マーク金井blog

2019年01月01日超私的な2019年展望 ゴルフクラブはどんな風に進化していくのか!?

皆様、新年明けましておめでとうございます。

 

2019年の初仕事はANAの機内番組「マーク金井の至福のゴルフ1人旅」。国内線はもとより国際線でもこの番組を視聴できますので、ANAに乗られたらサクッとご覧になっていただけると幸いです。ゴルフの楽しみ方は人それぞれですが、この番組ではサクッとゴルフを楽しむコツについて、そして全国各地でサクッとプレーできるゴルフ場を紹介していきます。

西暦は2018年から2019年に変りましたが、今年は年号も平成から○○に変ります。まだ新しい年号は発表されていませんが、これまでの年号は「明治→大正→昭和→平成」。平成の次はどんな年号になるのか楽しみですが、ゴルフクラブも楽しみなニューモデルが正月明けにも発表されます。

 

 

View this post on Instagram

 

Picture of the M6 crown has surfaced… • • Via Taylormade Golf

The Equipment Junkieさん(@theequipmentjunkie)がシェアした投稿 –

SNSではすでに、テーラーメイドがM5、M6、キャロウェイがエピックフラッシュについてティザー広告してます。ピンの新しいドライバーも画像がすでにSNSでアップされていますし、PXGも新製品を出すという噂が流れています。1月下旬のPGAマーチャンダイジングショーに合わせ、メーカー各社は新製品のPRを繰り広げています。

 

 

 では、2019年のドライバーはどんなトレンドになるのか?

 

2018年を振り返ると、ヘッドはフルチタンではなくクラウンにカーボンを採用したモデルが目立ちました。この流れは2019年も続き、なおかつカーボンを使う面積(比率)が高くなるモデルも増えてくるでしょう。「カーボン」というのは比重が軽いという素材のメリットもありますが、ゴルファーが「カーボン」に対してマイナスではなくプラスのイメージを持っていることも後押ししているからです。

 

そして2019年になると、さらにフェースの反発を謳うモデルが出てくるでしょう。フェースの反発についてはルールで厳格に規制されていますが、ルール適合内でギリギリまで反発が高いことをアピールするモデルが増えるでしょう。物理的に飛びに有利なことをアピールした方がユーザーに分かりやすく、それが販売増につながるからです。

 

 

やさしさに関しては、メーカーによってスタンスが異なってくるかも知れません。2018年はヘッドの慣性モーメントを上げてやさしさを追求モデル、例えば、キャロウェイのローグシリーズや、ピンのG400MAX。この2つのモデルは慣性モーメントが大きくしていますが、それと引き換えに重心距離が伸びています。慣性モーメントの大きさと重心距離は比例関係にあるからですが、重心距離が長くなるほどにネック軸周りのモーメントが増大し、フェースの開閉に大きなエネルギーが求められます。クルマに例えるならば、重心距離が長いのは、ホイールベースが長くなるのと同じ。操作性が低くなるために、インパクトでフェースが開きやすい人や、スイング中にフェースの開閉が大きい人の場合、スクエアインパクトがしづらくなるのです。

 

 

すでに国内メーカーのミズノは2019年モデルのドライバー、ミズノプロモデルでは意図的に重心距離を短くして操作性を高めています。米国メーカーがこれに追従するかどうかは定かではありませんが、重心距離が45mmを超えたドライバーは、「ちゃんと打てる人と、ちゃんと打てない人」が出てきます。超私的なことを言わせてもらうと、アマチュアゴルファーがコントロールできる重心距離(打ちやすいと感じる重心距離)の数値は

 

 

 36~40ミリ!!!!!!

 

ぐらいだと思います。物理的には慣性モーメントが大きい方がミスヒットに対して強くなりますが、慣性モーメントを大きくして重心距離が40ミリを大きく超えてくると、人間工学的には「打ちづらさ」を感じるゴルファーが出てくるのも事実です。

 

 

物理的なやさしさを取るのか、それとも人間工学的にやさしく感じるのを取るのか。

 

 

超私的なことを言わせてもらうならば、初心者向けには人間工学的にやさしさを感じるドライバーの方が適していて、プロ、上級者向けには物理的にやさしいドライバーの方が適しています。プロ、上級者の方がクラブを上手くコントロールする技術(スキル)があるし、物理的なやさしさを享受しやすいからです。

 

 

来週に入って情報解禁と同時に、キャロウェイテーラーメイド、そしてピンの新しいドライバーを試打し、進化の行方をじっくりと検証してみたいとます~。

 

2019年もご愛読よろしくお願いいたします~。

 

(▼▼)b


年始は7日から営業ですが、発送が殺到すると思われます。ご注文の順番に随時発送していきますので、恐れ入りますが少しお時間下さい。

マーク金井打たずにいられない
ミズノプロモデル-Eを試打しています

←クリック

レディース用も販売開始しました

おまたせしました〜

フレループにレディースモデルが登場。

《レディースモデル追加!》

商品仕様
長さ:39インチ
総重量:525g
シャフトカーブ:800r(半径80cmの曲線)

重さは変わらないのですが、長さが1インチ短くなってます。これだけでかなり違いますよ。レディースだけ注文してもらっての取り寄せになるので、発送までお時間いただきます。よろしくおねがいします。


カテゴリー 超私的な考察

コメントは停止中です。