、最大限のエネルギーが出るスイングでボールを効率良く飛ばしていました。

 

では、マークセン選手のスイングはどこがどう効率が良いのか?

 

・トップからダウンの切り返しでタメが作れている
・シャフトのしなり戻りがタイミング良く発生している
・インパクトではハンドファースト

 

そして、そして、そして、

・ダウンスイングからフォローにかけて腕の回旋(腕のねじり戻り)が鋭い!!!!

 

米ツアーで活躍している松山英樹のスイングが「剛」だとすれば、マークセン選手のスイングは「柔」です。関節の使い方、そして手首と腕をしなやかに使っているので、体力、筋力まかせのスイングに見えません。50歳を過ぎても体に強い負担がかからないので、50歳を過ぎても飛距離が落ちない(飛距離が出る)スイングに見えました。対して、松山英樹選手のように体幹や大きな筋肉を積極的に使ったスイングというのは、50歳以上のシニアゴルファーには到底真似できるものではありません。

 

 ダウンでタメを作るというのは簡単ではありませんが、パワーがなくてもできます。
 ハンドファーストなインパクトも簡単ではありませんが、パワーがなくてもできます。
 シャフトを上手くしならせるのも簡単ではありませんが、パワーがなくてもできます。
 腕の回旋(腕のねじり)も簡単ではありませんが、パワーがなくてもできます。

 

大人になって歳を重ねていくと否応なしに体力、筋力が落ちてきますが、ゴルフの場合、道具の依存度が高い競技です。ゴルフクラブを上手く使いこなすことができれば、50歳を越えても、60歳を越えても飛距離をダウンを防げるだけでなく、飛距離アップも十分可能です。特に、スイングに問題を抱えている人の場合ならば、その問題を解消すれば、ドライバーの飛距離を20ヤード以上伸ばすことも可能です。

 

マークセン選手のスイングをじっくり観たことで、改めて、ゴルフはスキル(技術)でボールを遠くに飛ばせることを実感しました。大事なことなので繰り返しますが、「タメを作る」「シャフトを上手く使う」「ハンドファーストなインパクト」そして、「腕の回旋」。手打ちを推奨していると勘違していただいても構いません。50歳を過ぎた人の場合、体幹や筋力頼みでスイングするよりも、手と腕と、そしてシャフトを上手く使ってスイングした方が、体への負担が減り、なおかつ効率良くボールを遠くに飛ばせるのです~。

 

(▼▼)b


10月のセミナー募集開始しています

詳しくは↓こちらをご覧ください(クリック)↓

マジックマリガンUT 

21度、24度販売再開しています ↑クリック


2017年09月24日超私的な提案 ここ一番のティショットで左へのミスを防止するコツとは!?

お待たせしました!
YOUTUBE アナライズチャンネルにて
マーク金井 ここだけの話
9月25日月曜21時生配信します

録画はありませんので生で観てね

そして・・

10月のセミナー募集開始しています

詳しくは↓こちらをご覧ください(クリック)↓


昨日は、ブリック&ウッドクラブにてアナライズセミナーを実施してきました。朝から雨だったと言うこともあって、スタート前に、インパクトセミナーを実施。スピンアクシスという器具を使って、「なぜスライスするのか?」「なぜフックするのか?」について、じっくりとレクチャーしました。

YouTubeでも説明していますが、ボールが曲がる(真っ直ぐ飛ぶ)かどうかを決めるのは、、、

・インパクト時のフェース向き(打点位置)
・ヘッド軌道

ゴルフの上手下手に関係なく、老若男女に関係なく、ボールの曲がり具合というのは、この2つの要素によって決まります。ちなみに、インパクト時のフェース向きというのをもう少し具体的に言うと、

 

 ヘッド軌道に対してのインパク時のフェース向き!!!!!

 

です。よく「今のはフェースが開いたからスライスした」とか「今のはフェースが被ったから引っかけた」と言いますが、フェースが開いたか閉じたかをジャッジするためには、ヘッド軌道の関係性で決まります。例えば、持ち球がフック系でインサイドアウト3度の軌道で打っている人の場合、

 

目標に対してインパクトでフェースが1度開いた場合は、ヘッド軌道に対してはフェースは2度クローズ(閉じた)状態なんです。インサイドアウト3度で打っている人の場合、インパクトでフェースが3度開いた時、ヘッド軌道に対してフェースはスクエア(0度)になり、この時はスピンの軸が傾きません。ボールにはフック回転がかからず右に3度真っ直ぐ飛び出します。

 

弾道をコントロールする上で一番大事なことは、、、

 

ヘッド軌道に対して、インパクト時のフェースの開閉度合いを調整することです!!!!

 

 

今回のセミナーでは座学だけでなく、実際にセミナー受講者とラウンドしましたが、左のミスが出やすい人の場合、この「ヘッド軌道に対して、インパクト時のフェース向き」を上手くコントロールできてない人が多かったです。左のミスを嫌がる人の多くは、アドレスで右を向きます。ここまではOKなんですが、アドレスで右を向いているにも関わらず、フェースは右を向いてません。

 

右を向いている分だけ、構えた方向に対してフェースは少しクローズ(閉じた状態)になっています。右を向いてインサイドアウトの度合いが強くなっているにもかかわらず、フェースはヘッド軌道に対してクローズの度合いが強くなっているのです。このため、ヘッド軌道に対してフェースがクローズの度合いが強くなるために、ボールには強いフック回転がかかってしまい、一番避けたい左へのミスが出てしまっていました。

左が危険なホールで右を向くこと自体は間違っていませんし、その方がフェアウェイの幅を広く使えます。ただし、右を向いている時は、構えた向きよりもさらに少しだけフェースを右に向けておくことを欠かさず実行して下さい。例えば、アドレスで普段よりも右に3度向いているならば、フェースの向きは4度ぐらい開く。構えた向きよりも、さらに少しだけフェースを開いておけば、右へのプッシュアウトのミスは出ても、左に引っかけたり、チーピンのミスが出る確率は劇的に下がるのです。

 

ゴルフは物理です。

 

フックのかかり過ぎ、チーピンというのは、インパクト時のフェースの向きを正しく調整すれば事前に防げるのです~。

 

(▼▼)b


マジックマリガンUT 

21度、24度販売再開しています ↑クリック


2017年09月21日超私的な提案 ウエッジ用シャフトはスチールとカーボン、どちらがいいのか!?

10月のセミナー募集開始しています

詳しくは↓こちらをご覧ください(クリック)↓


火曜日、水曜日と関西出張に行ってきました。火曜日は、朝イチから「中西清起、小林佳則の熱血!!ゴルフ塾!」のゲスト出演でジャパンビレッジGC。10月と11月放映分を収録。マーク金井は元阪神のピッチングコーチ、中西清起さんと組んで、小林佳則プロと組んだアマチュアチームと対戦します。オンエアは毎週水曜日の23時~23時30分です。関西エリアの皆様、ご視聴のほどよろしくお願いします。

 

 

この番組でマーク金井が使うクラブは、もちろんリンクスのSSマジックマリガンアイアンSSマジックマリガンウエッジ。手前味噌ですが、どちらもソール幅が非常に広く、かつ、ハイバウンス設計。幅広ソールと強いバウンスによってダフりのミスに強いだけでなく、インパクトではロフトが立ちながら前へ進むので、ダフってもナイスショットした時とほぼ同じぐらい距離が出ます。キャッチコピーはなんと、、、

 

 

練習場では最低のクラブ、
コースでは最高のクラブである。

 

今回の収録でもこのミスに強いアイアンとウエッジのおかげで、小林プロにプレッシャーをかけられるショットを何発も打てました。ミスに強いのが分っているクラブを手にしていれば、テレビカメラが回っていても気楽に打てるからです。

 

加えて、今回はウエッジのシャフトを新しくしました。アイアンにはすでにフジクラのカーボンシャフト、MCIブラック80(Sシャフト)を装着していたので、今回はアイアンと同じくAW、SW、LWにもMCIブラック80(Sシャフト)を装着。これで、ドライバーからウエッジに至るまで、パター以外はすべてカーボンシャフトです。

 

 

ウエッジもカーボンシャフトにした理由は、、、

 

スチールシャフトよりもカーボンの方がスイング中にシャフトのしなりを感じ取りやすいからです。加えて、カーボンとスチールのしなり感というは違います。同じ硬さ、同じ振動数に揃えたとしても、カーボンとスチールとではしなり感、そしてインパクトの手応えはかなり異なります。スチールとカーボンでは比重が大きくことなります。

 

鉄(スチール)の比重は7.85
カーボンの比重は1.5~1.7

 

 

比重が大きく異なるので、同じ重さでシャフトを作った場合、スチールシャフトはかなり肉薄になり、カーボンシャフトはかなり肉厚になってしまいます。シャフトの肉厚がここまで大きく異なると、素材による違いだけでなく、肉厚による違いによってしなり感、そしてインパクトの手応えがかなり異なってしまいます。

 

では、ウエッジ用のシャフトはカーボンとスチールとでは、どちらが打ちやすいのか?

 

ウエッジは遠くに飛ばすクラブではありません。ウエッジに求められるのは距離のコントロールのしやすさ、そして前後のミスが出づらいが出づらいことです。

 

かつてはカーボンシャフトは「飛ぶけど距離がバラつく」なんてことが言われたりしましたが、今はそんなことはありません。今どきのカーボンシャフトは精度が高く、カーボンだと距離がバラつくなんてことは皆無です。アイアンにカーボンシャフトを装着して3年以上経ってますが、自分が打ち損じない限り距離感のミスは出たことないです。ウエッジ用シャフトもすでにアナライズのmmウエッジではカーボン(MCIブラック80S)を装着してますが、30~80ヤードと言ったコントロールショットも距離感の精度は非常に高く、スチールよりも劣るなんてことは1度もありません。

 

アイアンやウエッジのシャフトを、「スチールにするのか、カーボンにするのか」は好みで選べばいいと思いますが、シャフトのしなりを使ってスイングしたい、シャフトのしなりを感じながらスイングしたいならば、スチールよりもカーボンをお勧めします。

 

 

前述したようにカーボンの方がスイング中にしなりを感じやすくなるからです。また、少し軟らかめのカーボンシャフトを装着すると、切り返しでシャフトがしなるのが分るから、力みづらくなります。また、ウエッジにカーボンシャフトを装着すると、ゆったり切り返せます。

 

市販の別売りウエッジではスチールシャフトが装着されているモデルがほとんどですが、カーボンシャフト装着のアイアンを使っているならば、ウエッジもカーボンにした方がアイアンの流れでウエッジも使えます。また、セッティングの流れも良くなります。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

シャフトにこだわるならば、ドライバーやアイアンだけでなく、ウエッジにもこだわって下さい。コースに出たら、ドライバーと同じぐらいウエッジの方が出番が多いですし、ウエッジでいいショットが打てると確実にスコアアップにつながるからです。ウエッジをカーボンシャフトに交換する場合、シャフト重量はアイアンと同じか、アイアンよりも5~10gほど重いシャフトがお勧めです~。

 

(▼▼)b



名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!


2017年09月19日超私的な考察 ゴルフでよく言われる「左手のリード」の正体とは!?

YOUTUBEのアナライズチャンネルに脱アンダー星人セミナー3回目配信開始しました

アナライズのセミナー10月開催日程発表と、募集開始は9月20日からとなります


プロ野球はペナントレースを終え、パリーグは福岡SoftBankホークス、セリーグは広島カープが制覇。どちらも2位に大差を付けての優勝です。セリーグの2位は阪神でほぼ決まりですが、3位の巨人とは5.5ゲーム。そこからさらに1ゲーム差でDeNAが追いかけています(9月17日時点)

セリーグのクライマックスシリーズは関西開催が濃厚ですが、関西でプロ野球中継と言えばサンテレビ。マーク金井も中学生の頃ぐらいからサンテレビで阪神戦の中継を見てましたが、今日はそのサンテレビの収録でジャパンビレッジGCにいます。「中西清起、小林佳則の熱血!!ゴルフ塾!」のゲスト出演で、10月と11月放映分に出ます。毎週水曜日の23時~23時30分です。関西エリアの皆様、ご視聴よろしくお願いします。

熱血!! ゴルフ塾!では、元阪神のピッチングコーチ中西さんとタッグを組んでプレーしてますが、普段のプレーよりもプレッシャーがかかります。テレビカメラが回っているのは気になりませんが、自分がミスをしでかすと、チームメイトがその尻ぬぐいをすることになるからです。チームメイトの中西さんがナイスショットした時も、そのナイスショットを生かした結果を出そうとしたくなるからです。

 

熱血!!ゴルフ塾!には定期的にゲスト出演していますが、不思議なことにカメラが回ると普段よりもいいショットが打てます。カメラが回っていることで普段よりも集中力が増し、結果ではなくて、やるべきことに集中できるからです。

 

では、今は何に集中しているのか?

 

PRGRのサイエンスフィットEXでスイングを丸裸にしてもらい、自分に足りていないのがダウンスイングにおける左腕の回旋。テークバックで左腕は時計回りにねじれます。トップからダウンにかけてはねじれた左腕をねじり戻す必要があるのですが、普段のスイングではそれが少し不足しています。マーク金井の場合、テークバックで左前腕が時計回りに60度ほどねじれてますが、インパクトでは50度しか戻ってません。PRGRの計測によると10度ほど回旋が足りていないので、スイングしている時はダウンスイングで左腕のねじり戻しを強く意識しています。

 

 

テークバックでは左腕は時計回りに60度ねじれているわけですから、ダウンスイングでは反時計回りに60度ねじることを意識しています。そして、これが左手リードの正体です。

 

さて、このスイング中の腕のねじれ(回旋)。

 

ゴルフスイングでは左手のリードが大事だと言われてますが、左手をリードは「左手でクラブを引っ張り下ろす」というだけでは、動きが足りてません。PRGRのサイエンスフィットえEXで教えてもらったのですが、プロや上級者でもダウンスイングでは左腕のねじり戻し(回旋)が不足している人が少なからずいるそうです。そして、ダウンスイングで左腕の反時計回りのねじれ(回旋)が不足している、ヘッドはプレーンから外れ、いわゆるアンダー星人になりやすいそうです。

 

 

左のミスが出やすい人や、チーピンのミスが出やすい人の場合、ダウンスイングでヘッドが下がってアンダー星人になっている場合が多いですが、これらの人も、ダウンスイングで左腕のねじり戻し(反時計回りの回旋)が不足しているそうです。

 

ダウンスイングで左腕を反時計回りにねじると、フェースが被って、「余計に左に曲がってしまいそう」な感じになります。しかしながら、左腕を反時計回りにねじった方がヘッドがプレーンに乗り、逆に、左へのミスが出づらくなるのです。

 

 ゴルフは物理であり、力学です。

 

ダウンスイングでは身体の回転に伴って、左腕を反時計回りにのねじる(腕の回旋する)。これがタイミング良くできると、ヘッドはプレーンに沿って下りてきますし、プレッシャーがかかった場面でも、インパクトの再現性が高くなり、飛んで曲がらないショットを打てるようになってくるのです~。

 

(▼▼)b


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!


2017年09月17日超私的なシャフト試打 USTマミヤ アッタスクール!!!!

3連休に入りました。関東地方は台風が直撃していますが、今日日曜日はアナライズセミナーデー。第1部は1秒1000コマ撮影できるディテクトの高速度カメラを使った「インパクトセミナー」、30分の休憩を挟んだ第2部は打点位置をコントロールするコツをレクチャーする「打点コントロールセミナー」を実施します。このブログがアップされる時間は、ちょうど休憩時間に突入しています。

 

 

さて、3連休の前日(金曜日)、赤羽ゴルフ俱楽部でサクッと薄暮9ホールプレーしてきました。9ホールに慣れると、9ホールがちょうどいい案配。使うクラブは7本以内なので、手引きカートは使いません。担ぎセルフで約5000歩くらい歩くので、カートに乗って18ホールプレーするよりもエネルギー消費があります(笑)。

 

 

さて、ラウンドの時にはクラブやシャフト、そしてボールをテストしていますが、昨日テストしたのが、これっ。

 

 

USTマミヤの新製品、アッタスクール5S。

 

・長さ45.5インチ
・振動数250cpm
・センターフレックス値3.6

 

メーカーのキャッチコピーは

 

「かつてない初速があなたたのゴルフをCoooLにする」

 

セールコピーは

 

「シャフト全体の”走り”がかつてないつかまりとを生む」

 

走りと捕まり。このキーワードが出てくるシャフトの場合、大抵は、手元側の剛性が高く、中間剛性が低く、かつ先端側が軟らかい場合が非常に多いです。手元を硬くして先の動きが大きいシャフトを使った時、多くのゴルフは「走り」を感じます。また、先端側の剛性を低くする(軟らかくする)ことで、インパクトゾーンでヘッドが返りやすくなって捕まった球が打ちやすくなるからです。キャッチコピー、セールスコピーを読む限りでは、前作のアッタスパンチとはまったくキャラクターが異なるシャフトであることが伺い知れます。コピーを読む限りでは、歴代アッタスの中ではアッタスロックスターに近い感じがします。

 

 

では、実際に打ってみてどうなのか?

 

 シャフトの中間部分が軟らかく、ムチのような挙動で捕まりが良い!!!!!

 

 

前作アッタスパンチは切り返しで手元がしなりますが、アッタスクールは手元側の剛性が高いので、手元のしなりは控えめ。その代わり中間部分がグイグイッっと大きめにしなり、インパクトゾーンではシャフト先端が走ります。アッタスパンチが叩けるシャフト、叩いても左に行きづらいシャフトでしたが、アッタスクールはヘッドが走るシャフト、右へのミスが出づらく捕まりがいいシャフトです。

 

 

そして、アッタスロックスターに比べると、シャフト全体のしなり量が大きい。同じフレックスだとアッタスクールの方が少し軟らかく感じますし、挙動もムチのような粘り感が増してます。手元側と中間部分の剛性変化量が大きいの、シャフトがしなり戻るタイミングが合う人にはヘッドスピードが上がってボール初速が上がり、「飛び」を得られます。対して、タイミングが合わない人が使うと、右へのプッシュアウトが出たり、捕まり過ぎる場合があるでしょう。

 

アッタスパンチアッタスクールUSTマミヤのホームページでもマッピングされていますが、シャフトの特性はまったく違います。アッタスパンチは参上(アッタス3)と同じカテゴリーで、アッタスクールアッタスT2アッタスロックスターと同じカテゴリーのシャフトです。

 

 

ゴルフは物理です。

 

シャフトの特性は剛性分布でほぼほぼ決まりますが、今回のアッタスクールは剛性部分通りの素直なシャフトでした~。

 

(▼▼)b


名作MSウエッジ限定復活!販売再開↓クリック

フェースが開いたりしたい人は、こちらをチョイス!!


1 2 3 4 5 6 364