カテゴリー別アーカイブ: ロイヤルコレクション

ロイヤル・コレクション BBD306V FW Ti(13度)(2014)

このインプレッションは2014年3月に書かれたものです。

僕は最近ドライバーをどこまで飛ばせるか?!飛距離を求めていろいろ模索している。最近は軽めのヘッドで、ルールギリギリまで長尺化するのがトレンド。先日アナライズで今度発売する長尺用シャフトのプロトタイプを使って試打したが、アナライズのの標準となる計測器フライトビジョンで初めて300yを超えた。(300yを記念して、このプロトタイプも限定発売する予定)しかしコースで実際に試すと、軽いヘッド+長尺の組み合わせは、どうしても球が吹け気味となる。

長尺ドライバーはアゲンストの時など少し使いづらい、逆にあまり飛ばさなくていいホールでのティーショット、そして地面からライナーの球が打ちたい時に重宝する今流行の「ドライビングスプーン」が欲しくなった。残念ながらアメリカのゴルフ情報サイトhttp://www.golfwrx.com/やhttp://www.mygolfspy.com/
などを賑わせる、ピンのラプチャーや、テーラーメイドのSLDR250、キャロウェイのX2HOTの2Wなど、まだまだ日本では手に入らない。アナライズで販売している、リンクスのプレデターV2はドライバーが苦手な人で、ヘッドスピード45m/s以下の人は、バッチリなのだがヘッドスピード47m/sで、スノボ効果で現在上昇中の僕には、その優しさが仇となりスピン量が増えすぎてしまう。

そんな時にジャパンゴルフフェア-でも見たロイコレのチタンのフェアウェイウッドを思い出した。昨年までロイコレは元気がなかったとぶっちゃけ思っていたが、商品をすべて遠藤製作所で作り高級路線を行くようで、今年はやる気充分。新作のBBD306V FW Tiだが、ロフトが13度、15度、17度とライナップされ、ヘッドは大きめ。まさにドライビングスプーン向き。チタンのフェアウェイウッドは、音がいまいちなヘッドが多く、ステンレスのヘッドの方が鋭く弾く音する。やはり地面から打つという前提があるのでヘッドを大型化しすぎる必要が無い、なので特にチタンを使わなくてもいいのでは?と僕は常々思っていた。

P1060444

チタンを使ったドライバーは、フェース面積も広いのでいい音が出しやすいが、フェース面積の小さいフェアウェイウッドは、どうしても、安っぽい音になっていまいがちなのだ。実際大ヒットしているゼクシオは、最初はチタンを使っていたが、現在はステンレスに変更されている。しかし最近は初代グローレなどチタ
ンヘッドでもいい音が出せるヘッドが作れるようになってきたし、重量配分の自由度の高さなど、改めてチタンのフェアウェイウッドを見直し始めていたところに、このフェアウェイウッドを見つけたわけだ。

雑誌の取材でテストした時も好印象だったが、ドライビングスプーンと言える13度をテストすると、まさにドライバーが小さくなったと思える形状、そして音もドライバーっぽい爽快感がある。チタンフェアウェイウッドの安っぽい音では無くなっている。それとフェースの弾きが非常に良いことだ。フェースの弾きはフェース形状に大きく左右される。円に近い形状が一番弾きを上手く出せるのだが、フェアウェイウッドは横長で、地面から打つクラブと言う制約で極端なディープフェースには出来ないため、反発が出しにくい。しかしこのロイコレはしっかり出せている。

P1060445

ロイコレと言えば上級者向きフェアウェイウッドという印象が今まで強かった。それはきれいな顔つくりの結果、フェース角もオープン度合いが強いせいもあり、表示ロフトよりも、ロフトが立っていて、。測ってみると13度表示で、リアルロフトが10.5度、フェース角が-3度などという、誰が打つの?と言う個体も結構あった。ロイコレが飛ぶと言ってたのは、ロフトが立っていたからという理由もあった。しかしヘッドスピードがない人は、ボールが捕まえられない人には難しいと敬遠された。

しかし、最近のモデルはしっかりと管理されており、僕が選んだ13度表示のヘッドは、リアルロフト13度、フェース角は-1.5度とまさに完璧。実際コースでティーショットしてみると、長尺ドライバーよりあきらかにロフトはこちらが多いけど、低スピン弾道になっている。ヘッドの形状はロイコレで人気だったスーパー
SSというのをイメージさせる。ソール馬蹄形はすでに性能的には意味を持たず、単なるデザインとなってしまっているが、デザインも性能もロイコレの一番良かった頃を思わせる仕上がりだ。

ドライバー2本入れるとか、いろいろ試されているし、僕もいろいろ試してみたが、長尺ドライバーと、ドライビングスプーンを入れるセッティングの有効性を強く確信した。最近ロイコレはヘッドパーツのみでの販売も開始している。相当気に入ったので、アナライズでもやらせて欲しいとお願いしたら、ネット販売は
ダメと断られた・・。アナライズにお問い合わせいただければ、販売させていただく。もちろんシャフトはアナライズW65!チタンヘッドなので安くはないが、ぶっ飛びのドライビングスプーンを手に入れるには、高くはないと僕は思っている。

ロイコレBBD306V FW Ti(13度)+アナライズW65+
———–DATA——————————–
長さ43.25inch/重さ329.8g/バランスD0.5/振動数258cpm/セッターフレックス4.24/表示ロフト13度、リアルロフト13.0度/フェイス角±-1.5度 
—————————————————————-

ロイコレ BBD’S305V(2012)

このインプレッションは2011年12月に書かれたものです
いつにも増してこの時期は試打の仕事が多い。11月は12月6日発売のパーゴルフの仕事で130本、今はGDOの仕事でこれまた100本近く試打している。体力的には結構キツイが、新製品が一挙に打てる機会は僕にとって有難い限り。

逆にそれぐらい打つと、”これは欲しい!”というクラブが出てくるもの、その筆頭だったのが、このロイコレのFW、BBD’S305V。最近のロイコレの上級者向けFWは、ヘッドが小さくなる傾向が顕著だった。しかし昔のロイコレのヒット作、名器と呼ばれるものは、大きめのヘッドで、飛んでボールが上がるというFW必要要素を備えていたから。この305Vはヘッドも少し大きくなって、シャロー。上級者モデルにしては大きめのヘッドで、安心感もある。そしてロイコレ伝統の打感と、音の良さも充分に引き継いでいる。本当にステンレスヘッドを上手く作るメーカー。顔も綺麗で、アマチュアでも十分使える。

5000193088_p01_01

ロイコレの飛びの秘密は、実は表示ロフトよりもリアルロフトが立っているから。しかしボールは上がりやすいので結果的に距離がでる。この14度表示のヘッドも、計測してみるとリアルロフト13度と立ち気味、そしてフェイス角は-1.5度となかなかの開き具合。ロフトが少ないと顔は綺麗に見える、そしてこのフェイス角なので、非常に美しい。しかしヘッドスピードがあって、ボールを捕まえることができないと、低いスライスになってしまう。

リシャフトを前提に買ったのだが、リセールを考えて、グラファイトデザインのTOUR-AD BB6のSの入っているやつをオーダー。このBBは、手元調子で、ATTAS参上のヒットを受けたのか? 、今年は手元調子の新製品が目立つ。今でもFWに愛用者が多いTOUR-ADのPTシリーズを手元調子にしたシャフトなので、FWとの相性も抜群。

打ってみると低スピンで、強い球が出て、高さも出るが吹けない。打感もいい。このセッティングで一度コースで試してみて、新しいランバックスtypeXにリシャフトするか決めようと思う。ボールの上がり具合と捕まり具合もチェック。場合によっては店長の赤坂得意のフェイス角調整してもらい、少しロフトを立てて、少しフェイス角を閉じるかも。市販のクラブは、コストダウンするために、どうしても組み上げはアバウトになってしまう。試打クラブが良くて
、そのクラブを買ってもどうも、試打クラブと違うというのは、組み上げも含めた個体差があるのが原因であることが多い。再度フェイス角調整することで、期待通りになることは決して少なくない。是非アナライズで、調整して欲しい(宣伝です(笑))

ロイコレ BBD’S305V+TOUR-AD BB6 S(3番)
———————————DATA——————————
長さ42.75inch/重さ324.1g/バランスD1.5/振動数270cpm/センターフレックス値4.48/表示ロフト14度/リアルロフト角13.0度/フェイス角-1.5度
——————————————————————-

ロイヤルコレクション NEW TRC ドライビングスプーン(2011)

このインプレッションは2011年2月に書かれたものです

僕も今年から競技に復帰しようと思っている。明日北九州オープンの予選に出ることにした。こんな直前にクラブを換えるのは暴挙というのは、百も承知のマーク金井だが、そんな暴挙に出ても良いと思えるクラブに、ジャパンゴルフフェアーで巡り会った。

P1040409

ロイヤルコレクションの新しいFWシリーズ NEW TRC のドライビングスプーンだ。この新しいシリーズシンプルな商品構成で、D/S(ドライビングスプーン)、3W、5W、でその下の番手は、FWとUTの間のようなUTでカバーしている。会場から無理矢理強奪しようとおもったのだけど、思いとどまり試合間に合うように手配したのはD/Sの13度。D/Sは11.5度、13度とラインナップされている。使い道はセカンドドライバー的に使いたい。FWからも打ちたい。なので13度をチョイス。

P1040410

13度というロフトは、ヘッド体積が400cc以上の1Wでのフェイスの見え方と、このFW(224cc)の見え方で言えば。シャローなFWのが、格段にやさしそうに見えるし、構えやすく感じる。そして低いティアップで打ちやすい。低いティアップのがミスになりにくいので、セカンドドライバーとしては、シャローがいい。と僕は感じている
———————————DATA——————————–

長さ44inch/重さ323.3g/バランスD1/振動数273cpm/センターフレックス値4.18/フェイス角-1度ロフト角13度/ライ角58.5度/重心角18.5度 (ヘッド重量204g)

——————————————————————-
早速純正シャフトのままコースに持って行った。純正シャフトは、手元しっかり目で先調子のシャフト。昔大ヒットしたブルーGっぽいテイストのシャフトだ。ボールをシャフトが浮かせてくれる。ノーマルシャフトとしてもクオリティが高い。あとは音と打感が非常に良い。

大型ヘッドのFWはチタンを使う場合が多いのだが、チタンのFWはどんなに上手く作っても、音と打感はステンレスになかなか勝てない。そして素材が高いので、価格が高くなってしまう。このNEW TRCは定価37800円と、お求めやすい価格設定となっている。特にロイコレは、”モノはいいけど高い”と言う路線とは違う低価格設定が嬉しい。

これで狭いホールのティショット240~250yを狙い撃ちできる。ロフトが多いが低スピンで、風が吹いても安心だ。とはいえこの純正シャフトは、シャフトがボールを浮かせる分風に弱くなりがち。もっと抑えていけるシャフトを入れたいのと、ライ角が58.5度と僕にはフラットなので、地面で打っても大丈夫なように、リシャフトしてライ角も調整することにした。

すでにリシャフトが出来上がっているのだが、データを取る前に、北九州オープンの予選会場まで宅配便で送ってしまった。えらんだシャフトは僕のお気に入りのUST-マミヤのATTAS T2 の6S、指定はシャフトを0.5インチ短くして、ヘッド重量を204から208gへアップ。フェイスの厚みとロフトの関係が絶妙なこのロイヤルコレクション、NEW TRC ドライビングスプーン。まだ一発も打ってないけど当日どうなるか楽しみだ