マーク金井blog

2018年11月04日超私的な試打インプレッション テーラーメイド Mグローレ(純正シャフト編)

アナライズのYouTubeチャンネルで
マーク金井の生配信 来週月曜日11月5日21時から配信します

毎回おなじみ録画ありません 生でお楽しみください

 


11月に入り、一気に最低気温が下がってきました。神田も朝晩は10度ぐらいになり空気もひんやりしています。マーク金井にとってはこの冷えた空気が厄介で、持病の喘息がぶり返すのです。喘息歴は30年ほどですが、毎年、春先とこの晩秋の季節の変わり目になると、喘息が出てしまい咳が止らない状態が何度も続きます。

そして止らないと言えば、ここにきてゴルフクラブーの衝動買いが止りません。先週は、テーラーメイドのM3 460(ロフト10.5度)Mグローレ(ロフト9.5度)を大人買い。M3はすでに所有してるので2本目です。最初に購入したのが9.5度で今回は10.5度。ロフト違いをテストしたくて買いました。

Mグローレに関しては、試打の仕事した時にかなり感触が良かったので発売日にお買い上げ。Mグローレはシャフト固定式なので、エースシャフトで試したら「もっと飛んで、もっと曲がらないじゃないか」と思って購入しました。ちなみに、Mグローレは純正シャフト(スピーダーエボリューション TM)のみのラインアップなので、純正のSをセレクトしました。

 

つるやゴルフ神田店で購入後、まずはクラブ計測したところ、、、

 

長さ 45.5インチ(ヒールエンド計測)
重量 283.3グラム
バランス D4
ライ角 62度
リアルロフト 9.5度(表示ロフト9.5度)
フェース角 -2.75度
重心角 26.5度
振動数 254cpm(Sシャフト)
センターフレックス値 4.02

 

 

 

グローレのターゲットは団塊世代(ゼクシオユーザー)ですから、総重量は300グラムを大きく下回り、かなり軽いです。M3やM4とは明確な差別化がなされています。そして、スペックで注目すべきなのは、、、、

 

 

シャフトの硬さ!!!

 

純正Sシャフトの振動数が254cpmというのは、一般的な純正Sシャフトよりも1フレックスほど硬いです。アフターマーケット用の50グラム台のSシャフトとほぼ同じ硬さ。実際にスイングしてみても、「軽硬」系で、手元側の剛性が高いです。手元側を硬くするとダウンでタメがほどけやすくなりますが、半面、スピードを上げてスイングできるメリットがあるので、ヘッドスピードを上げやすくなります。

 

 

 そして意外だったのがリアルロフトとフェース角。

 

 

この2つの数値を見る限り、とてもアマチュア向けドライバーという感じではありません。個体差があるかも知れませんが、ことロフト9.5度のヘッドに関しては、アマチュア向けというよりは、プロ好み、ハードヒッター好み、フッカー好みのスペックです。

 

 

捕まりに関しても、M3、M4とは大きく異なり、かなりドローバイアス(捕まり係数)が高いです。重心角(重心アングル)26.5度というのは平均を上回っていますし、ライ角62.5度というのは超アップライト。数値的には7番アイアンと同じライ角なので、身長が高い人を除けば、アドレスした時、相当トウ側が地面から浮いた感じになるでしょう。

 

 

ここまで捕まりを良くする設計がなされていることを裏読みすると、重心距離はそれほど短くないと思います。思うだけでは意味がないので、シャフトを抜いて重心距離を計測してみたら、、、、

 

 

予想通り、、、重心距離は短くありません。

 

 

 重心距離41.5ミリ

 

 

そして、、、

 

 

 重心高(スイートスポット高さ) 35ミリ
 フェース厚           55ミリ
 有効打点距離          20ミリ
 重心深度         41.5ミリ

 

 

 

LD値(重心距離×重心深度)は1722.25。この数値は平均を大きく上回っているので、恐らく、慣性モーメントの数値もトップクラスです。加えて、重心距離と重心深度の数値が同じというのは、ヘッドの挙動に癖が発生しづらいメリットがあります。

 

そして気になるヘッド重量は、、、

 

 195.3グラム

 

 

M3が200グラム超え、M4も200グラム近くあることを考えると、Mグローレはテーラーメイドの中では「軽ヘッド」です。しかしながら、国内メーカーのドライバーのヘッド重量と比較すると「やや軽め」、もしくは「中ぐらいの軽さ」。軽いヘッドは鉛を貼れば重くできます。軽さを活かして46インチ前後の長尺に仕上げることもできますし、ヘッドに鉛を貼れば、普通の長さ(45~45.5インチ)にも組上げられます。恐らく、プロが使う場合は、ヘッド内部にグルーを入れて重量を自分の好みに仕上げるでしょう。

 

 

吊しスペックはざっとこんな感じです。マーク金井は普段45.5インチで305~310グラムぐらいのドライバーを使うので、正直、Mグローレの吊しスペック(純正シャフト)だとアンダースペック。軽くてタイミングが取りづらいので、クラブの性能を100%引き出すのが難しいです。なので、参考記録を取るぐらいの軽い気持ちでスタジオで試打してみたら、、、現在のエースドライバー(M3 スピーダー569TR)とほぼ同じか、時にはそれ以上飛距離が出ました。

 

 

普段よりもヘッドが軽いのでヘッドスピードが上がったからだと思いますが、軽い割には打点のブレが少なく、それが好結果につながったのでしょう。数値があまりにも良かったので、すぐにエースシャフト(スピーダー569TR)にリシャフトすることにしました。この続きは日を改めてアップ致します~。

 

(▼▼)b


アナライズmmアイアン販売開始直後完売しましたm(_ _)m

mmアイアン販売についてのお願い

  • 予約は受け付けておりませんので、発売当日にご注文ください
  • ご希望のライ角度がある方は備考欄ご記入ください。
  • 注文順に組み立てますので発送迄お時間いただくようになりますのでご容赦ください。

カテゴリー 超私的な試打インプレッション

コメントは停止中です。