マーク金井blog

2019年06月20日超私的な考察 インパクトで骨盤(腰)を開くとどんなメリットがあるのか!?

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”アイアンの形状”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします


梅雨の真っ只中ではありますが、今週の神田エリアはまだ一度もまとまった雨が降ってません。暑くて湿度が高い日が続いており、マーク金井の首の後ろ側は別人のように真っ黒に日焼けしてます。一昨日の月曜日は赤羽ゴルフ倶楽部でゴルフ雑誌の撮影をしてましたが、1時間ほどでこれでもかってぐらい日焼けしました(笑)

 

 

さて、これでもかってぐらいつながりで言えば、最近の練習テーマはこれでもかってぐらい「インパクトゾーンで骨盤(腰)を開く」こと。仕事が終わった深夜に神田のスタジオで20分ほど練習する時も、1に骨盤の開き、2に骨盤の開き、3に骨盤の開きと、念仏を唱えるがごとくひたすら骨盤を開くことを意識しながら練習しています。

 

そして、そして火曜日にプロギア銀座EXにて最新の機器を駆使してスイング診断をしてもらった時もひたすら意識したのが「骨盤の開き」です。PRGRのサイエンスフィットは何度か伺っていますが、今回は、PRGRが開発した独自の測定器を使い、「腕」「胸」「骨盤」の動きをモーションキャプチャーしてもらいました。

 

半年ほど前にもプロギア銀座EXでスイング分析をしてもらったのですが、骨盤の開きを強く意識し始めたのは今年の1月末ぐらいから。なので4ヶ月でどれぐらいスイングが変わったのかが大いに気になるところです。なぜなら、ゴルフスイングは自分では「大きく変わった(大きく変えた)」と思っていても実際はほとんど変わっていないことが非常に多いからです。前回の計測ではダウンスイングでは骨盤は閉じてましたし、インパクトでも骨盤の開きは微々たるもの。いわゆる身体の開きが少ない状態でインパクトを迎えていました。

 

それが今回の計測では、自分の予想を超えるほどスイングが変わっていました。トップからはいきなり骨盤の回転が入っており、数値を見ても、、、

 

 

 トップでの腰の回転  45度
 ダウンスイング前半  23度(トップよりも22度骨盤が開く)
 ハーフダウン    -21度(トップよりも66度骨盤が開く)
 インパクト     -32度(トップよりも77度、アドレスよりも32度骨盤が開く)

 

数値を見てもトップからいきなり骨盤(腰)が開く方向に回旋しているのが分ります。
もちろん、この数値で決して満足はしていません。女子プロゴルファーはインパクトで骨盤が59度も開いています。それを考えると、インパクトでは45度以上骨盤が開けるようなスイングを目指していきます。

 

 

PRGRのサイエンスフィット教本でも、骨盤(腰)を開くことがゴルフスイングを構築する上で非常に重要だとアナウンスしています。この教本では「骨盤が開いたインパクト」が大前提とまで書かれていますが、まったくもってその通り。骨盤が開けるかどうかで、ゴルファーのスイング、そしてクラブヘッドの軌道というのがガラッと変わります。老若男女問わず、身体の柔軟性を問わず、骨盤が開いたインパクトを覚えることができてしまえば、アマチュアゴルファーに多い手打ちにもならないし、スライスも出ません。そして何より飛んで曲がらないスイングを身に付けやすくなるのです。

 

 

では、なぜ骨盤が開けると飛んで曲がらないスイングを見に付けやすくなるのか?

 

 

アナライズ「手打ちが治る体幹セミナー」「NEOオンプレーンセミナー」で詳しくレクチャーしてますが、骨盤を開くとクラブをインサイドから下ろして、インサイドに振り抜いていけやすくなるのです。加えて、骨盤を開くというのは先行動作。身体の中心が先行して動くことで、慣性の力(遠心力)を効率良く発生させることができ、かつリストターンしなくても、インパクトでフェースをスクエアに戻せるようになってくるのです。

 

 

 もちろん、骨盤を開けばその瞬間にすべてが上手くいくという訳ではありません。しかしながら、手打ちを直したい、今どきの大型ヘッドを上手く使いこなすためには、骨盤を開いた状態でインパクトを迎えることが必要不可欠なんです。

 

ただし厄介なことに、ゴルフのキャリアが長い人、骨盤を開かなくてもナイスショットが打てるアマチュアゴルファーの場合、「骨盤が開いたハーフダウン」、「骨盤が開いたインパクト」というのは、とてつもなく気持ち悪い動作、とてつもなく上手くできない動作なんです。そして、困ったことに骨盤を開く感じでスイングしても、実際は骨盤がまったく開いていないことが多いのです。

 

骨盤を開かなくてもボールを真っ直ぐ飛ばせますし、飛距離も出すことも可能です。ただし、骨盤を開いていないインパクトでは今どきの大型ヘッドを上手く使いこなすのが非常に難しいですし、ショットを安定させることも難しくなるのです。

 

超私的に言えば、骨盤を開かないインパクトというのは「天動説スイング」で、骨盤が開いたインパクトというのは「地動説スイング」です。天動説から地動説に移行する時、多くの人が地動説に違和感を覚えたように、ゴルフの場合も天動説スイングをしている人の多くは、地動説スイングに対して強い違和感を持ってしまいます。

 

 

しかしながらダスティン・ジョンソンのスイングを引き合いに出すまでもなく、今のトッププレーヤーは例外なくインパクトで骨盤が開いてます。女子プロゴルファーのインパクトも例外なくインパクトで骨盤が開いてます。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

物理的に理に叶っているスイングをするのか、しないかのかはゴルファーの自由です。しかしながら、今どきの大型ドライバーを上手く使いこなしたい、ボールを沢山打たなくても飛んで曲がらないショットを打ちたいのであれば、一時的にボールにまったく当たらなくなったとしても、地動説スイングを身に付ける練習をすることお勧めします~。

 

(▼▼)b


ツアープロの人気の練習器具ゴルフの竪琴。プロギアさんのサイエンスフィット教本でも使われています

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2019年06月18日超私的な提案 風が強い日に低い球を打つ一番簡単、確実な方法とは!?

Youtube動画【おしえてマークさん】今回から、マーク金井が皆さんの質問にお答えします。

マークさんの質問箱#1

よろしければチャンネル登録もお願いします


2019年の全米オープンは1打差の首位で出た35歳のゲーリー・ウッドランド選手が4バーディ、2ボギーの「69」でプレー。最終18番では8メートルほどのバーディーパットを見事に沈め、通算13アンダーとして逃げ切りでメジャー初制覇を遂げました。

 

全米オープン3連覇がかかったブルック・ケプカ選手は最終日にスコアを「68」と伸して追い上げましたが、通算10アンダーの2位でホールアウト。1905年のウィリー・アンダーソン(スコットランド)以来114年ぶり2人目の大会3連覇を逃しました。

 

 

マーク金井は初日からテレビ観戦してましたが、その合間をぬって日曜日、千葉市民ゴルフ場で早朝9ホールプレー。雨上がりの日曜日は台風のような強風。ピンが斜めに向いた中、サクッと担ぎセルフで回りました。バッグの中は、いつものように7本だけでしたが、おはよう3パットボギーの後は、8ホール連続パー。風が強いコンディションを考えると安定してプレーできました。スタッツはこんな感じです。

 

 

△ーーーーーーーー 37
321221222 17

 

出だしホールは強いフォロー風、セカンドの残りは90ヤードでしたので、PWで80ヤード打つ感じで打ったらピンを20メートもオーバー。ファーストパットを2mショートし、セカンドパットがカップをなめて3パットです。2番以降は風の計算をほとんど間違えなかったので特にピンチらしいピンチはありませんでした。

 

 

千葉市民は3番と8番がパー3ですが、3番は白ティからだと98ヤード。8番は150ヤードです。3番はフォロー風で、8番はアゲンスト風が吹いてましたが、マーク金井はどちらも同じクラブでティショット。どちらもピンをかすめてグリーン奥のエッジに運びましたが、使ったのはドライバーです。3番ではドライバーで95ヤードを狙い、8番ではドライバーで150ヤードを狙って打ちました。

 

 

距離的にはドライバーで打つ距離ではありません。プロゴルファー猿みたいなことをやっていますが、超私的なことを言わせてもらうと強風下、そして手前の花道が開けているのであれば、ドライバーが一番、風の影響を受けづらいからドライバーを選択したのです。

 

 

ドライバーで95ヤードを打つなんて常識外れと思うかもしれませんが、パー3のティショットではティアップできます。ティアップできる状況ならばドライバーで打つのは難しくありません。加えて、ドライバーはパターの次にロフトが少ないクラブ。物理的に考えれば至極当然ですが、ロフトが少ないクラブほどボールが低く打ち出され、そしてバックスピン量も少ない。距離調節さえできれば、オートマチックに風に強い球が打てるのです。

 

 

 ゴルフは物理です。

 

 

今回のテーマである、「風に強い球を打つ」コツは、ロフトが少ないクラブで打つことです。もちろん、低く抑えた打ち方というのもアリですが、打ち方を変えるというのはリスクがありますし、打ち間違えたら取り返せないようなミスが出る恐れもあります。対して、物理的に風に強い球(低く打て、スピンが少ない球)が打てるクラブを使えば、打ち方は変える必要はありません。求められるのは距離感だけ。

 

 

ドライバーで100ヤード打つというのは、実はグリーンの外からパターで打つのと同じで、打つこと自体は難しくありません。距離を合わせる、正しい距離感で打つことが求められるだけなのです。

 

 

 そして、このドライバーで100ヤードを打って分ったことがあります。

 

 

パー4のティショットでもドライバーで200ヤードぐらい打つ感じでスイングすると、実に、風に影響されない球が打てます。マーク金井の場合、ドライバーでフルショットすると250ヤード前後ですが、フルショットではなく200ヤードぐらい打つようにすると、
打出し角が低くなり、かつスピンが少ない球が打てます。

 

 

 ドライバーで200ヤード打とうとすると、クラブを少し短く持ちます。そして振り幅が小さくなり、インパクトでハンドファーストの度合いが普段よりも少し強くなる分だけ、インパクトロフトが減ってくるのです。

 

 

ダウンブローに打とうとか抑えて打つ意識はまったくありません。意識するのは200ヤードをちゃんと打つこと。200ヤード先のグリーンに乗せる感じでティショットを打つだけです。しいてスイングの中の動きを意識している所があるとすれば、インパクトゾーンで左手の動きを止めないこと。左手(グリップエンド)がずっと動き続けた状態で、ボールを捕らえるようにしているだけです。

 

 

アゲンスト風が吹いていると、どうしても風に負けまいと気合いが入ります。そして、強い球を打ちたくなりますが、実は、これがミスを招きます。風に負けまいとか、強い球を打ちたくなるほど切り返しで力み、上からヘッドが入り過ぎてスピンが増える弾道になりやすいのです。

 

 

 対して、ドライバーで200ヤードでいいやと思えば、アゲンスト風でも力みません。また、強い球を打ちたい欲が出なくなるので、切り返しがスムーズになるメリットもあるのです。

 

 

ゴルフは物理です。

 

 

練習場でいいので、まずはドライバーで100ヤードとか150ヤードを打ってみて下さい。他のどんなクラブで打つよりも、風に強い球が打てることが実感できるはずです~。

 

(▼▼)b



2019年06月16日超私的な考察 左サイドが危険な時ほど、なぜ左に曲がってしまうのか!?!?

Youtube動画【おしえてマークさん】今回から、マーク金井が皆さんの質問にお答えします。

マークさんの質問箱#1

 


 

2019年の全米オープンが開幕しました。場所はカリフォルニア州北部に位置するペブルビーチGL。サンフランシスコよりも少し南に位置し、モントレー半島に位置するシーサイドコースです。マーク金井は1984年、ロサンゼルスオリンピックが開催した年に一度だけペブルビーチに行きましたが、プレーはかないませんでした。当時としてはあまりにもプレーフィーが高かったので、隣のスパイグラスヒルを担ぎセルフで回りました。

 

ペブルビーチでは2000年にも全米オープンが開催され、その時に優勝したのはタイガー・ウッズ。2位に15打差をつけるというとんでもない成績で優勝しています。今年の全米オープンではそこまでの差がつくことはまずありませんが、ペブルビーチでは爆発的なスコアが出る可能性も大いにあります。

 

ペブルビーチと言えば18番ホールがあまりにも名物ホールになっていますが、今年の全米オープンでも早くもここで大事件が起こっています。初日にルーカス・ビェルレガード(デンマーク)が18番で「11打」を記録。パー5で11ですから、ダブルスコア以上叩いたわけですが、そのきっかけになったのがティショット。

 

 

18番は左ドッグレッグしており、左サイドは絶壁からの太平洋。ビェルレガードはティショットで2発続けて、左サイドの太平洋に打ち込み、5打目は右サイドのOBゾーンに打ち込んだそうです。全米オープンに出る選手なわけですから、ツアープロの中でも相当な腕前。にもかかわらず、アマチュアがしでかすような3連続OBを打ってしまい、9オン2パットの11の大叩きになったそうです。

 

GDO 全米オープン コース攻略webサイトより転載。コースイラストはゲーリー久永さん

 

さて、この左が危険なホールでのティショット。薄暮ゴルフでプレーしている赤羽ゴルフ倶楽部も13番、14番ホールは左サイドにOBゾーンが続き、フックを持ち球にしている人には非常にプレッシャーがかかります。世界最小プロトーナメント MMT9でも、この2ホールでティショットを左のOBゾーンに打ち込んでしまう選手が少なからずいますが、なぜ、左が危険だと「魅入られたように左に曲げてしまう」のでしょうか?

 

赤羽ゴルフ倶楽部 13番PAR4 左は練習場

 

これには理由があります。

赤羽ゴルフ倶楽部 14番PAR4 左は川

 

左が嫌な時にゴルファーがやりがちなのは、、、、

 

 

右にボールを打ち出したくなるんです。

 

 

当たり前と言えば当たり前で、普段よりも右にボールを打ち出した方が左の危険ゾーンを避けられると思うからです。しかしながら、普段よりも右に打ち出したくなるほど、結果的には左曲がりが強くなる球が出やすくなるのです。

 

 

アナライズのインパクトセミナーでも説明してますが、右に打ち出したくなるほど、ほとんどのゴルファーは普段よりもインサイド・アウトの度合いが強くなる。そして、インサイド・アウトの度合いが強くなるほど、フェースtoパスはクローズ(閉じた状態)になり、ボールにはフックスピンが強くかかります。

 

 

加えて、アマチュアゴルファーの場合、インサイド・アウトの度合いが強くなるほどインパクトゾーンでは手元が体から離れ、打点位置がヒールに偏ります。結果、ヒール打点になるとインパクトの衝撃でフェースが被り(左を向き)、左に飛び出して左に強く曲がるという、ヒールチーピンが出てしまうのです。

 

 

 ゴルファーの習性というのはかなり頑固で、それもゴルフのキャリアが長い人ほど「ボールを打ち出したい方向にクラブを振ってしまう」と言う癖があるのです。

 

 

では、どうすれば左が危険なホールで左に曲げるのを防止できるのか?

 

 

カットに振ってスライスを打つというのもありますが、左が危険なホールで左に振るというのは「絵に描いた餅」と同じなので、あまりお勧めしません。怖い方、打ちたくない方向にクラブを振るというのは、実際にやるのはとてつもなく難しいからです。

 

強いフック回転になるのはフェースtoパスがクローズの状態が強くなるからです。逆に言うと、フェースtoパスがクローズになる度合いを減らすことができれば、左が怖くてインサイド・アウト軌道が強くても強いフック、チーピンは出なくなるのです。具体的に言うと、方法は2つ。

 

 インパクトでフェースを開く
 打点の位置をトウ(先っぽ)にする

 

 

インパクトでフェースが開いていてば、インサイド・アウト軌道が強くなってもフェースtoパスはクローズの度合いが強くなりません。結果、ボールはインサイド・アウトに振った分だけ右に飛び出すだけで、左へのミスは出ません。右へのミスは出ますが、左へのミスを防止できます。

 

 

打点位置もしかり。フェースのトウ寄り(先っぽ)で打てば、インパクトの衝撃でフェースが開き、ボールが右に飛び出します。ギア効果でフック回転がかかりますが、それでも、ボールが右に飛び出してさえくれれば、左のOBまではボールが曲がるということはなくなるのです。フェースのトウ寄りで打てば打つほど、ボールは右に飛びだし、右にプッシュアウト気味からのドローになります。

 

 

どちらでも構いませんが、どちらの場合も練習で慣れが必要です。フェースを開くことを意識した方がクラブの挙動をコントロールしやすいのか、それとも打点位置を変えた方がやさしいのか、まずは試してみて下さい。どちらをやっても左に大きく曲がるミスは出ない(反面、右にボールが飛び出しやすい)ことを体感できるはずです~。

 

(▼▼)b


マーク金井の生配信 明日6月17日21時からここだけの話やります! ブログや雑誌では言えないことも、ガッツリと喋ってしまいます。そのため録画はありませんので、生でお楽しみ下さい


2019年06月13日超私的な考察 軽いクラブは、本当にやさしいクラブなのか!?

Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”ストレートネック・グースネック”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

 


プロ野球は交流戦真っ只中。火曜日から阪神はソフトバンクと戦ってますが、初戦は息詰まる展開で延長12回引き分け。12回裏、ノーアウト三塁になった時はサヨナラ負けを覚悟しましたが、そこからドリスが神かがったピッチングで後続をぴしゃりと抑えてくれました。昨日の第2戦は阪神の打線が着実に得点を重ね、ソフトバンクに快勝しました。

さて、前回のエントリーでも書きましたが、今どきのゴルフクラブ、特にドライバーのやさしさとは、、、

 

 

 ・ボールが上がりやすいクラブほどやさしい。
 ・捕まりが良いクラブほどやさしい。
 ・軽いクラブほどやさしい。

 

 

ボールが上がりやすい要素は、リアルロフトの多さと重心の深さ。リアルロフトが多くて、重心が深いクラブほどボールが上がりやすくなります。

 

捕まりに関しては、フックフェースなほど、重心距離が短いほど、そして重心アングル(重心角)が大きいほど捕まりが良くなってきます。

 

 

クラブ重量に関しては、軽いクラブほどやさしいというのが一般的です。これは言い換えれば、軽いクラブほどやさしくヘッドスピードを上げられるという意味なんだと思っています。

 

例えば、7月に発売されるタイトリストのTS1も、総重量は275グラムと相当な軽さ。。タイトリストのアスリートブランドであるTSシリーズさえも軽さにこだわったドライバーを登場させています。そして軽くした理由として、「振りやすさ」「効率良くヘッドスピードを上げられる」ことを強くアピールしています。

 

 では、軽いクラブ(軽いドライバー)は本当にやさしいのか?

 

ヘッドスピードを上げやすいという意味では、軽いクラブはやさしいというのは間違いありません。重いクラブと軽いクラブを振り比べれば、ほぼ例外なく軽いクラブの方が負荷が少ない分だけスピードを上げていけます。

 

ただし、ヘッド軌道の安定性、スイングの再現性、タイミングの取りやすさ、芯の当てやすさという意味では、「軽さ」というのはメリットよりもデメリット方向に働くのではないかと超私的に思っています。何故かと言うと、軽いクラブになるほど手先で操作しやすくなり、ヘッドの挙動が不安定になりやすいからです。

 

軽い=振りやすい
振りやすい=いろんなことができてしまう
いろんなことができてしまう=挙動を安定させづらい

 

 

ということにもなってきやすいのです。対して軽くない(重め)のクラブというのは、ヘッドスピードを上げるという意味では圧倒的に不利ですが、反面、クラブの重さがあると操作性が低下します。操作性が低下するほどのヘッドの挙動を安定させやすいというメリットがあるのです。マーク金井はドライバーにスチールシャフトを装着していますが、このドライバーの総重量は約350g。これはタイガー・ウッズが使っているドライバーよりも重いですが、長さは43.5インチと3W並に短い。短いので当てやすいというのもありますが、重いのでヘッドの挙動が安定します。結果、ミート率が上がり、かつクラブの重さが余計な動きを防ぎ、弾道が安定するメリットがあるのです。

 

 

ゴルフは物理です。

 

やさしくヘッドスピードを上げることが目的なのか、それともスイングを安定させてミート率を上げることとが目的なのかで、やさしいドライバーの定義が正反対になるのではないかと、超私的に思っています~。

 

(▼▼)b


マーク金井のエースシャフト⇩こちらです

↑こちらからオーダーいただけます

手打ちが直る、ハンドファーストインパクトのヒント満載

体幹セミナーの最終回配信開始しました

よろしければチャンネル登録を是非お願いします


2019年06月11日超私的な考察 やさしいクラブとは、いったいどんなクラブなのか!?

手打ちが直る! ハンドファーストインパクトのヒントが満載の体幹セミナーYoutube配信 これで完結です。よろしければチャンネル登録もお願いします

 


 

関東エリアは本格的に梅雨入りし、昨日は朝からずっと雨が降り続きました。これからのゴルフは雨になる確率がかなり高くなりそうなので、レインウエアは必需品です。数年前からレインウエアはブリヂストンの「水神」を着用しています。値段は3万円弱と決して安くはありませんが、水を弾く機能、そしてストレッチ機能がかなり気に入ってます。

 

この「水神」。最新モデルは素材が変わり、スイングしていてごわつく感じがありません。雨が振りそうな日は雨粒が落ちる前から着用してプレーしています。唯一、リクエストがあるのは上着の袖が取り外しできるならば、パンツの方も膝下を取り外しできるようにしてもらえると非常にありがたい。レインウエアもハーフパンツになれば、半ズボンでプレーする時に重宝するからです。

 

さて、梅雨入り真っ只中、プロ野球も交流戦が真っ只中、マーク金井YouTubeの真っ只中におります。アナライズセミナー、教えてマークさんを毎週数本更新してますが、新たに取り組んでいるのが「質問箱」。ゴルフクラブ、そしてゴルフに関する悩みを超私的に答えさせていただいてます。かつてGDOでクラブ相談をやっていたのですが、昔も今も、クラブに関して悩んでいる人に答えるのは実に勉強になります。なぜなら、ゴルファーが抱えている問題を知ることで、新しいヒントが次々を生まれてくるからです。

 

 

さて、質問箱には様々な質問が寄せられていますが、皆さんにも共有してもらいたいのが、この質問です。

 

「よくM6やエピックフラッシュがM5やエピックフラッシュサブゼロよりもやさしいといいますが、そのやさしさとは一体何なのでしょうか? ウエイトの調整ができるからやさしくない? シャフトが硬いから難しい? マークさん教えて!」

 

 

YouTubeでも答えましたが、ゴルフクラブではやさしいというフレーズがこれでもかってぐらい出てきます。それでいて「やさしい」についての定義付けがあまり積極的になされていません。

 

 

では、やさしいとはどんな意味なのか?

 

 

例えば、算数の問題ならばやさしい問題と難しい問題の違いを誰でもイメージできます。単純な足し算はやさしく、複雑な方程式は難しい。国語でも画数の少ない漢字はやさしく、画数の多い感じは難しいです。山という字はやさしいですし、薔薇という字は難しいです。

 

 

では、ゴルフクラブのやさしさとはどんな意味なのか?

 

 

25年以上、ゴルフクラブの試打を仕事にしていますが、今どきのゴルフクラブは昔のクラブに比べるとヘッドが大きくてミスに強くなっています。プロが使うモデルでも、ヘッドは460ccもあるので、昔のクラブに比べるとスイートエリアが広くてやさしくなっています。なので、スイートエリアが広いのは当たり前。

 

 

今どきのゴルフクラブ、特にドライバーに関してやさしいかどうかの判断基準となるのは、次の3つの要素ではないかと超私的に思っています。

 

・ボールの上がりやすさ
・捕まり
・クラブ重量(シャフト重量)

 

 

要するに、、、、

 

 ボールが上がりやすいクラブほどやさしい。
 捕まりが良いクラブほどやさしい。
 軽いクラブほどやさしい。

 

 

ボールが上がりやすい要素は、リアルロフトの多さと重心の深さ。リアルロフトが多くて、重心が深いクラブほどボールが上がりやすくなります。

 

 

捕まりに関しては、フックフェースなほど、重心距離が短いほど、そして重心アングル(重心角)が大きいほど捕まりが良くなってきます。

 

 

クラブ重量に関しては、軽いクラブほどやさしいというのが一般的です。これは言い換えれば、軽いクラブほどやさしくヘッドスピードを上げられるという意味なんだと思っています。

 

ですので、やさしさを強くアピールするドライバーほどこの3つの要素が強く入っています。対して、やさしさをことさら強くアピールしていないドライバーは、この3つの要素が強く入ってていない場合が多いです。

 

では、この3つの要素が入ると本当にやさしいのか?

 

私はそうとは言い切れないと超私的に思っています。特に3番目のクラブ重量が軽いことに対しては、やさしいとは言い切れません。その理由については次回じっくりと説明致します~。

 

(▼▼)b


Youtubeアナライズチャンネルの人気シリーズ
【おしえてマークさん】最新作は”シャローフェース・ディープフェース”です。
ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします

ツアープロの人気の練習器具ゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


1 2 3 4 5 6 418