マーク金井blog

2018年11月01日超私的な提案 最短最速で18ホールで100切りを達成する方法とは!?

アナライズのYouTubeチャンネルで
マーク金井の生配信 来週月曜日11月5日21時から配信します

毎回おなじみ録画ありません 生でお楽しみください

気軽にカウンターバランスが楽しめる ヘビーグリップ販売再開

⇩クリック


11月に入りました。今年も残すところ2ヶ月となりましたが、この時期はグリーンのコンディションが一番良い時期です。ベントグリーンならばスティンプメーターで11フィート以上になってくるゴルフ場も出てきますし、高麗グリーンも芝先が弱ってくるので、転がりがスムーズになってきます。これから12月上旬にかけては寒さもそれほど気にならないので、ゴルフにもってこいの時期です。

清川カントリークラブ 撮影永松広恵

 

そしてゴルフにもってこいの時期に達成したいのが、ベストスコア更新ではないでしょうか。100が切れない人ならば100切り、90が切れないない人なら90切り、そして70台を一度も出したことがない人ならば、なんとか今年中に70台を出したいはずです。

 

 

そこで今回は、100切りに必要なことを超私的に書いてみたいと思います。

 

 

一番大事なことはナイスショットを打つことよりもチョロやOB、池ポチャを打たないことです。ゴルフはミスのゲームです。ナイスショットを打ってもスコアが良くなるとは限りませんが、致命的なミスを打つと確実にスコアが悪くなります。例えば、ティショットだと、

 

 

 男性ゴルファーならば170ヤード、女性ゴルファーならば120ヤード!!!!

 

 

これで十分。確実に前進して2打目が打てるような場所にボールを運んで下さい。フェアウェイではなくてラフでも構いません。100以上叩いている人ならば、18ホールを通してこれがちゃんとできるようになればそれだけでスコアは5~10打ぐらい縮まります。

 

 

次に大事なこと、それはトラブルショットを打たないこと!!!!!

 

 

トラブルショットとは脱出が困難なショットの事ですが、ベストスコアが更新できない人ほどトラブルショットでスコアを浪費してます。例えば、斜面から無理にグリーンを狙ってシャンクしてOB。例えば、バンカー越えのアプローチをダフってバンカーに入れて大叩き。例えば、バンカーに入ったボールが目玉になってて1発でバンカーから出ない。例えば、アプローチでロブショットを打とうとしてダルマ落としのミスをしてダボやトリプルを叩く、、、などなど。

 

 

ミスショットが出やすい状況化でミスショットを打つ。この負の連鎖が1ホールでの大叩きとなり、1ホールのでの大叩きがあるためにスコアが良くならない。100以上叩く人の場合、この負の連鎖を断ち切ることができれば、それだけでベストスコアを更新できるのです。

 

 

では、どうすれば負の連鎖を断ち切ることができるのか?

 

 

超私的な方法としてお勧めなのは、ミスショットが出やすい場所にボールが行ったら、その時点で、、、

 

 

アンプレヤブルを宣告することです!!!!!!!!!!

 

10回打って、成功する確率が5回以下の場所にボールが飛び込んだら、アンプレヤブルを宣告して下さい。例えば、バンカーが苦手ならばバンカーに入ったらアンプレヤブル。バンカー越えのアプローチでミスが多いならば、バンカー越えならばアンプレヤブルを宣告する。木が邪魔でテークバックできない時や、斜面でミスショットが多いならば、そんな時もアンプレヤブルを宣告するのです。アンプレヤブルしばりでプレーして下さい。

 

 

かなり乱暴な方法ですが、アンプレヤブルを宣告すると2つのメリットがあります。ひとつは、打ちづらい場所から打たないので負の連鎖(ミスの連鎖)を断ち切れます。そしてもうひとつのメリットは、、、

 

 

 アンプレヤブルするのが嫌だから、最初からアンプレヤブルになりそうな危険な場所にボールを打たないようになる!!!!

 

 

実は、これこそがアンプレヤブルしばりでプレーするための目的です。ゴルフにトラブルショットはつきものと言われてますが、そんなことはありません。トラブルに巻込まれそうな場所にボールを打ちさえしなければ、トラブルショットを打つこともありません。
ゴルフを簡単にするのも難しくするのも、すべてはプレーヤーがどこを狙ってプレーするかで決まります。

 

 

ゴルフが上手くない人ほど、「狙った場所にボールを運べない」と思いがちですが、そんなことはありません。打ちたい場所にボールを運ぼうとするのではなく、絶対打ってはいけない場所を見つけ、そこだけにはボールを行かせないように真剣に考えてクラブを選び、そしてショットに臨めば、かなりの確率で危険を回避(アンプレヤブルを回避)することができるのです。

 

 

スコアメイクで大事なことは、いかにミスを回避するかです。そしてできるだけトラブルになりそうな場所にボールを打たないことがスコアメイクにつながるのです。

 

100を切るのに難易度の高いショットを成功させる必要はありません。難易度の低いショットを打ち続けるようになってくれば、それだけで負の連鎖を断ち切れ、ベストスコア更新につながるのです~。

 

(▼▼)b


YouTube アナライズチャンネル 新しい動画を配信開始

ぜひご視聴ください

シャフトタビライザー

ぶっちゃけフッカーには効果がありますが、スライサーには弱いかな


カテゴリー コースマネジメント、ラウンドにて思う, 超私的な提案

コメントは停止中です。