ブリヂストン TOURSTAGE New V-iQ (2006)

このインプレッションは、2011年12月に書かれたものです。

皆さんアナライズを隠れ家的、秘密基地と呼んでくれるが、意外にも女性のお客さんが多い。僕の分析では。男性は、自分で色々考え想像をふくらませ、本を読んでうんちくを身につけるのが好きだが、女性は相談することに慣れている。素直に専門家に任せるという、現実的に間違いの少ない方法を選択する。レッスンも女性のが多く、女性ゴルファーのがスイングが綺麗な人が多い気がするのもそんなとこから。

今回女性のための試打クラブが必要になったので、いつものゴルフパラダイス新橋銀座口店で購入したのは、なんとTOURSTAGE New V-iQ ドライバー NEWといっても、全然新しくない2006年モデル。このモデルの何がイイかといえば、ロフト表示がHTとしか書いてない。ハイトラジェクトリー つまり高弾道という意味だ。計測すると14.25度もある。10度はいいけど11度はイヤというゴルファーの微妙な”ゴルファー心理”を上手く掴んでいる。実際11度表示でも13~15度あるクラブは珍しくないのだが、HTなら見た目も悪くない。

5000108736_p01_01

そして長さが44.5インチの短め。この冬の新製品で、マグレガーの新しいマックテックは、長さが二種類あって、44.75と45.75インチ。長さは非常に重要な要素である。長ければヘッドスピードは上がる。しかし女性や非力な男性には44.5インチぐらいが振りやすい。もう5年も前のクラブだが、最適な長さ、ヘッド重量、ロフト設定と非常にバランス設定してある隠れた名器。

シャフトもR2なら、ヘッドスピード34~38m/sのレディースクラブは軽すぎ、男性シニアクラブを使うには長すぎるという人にピッタリなスペック。もし知り合いの女性ゴルファーが、ドライバーに悩んでいて予算が限られているなら、このViQ(2006)をお勧めする。中古は嫌だという方が女性には多いのも事実、逆にここにスペックをいつもの様に載せておくので、こういうスペックの新品を探してみるものいいだろう。ちなみに売価は9000円だった。このクラ
ブはスタジオに試打用として置いておくことにする。

TOURSTAGE New V-iQ +純正TV-50α(R2)
———————————DATA——————————
長さ44.5inch/重さ284.7g/バランスC9/振動数210cpm/センター
フレックス値2.81/表示ロフトHT、リアルロフト14.25度/フェイス角+1.75度
——————————————————————-

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。