マーク金井blog

カテゴリー: 超私的なゴルフ場調査

2018年10月30日超私的なゴルフ場調査~京都ゴルフ俱楽部 上賀茂コース その3

YouTube アナライズチャンネル 新しい動画を配信開始

ぜひご視聴ください


マーク金井の独断と偏見に満ち溢れた超私的なゴルフ場調査、今回は京都市内北部に位置する京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース(京都市北区)。1948年(昭和23年)7月に6ホール、10月に9ホール、翌年3月には18ホールが造られ、日本で戦後最初にできたのが、この京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コースです。今回は10番ホールからご紹介致します~。

 

10番324ヤード パー4

ティからグリーンまで軽い打ち下ろしで、左にドッグレッグ。ティショットは右サイドがベストだと思い、ドライバーで強めのスライスを打ちました。予想通り、右サイドからだとグリーンが狙いやすいホール。奥に外すと厄介に感じたので、ピンまで95ヤードをPWでスリークオーターショット。右手前8mのバーディパットは打ちきれず30センチショート。タップインしてパーでホールアウト。グリーンが小さいので正確な距離感が求められますが、とりあえずオンすればロングパットは残りません。ショートカットを狙いたくなりますが、安全に右に220ヤードぐらい打った方がスコアメイクしやすい感じがします。

 

11番354ヤード パー4

ほんの少しだけ打ち上げで左サイドにフェアウェイバンカー。右サイドが広く感じましたが、これが大間違いでした。ドライバーでやや強めのフェードを打ったら、右サイドのOBゾーンに、、、、。打ち直しは左フェアウェイバンカーの右に運び、手前12mにオン。ファーストパットを打ちすぎて2mオーバー、返しのパットを外し、OBと3パットでトリプルボギーを叩きました。左サイドは危険に感じましたが、実際は左サイドは13番ホールなので、隣に打ち込んでもセーフです。目の錯覚と言ってしまえばそれまでですが、コースの罠にまんまとハマりました。

 

12番131ヤード パー3

ほんの少し打ち下ろしで、グリーン左サイドには池が待ち構えるパー3。グリーンが小さいので池が必要以上に大きく見え、かつ右サイドにも外したくないレイアウト。正確な方向性が求められるホールです。9番アイアンでティショットしたボールはピン横5mにワンオン。ここでもラインを読み切れずバーディパットはカップをかすりもせず、タップインしてパーでホールアウト。

 

13番464ヤード パー5

サブグリーンだと382ヤードのパー4ですが、今日はメイングリーンなのでインコース唯一のパー5です。ほぼストレートなホールでティショットでそこそこ距離を稼げると2オン可能。ただし、セカンドからグリーンにかけての右サイドには池が待ち構えているので、油断できません。ティショットはやや左に飛び、フェアウェイからほんの少しだけ外れたラフ。グリーンまでの距離は約220ヤードだったのでUTで打ったところ、やや当たりが悪くてグリーン左手前バンカーのふちに。そこからのアプローチは上手く打ったつもりですが、グリーンが手前から見た目以上に速くてグリーン奥のエッジまで転がりました。
約11mのパットはカップを80センチほどオーバー。パーパットは慎重かつしっかりヒットしてパーでホールアウト。

 

14番327ヤード パー4

左サイドにクリークが流れ、メイングリーンは浮島のように池がぐるりと取り囲む名物ホール。フェアウェイ左サイドにはバンカーがあり、フェアウェイの落としどころが狭く感じます。ティショットはドライバーをコントロールしてフェアウェイキープ。残り110ヤードをPWで打ちましたが、インパクトでフェースが開き右手前12mにオン。ファーストパットの距離感を間違えてしまい2.5mオーバー。返しのパットも決まらず、このハーフ2度目の3パットでボギー。

 

15番104ヤード パー3

プロゴルファー猿の漫画に出てきそうな谷越えのパー3。距離は短いですが、打ち下ろしが強く風の計算が難しいホールです。PWで打つか54度のSWで打つか迷いましたが、PWでコントロールショット。ピン横2mにオンし、これを1発で沈めて初バーディーが取れました。

 

16番348ヤード パー4

打ち上げで、フェアウェイが右から左に傾斜しています。フェードを打つことを求めてくるホールでフッカーには打ちづらいレイアウト。得意のフェードでティショットを打つつもりが、フェードがかからず左のラフに。セカンドは打ち上げでピンは見えますが、グリーン面はまったく見えません。残り118ヤードを9番アイアンで打ったら何とか手前ギリギリに2オン。17mのファーストパットは2mショート。パーパットはラインを読み切れず、ハーフ3度目の3パットでボギー。

 

17番170ヤード パー3

元々はパー4でしたが、左サイドに民家が迫っているのでパー3に変更されています。ティグラウンドに上がるとパー3というよりはパー4という感じの景色が広がるホール。
グリーン左サイドには池があり、池に覆い被さるような松が京都らしさを感じさせてくれます。その松にだけは打ち込まないようにと思ったら、7番で打ったティショットはものの見事に引っかけて左の池に。ドロップして打った3打目は2.5mにオン。このパットを何とか沈めてボギーでホールアウト。

 

18番380ヤード パー4

フェアウェイの両サイドに林が続き、かつ右サイドにはクリークが続きます。ティグラウンドに立つと左サイドが狭く感じてしまい、それを嫌がって打ったティショットは右のラフに。セカンドは木がスタイミーになっているので7番アイアンでフェアウェイにレイアップ。残り40ヤードほどのアプローチは距離感を間違えてピン奥8mに3オン。ファーストパットは30センチショートし、これをタップインしてボギー。

 

インの印象

アウト同様、日本庭園を思わせるような美しいホールが多いです。コース外周には民家が迫っているホールも多く、関東だと茅ヶ崎ゴルフ俱楽部に似た雰囲気があります。後から知りましたが、茅ヶ崎は京都ゴルフ俱楽部の系列コースです。インもティショットは飛距離よりも方向性。パー3が3つあるので、とにかくアイアンショットの精度がスコアメイクの鍵を握ります。個人的には16番のセカンドショットは非常に難しく感じました。打ち上げで強く打ちたいのですが、奥が狭い。強めに打ちたくても打たせてくれない恐怖感を感じました。アウトに比べるとインはショットがばらけ、かつロングパットの距離が乱れてしまいバーディーを取ったにも関わらず6オーバーも叩いてしまいました。

 

プレーを終えて

総ヤーデージは白ティからだと5527ヤード。パーは69。この数字だけ見ると物足りなさを感じるゴルファーもいるかと思いますが、個人的には一目惚れしました。レイアウト、そして難易度を高める砲台グリーン、バンカー、池の配置も絶妙で、ゴルファーの腕が試されるホールが多いからです。そして何よりも景観が美しい。日本庭園と称されるゴルフ場は数ありますが、その中でもこの京都ゴルフ俱楽部のホールの数々は、日本を代表する日本庭園らしさがあるからです。もう一度ではなく、何度でもプレーしたくなるコースとして、これかもお世話になりたいと思っています。


シャフトタビライザー

ぶっちゃけフッカーには効果がありますが、スライサーには弱いかな


2018年10月28日超私的なゴルフ場調査~京都ゴルフ俱楽部 上賀茂コース その2

YouTube アナライズチャンネル 新しい動画を配信開始

ぜひご視聴ください


マーク金井の独断と偏見に満ち溢れた超私的なゴルフ場調査、今回は京都市内北部に位置する京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース(京都市北区)。

 

 

 

 

1948年(昭和23年)7月に6ホール、10月に9ホール、翌年3月には18ホールが造られ、日本で戦後最初にできたのが、この京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コースです。前回に引き続き、今回は5番ホールからご紹介致します~。

 

 

5番171ヤード パー3

 

やや強めの打ち下ろしで手前には盆栽のような松が彩られ、グリーンを取り囲むように5つのバンカーが配される風光明媚なホール。加えて、グリーン奥には大きな池もある。手前も嫌な感じがしますが、奥の池は絶対避けたいので7番アイアンでグリーン手前を狙い、狙い通り手前にワンオン。12mのバーティパットはラインを読み間違え、1.5mカップの右に、パーパットもラインを読み切れず3パットのボギーでホールアウト。

 

6番402ヤード パー4

S字のドッグレッグで2打目からグリーンまでは軽い打ち上げ。ホールの右サイドにはクリークが続くハンデキャップ1の難関ホール。ティショットは左の林ギリギリからフェードを打とうとしたら、狙いよりも左に飛び出し林の中に。OBかと思って暫定球を打ったのですが、1球目がセーフで左のラフに。2打目は7番アイアンでレイアップし、左手前バンカーの手前に。アプローチを2.5mに寄せ、これをなんとか1パットで沈めてからくもパーセーブできました。

 

7番373ヤード パー4

真っ直ぐなホールでフェアウェイ左サイドにガードバンカー。メイングリーンとサブグリーンで距離が100ヤード違うユニークなレイアウト。ティグランド右にあるクリークはら250ヤード地点でフェアウェイを横切り、セカンドからはやや強めの打ち上げ。ティショットは左バンカー横がベストポジションなので、そこを狙うも引っかけて左のバンカー。バンカーのアゴが思いの他高く、PWでレイアップ。残り40ヤードのアプローチは距離感を間違え、グリーンに届かず。4打目のアプローチをなんとか1.5mに付け、必死のパッチで打ったパットは何とかカップに沈んでくれてボギーでホールアウト。レイアウトを知らなかったので池には入らなかったのがラッキーでした。

 

 

8番503ヤード パー5

ティショットは左ドッグレッグ。セカンドからはストレートなパー5。このホールは6番の折り返しで、ホールの右サイドはグリーンに至るまでクリークが流れています。加えてグリーンの傾斜は複雑で入り組んでいます。ティショットはストレートボールでフェアウェイ真ん中をキープ。セカンドは19度のユーティリティでフェアウェイキープ。残り80ヤードほどの3打目でピン横5mに3オン。またもラインを読み違え、バーディパットはカップにかすりもせず。30センチのパーパットをタップインしてパーでした。

 

 

9番148ヤード パー3

池越えで軽い打ち上げのパー3。風がアゲンスト気味だったので7番でしっかり打ってピン手前10メートルほどにワンオン。風の影響か打ち上げの影響か定かではありませんが、見た目よりも実際の距離の方が遠く感じるホールです。ここもグリーンの傾斜をまったく読み切れずファーストパットはカップ横1メートルにつけただけ。1mのパットを何とか沈めてパーでホールアウト。

アウトの印象

どのホールも日本庭園を思わせるような美しさと落ち着き、そして歴史を感じさせるホールが続きます。特に松と池の配置は絶妙で、どのホールも一枚の画になりそうな美しさがあります。距離的は総じて短めですが、ロングヒッターが有利なホールはほとんどありません。ティショット、セカンドショットもかなりの精度が求められます。

 

加えて、グリーン周りはバンカーが多く配され、かつグリーンは砲台形状。グリーンは小さめですが傾斜が複雑なので、乗せても簡単にパットを打たせてくれません。クラブ選手権の直前(直後?)だったこともあり、グリーンは硬く締まっており、かつ11フィートの速さ。この速さにビビりまくり、ファーストパットを1.5mオーバーに打つ根性がないまま前半を終了しました~。

 

お昼はレストランではなく食堂にて、人気メニューNO.1の生姜焼きをチョイス。

 

 

マヨネーズをリクエストさせていただいた所、快くOKを頂きました。お味は京都らしく上品かつやや薄味でGOOD。生ビールとの相性も抜群でした~。

 

バックナインについては、次回じっくりレポート致します~。


シャフトタビライザー

ぶっちゃけフッカーには効果がありますが、スライサーには弱いかな

ということでまた明日


2018年10月25日超私的なゴルフ場調査〜京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース

YouTube アナライズチャンネル 新しい動画を配信開始

ぜひご視聴ください

25日まで、アナライズは社員研修の為、商品の発送、メール返信、電話対応などお休みさせていただきます。Webショップでのお買い物は365日24時間ご利用いただけますが、商品の発送が遅くなる場合があります。(在庫があるものに限り2日に発送させていただきます。それ以外のものは来週の発送となります)

お客様にはご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいします。


マーク金井の独断と偏見に満ち溢れた超私的なゴルフ場調査、今回は京都市内北部に位置する京都ゴルフ倶楽部上賀茂コース(京都市北区)。1948年(昭和23年)7月に6ホール、10月に9ホール、翌年3月には18ホールが造られ、日本で戦後最初にできたのが、この京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コースです。

 

 

プレー日は10月24日
天気は快晴、微風。気温16〜22度
5527ヤード パー69
グリーンはベントの2グリーン(プレー日はメイングリーン)
コースレート 68.3

5人乗り乗用カートでのセルフプレー
アクセス
車利用の場合
名神高速京都南ICから14キロ
電車利用の場合
京阪本線 出町柳駅からタクシーで約5分

 

クラブハウスは老舗旅館のような歴史を感じさせる木造造り。玄関入ってすぐに受付。右手にロッカールームと風呂場があり、右手に食堂があります。食堂からコースを見渡すことができ、1番ホールは京都の庭園のような佇まいがあります。

 

 

 

朝食はバラエティに富んでおり、洋食、和食、そして中華粥から選べます。マーク金井はさんざん迷った挙句、好物のフレンチトーストとゆで卵(ボイルドエッグ)をチョイス。メイプルシロップをふんだんにかけていただきました。

 

 

フェアウェイ  短く刈り込まれディボット跡はほとんどない

ラフ      脱出に苦労するほど長くないが芝の抵抗は強い

グリーン    ベントで芝目も適度にある
スティンプメーター 10~11フィートで転がりもスムーズ

 

バンカー    要所要所にバンカーが数多く配され、難易度を高めている
マーク金井はグリーン(レギュラー)ティーでプレー。

 

1番370ヤード パー4

 

 

軽い打ち下ろしで、セカンドから軽く右にドッグレッグ。ホールの右サイドには大きな池が配され箱庭庭園の趣がある。池はメイングリーンの右サイドまで続くので、スライサーはティショットだけでなくセカンドでも注意が必要。
ティショットは左サイドからフェード弾道でフェアウェイをキープ。残り140ヤードを8番アイアンで打ち、真ん中に2オン。7メートルのバーディーパットはカップの右を通過し、30センチオーバー。2パットでパーでホールアウト。

 

 

2番341ヤード パー4

 

 

軽い打ち上げでまっすぐなホール。ティショットの落下地点付近はややフェアウェイがタイトになっている。ティショットは飛距離よりも方向性が要求され、セカンドでは上り分だけやや大きめの距離感が求められる。ここもフェードでフェアウェイをキープした後、残り100ヤードをPWで2オン。8メートルほどのバーディーパットはわずかにショートしてタップインからのパー。グリーンは砲台なので外すとアプローチが難しい。

 

 

3番304ヤード パー4

 

 

 

打ち下ろしで軽く左ドッグレッグ。グリーン手前に池があるのでドライバーだと池に届いてしまう。レギュラーティーからだと200ヤードぐらいが丁度いい。ユーティリティでティショットを打ち、残り100ヤードをピン横6mに2オン。下のラインで3パットするのを怖がって30センチショートからの2パットでホールアウト。

 

 

4番313ヤード パー4

 

 

軽い打ち上げでまっすぐなホール。距離は短いが、ティショットの落下地点左サイドにはバンカーが配され、落としどろこが絞り込まれている。グリーンは傾斜のきつい2段グリーンで、手前からも奥からも距離を合わせづらいパッティングが残る。ティショットはフェアウェイキープ、残り85ヤードをPWで打ち4mに2オン。ラインを読み違え、カップを30センチオーバーし、2パットでホールアウト。

 

続きは次回アップ致します〜(▼▼)b


YouTube試打 マーク金井の打たずにいられない 最新動画配信開始

グラファイトデザイン ツアーAD・VR

ツアープロに静かなブームのフレループ

←クリック


2016年07月20日超私的な旅日記、ニューカレドニア楽園ゴルフ その2

昨日は千葉のオークヒルズCCでサクッとプレー。そして夜はインターネットラジオ、ソラトニワ「マーク金井の喋らずにいられない!」のオンエア。ゲストはプロギアの山崎さんと西澤さん。新発売のドライバー、RSシリーズについてじっくりと話を伺いました。今回の開発コンセプトは、、、、

13692472_10205461546537971_986172392772442897_n

 

 Wクラウン設計でGiRiGiRi(ギリ×ギリ)の初速性能を実現。

BnrProductRS

クラウンの前側が大きくたわみ、これによりSLEルール(高反発規制)限界の反発性能を得ています。飛びの3要素は「ボール初速」「打出し角」「スピン量」。この3要素の中でもっとも飛距離に影響が大きい「ボール初速」が拡大するエリアが拡大されたのが、SRシリーズの特徴です。

 

さて、今日のエントリーはニューカレドニア楽園ゴルフの後編です。今回は政府観光局からゴルフアンバサダーの役をいただき、天国に一番近い島と称されるニューカレドニアのゴルフ場でプレーすることになりました。ニューカレドニアには現在4つのゴルフ場がありますが、2つめにプレーしたのが、GOLF DE DEVA(デバゴルフ場)。フランス語が公用語ということもあるのでしょう。この地のゴルフ場は○○カントリーとかではなく、GOLF DE○○という風になっています。

 

GOLF DE DEVAは中心地ヌメアからクルマで約2時間半。日本で例えるならば、東京から伊豆の川奈までドライブするのと同じぐらいです。まだ出来たばかりのゴルフ場なのですが、設計はダイ・デザイン(ピート・ダイの会社)。シェラトンホテルがかなり力を入れて作ったゴルフ場です。

 

移動の途中、これぞ満天の星空を眺められるハプニングがありました。ニューカレドニアの夜空は日本で眺める夜空と比べものになりません。同じ地球上にも関わらず、空を見上げると星だらけ。生まれて初めてミルキーウエイ(天の川)をリアルに観ることができたのはラッキーでした。

 

シェラトン ニューカレドニア リゾートスパ&ゴルフに到着したのは夜の10時半。ホテルのメインエントランスは巨大な木造建築でロビーは奥のレストランまで吹き抜け。天井は5メートル以上もあってとにかく壮大。ホテルというよりは、どこかの大富豪が構えた別邸みたいです。でも、ここには宿泊施設はありません。広大な敷地にコテージが建てられており、そこに宿泊します。

13428417_1732337960369113_5142989267520424997_n

13427987_1732338290369080_9213612676443075311_n

 

1棟がワンルームで、外からみるとメラネシアの民家風。まん丸くてサイロのような感じですが、一歩中に入るとそこは別世界。外見とは裏腹に、部屋の中は最新設備が施され現代的で西洋風。部屋の中も当然円形ですが、ベッドルーム、バスルーム、リビングエリアがセパレートされていますし、バスタブは広くて深く、身長183センチのマーク金井もゆったり肩まで湯に入れました。コテージの外観と部屋の中のギャップは小洒落てて、このセンスには脱帽です。

 

南国情緒~

南国情緒~

コテージ2

映画のセットみたいなバスルーム~

映画のセットみたいなバスルーム~

 

では、肝心のコースはどうなのか?

13600166_10205385222429916_6996151266095688077_n

乗用カートに数分揺られてスタートホールに到着してんみると、そこは別世界。ニューカレドニアにいるはずなのに、前方に広がるのは英国リンクスの風景。フェアウェイはそこら中がうねっていますし、フェアウェイの両サイドにはススキのような深いラフ。バンカーもこれでもかって配され、グリーンはポテトチップのような強い傾斜が付いています。加えて、近くの山はスコットランドの山々と同じく荒涼感があるのです。

13612281_10205391834715219_2759420686580654185_n

今回は、GOLF DE DEVAのクラブプロ、グレッグがガイド役として一緒にラウンドしてくれましたが、とにかくどのホールも変化に富んでいます。全体的にはリンクス風ですが、バンカーやグリーンの形状はアメリカンスタイルで、プレーしていると米国や英国のコースにいるような錯覚に陥りました。どのホールも戦略性が高く、挑戦意欲がかき立てられるホールが次々と続きます。

13645250_10205391834995226_8966910605228479543_n

コースの芝は、フェアウェイがバミューダで、グリーンがパスパラム。どちらも洋芝ですが、暖地系なので暑さに強い芝です。最初にプレーしたGOLF DE TINAに比べるとグリーンは少し遅めですが、転がりはスムーズです。

13567523_1054519031291466_8215843758647779110_n

全体的にはリンクス風ですが、リンクスと違って池も要所要所に配されてます。9番ホールの左サイドはティからグリーンまで巨大なビーチバンカーありましたし、11番と14番も「何だ、こりゃ」って感じるぐらいバンカーが多いホールでした。

13567517_1054519301291439_6488328163951211107_n

そして圧巻なのが18番。それまでと打って変わり、ここは林間風。フェアウェイの両サイドには大きな木が立ちはだかり、かつフェアウェイ右サイドには巨大なバンカー。それまでとは打って変わって、重厚な雰囲気がありました。

 

GOLF DE DEVAは練習環境も充実しており、芝から打てる巨大なドライビングレンジ、そして広々としたアプローチ&バンカー練習場も完備。プレーの前後に、思う存分好きなだけ練習できます。

もちろん打ち放題~

もちろん打ち放題~

13177253_1719110701691839_7665359705867757180_n

このGOLF DE DEVAはフランスはもとより、南半球を代表するコースになり得る資質を持っています。今回はイルデバン島へのツアー、無人島ツアーといったアクティビティもあったためゴルフは2ラウンドだけでしたが、海と大自然を堪能できるホテルでの時間、フレンチの食事のひととき、そして挑戦欲をかき立ててくれるコースでの時間。そして、5日間の滞在を24時間態勢で支えて下さったガイドの大川さんのおかげで、ニューカレドニアをこれでもかってぐらい存分に満喫できました。

 

ニューカレドニアでの楽園ゴルフ。

 

 

13439015_1052640441479325_5243960486369107643_n (1)

 

このブログを書いていたら、飛行機が大の苦手なのにも関わらず、GOLF DE DEVAの難関18番ティに立ちたくてウズウズしてきました~。

 

 

 

(▼▼)b


世界で一番やさしいドライバー好評発売中です

bnr_store_bumper

こちら好評発売中↑クリック



2016年07月18日超私的な旅日記、ニューカレドニア楽園ゴルフ その1

男子メジャー第三戦、全英オープンを見ながらこのブログを書いています。舞台となるロイヤルトゥルーンは典型的なリンクスコース。リンクスの特徴をざっと上げると、海沿いで風が強く吹く、ラフが深い、フェアウェイが凸凹しててうねっている、アゴの高いポットバンカー等が配され、グリーンのうねりも大きい。そして、何より、、、

 

 ナイスショット≒いい結果

 

とはならないことです。ラグビーボールはどんな風に跳ねるか分らないとの同じく、リンクスでプレーするとボールはどんな風に跳ねるか予測がつきません。この予測のつかなさ加減こそがリンクスの最大の特徴だと思います。そんな予測不可能なコースで最終日もスコアをグイグイ伸ばしたのが、最終組のH・ステンソンとF・ミケルソン。出だしからバーディ合戦で、終わってみればステンソンは20アンダーまでスコアを伸ばして優勝。2位のミケルソンも17アンダーと、これまた2位のスコアとしては記録更新です。ここまでスコアが伸びるとは、誰も予測してなかったと思います。

 

さて、予測がつかないと言えば、マーク金井的には「旅」です。仕事柄いろんな所を旅しますが、先週はなんとニューカレドニア島を「旅」してきました。同行者のイラストレーター、野村タケオさんは「千葉のカレドニアン・ゴルフクラブではなくて、外国のニューカレドニア」ですと言ってましたが、まさに同じ感覚。ゴルファーにとってニューカレドニアはそれぐらい馴染がない場所ですが、今回の旅の目的は「ニューカレドニアのゴルフ場」の紹介。縁あって、観光局からゴルフアンバサダーの役をいただき、天国に一番近い島と称されるニューカレドニアのゴルフ場でプレーすることになりました。

 

さて、このニューカレドニア

 

成田からだと直行便で約8時間30分。位置的にはオーストラリアとニュージーランドの中間で、日本との時差は2時間。日本よりも時計が2時間進んでいます。飛行時間はハワイよりも少し長いですが、時差が少ないのが助かります。実際、旅行初日も時差ボケがなく、普段通りの時間に休むことができ、普段通りの時間に目が覚めました。

13567452_10205362310217125_2360920807023048815_n

飛行機は週5便で、成田をお昼の12時頃に出発し、ヌメア(ニューカレドニア)に到着が午後10時30分頃(時差2時間)。出国手続きを済ませてホテルに到着したのが深夜12時ぐらいでした。

 

ニューカレドニアはフランス領ということもあって、フランス語が公用語です。どこもかしこもフランス語ばかりですが、多くの公共機関では日本語表記もなされています。日本の地下鉄にはフランス語表記なんてまったくありませんが、ニューカレドニアでは日本語表記が至る所にあります。初日と2日目に泊ったメリディアンホテルも、なんと部屋のテレビでNHKの放送を見ることができますし、電源コンセントも日本対応になっていたりと、至れり尽くせり。サクッと原稿を1本仕上げてから、日本のホテルの倍ぐらいある巨大なベッドに寝落ちました。

13590430_10205364603434454_661132766364284512_n

翌朝、ホテルで豪華朝食バイキングをいただき、向かったのは「GOLF DE DEVA」。和訳すると、デバゴルフ場(デバは地名)。中心地ヌメアからクルマで約20分ほど。ニューカレドニアの碧い海を見ながらスイスイ走るとクラブハウスに到着。クラブハウスは平屋でこぢんまりしています。アメリカンのパブリックコースの雰囲気と似た感じで、ゴルフショップのカウンターでティータイムをもらい、カートの鍵を受け取ってスタートします。プレーフィーは日本円で9000円前後です。

13567499_10205368319087343_3947435048979237758_n

恐らくパブリックコースなんでしょう。キャディバッグの積み下ろしは自分で行うシステムで、バッグを積んだら1番ホールに向かいます。クラブハウスのすぐ前に練習グリーンがあるので、ボールを転がしてみると、、、かなりグリーンは速め。冬場ということもあって芝が少し枯れていることもあって、スティンプメーターで9.5フィートぐらい出てる感じです(南半球なので季節は日本と逆です)。

13566953_10205368377488803_6963562781024251209_n

1番ホールはクラブハウスから近く、練習グリーンから数十メートルの所にティグラウンドがありました。距離表示はオーストラリアと同じく、メートル表記です。レーザー式距離測定器(ブッシュネル)は必要必需品。これがあると、ヤードで距離を正確に調べることができます。

13592638_10205368319127344_5859235805798975823_n

ティグラウンドに上がってみると、強い打ち下ろしでほぼ直角の右ドッグレッグ。グリーンはまったく見えません。出だしのホールとしてはプレッシャーが強くかかります。

 

続く2番も強い右ドッグレッグで、セカンドからは打ち上げ。3番は強い打ち下ろしのパー3。海に近いはずなのに海はまったく見えません。アップダウンがあり典型的な丘陵コースで、日本のゴルフ場に近い感じです。同じに見えるホールはひとつもありません。攻めがいがあるホールが続きます。ただし、日本と大きく異なるのが芝質。フェアウェイもラフも暖地系の芝で、いわゆる熊笹に近い感じで1本1本の芝が幅広。日本だと六甲山山頂にある神戸ゴルフ倶楽部の芝に似ています。レイアウトもどことなく神戸ゴルフ倶楽部や川奈の大島コースに似ていて、正確なショットが求められるホールが多いです。

13533061_10205368377728809_482726203064040732_n

アウトは山沿いにホールが続きますが、インに向かうと景色がガラッと変わりました。10番ホールからは海沿いにホールが続くという、典型的なシーサイドコース。ニューカレドニアならではの碧い海をぞんぶんに眺めることができるのですが、実際、プレーしていると海を見ている余裕なんてありません。インはフェアウェイが結構タイトで、少しでも曲げるとOBが待ち構えているからです。スコアなんて気にせず景色を楽しめばいいと分っていても、ゴルファーの性(さが)でフェアウェイばかり見てしまいました(笑)。

13439015_1052640441479325_5243960486369107643_n

2人乗りの乗用カートはフェアウェイに乗り入れ可能なので、ほとんど歩かないでプレーできます。この時期のニューカレドニアは冬と言うこともあって南国でも風は涼しく、暑さでバテることもありません。日中の気温は24度前後ぐらいです。

 

18ホールスループレーを終えた後は、クラブハウスでランチ。ホテルと同じく、ここもカジュアルフレンチ。サラダ、シーフード、そしてパンが美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。個人的にはエスニック風の味付けではなく、フレンチ的な味付けがgoodです。

13521885_10205369149428101_4380072623597189672_n

ツルツルと滑るグリーンと相性が良かったこともあり、ニューカレドニアの初ラウンドではバーディーが4つ。後半のインでは海を意識し過ぎてボギーを連発しましたが、なんとか目標通り「80」で回ってこれました。海外リゾート地でのゴルフは、これまでグアム、ハワイ、フロリダ、タイ、マレーシア、オーストラリアと経験していますが、ニューカレドニアにはいずれの国とひと味もふた味も違います。景色は南国ならではの解放的ですが、料理だけでなく、至る所でフランスを強く感じました。

 

次回は、ニューカレドニアなのに全英オープンのようなリンクスコースについて、超私的にレポートしたいと思います~。

 

(▼▼)b

7月7日に発売しましたバンパードライバーですが、すっげー売れております。↓クリック

bumper_top

よろしくお願いいたします。


1 2 3 4 5 6 11