マーク金井blog

2018年05月08日超私的な考察 手打ちとボディターンは、どちらの方が飛距離が出るのか!?

GWが終わりました。しっかり休みが取れた人、あまり休みが取れなかった人、いつもに増して仕事した人もいたかと思いますが、マーク金井はGWもいつもどおりほぼ毎日、神田におりました。ゴルフには一度も行ってませんが、スタジオで弾道計測器をガッツリテストしたり、新しいクラブ、中古クラブをガッツリ試打しました。GWが明けた今週からは、薄暮ゴルフ三昧するつもりです。

 

さて、GWでは新たなセミナー「ひざ立ち打ちセミナー」を開催。タイトルが示すとおり、ひざ立ち打ちについてのセミナーです。ゴルフスイングはひざ立ちでやるモノではありませんが、ひざ立ちすると、通常のスイングでは分らりづらいゴルフスイングのメカニズムを体感できます。加えて、ひざ立ちで打った方がヘッドの軌道がどうなっているのかもチェックできるメリットがあります。

 

では、通常のスイングとひざ立ち打ちはどこがどう違うのか?

 

・ひざ立ち打ちは下半身(フットワーク)が使えない
・ひざ立ち打ちはスイングプレーンがフラット(横振り)になる
・ひざ立ち打ちは手打ちっぽくなく
・ひざ立ち打ちはダフりのミスが出やすくなる

 

水平振りほどではありませんが、ひざ立ち打ちは通常のスイングよりも横振りになります。そしてフットワークは使えません。ほとんどの人は手打ちしているような感覚になります。

 

では、ひざ立ちは飛ばないかどうかと言うと、、、

 

 

そんなことはありません。ドライバーでひざ立ち打ちをしてもらうと、男性アマチュアの方でも180ヤード以上飛ばす人がたくさんいます。マーク金井も200ヤード以上飛ばせますし、ヘッドスピードが速い人だと250ヤード近く飛距離が出ます。

 

 

対して、ひざ立ち打ちとは逆に、手と腕を完全に固定して(スイング中、ひじを体にくっつけた状態)、下半身をフリーな状態で打つと、ボールはそこまで飛びません。手、手首、腕をまったく使わず、ボディターンだけで打とうとしたら、ドライバーでも100ヤードも飛ばない人がほとんどです。誤解を恐れずに言うと、ドライバーの飛距離の75パーセント以上は、手や腕、そして手首をタイミング良く使うことによって生み出されているのです。これはプロもアマチュアも関係ありません。一生懸命体をしっかり使っているのに飛距離が出ない人ほど、手や腕、そして手首が正しく使えていないのです。

 

下半身はパワーが出せる部位であることは間違いありませんが、下半身のパワーだけではボールを遠くに飛ばすことはできません。ひざ立ち打ちをすると、手打ちがドライバーの飛距離を生み出していることが如実に体感(確認)できるのです。

 

ゴルフでは「手打ちは良くない」「手打ちは飛ばない」とかと言われてます。確かに、飛ばない人を見ていると、体を上手く使えてなさそうに見えますが、実は、体よりも手や腕、手首を上手く使えてないことが「飛ばない」要因になっているのです。実際、ひざ立ち打ちセミナーでも、手や腕、手首を上手く使えていない受講者ほど、ひざ立ち打ちした時も飛距離が出てませんでした。

 

 

 

ゴルフは道具の依存度が高く、そして道具を上手く使うことによって飛距離が出る競技です。野球のホームランよりもドライバーショットの方が飛距離が出るのは、道具の依存度が高いからに他なりません。そして、道具を上手く使いこなすには、手や腕、そして手首を正しく使ってやることが必要不可欠なんです。

 

 

 

ひざ立ち打ちは、通常のゴルフスイングで分かりづらいことを色々と教えてくれます。マーク金井は今から45年ぐらい前にひざ立ち打ちを教わりましたが、その時は、ひざ立ち打ちをする理由が分っておらず、そしてひざ立ち打ちがこれでもかってぐらい上手く打つことができませんでした。

 

45年経った現在は、ひざ立ち打ちも違和感なくできるようになりましたが、それはゴルフスイングのタネと仕掛けが理解できるようになったからです。

 

ゴルフは練習しないと上手くなれませんが、練習の仕方が間違っていると、その努力は報われません。まずはひざ立ち打ちを試してみて下さい。まずは7番アイアンでひざ立ち打ちしてみて下さい。これで、ボールの手前を大きくダフる人↑、打ったボールがものすごく左に飛んでしまう人は、スイングの仕方にかなり大きな問題があります~。

 

(▼▼)b


フレループよろしくお願いします。

フレループ 遂にアナライズでも販売開始しました!!! 是非宜しくお願いします↑クリック


カテゴリー スイング、ゴルフ練習法, 未分類, 超私的な考察

コメントは停止中です。