マーク金井blog

2018年07月12日超私的な考察 ゴルフの調子を客観的に見極める方法とは!?

2018サッカーワールドカップもいよいよ残すは決勝戦。予想通りフランスは危なげない勝ち方で決勝戦までコマを進め、反対側のブロックではクロアチアがイングランドを延長で退けて決勝まで勝ち上がってきました。ワクワクドキドキしながら観戦してたワールドカップも残すところは3位決定戦と決勝戦のみとなりました。フランスの相手は予想したイングランドではなくてクロアチアですが、2対1でフランスが勝つと予想しています。

 

深夜のワールドカップ観戦が続く中、月曜日は北海道小樽カントリー倶楽部旧コースMMT9に出場。最終便で帰京した翌日(火曜日)はPRGRが主催するミニツアー、RSカップのシングルス部門に出場。場所は日本オープンも開催している千葉カントリー俱楽部梅郷コース。シングルスはプロと同じく、フルバックティ。6941ヤード、パー72とアマチュアには少々タフなセッティングです。

7時30分のトップスタートでしたが、スタートする頃にはすでに30度超え。太陽がサンサンと照りつける中、傘を差しながら歩きで18ホールプレーしてきました。月曜日の小樽は気温20度前後と涼しい中でのプレー、使用ティも白ティにも関わらず9ホールのスコアは42ストローク。このスコアを考えると、RSカップはかなり苦戦しそうな感じでしたが、なんとか77ストロークでホールアウト。終わってみれば目標の予選通過を上回り、2戦目にして3位入賞を果たせました(初戦は9ホールで棄権)。

 

千葉カントリー倶楽部 梅郷コース
ー△ー△ー○ーーーー 37  △ーーー□△ーーー 40  77
2222211112 14  212222221 16  30

小樽カントリー倶楽部旧コース
△△ー△ーー△□ー 42
222321332 21

 

比べて見れば一目瞭然ですが、ショット数は小樽の方がはるかに少なく、パット数は千葉カンの方がはるかに少なくなっています。「パット=スコア」というのが数値からみても如実ですが、実は、もうひとつ分ったことがあります。

 

それは、、、

 

ゴルフの調子の善し悪しの見極め方についてです。

 

 

小樽でプレーした時のショットの内容は

ドライバー>アイアン>アプローチ>パッティング

 

 

対して、千葉カンでプレーした時のショットの内容は

ドライバー<アイアン<アプローチ<パッティング

 

真逆でした。ショットの内容だけを比較すればスコアが悪かった方の小樽の方がはるかに良かったです。対して、千葉カンはショット数からみても分るように普段よりも少し多めでしたが、アプローチとパッティングはノーミス。普段苦手にしている2~3メートルの距離のパットがことごとく決まり、それが好スコアにつながったのです。

察しのいい人はもうお分かりかと思うと、ゴルフの調子を見極めるポイントとなるのは、
ロングショットではなく、パッティングと150ヤード以内のショットです。ティグラウンドから近いショットがいくら良くてもそれはスコアにつながりませんが、グリーン及び、グリーンに近いショットが良ければ、それは良いスコアに直結します。言い換えると、ドライバーショットというのは調子の目安にはほとんどなりません。ドライバーでいい当たりが出ると「今日は調子が良い」とか思う人が少なからずいますが、スコアメイクという観点から見れば、ドライバーとうのはゴルフの調子を窺う判断材料にはならないのです。

 

もちろんドライバーでOBや池ポチャ、チョロはダメですが、ドライバーは安定して60~70点で十分なのです。

 

対して、150ヤード以内のショット、そしてアプローチとパッティングというのはスコアに直結します。これが上手く決まっていれば、ドライバーが少々乱れていても良いスコアが出ます。すなはちゴルフの調子が良いということになるのです。

 

 

パットやアプローチが決まると、「今日はパットが良い」とか「今日はアプローチが調子良い」と判断されがちですが、本当は「ゴルフの調子が良い」ということです。

 

 

言葉遊びに思うかも知れませんが、「パットの調子が良い」と「ゴルフの調子が良い」というのは大きく違います。加えて、ゴルフのゲームの良い流れというのはドライバーでは作れませんが、パットが決まっているとゴルフの良い流れを保つことができます。ショートパットを外すと、ゲームの流れが悪くなり、次のティショットで大きなミスが出やすくなるのがゴルフです。

 

勝負事は流れが大事だと言われてますが、ゴルフにおいてもゲームの流れが非常に大事です。そして、ゲームの流れを良くも悪くもするのがパットです。悪いスコアを減らすのに求められるのはショットの精度を高めること。そして、良いスコアを出すにはアプローチとパッティングの精度を高めることが求められるのです~。

 

(▼▼)b


↓石川遼プロも使っている

フレループはアナライズのwebショップで購入いただけます↓

好評いただいておりますゴルフの竪琴、スーパーシャット君ですが

pr00001

ゴルフの竪琴 マーク金井の解説DVD付き

¥15,120(税込)

pr00009

アナライズオリジナル練習器具 「スーパーシャットくん」解説DVD付

¥10,800(税込)

7月中旬より付属のDVDを廃止し、取扱はYouTubeの配信に切り替えさせていただきます

DVD付属をご希望の方は、早めにお求め下さい


カテゴリー コースマネジメント、ラウンドにて思う, 超私的な考察

コメントは停止中です。